FC2ブログ
Home>2019年07月  TotalPages1

Wed2019.07.31


模倣犯 1~5 宮部みゆき

模倣犯 1~5 宮部みゆき
新潮文庫

2019.7.23/24/26/28/30

第1部
第2部
第3部
あとがき
文庫版のためのあとがき
解説  佳多山大地


模倣犯 1 裏表紙より。

墨田区・大川公園で若い女性の右腕とハンドバッグが発見された。やがて
バッグの持主は、三ヵ月前に失踪した古川鞠子と判明するが、「犯人」は
「右腕は鞠子のものじゃない」という電話をテレビ局にかけたうえ、鞠子の
祖父・有馬義男にも接触をはかった。ほどなく鞠子は白骨死体となって
見つかった――。未曾有の連続誘拐殺人事件を重層的に描いた現代
ミステリの金字塔、いよいよ開幕!


模倣犯 2 裏表紙より。

鞠子の遺体が発見されたのは、「犯人」がHBSテレビに通報したからだった。
自らの犯行を誇るような異常な手口に、日本国中は騒然とする。墨東署では
合同特捜本部を設置し、前科者リストを洗っていた。一方、ルポライターの
前畑滋子は、右腕の第一発見者であり、家族を惨殺された過去を負う高校生・
塚田真一を追い掛けはじめた――。事件は周囲の者たちを巻込みながら
暗転していく。


模倣犯 3 裏表紙より。

群馬県の山道から練馬ナンバーの車が転落炎上。二人の若い男が死亡し、
トランクから変死体が見つかった。死亡したのは、栗橋浩美と高井和明。
二人は幼なじみだった。この若者たちが真犯人なのか、全国の注目が
集まった。家宅捜索の結果、栗橋の部屋から右腕の欠けた遺骨が発見
され、臨時ニュースは「容疑者判明」を伝えた――。だが、本当に「犯人」は
この二人で、事件は終結したのだろうか。


模倣犯 4 裏表紙より。

特捜本部は栗橋・高井を犯人と認める記者会見を開き、前畑滋子は事件の
ルポを雑誌に連載しはじめた。今や最大の焦点は、二人が女性たちを拉致
監禁し殺害したアジトの発見にあった。そんな折、高井の妹・由美子は滋子に
会って、「兄さんは無実です」と訴えた。さらに、二人の同級生・網川浩一が
マスコミに登場、由美子の後見人として注目を集めた――。終結したはずの
事件が、再び動き出す。


模倣犯 5 裏表紙より。

真犯人Xは生きている――。網川は、高井は栗橋の共犯者ではなく、むしろ
巻き込まれた被害者だと主張して、「栗橋主犯・高井従犯」説に拠る滋子に
反論し、一躍マスコミの寵児となった。由美子はそんな網川に精神的に依存し、
兄の無実を信じ共闘していたが、その希望が潰えた時、身を投げた――。
真犯人は一体誰なのか?あらゆる邪悪な欲望を映し出した犯罪劇、深い
余韻を残して遂に閉幕!



さすがに。
ピースが黒幕、は覚えているけれど。
はやく次の巻に行きたくて、夜更かしすることしばし。
初読じゃないのに

高井和明の妹、由美子が
和明の無実を信じ切れずに死んでしまうのが哀れすぎる。
カズの死もむごいけれど。
なんにも報われない…
高井家に対する宮部みゆきの仕打ちがひどすぎる

なかなか再読をためらう長さだけれど。
読み返してよかった。


[宮部みゆき]  [模倣犯]  [みやべみゆき

Sun2019.07.21


精鋭 今野敏

精鋭 今野敏
朝日文庫

2019.7.20

1
2

25
解説  関口苑生


裏表紙より。

新米巡査・柿田亮は、自分が警察官に向いているのか悩みつつも、異動先の
機動隊で激しい訓練を受けていた。そんな柿田に、ハイジャックなど凶悪事件
を解決する特殊急襲部隊『SAT』入隊の声がかかる。若い警察官の成長を書く、
著者の警察小説新境地!     《解説・関口苑生》


精鋭、になるまでの物語か。
青春小説?
警察官になってからの3年間、盛沢山なのにさらさらっと描かれている。
柿田、流され過ぎだし。

面白かったし、さわやかなんだけれど、
ちょっと肩透かし。


[今野敏]  [精鋭]  [こんのびん

Fri2019.07.19


理由 宮部みゆき

理由 宮部みゆき
新潮文庫

2019.7.18

1 事件
2 入居者
3 片倉ハウス
4 隣人たち
5 病む女
6 逃げる家族
7 買受人
8 執行妨害
9 家を求む
10 父と子
11 売家
12 幼い母
13 写真のない家族
14 生者と死者
15 帰宅
16 不在の人びと
17 家出人
18 綾子
19 信子
20 逃亡者
21 出頭
新潮文庫版のためのあとがき
解説  池上冬樹


裏表紙より。

事件はなぜ起こったか。殺されたのは「誰」で、いったい「誰」が殺人者であったのか――。
東京荒川区の超高層マンションで凄惨な殺人事件が起きた。室内には中年男女と老女の
惨殺体。そして、ベランダから転落した若い男。ところが、4人の死者は、そこに住んでいる
はずの家族ではなかった……。ドキュメンタリー的手法で現代社会ならではの悲劇を浮き
彫りにする、直木賞受賞作。



『宮部みゆき 全一冊』で、『理由』と『模倣犯』は同時期に書いていた
と知り、再読。

朝日新聞連載中に読んでいて。
本も何度か読んでいる。

『理由』って結局なんだったんだっけ…?
と思った覚えはある。

こんな話だったか。
やっと色々わかった気がする。
たぶん忘れちゃうけど。

にしても。
宝井綾子がいやだ。
八代祐司よりヒドイ気がする…

最後に小糸孝弘が

「僕も、おばさんたちを殺すようになってたのかなって思う」

ってのもコワイ。

孝弘くん、さかのぼってインタビューの最中に、

僕がもうあんたたちとは一緒に暮らしたくないって思ってるって
知らせてやりたかったんだ

僕はちゃんとやってましたよ。それを親がメチャクチャにしたんです


孝弘くん、一番子どもな人物だけれど、
全然無垢な存在なんかじゃなくて、
むしろ八代祐司に通じるような…
孝弘くんの将来が心配

最後の終わり方、やっぱりよくわからない

宮部みゆき、これで直木賞か。
なんか意外…


[宮部みゆき]  [理由]  [みやべみゆき

Tue2019.07.16


ムーン・リヴァーの向こう側 小林信彦

ムーン・リヴァーの向こう側 小林信彦
新潮社

2019.7.14

プロローグ
1 黒ずくめの女
2 好奇心
3 白い闇
4 誘惑
5 治療 Ⅰ
6 治療 Ⅱ
7 知らない待ち
8 告白
9 亀の記憶
10 異界
11 土地の精霊
12 二つの生活
エピローグ


『宮部みゆき 全一冊』に出てきたので借りてみる。

ちょうどバブルがはじけたあたり。
宮部みゆきの『理由』もその辺だっけ。

昔の東京の土地感覚が面白い。

しかし。

知らない言葉がいくつか。

容喙(ようかい)する
容喙=差し出し口

よくせきのこと
他に方法や手段がない

思い立ったが吉日(きちにち)、出た日が命日
「きちにち」、なんだ…
知らなかった。
しかも「出た日が命日」ってなんだ?
あぁ、行き倒れるかもなんだ。

小林信彦、面白そうだけれど。
さて。


[小林信彦]  [ムーン・リヴァーの向こう側]  [こばやしのぶひこ

Sat2019.07.13


ダレカガナカニイル… 井上夢人

ダレカガナカニイル… 井上夢人
講談社文庫

2019.7.12

1
2

47
解説  大森望


裏表紙より。

警備員の西岡は、新興宗教団体を過激な反対運動から護る仕事に就いた。
だが着任当夜、監視カメラの目の前で道場が出火、教祖が死を遂げる。それ
以来、彼の頭で他人の声がしはじめた。《ここはどこ? あなたはだれ?》と
訴える声の正体は何なのか?ミステリー、SF、恋愛小説、すべてを融合した
奇跡的傑作!



岡嶋二人も井上夢人もカテゴリにないだろうと思っていたら。
井上夢人、ある!

『the SIX ザ・シックス』?
2015年…
全然記憶にない…orz

『ダレカガナカニイル…』、『宮部みゆき 全一冊』に出てきたので再読。
というか、たぶん再々々くらいは読んでるハズ。
ショーゲキのラスト?
当然覚えてない

これが井上夢人第1作だったのか。

面白かったけれど、昔ほど「おぉ」という感じはない。
そして分厚い…


[井上夢人]  [ダレカガナカニイル…]  [いのうえゆめひと

Thu2019.07.11


償いの報酬 ローレンス・ブロック 田口俊樹訳

償いの報酬 ローレンス・ブロック 田口俊樹訳
二見文庫

A DROP OF THE HARD STUFF
Lawrence Block

2019.7.10

ある夜更け……
1
2

44
ある早朝……
訳者あとがき


裏表紙より。

[マット・スカダー・シリーズ]禁酒を始めてから3か月が経とうとしていた。
いつものようにAAの集会に参加したスカダーは、幼なじみで犯罪常習者の
ジャック・エラリーに声を掛けられる。ジャックは禁酒プログラムとして、過去
に犯した罪を償う“埋め合わせ”を実践しているという。そんな矢先、銃弾を
頭部に撃ち込まれ何者かに殺されてしまう。スカダーはジャックの遺した
埋め合わせリストの5人について調査を始めるが……。
名作『八百万の死にざま』後をノスタルジックに描いたシリーズ最新作。


『宮部みゆき 全一冊』に出てきたローレンス・ブロックの『おかしなことを聞くね』が
図書館になかったので。
テキトーに借りてみたら…
マット・スカダーシリーズでしたか。

ちょっと感傷的な感じがするのは、トシを取ったスカダーが
過去を振り返って語る、という形式だからか。
のんびり読むにはちょうどいい。

シリーズにずっと付き合っていたらもっと楽しめるんだろうな。

マット・スカダーシリーズ、17冊か…

とりあえず、伊坂幸太郎が解説を書いているという
『殺し屋 最後の仕事』を借りてみようか。


[ローレンス・ブロック]  [償いの報酬]  [田口俊樹

Fri2019.07.05


イコン 新装版 今野敏

イコン 新装版 今野敏
講談社文庫

2019.7.4

1
2

35
解説  関口苑生


裏表紙より。

熱狂的人気を集めるも正体は明かされないアイドルのライブでの殺人事件。
被害者を含め現場にいた複数の少年と少女一人は過去に同じ中学の生徒
だった。警視庁少年課・宇津木(うつぎ)と神南(じんなん)署・安積警部補は
捜査の過程で社会と若者たちの変貌に直面しつつ、隠された驚愕の真相に
到達する。『蓬莱(ほうらい)』に続く長編警察小説。



アイコン=イコンなんだ…
知らなかった。

華奢な女子高生に二人も殺せるかな。

でも、安積&速水のコンビはいい感じ


[今野敏]  [イコン]  [新装版]  [こんのびん

Wed2019.07.03


蓬莱 今野敏

蓬莱(ほうらい) 今野敏
講談社文庫

2019.7.2

1
2

31
解説  関口苑生


裏表紙より。

そのゲームには「日本」が封印されている!? 人気沸騰のゲームソフト「蓬莱」を
開発したソフトハウスは、パソコン版に続きスーパーファミコン版を計画した。
しかし、恫喝し、力尽くでその発売を執拗に妨害する巨大な力が……。バーチャル・
ゲームと伝奇世界がリアルに交錯する傑作エンタテインメント巨編。



今まで読んでいた今野敏よりやや厚いのか、2日がかり。

「日本」が封印されている

わかったような、わからないような。
黒幕の大物政治家が、意外と浅い
ヤクザ屋さんも、意外とあっさり白状しちゃった感が…

安積さん、脇役でカッコいいとこばっかりだった。
村雨も出てこないから、村雨の悪口もなし。
いいね

徐福の話も面白そうだけれど、一気に説明されてついていけない


[今野敏]  [蓬莱]  [ほうらい]  [こんのびん