FC2ブログ
Home>2019年06月  TotalPages1

Sun2019.06.30


宮部みゆき 全一冊

宮部みゆき 全一冊
新潮社

2019.6.30

作家生活30周年記念ロングインタビュー
 立ち止まって振り返る30年の道のり
単行本未収録小説
 殺しのあった家
 泣き虫のドラゴン
 あなた
作家生活&全作品年表 新保博久
「受賞の言葉」ワンダーランド
漫画 「前戯なき戦い」 いしいひさいち
単行本未収録エッセイ Part1 ライフスタイル編
 異常気象のわたし
 文庫の海に漕ぎだして
 階段の途中に
 作家の一日
 なんでもありの船の旅
 『平成お徒歩日記』のさわりのさわり
 うちのパソコンの呟き
単行本未収録対談 Part1 憧れのあの人との出会い編
 市川崑「ラストシーンは決まっていた」
 佐藤優「フィクションとノンフィクションはぐるぐる巡回している」
 津村記久子「理不尽な世界と人間のために」
藤田新策画廊 「新潮文庫」装画のすべて 藤田新策
『ソロモンの偽証 第Ⅰ部 事件』刊行開始記念インタビュー 進化する悪意
漫画 「ソロモンの仮説」 いしいひさいち
単行本未収録エッセイ Part2 書評編
 難しいことをわかりやすく
 “私”はどこに行くのか
 一枚の絵の中に
 大御所キング様の発言集
 台風、来る
 騙される心
 解らなくていい
 不幸のみなもと
単行本未収録対談 Part2 本を巡る幸せな語り合い編
 出久根達郎・久世光彦「名作短編30を読む」
 北村薫「名短編はここにある」
 小林信彦「ムーン・リヴァーの向こう側」
 佐々木譲「キングはホラーの帝王(キング)」
 宮城谷昌光「つながりゆく文学の系譜」
「ENGINE」編集部の皆様へ
宮部みゆきの「この短編を読め!」 佐藤誠一郎
刊行に際しての一言 宮部みゆき
宮部みゆき 自作朗読 「負の方程式」


こういう本だったのか…
とにかく活字がぎっしり詰まってる。
いまどき珍しいくらい字が小さい!

でも、全部読むのをあきらめたのは、
とどのつまり、読んだ本の内容をほとんど覚えていないせい…
宮部みゆき、全部読んでるハズなのに。
しかも昔のなんて、何回か繰り返し読んでるハズなのに。
本のタイトルが出てくるたび、「なんだっけ?」と引っかかる。
宮部みゆきの作品だけじゃなくて、
キング談義だって同様。

みんななんでこんなに次から次へと本の名前と内容が
出てくるんだろう…

小林信彦との対談に、臨海副都心計画が」出てくる。
平成7年、青島幸雄が都知事だったのか…

付録のCDは宮部みゆきの自作朗読。
「負の方程式」の途中まで。
うぅぅ…
どんな話だっけ?
『ソロモンの偽証6』、もう1回借りなくちゃ


[宮部みゆき]  [全一冊

Sat2019.06.29


最前線 東京湾臨海署安積班 今野敏

最前線 東京湾臨海署安積班 今野敏
ハルキ文庫

2019.6.28

暗殺予告
被害者
梅雨晴れ
最前線
射殺
夕映え
解説  末國善己


裏表紙より。

東京・お台場のテレビ局に出演予定の香港映画スターへ、暗殺予告が届いた。
東京湾臨海署の安積警部補らは、スターの警備に駆り出されることになった。
だが、管内では、不審船の密航者が行方不明になるという事件も発生。安積
たち強行犯係は、双方の案件を追うことになる。やがて、付近の海岸から濡れた
ウェットスーツが発見され、密航者が暗殺犯の可能性が――。安積たちは、
暗殺を阻止できるのか。(「暗殺予告」より)
新ベイエリア分署・安積班シリーズ、待望の文庫化!
(解説・末國善己)



「最前線」に大橋くん再登場!
神南署を出て5、6年経っているらしい…

一体いくつ?
バチスタみたいに、年表ないのかな…

年齢と桜井くんのキャラ設定がなんとなくすっきりしないけれど。
今野敏の短編はサラサラ読めて面白いからいいな


[今野敏]  [最前線]  [東京湾臨海署安積班]  [こんのびん

Fri2019.06.28


残照 今野敏

残照 今野敏
ハルキ文庫

2019.6.27

1
2

14
解説  長谷部史親


裏表紙より。

東京・台場で少年たちのグループの抗争があり、一人が刃物で背中を刺され
死亡する事件が起きた。直後に現場で目撃された車から、運転者の風間智也
に容疑がかけられた。東京湾臨海署(ベイエリア分署)の安積警部補は、交通
機動隊の速水警部補とともに風間を追うが、彼の容疑を否定する速水の言葉に、
捜査方針への疑問を感じ始める。やがて、二人の前に、首都高最速の伝説を
持つ風間のスカイラインが姿を現すが……。興奮の高速バトルと刑事たちの
誇りを描く、傑作警察小説。
(解説・長谷部史親)



安積 vs. 相楽。
パターンなのはわかっているけれど。
今回の相楽は狭量すぎないか…

敵対していたグループのリーダー柴本から目撃証言が取れた(p148)
から、風間犯人説、はいいとして。

現場から走り去ったもう一台の車は柴本のフェアレディ―Zだった
なんて話が出てきたら、私でも、柴本の証言が怪しいんじゃないかと思うけどな…

でも、なによりの疑問は
聞き込みをやり直した結果、犯行現場の近くに駐車していた
フェアレディーZの目撃証言が取れたところで(p216)

これで、当夜、柴本が現場にいたことが明らかになった

ん? ん? ん?

そもそも柴本の証言が、
乱闘の最中、吉岡を追っていったら走り去る風間を見かけ、
背中をナイフで刺された吉岡が倒れていた
って話なんだから。
柴本が現場にいたのは当たり前では…

なんだかすごく引っかかる。
解消できない

あと。
私の脳内では、速水がどうしても北村一輝
濃いなぁ…


[今野敏]  [残照]  [こんのびん

Thu2019.06.27


11 eleven 津原泰水

11 eleven 津原泰水
河出書房新社

2019.6.

五色(ごしき)の舟
延長コード
追ってくる少年
微笑面・改
琥珀(こはく)みがき
キリノ

クラーケン
YYとその身幹(むくろ)
テルミン嬢
土の枕
初出


『ヒッキーヒッキーシェイク』の書評だったか、
津原泰水なる人の『11 eleven』という本が
おススメされていたので借りてみる。

単行本の表紙に、んー?
そしていきなり件(くだん)が出てくる。
頭の中はつげ義春の『ねじ式』の世界…

と思うと「延長コード」はまた別な雰囲気で。

「キリノ」なんて、ちょっとウィリアム・ホールデン的な。

「土の枕」まで読んで、津原泰水って何歳かと見れば、
1964年生まれ。
54、5歳か。

初出を見たら、キリノは
「小説新潮 別冊 桐野夏生スペシャル」新潮社/2005年9月
とある。
それでキリノ?

結局それぞれ趣の異なる11編。
おなかいっぱい

表紙ばかり見ていたけれど、裏を見たら…
四谷シモンのお人形がいっぱい。

ぴったり


[津原泰水]  [11]  [eleven]  [つはらやすみ

Wed2019.06.26


怪物の木こり 倉井眉介

怪物の木こり 倉井眉介
宝島社

2019.6.25

プロローグ
幕間1
第1章
幕間2
第2章
第17回『このミステリーがすごい!』大賞 選評


カバーそでより。

良心の呵責を覚えることなく、自分にとって邪魔な者たちを日常的に
何人も殺してきたサイコパスの辣腕弁護士・二宮彰。ある日、彼が
仕事を終えてマンションへ帰ってくると、突如「怪物マスク」を被った
男に襲撃され、斧で頭を割られかけた。九死に一生を得た二宮は、
男を探し出して復讐することを誓う。一方そのころ、頭部を開いて
脳味噌を持ち去る連続猟奇殺人が世間を賑わしていた。すべての
発端は、26年前に起きた「静岡児童連続誘拐殺人事件」に――。



2019年・第17回「このミステリーがすごい!大賞」大賞受賞作

はなっからサイコパスが主人公なんて煽りなワリに、
全編に漂うほのぼの感。
プロローグの事件描写が嘘くさすぎるせいか。
いやなんとなく全体的に上滑りしてるんだけれど。

『怪物の木こり』がティルム・バートン監督によって映画化、
ってところで。
これはもうティム・バートンの『シザーハンズ』やらなんやらの
イメージを想起させるに十分で。
だからなんかファンタジーなのかな。

この作者、ティルム・バートンやらツタノヤやら、
実在しないけれど、すぐイメージできる名前にしているところが
ウマいなぁと感心。

それなりに面白く読めたけれど。
最後はこんな終わり方?
こんなんでいいの?

やっぱりファンタジー…


[倉井眉介]  [怪物の木こり]  [くらいまゆすけ

Tue2019.06.25


警視庁神南署 今野敏

警視庁神南署 今野敏
ハルキ文庫

2019.6.24

1
2

18
解説  関口苑生


裏表紙より。

東京・渋谷で銀行員が少年数人に襲われ、金を奪われる事件が起きた。新設
されて間もない神南署の安積警部補たちは、男の訴えにより捜査を開始した。
だが、数日後、銀行員は告訴を取り下げてしまう。一体何があったのか?そして
今度は複数の少年が何者かに襲われる事件が……。2つの事件を不審に感じた
刑事たちが、巧妙に仕組まれた犯罪に立ち向う!
ベイエリア分署シリーズの続編、待望の文庫化!
(解説・関口苑生)



“カップル”じゃなく“アベック”な時代。
不良債権問題とか。
かれこれ20年前? 30年前?
でもそんなに古さを感じさせない。

桜井くんがずっと26だか7だかな気がする…
それより、速水って安積より3歳くらい年下じゃなかったっけ?
いつから同い年?

安積がいつまでたっても村雨を悪く言うのは、
実はそんなに時間が経過していないから?

本筋とは関係ないけど…
気になる…


[今野敏]  [警視庁神南署]  [こんのびん

Sat2019.06.22


虚構の殺人者 東京ベイエリア分署 今野敏

虚構の殺人者 東京ベイエリア分署 今野敏
ハルキ文庫

2019.6.21

1
2

19
解説  関口苑生


裏表紙より。

東京湾臨海署――通称ベイエリア分署の管内で、テレビ局プロデューサーの落下
死体が発見された。捜査に乗り出した安積警部補たちは、現場の状況から他殺と
断定。被害者の利害関係から、容疑者をあぶり出した。だが、その人物には鉄壁の
アリバイが……。利欲に塗れた業界の壁を刑事たちは崩せるのか?
大好評安積警部補シリーズ、待望の文庫化。
(解説・関口苑生)



え? 大橋くん、出てくるの?
そっか。
最初だけ出てきて異動しちゃうのね。
最後までいるじゃん。
なぜ?
順番間違えた?

カバーそでの文庫の順番は、
二重標的
硝子の殺人者
虚構の殺人者

奥付で出版年月を見ると、2006年4月、9月、10月。

あ。
その前のページ、底本が
1996年4月、1998年、1997年10月
とある。

つまり。
二重標的
虚構の殺人者
硝子の殺人者

ハルキ文庫、不親切だなぁ…
元妻とのエピソードが微妙に変わってくるような。
大橋くんだって、安積と組んで生き生きしてるのが
3作目なのと2作目なのでは印象が変わる…

解説に順番が出ていた。

二重標的
虚構の殺人者
硝子の殺人者
この後、神南署に移って
蓬莱
イコン
警視庁神南署
神南署安積班
そしてまた臨海署で
残照
陽炎
最前線
半夏生

それにしても。
村雨の描かれ方がヒドイ…


[今野敏]  [虚構の殺人者]  [東京ベイエリア分署]  [こんのびん

Fri2019.06.21


硝子の殺人者 東京ベイエリア分署 今野敏

硝子の殺人者 東京ベイエリア分署 今野敏
ハルキ文庫

2019.6.19

1
2

19
解説  関口苑生


裏表紙より。

東京湾岸で乗用車の中からTV脚本家の絞殺死体が発見された。現場に駆けつけた
東京湾臨海署(ベイエリア分署)の刑事たちは、目撃証言から事件の早期解決を確信
していた。だが、即刻逮捕された暴力団員は黙秘を続け、被害者との関係に新たな
謎が――。華やかなTV業界に渦巻く麻薬犯罪に挑む刑事たちを描く、安積警部補
シリーズ待望の刊行。
(解説・関口苑生)



華やかなTV業界に渦巻く麻薬犯罪に挑む刑事たち
ではなかったかな。

解説によると、大橋くんはこの後異動しちゃうらしい。

大橋は本書を最後に臨海署を去り、上野署を経て竹ノ塚署に異動する。
そこで再会することになる。桜井は、大橋のあまりの変わりように驚く…
(『最前線』角川春樹事務所刊)



[今野敏]  [硝子の殺人者]  [東京ベイエリア分署]  [こんのびん

Thu2019.06.20


二重標的 ダブルターゲット 東京ベイエリア分署 今野敏

二重標的 ダブルターゲット 東京ベイエリア分署 今野敏
ハルキ文庫

2019.6.18

1
2

20
解説  関口苑生


裏表紙より。

東京湾臨海署(ベイエリア分署)の安積警部補のもとに、殺人事件の通報が入った。
若者ばかりが集まるライブハウスで、30代のホステスが殺されたという。女はなぜ
場違いと思える場所にいたのか? 疑問を感じた安積は、事件を追ううちに同時刻に
発生した別の事件との接点を発見。繋がりを見せた二つの殺人標的が、安積たちを
執念の捜査へと駆り立てる――。ベイエリア分署シリーズ第一弾!!
(解説・関口苑生)



安積班のスタートは、ここか。

もともと他のメンバーがいたところに
安積が入ったってこと?

桜井のキャラがずいぶん違う。

大橋?
誰?
村雨と組んでいて、今の桜井みたいな描写。
どこかで死んじゃうのかしら…

しかし。
ここしばらく今野敏しか読んでない気がする。


[今野敏]  [二重標的]  [ダブルターゲット]  [東京ベイエリア分署]  [こんのびん

Mon2019.06.17


半夏生 東京湾臨海署安積班 今野敏

半夏生 東京湾臨海署安積班 今野敏
ハルキ文庫

2019.6.14

1
2

19
解説  関口苑生


裏表紙より。

東京お台場のビルの狭間で、アラブ系と思われる外国人男性が倒れている
のが発見された。事件性の疑いはないと考えられたが、男性は原因不明の
高熱を発し、間もなく死亡。それを機に、東京湾臨海署の安積班にただならぬ
空気が流れはじめる――本庁公安部が動きだしたのだ。海外からウイルスを
持ち込んだバイオテロなのか? 地域・道路封鎖に奔走する安積たちの不安
をよそに、事態はさらに悪化の気配を見せはじめた!
大好評長篇警察小説、待望の文庫化。  (解説・関口苑生)



バイオテロでお台場封鎖、なんて大風呂敷広げちゃって…
頭をよぎるのは、『YASHA』の東京戒厳令。
大丈夫か?
と思ったら。
この手がありましたか。
うまいなぁ。

岸辺さんもまたどこかに出てくるのかしら。

にしても。
安積さん、どんだけ警察内で有名人。
竜崎はわかるけど。
安積さんは、なぜ?


[今野敏]  [半夏生]  [東京湾臨海署安積班]  [こんのびん

Fri2019.06.14


陽炎 東京湾臨海署安積班 今野敏

陽炎 東京湾臨海署安積班 今野敏
ハルキ文庫

2019.6.12

偽装
待機寮
アプローチ
予知夢
科学捜査
張り込み
トウキョウ・コネクション
陽炎


裏表紙より。

東京湾のレインボーブリッジで乗用車から男女連名の遺書らしきものが発見
された。車は乗り捨てられており、男女の心中事件と推測された。東京湾臨海
署の安積警部補は、現場からもどった部下の須田刑事から、意外な言葉を
聞かされる。彼は『偽装心中』だというのだが――。須田の仮説を信じる安積
たちは、事件の驚くべき真相に向かって動きはじめる。(「偽装」より)
大好評ベイエリア分署シリーズ、待望の文庫化。



『神南署安積班』と『陽炎』の間には、『残照』があったのか。
神南署から東京湾臨海署に移った後の話。

安積がいまだに村雨のことをグチグチ考えていることに
ちょっとびっくり!

短編なのでサクサク読めて楽しいけれど、登場人物たちの
お決まりの人物描写がくり返し出てくるのが難点か。

「科学捜査」のSTの青山、ST警視庁科学特捜班シリーズがあるのか。
ST警視庁科学特捜班、なんとなく読んだことある気もするけれど。
こんな美貌の男子、読んでたら覚えてるか… な…


[今野敏]  [陽炎]  [東京湾臨海署安積班]  [こんのびん

Thu2019.06.13


神南署安積班 今野敏

神南署安積班 今野敏
ハルキ文庫

2019.6.11

スカウト

夜回り
自首
刑事部屋の容疑者たち
異動
ツキ
部下
シンボル
解説  香山二三郎(かやまふみろう)


裏表紙より。

人と犯罪の溢れる街、渋谷。その街を管轄とする警視庁神南署に張り込む
新聞記者たちの間で、信じられない噂が流れた。交通課の速水警部補が、
援助交際をしているというのだ。記者の中には、真相を探ろうとするものも
現れ、署内には不穏な空気が――。刑事課の安積警部補は、黙して語らない
速水の無実を信じつつ、彼の尾行を始めるが……。警察官としての生き様を
描く『噂』他、8編を収録。大好評安積警部補シリーズ待望の文庫化。
(解説・香山二三郎)



隠蔽捜査シリーズが終わってしまったので、
安積班シリーズに行くことに。

短編集で面白い

難点は、警察官のみなさんの階級というか
序列がいまひとつわからないこと。
隠蔽捜査シリーズは、もっと偉い人たちだったからな…

図書館の検索ではうまく探せなかったけれど。
安積シリーズ、結構たくさんあるみたい。
楽しみ


二重標的
虚構の殺人者
硝子の殺人者

蓬莱
イコン
警視庁神南署
神南署安積班

残照
陽炎
最前線
半夏生


[今野敏]  [神南署安積班]  [こんのびん

Wed2019.06.12


田辺聖子 逝去

田辺聖子 逝去
享年91歳

田辺聖子さんが、6月6日、亡くなりました。
享年91歳。

何を代表作にあげたらよいのか悩む…
やっぱり、カモカのおっちゃんか

ご冥福をお祈りします。


[田辺聖子]  [カモカのおっちゃん

Tue2019.06.11


凄月 隠蔽捜査7 今野敏

凄月 隠蔽捜査7 今野敏
新潮社

2019.6.8

1
2

25


うーん…

私鉄と銀行のシステムをダウンさせたのが、
たった一人の中坊、いや、高校1年生か。
ルナリアンだ、伝説のハッカーだと騒いだワリに、
小モノ感が…

しかも、いつも通りのあっちの事件もこっちの事件も
1つの事件に収束、ってパターンなのだけれど。
さすがに無理くり…

ご都合主義にも程があるなぁという感じ

大森署長竜崎の活躍をもっと読みたかったけれど。
そろそろ限界なのか。

神奈川県警の刑事部長としての活躍を期待

にしても。
いつも思うのだけれど。
そもそも竜崎みたいな人が、よく途中で潰されずに
出世してきたよな…

そこが一番のご都合主義か


[今野敏]  [凄月]  [隠蔽捜査7]  [こんのびん

Mon2019.06.10


ふたご 藤崎彩織

ふたご 藤崎彩織
文藝春秋

2019.6.5

序章 ふたご
第1部
 1 夏の日
 2 ピアノ
 3 図書館
 …
 20 分岐点
第2部
 1 地下室
 2 契約書
 3 居場所
 …
 16 君の居場所
後書き


藤崎沙織?
誰だっけ?
あぁ。
SEKAI NO OWARIの。
直木賞の候補作に選ばれたんだっけ。


これはいわゆる私小説?

最初からとても読みにくくて、
もうキラキラ青春小説みたいなモノが読めなくなってしまったのかと
思ったのだけれど…
キラキラ青春小説じゃあないか。
キョーレツな共依存の物語。

直木賞候補?
ですか…


[藤崎彩織]  [ふたご]  [ふじさきさおり]  [SEKAI]  [NO]  [OWARI

Sun2019.06.09


あなたに似た人Ⅱ 新訳版 ロアルド・ダール 田口俊樹訳

あなたに似た人Ⅱ 新訳版 ロアルド・ダール 田口俊樹訳
ハヤカワ・ミステリ文庫

ROALD DAHL'S SHORT STORIES VOLUMEⅡ
ROALD DAHL

2019.6.5

サウンドマシン
満たされた人生に最後の別れを
偉大なる自動文章製造機
クロードの犬
<特別収録>
 ああ生命の妙なる神秘よ
 廃墟にて
モテる男は、危険で優雅な笑みを浮かべる  森晶麿


裏表紙より。

植物の「声」を聞く機械を発明した男が耳にしたものは? 小説自動作製
機は何を成し遂げるのか? 教養ある男が企んだ甘美な復讐のお味は?
……短篇の名手が、人生という道路に、時にぽっかりと口を開ける非日常
という落とし穴を描いて見せる非情でブラックな短篇の数々。
そして、田舎の魅力的かつ不可解きわまる楽しきカントリーライフを描く
一連の作品を収録。従来日本では単行本未収録だった短篇2作を加えた
新訳決定版



「廃墟にて」、たった2ページなのに、すごいショーゲキ


[ロアルド・ダール]  [あなたに似た人Ⅱ]  [新訳版]  [田口俊樹

Wed2019.06.05


初陣 隠蔽捜査3.5 今野敏

初陣 隠蔽捜査3.5 今野敏
新潮文庫

2019.6.3

指揮
初陣
休暇
懲戒
病欠
冤罪
試練
静観
解説  村上貴史


裏表紙より。

警視庁刑事部長を務めるキャリア、伊丹俊太郎。彼が壁にぶつかったとき
頼りにするのは、幼なじみで同期の竜崎伸也だ。原理原則を貫く男が愛想
なく告げる一言が、いつも伊丹を救ってくれる。ある日、誤認逮捕が起きた
という報に接した伊丹は、困難な状況を打開するため、大森署署長の竜崎
に意見を求める(「冤罪」)。
『隠蔽捜査』シリーズをさらに深く味わえる、スピン・オフ短篇集。



伊丹が主人公

… 伊丹が少々、いや、かなり小心者すぎ…
こんな伊丹、見とうもなかった
そうでもないか。

少々伊丹がマヌケすぎるきらいはありますが。
そして竜崎がすご過ぎるけれど。
仲良きことは美しきかな

隠蔽捜査シリーズ、面白い
[今野敏]  [初陣]  [隠蔽捜査3.5]  [こんのびん

Tue2019.06.04


あなたに似た人Ⅰ 新訳版 ロアルド・ダール 田口俊樹訳

あなたに似た人Ⅰ 新訳版 ロアルド・ダール 田口俊樹訳
ハヤカワ・ミステリ文庫

ROALD DAHL'S SHORT STORIES VOLUMEⅠ
ROALD DAHL

2019.5.29


おとなしい凶器
南から来た男
兵士
わが愛しき妻、可愛い人よ
プールでひと泳ぎ
ギャロッピング・フォックスリー
皮膚

願い

訳者あとがき


裏表紙より。

ある日とつぜん夫に別れを告げられた妻は、思わず夫の頭に一撃を
喰わせてしまった。刑事である夫の死体が目の前に転がっている。
まもなく夫の仲間の警官たちがやってくるにちがいない。さて、妻は
凶器をどうする? 短篇ミステリのスタンダードとしてあまりにも有名な
上記「おとなしい凶器」をはじめ、常軌を逸した賭けの行方や常識人に
突然忍び寄る非常識な出来事などを、短篇の名手が残酷かつ繊細に
描く11篇を収録する。



「おとなしい凶器」と「皮膚」がいい
「願い」も、誰もが1回はやったことがあるような、ありふれた光景を
こんなにも鮮やかに切り取って見せて、すごいなぁ


[ロアルド・ダール]  [あなたに似た人]  [新訳版]  [田口俊樹

Sun2019.06.02


自覚 隠蔽捜査5.5 今野敏

自覚 隠蔽捜査5.5 今野敏
新潮文庫

2019.5.28

漏洩
訓練
人事
自覚
実地
検挙
送検
解説  大矢博子


裏表紙より。

畠山警視は実技を伴うスカイマーシャルの訓練中、壁に直面する。彼女は
共に難事件を乗り越えた竜崎に助言を求めた(「訓練」)。関本刑事課長は
部下戸高の発砲をめぐり苦悩した。そこで竜崎の発した一言とは(表題作)。
貝沼副署長、久米地域課長、伊丹刑事部長。彼らが危機の際に頼りにする
のは、信念の警察官僚(キャリア)、大森署署長竜崎伸也だった――。
7人の警察官の視点で描く最強スピン・オフ短篇集。



漏洩 貝沼悦郎
訓練 畠山美奈子
人事 野間崎政嗣
自覚 関本良治
実地 久米政男
検挙 小松茂
送検 伊丹俊太郎


「人事」に出てくる弓削篤郎方面本部長が、『去就』に出てきた弓削方面本部長?
「人事」では、野間崎より竜崎についている感じだけどな…


[今野敏]  [自覚]  [隠蔽捜査5.5]  [こんのびん