FC2ブログ
Home>2019年05月  TotalPages1

Wed2019.05.29


転迷 隠蔽捜査4 今野敏

転迷 隠蔽捜査4 今野敏
新潮文庫

2019.5.28

1
2

26
解説  千街晶之


裏表紙より。

大森署署長・竜崎伸也の身辺は、にわかに慌しくなった。外務省職員の他殺体が
近隣署管内で見つかり、担当区域では悪質なひき逃げ事件が発生したのだ。さら
には海外で娘の恋人の安否が気遣われる航空事故が起き、覚醒剤捜査をめぐって、
厚労省の麻薬取締官が怒鳴り込んでくる。次々と襲いかかる難題と試練――闘う
警察官僚(キャリア)竜崎は持ち前の頭脳と決断力を武器に、敢然と立ち向かう。



あぁよかった。
竜崎がまっとうになってて一安心。

殺人とひき逃げは、もっと間隔をあけるんじゃなかろうかとも思うけれど。
それだとすべてが竜崎に集約されず、真相も見えてこなかった…

面白いから多少(?)のご都合主義はスルーしよう


[今野敏]  [転迷]  [隠蔽捜査4]  [こんのびん

Tue2019.05.28


悪意 ホーカン・ネッセル 久山葉子訳

悪意 ホーカン・ネッセル 久山葉子訳
東京創元社

INTRIGO
Hakan Nesser

2019.5.25

トム
レイン ある作家の死
親愛なるアグネスへ
サマリアのタンポポ
その件についてのすべての情報
訳者あとがき


カバーそでより。

「トム」
夜中にかかってきた一本の電話、
それは22年前に死んだはずの息子からのものだった。

「レイン」
亡くなった著名な作家の遺作には、母国語での出版を禁じ、
翻訳出版のみを許可するという奇妙な条件が付されていた。

「親愛なるアグネスへ」
夫の葬式で久し振りに会ったかつての親友、二人の交わす書簡はやがて……。

デュ・モーリアの騙りの妙、シーラッハの奥深さ、
ディーヴァーのどんでん返しを兼ね備えた全5編の傑作短編集。



上下2段組で結構なボリューム。
「トム」よりも「レイン」…
よりも「親愛なるアグネスへ」
がコワイ。
女ってコワイ…

「サマリアのタンポポ」は、むしろ青春小説。

「親愛なるアグネスへ」も過去を振り返ってはいるんだけれど。
こちらはまさに“悪意”だらけ。

だから「サマリアのタンポポ」で、ちょっとほっとする。
何が起こったかも、さして意外ではないし。

最後に「その件についてのすべての情報」。
たった9ページ半の短編。
よくわからない。

ホーカン・ネッセル、もっと読んでみたい


[ホーカン・ネッセル]  [悪意]  [久山葉子

Mon2019.05.27


もしものときに迷わない遺品整理の話 内藤久

もしものときに迷わない遺品整理の話 内藤久
SB新書

2019.5.24

はじめに
第1章 遺品が語る、故人の思いがけない素顔
    小学校の教師が住んでいた、ゴミに囲まれた部屋
    遠い親戚の素顔が見えるとき
    「負の遺産」を相続する危険性
    孤独死した故人の、姉が背負ったもの
    作業中に見知らぬ男が入ってきて
    故人の交友関係と、インターネット上の遺品
    後見人選びは慎重に
第2章 資産の遺し方 「お金になる遺品」が出てきたら……
    現金はどこにある?
    自分名義の通帳を、把握していますか?
    価値がわからない美術品
    開かない金庫
    貴金属が出てこない
    遺言書の開封には注意
    遺品整理の時期はいつか? 持ち家の整理は早めに
第3章 ひとりで亡くなるという現実
    「思い」を遺して、ひとり旅立つ人たち
    「思い」がわからない悲しみ
    遺されたペット
    とたんに増える親戚
    「身寄りがない」と話していた故人
    「遺す」親の思いを、「遺される」子は知らない
    「終の棲家」の考え方
第4章 1500人の遺族と話してわかった「親のための準備」「自分の準備」
    エンディングノートに必要な項目、意外といらない項目
    エンディングノートを「引き継ぎ」として考えてみる
    自分の死を伝えてほしい連絡先、遺産・遺品は必須
    「終活」で感謝の気持ちを遺すと、遺族が救われる
    「終活」で本当にしなければならないと
おわりに


裏表紙より。

遺品には故人の生活や人格が表れ、ときには大切なメッセージとなって
遺族に引き継がれることもある。まさに遺品は、あの世とこの世、故人と
遺族をつなぐ架け橋となる。家族の遺品を整理するときにどのようなことを
知っておくべきか、あなた自身にもしものことがあったときに何をどのように
遺すべきか。これまで1500件近くの遺品整理現場にかかわってきた遺品
整理のプロが、遺品で困らないために何をしておくべきか、遺品整理で
迷ったときにどのように対処すべきかを解説していく。



さらさらっと読了。

うーん…
片づけねば…


[内藤久]  [もしものときに迷わない遺品整理の話]  [ないとうひさし

Sun2019.05.26


疑心 隠蔽捜査3 今野敏

疑心 隠蔽捜査3 今野敏
新潮文庫

2019.5.24

1
2

23
解説  関口苑生


裏表紙より。

アメリカ大統領の訪日が決定。大森署署長・竜崎伸也警視長は、羽田空港を含む
第二方面警備本部本部長に抜擢された。やがて日本人がテロを企図していると
いう情報が入り、その双肩にさらなる重責がのしかかる。米シークレットサービス
との摩擦。そして、臨時に補佐を務める美しい女性キャリア・畠山美奈子へ抱いて
しまった狂おしい恋心。竜崎は、この難局をいかにして乗り切るのか?



竜崎が美人キャリアに恋をして身悶えする…
そんな竜崎、見とうもなかった…
というか。
相手がアイドルみたいな美人キャリア、
っていうのがどうも…
いや、畠山ちゃんはすごくいいコなんだけど。

『果断』のナウシカが『疑心』では禅問答。
そもさんせっぱっって、『そもさん、説破』って書くんだ。

肝心のテロリストは、戸高が出てきた時点で
なんとなく先が見えちゃうのが難といえば難。

ま。
そういう“型”なので仕方ないのか。

面白いけど、ちょっとビミョー

ちょうどトランプ大統領の来日で、街中に警察官が多いような。
現場のみなさん、大変ですね


[今野敏]  [疑心]  [隠蔽捜査3]  [こんのびん

Sat2019.05.25


果断 隠蔽捜査2 今野敏

果断 隠蔽捜査2 今野敏
新潮文庫

2019.5.22

1
2

22
解説  西上心太


裏表紙より。

長男の不祥事により所轄へ左遷された竜崎伸也警視長は、着任早々、立てこもり
事件に直面する。容疑者は拳銃を所持。事態の打開策をめぐり、現場に派遣された
SITとSATが対立する。異例ながら、彼は自ら指揮を執った。そして、この事案は解決
したはずだったが――。警視庁第二方面大森署署長・竜崎の新たな闘いが始まる。
山本周五郎賞・日本推理作家協会賞に輝く、本格警察小説。



すごい!

SATが突入して、立てこもり犯射殺&人質救出で
まだ半分もいかない…?
これから延々と竜崎vs.上層部が始まるのかと思いきや、
まさかのどんでん返し。
すごい
ほんとすごい


[今野敏]  [果断]  [隠蔽捜査2]  [こんのびん

Thu2019.05.23


隠蔽捜査 今野敏

隠蔽捜査 今野敏
新潮文庫

2019.5.21

1
2

21
解説  北上次郎


裏表紙より。

竜崎伸也は、警察官僚(キャリア)である。現在は警察庁長官官房でマスコミ
対策を担っている。その朴念仁ぶりに、周囲は<変人>という称号を与えた。
だが彼はこう考えていた。エリートは、国家を守るため、身を捧げるべきだ。
私はそれに従って生きているにすぎない、と。組織を揺るがす連続殺人事件に、
竜崎は真正面から対決してゆく。
警察小説の歴史を変えた、吉川英治文学新人賞受賞作。



おぉ…
1作目の方が事件に重みが^^;
竜崎と伊丹のやり取りも重い^^
でも楽しい


[今野敏]  [隠蔽捜査]  [こんのびん

Wed2019.05.22


サイドキック 矢月秀作

サイドキック 矢月秀作
ハルキ文庫

2019.5.

プロローグ
第1章
第2章
第3章
第4章
第5章
エピローグ


裏表紙より。

警視庁青山中央署の刑事課には、二人の名物刑事がいる。一人はチョビ髭で、
頭部も薄い中年刑事・三木本鶴麿(みきもとつるまろ)。もう一人は長身でスレンダー
だが、キレたら恐ろしい最強美人刑事・御前静花。鶴麿はどこからどう見ても冴え
ないただのおっさんだが、いつもミラクルを起こし、事件を解決に導く。そんな鶴麿に
静花はぞっこんで、二人の関係は、青山中央署の七不思議のひとつだ。そんな中、
青山の宝石店で強盗殺人事件が発生し、名物凸凹コンビが捜査に乗り出した──。
傑作エンタテインメント警察小説。



これは… 面白いのか?
そもそもの事件が、強盗殺人になっちゃった時点で、
犯人達にまったく共感の余地がない。
しかも殺されちゃった宝石店の店長、黒幕とかじゃないし。
ただのお気の毒な被害者。

広げた風呂敷をバタバタと回収。

暇つぶしにはなった


[矢月秀作]  [サイドキック]  [やづきしゅうさく

Tue2019.05.21


去就 隠蔽捜査6 今野敏

去就 隠蔽捜査6 今野敏
新潮文庫

2019.5.17

1
2

24
解説  川上弘美


裏表紙より。

大森署管内で女性が姿を消した。その後、交際相手とみられる男が殺害される。
容疑者はストーカーで猟銃所持の可能性が高く、対象女性を連れて逃走している
という。指揮を執る署長・竜崎伸也は的確な指示を出し、謎を解明してゆく。だが、
ノンキャリアの弓削方面本部長が何かと横槍を入れてくる。やがて竜崎のある命令
が警視庁内で問われる事態に。捜査と組織を描き切る、警察小説の最高峰。



『宰領』よりさらにさくっと読めた。
が。

ちょっと物足りない…


[今野敏]  [去就]  [隠蔽捜査6]  [こんのびん

Mon2019.05.20


宰領 隠蔽捜査5 今野敏

宰領 隠蔽捜査5 今野敏
新潮文庫

2019.5.16

1
2

25
解説  池上彰


裏表紙より。

衆議院議員が行方不明になっている。伊丹刑事部長にそう告げられた。牛丸真造は
与党の実力者である。やがて、大森署管内で運転手の他殺体が発見され、牛丸を
誘拐したと警察に入電が。発信地が神奈川県内という理由で、警視庁・神奈川県警の
合同捜査が決定。指揮を命じられたのは一介の署長に過ぎぬ竜崎伸也だった。反目
する二組織、難航する筋読み。解決の成否は竜崎に委ねられた!



隠蔽捜査シリーズ、読んだことあるんだったか…
ボリュームありそうなワリにさくっと読めた。

真犯人にびっくり!


[今野敏]  [宰領]  [隠蔽捜査5]  [こんのびん

Mon2019.05.13


シーソーモンスター 伊坂幸太郎

シーソーモンスター 伊坂幸太郎
中央公論社

2019.5.9

シーソーモンスター
スピンモンスター
あとがき
「螺鈿」年表


「シーソーモンスター」、恐妻家の次は、嫁姑問題。
山の者と海の者の対立がいまひとつ??
でも面白かった

『フーガはユーガ』も良かったし、
しあわせ

「スピンモンスター」は、それから5、60年くらい後、
近未来のお話。

今でさえ当たり前のAIに、なんだか世間のみなさんが
気付いてない風な設定に違和感。

そしてあとがきを読んでびっくり。
螺鈿プロジェクト。

原始  ウナノハテノガタ 大森兄弟

古代  月人壮士(つきひとおとこ) 澤田瞳子

中世・近世  もののふの国 天野純希

明治  蒼色(そうしょく)の大地 薬丸岳

昭和前期  コイコワレ 乾ルカ

昭和後期  シーソーモンスター 伊坂幸太郎

平成  死神を求めて生きているの 朝井リョウ

近未来  スピンモンスター 伊坂幸太郎

未来  天使も怪物も眠る夜 吉田篤弘

あ、朝井リョウの新刊も螺鈿プロジェクトなんだ。


これでお終いだと思っていたら、
海と山の伝承とやらが2ページあるのを見落としていた。

ふーん…

他の作品も読む… かな…


[伊坂幸太郎]  [シーソーモンスター]  [いさかこうたろう

Wed2019.05.08


ルパンの消息 横山秀夫

ルパンの消息 横山秀夫
光文社文庫

2019.5.7

第1章 タレ込み
第2章 ルパン作戦
第3章 決行
第4章 弔い合戦
第5章 追跡
第6章 氷解点
第7章 時の巣窟(そうくつ)
改稿後記


裏表紙より。

15年前、自殺とされた女性教師の墜落死は実は殺人――。警視庁に入った1本の
タレ込みで事件が息を吹き返す。当時、期末テスト奪取を計画した高校生3人が
校舎内に忍び込んでいた。捜査陣が2つの事件の結び付きを辿っていくと、戦後
最大の謎である3億円事件までもが絡んでくるのだった。時効まで24時間、事件は
解明できるのか!? 著者“幻の傑作”待望の文庫化。



長かった…
やっと読み終わった。

いきなり宴会でのセクハラで幕開け。
平成2年じゃこんな感じか。
にしてもな。
改稿したなら
それなりに憤慨しているのと、構われて嬉しいのが半々の顔だ
なんて描写はなんとかすればいいのに。

15年前の高校生の回想シーンも長い。
ビーバップハイスクールみたいなやり取りが延々続く。
漫画的で楽しいけど、こんなに必要?

で。
女のヒトの描き方がヒドイなぁ…
とは感じていたけれど。

レズの毒牙?
はぁ…
急に話が進みだしたからいいけど…

女性は白い靴抜きでは辛いんです。服に合わせますから…

えーっ
ないないない…

そんなトンチンカンな説を

解明の糸口が女性ならではの発想だったことを知って
どこかホッとしたような気持になった


なんて感心しちゃって、しかもそれでほっとしちゃう溝呂木も
たいしたことないな…

っていうか。
やっぱり女のコ達、ひどい書かれよう…

そして最後の最後、まさかの急転直下で
真犯人はサンオクさん

さらに。

美人過ぎる婦警さんは相馬くんの妹

あなたにもう一度会いたかったの

いや、あんた、こんなに警察引っ掻き回して
なに言ってんの?

というか。
なぜここに美人過ぎる婦警が必要なんだ…

処女作でここまで書けるのはすごいと思うし。
怪作だと思うけど。
幻の傑作は幻のままにしておいた方が良かったんじゃないかな…


[横山秀夫]  [ルパンの消息]  [よこやまひでお

Tue2019.05.07


ファーストラヴ 島本理生

ファーストラヴ 島本理生
文藝春秋

2019.5.6


カバーそでより。

正直に言えば、私、嘘つきなんです。
自分に都合が悪いことがあると、頭がぼうっとなって、
意識が飛んだり、嘘ついたりしてしまうことがあって。
だから、そのときもとっさに自分が殺したことを隠そうとしたんだと……



帯より。

第159回
直木賞受賞作
なぜ娘は父親を殺さなければならなかったのか?
「家族」という名の迷宮を描く傑作長編。


「動機はそちらで見つけてください」
父親を刺殺した容疑で逮捕された女子大生・聖山環菜
(ひじりやまかんな)の挑発的な台詞が世間をにぎわせて
いた。臨床心理士の真壁由紀は、この事件を題材とした
ノンフィクションの執筆を依頼され、環菜やその周辺の
人々と面会を重ねていくが……。


この世界で人はレールからはずれることができず苦しみ続ける。
涙を流さずに泣くことの意味を、僕はこれからも考えていくと思う。
俳優 坂口健太郎



真壁由紀
夫:真壁我聞 写真家
夫の弟:庵野迦葉(かしょう) 弁護士

聖山環菜
父:聖山那雄人(なおと)

臨床心理士がすごすぎる。
この人の先生である精神科の院長先生がすごい。
本当にこんな風に、人の心がほぐせるものなのか。
いや。
人の心の闇?が見えちゃうものなのか。

脳内では、なぜか、
迦葉:三上博史(背、高くないけど…)
我聞:井浦新(眼鏡外してすっごいイケメン…ではないが)

で。
聖山那雄人はエゴン・シーレの自画像っぽい感じ。

楽しく読めたけど。
我聞の「眼鏡外したらすっごいイケメン」っていう設定、
必要なんだろーか…


[島本理生]  [ファーストラヴ]  [しまもとりお

Sat2019.05.04


彼女に関する十二章 中島京子

彼女に関する十二章 中島京子
中公文庫

2019.5.3

第1章 結婚と幸福
第2章 男性の姿形
第3章 哀れなる男性
第4章 妻は世間の代表者
第5章 五十歩と百歩
第6章 愛とは何か
第7章 正義と愛情
第8章 苦悩について
第9章 情緒について
第10章 生命の意識
第11章 家庭とは何か
第12章 この世は生きるに値するか
解説  酒井順子


裏表紙より。

50歳になっても、人生はいちいち驚くことばっかり――息子は巣立ち、夫と二人の暮らし。
パート勤務の宇藤聖子がふと手にとったのは60年前の「女性論」。一見時代遅れの随筆
と聖子の日常は響き合い、思わぬ出会いが次々と……!社会問題を織り込んで、くすり
と笑える心地よさ。ミドルエイジを元気にする上質の長編小説。  <解説>酒井順子



伊藤整。
フリガナないので読めない。
いとうせい。

すごく平易な文章で淡々としているのに、
さらっと深い話になる。

<自分のエゴも他人のエゴも肯定する>キリスト型の愛と、
<他人のために自分のエゴを否定する>孔子様型の愛

云々から
『逆コース』
の話が出てくる第9章。

第12章は、そのまんま“この世は生きるに値するか”。

“ミドルエイジを元気にする上質の長編小説”
というより、軽い哲学入門?

ミドルエイジ限定じゃもったいない。

あと。
さして“長編”じゃない…


[中島京子]  [彼女に関する十二章]  [なかじまきょうこ