FC2ブログ
Home>2018年07月  TotalPages1

Tue2018.07.31


木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸

木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸
文春文庫

2018.7.28

1
2
3

26
解説 恋愛小説とネタバレ  鴻上尚史


裏表紙より。

舞台は、アパートの一室。別々の道を歩むことが決まった男女が最後の夜を徹し
語り合う。初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿――
共有した過去の風景に少しずつ違和感が混じり始める。濃密な心理戦の果て、
朝の光とともに訪れる真実とは。不思議な胸騒ぎと解放感が満ちる傑作長編!
解説・鴻上尚史



…。
帯が完全にミスリード。


本屋大賞&直木賞W受賞!

続きが気になりすぎて,電車を乗り過ごしました。
(20代男性)

“最後の夜”に始まった心理戦。かつての恋人は殺人犯なのか?
過去をめぐる物語は次々と意外な事実を明らかにしていく――。


「相手が殺人犯ではないか」というシンプルな攻防が続く心理戦
だと思っていました。しかし、二人の会話は「事件の真相」以上に
衝撃的な事実にたどり着きます。次々と明らかになる過去の秘密、
そして移ろいゆくふたりの心…。互いの腹を探り合うスリリングな
興奮と、好きなのに疑ってしまう恋愛の切なさにどんどん物語に
引き込まれます。293ページなのに超濃密な内容、一気読み必至の
恩田陸ミステリの隠れた傑作です!


「かつての恋人」じゃないし。
「好きなのに疑ってしまう恋愛の切なさ」でもないし。
「殺人犯」はきっといなかったし。
もちろん、「本屋大賞&直木賞W受賞」したのは、本書ではない

なんだろー…
『イニシエーション・ラブ(乾くるみ)』を読んだあとみたいな感じ。

むろん、ある男の死を巡る謎についての物語でもあるし、

いや、その男の死のナゾは放置かい

恩田陸。
タイトルも文章も雰囲気もいいんだけれど。
風呂敷はたたまない。


[恩田陸]  [木洩れ日に泳ぐ魚]  [おんだりく

Mon2018.07.30


W/F ダブル・ファンタジー 村山由佳

W/F ダブル・ファンタジー 村山由佳
文藝春秋

2018.7.28

序章
第1章
第2章
第3章
第4章
第5章
第6章
終章


週刊文春連載中にときどき読んでいた『ミルク・アンド・ハニー』が
単行本になったけど。
そもそも、『ダブル・ファンタジー』ってどんな本かと借りてみる。

なんだこれ。

最後の最後にくっつく大林が、『ミルク・アンド・ハニー』に出てきた大林かと思うと、
ラストもかなり興ざめ。

省吾で懲りなかったのか。
ダメンズ好きな自分が好きなのか。

なんでこれがそんなに話題になったんだろう…
表紙のせい?


[村山由佳]  [W/F]  [ダブル・ファンタジー]  [むらやまゆか

Sun2018.07.29


宮辻薬東宮 宮部みゆき 辻村深月 薬丸岳 東山彰良 宮内悠介

宮辻薬東宮
宮部みゆき 辻村深月 薬丸岳 東山彰良 宮内悠介
講談社

2018.7.25

人・で・なし   宮部みゆき
ママ・はは   辻村深月
わたし・わたし   薬丸岳
スマホが・ほ・し・い   東山彰良
夢・を・殺す   宮内悠介


みや・つじ・やく・とう・ぐう、と読むのか。
大極宮(たいきょくぐう)的ななにかかと思ってしまった。

ただの短編集ではなく、前のヒトからバトンを受け継いで書いたそうで。
宮部みゆきの書き下ろし短編を読んで、辻村深月が短編を書き下ろし。
それを薬丸岳が読んで、短編を書き下ろし。
それを東山彰良が読んで、短編を書き下ろし。
それを宮内悠介が読んで、短編を書き下ろし。

順番に読まなくちゃいけないのね。
そして最後に居酒屋だるまのエピソードにつなげているけれど。
残念。
宮部みゆきの方は、学生風の男女6人組。

東山彰良って、『女の子のことばかり考えていたら、1年が経っていた。』のヒトだよね。
ここから何となくつながってない感が。

こんな本を作ろうと考え付くのもすごいし、実現しちゃうところがすごい


[宮辻薬東宮]  [宮部みゆき]  [辻村深月]  [薬丸岳]  [東山彰良]  [宮内悠介

Sat2018.07.28


白墨人形 C・J・チューダー 中谷友紀子訳

白墨人形 C・J・チューダー 中谷友紀子訳
文藝春秋

THE CHALK MAN
C.J.TUDOR

2018.7.24

プロローグ
2016年
1986年
2016年
1986年

2016年
1986年
2016年
1986年-1990年
2016年
2016年
2016年
2週間後
謝辞
訳者あとがき


カバーより。

最終ページに待ち受ける
おそるべき真相。
スティーヴン・キング強力推薦の
徹夜サスペンス。

あの夏。僕たちが見つけた死体。そのはじまりは何だったのか。
僕たちにもわからない。みんなで遊園地に出かけ、あの悲惨な
事故を目撃したときか。白墨のように真っ白なハローラン先生が
町にやってきたときか。それとも僕たちがチョークで描いた人形の
絵で秘密のやりとりをはじめたときか――
あの夏。僕には4人の友達がいた。太り気味のギャヴ、不良を
兄に持つミッキー、シングルマザーの息子ホッポ、そして牧師の
娘ニッキー。でも町では悲劇に至る不和が広がりはじめていた。
僕の母の診療所への反対運動をニッキーの父が煽り、ミッキーの
兄に悲劇が降りかかり、少女の妊娠騒ぎが起こり、そして、あの
事件が起きた。あの子が殺された。森で。バラバラになって。
見つけたのは僕たちだった。頭部はいまも見つかっていない。
そして現在。白墨人形の絵とともに、あの事件が甦る。事件は
解決したはずなのに……
光に満ちた少年の物語と、痛ましい犯罪悲劇とが交錯し、最終
ページに待ち受ける最後の一撃。叙情とたくらみに満ちた新鋭
のサスペンス。



白墨人形…
お人形じゃないですね。

「チョークマン」。
チョークで描いたヒトガタ。

最終章「2週間後」で明かされる真相もショーゲキ的だけれど。
最後の最後がほんとにすごい。

郵便――?

郵便――?

郵便――?

郵便……穴。そう、郵便穴だ。

郵便穴。決まってるじゃないか。


mailbox…

mailhole…

こわ

C・J・チューダー、女性なんだ。
スティーヴン・キングに絶賛された、これがデビュー作。

すごい


[C・J・チューダー]  [白墨人形]  [中谷友紀子

Sat2018.07.21


グラウンドの詩(うた) あさのあつこ

グラウンドの詩(うた) あさのあつこ
角川文庫

2018.7.20

1章 みんなの夢
2章 今日と明日と。
3章 風の向こうに
4章 この光を受け止めて
5章 グラウンドの詩


裏表紙より。

心に傷を負ったピッチャー・透哉との奇跡の出逢いを経て、全国大会へ
向け練習に励むキャッチャー・瑞希。二人は互いを信じ、バッテリーの絆を
確かなものにしていくが、ある日チームメイトで幼馴染みの良治が暴力事件
を起こしてしまう。駆けつけた瑞希に、良治は野球部を辞めると言い出す。
遠征費用で母親に負担をかけたくないと悩む良治に何も言えなくなる瑞希
だったが――。熱く胸を打つ少年たちの青春野球小説、第2弾!



『晩夏のプレイボール』を読み返したくなりました


[あさのあつこ]  [グラウンドの詩(うた)

Thu2018.07.19


グラウンドの空 あさのあつこ

グラウンドの空 あさのあつこ
角川文庫

2018.7.18

序章
1章 夏のミット
2章 転校生
3章 全力投球
4章 挑む者たち
5章 遠い街で
解説  小出和代


裏表紙より。

甲子園に魅せられ、地元の小さな中学校で野球を始めたキャッチャーの
瑞希。だが先輩バッテリーの卒業とともにチームはピッチャーを失い、
地区大会さえ危ぶまれる状況に。そんなある日、チームメイトの良治が
「ピッチャー、見つけたぞ!」と飛び込んでくる。時期外れの転校生・
透哉。ピッチャーとしてずば抜けた才能をもつ彼は、だがどこか心を閉ざし、
野球からも遠ざかっているらしく――。少年たちの鮮烈な青春野球小説!



そして『グラウンドの詩』に続く。


[あさのあつこ]  [グラウンドの空

Sat2018.07.14


晩夏のプレイボール あさのあつこ

晩夏のプレイボール あさのあつこ
角川文庫

2018.7.12

練習球
驟雨の後に
梅香る街
このグラウンドで
空が見える
街の風景
雨上がり
ランニング
東藤倉商店街
練習球Ⅱ


裏表紙より。

野球を続けがたい現状に抗い、「夏の甲子園」を目指して野球に
打ち込む者たち――。高3の夏、肩を壊した元エース・真郷(まさと)と、
過去にトラウマをもつ現エース・律は、心ひとつにして甲子園を
目指していた……(「練習球」)。戦力不足に悩む彰浩と信吾の前に
現れた転校生の有一は、無口で不器用だが、誰よりも才能豊かな
ピッチャーだった……(「このグラウンドで」)。
他、「夏の甲子園」をめぐるドラマを描いた、10の傑作短編。



連作短編ではなく、バラバラのお話。
あ。
「練習球」と「練習球Ⅱ」は、同じだけれど。

どれも印象的な短編。

『グラウンドの空』も借ります


[あさのあつこ]  [晩夏のプレイボール

Fri2018.07.13


夏休み 中村航

夏休み 中村航
集英社文庫

2018.7.11

夏休み
解説  酒井雄二(ゴスペラーズ)


裏表紙より。

僕とユキ、舞子さんと吉田くん。女同士の絆でつながる2組のカップルは、
吉田くんの家出をきっかけに、破局の危機に!? 次々と舞い込む女子2人
からの手紙や電報。それに導かれて始まった、僕と吉田くんの不思議な
旅路。男同士のドライブ、温泉宿、月夜の探検……少しずつ距離が縮まる
僕らの行く手には、予想外の出来事が待っていて――。とびきり爽やかで、
たまらなくいとおしい、ひと夏の物語。



「酒井雄二」は変換候補ですぐ出てきたのに、
「中村航」が出てこない…
しかも、「中村こう」からの「航」が出てくるまでが長かった…
中村航って、メジャーじゃないの?

「夏休み」というタイトル&表紙の二人から、高校生くらいのお話かと思ったら。
結婚してる大人。
表紙の二人はなんなんだ…

中村航って、こんなハルキっぽい文章だっけ?

さらさら読んで…
おしまい。
あまりになんでもなくて、ある意味ショーゲキ的
むしろ盛り上がったのは、男二人の道中。

「義理の友達」っていうのはいいな。

『ぐるぐるまわるすべり台』は、好きだった気がするんだけど…
覚えてないから、また借りよう


[中村航]  [夏休み]  [なかむらこう

Thu2018.07.12


口笛の上手な白雪姫 小川洋子

口笛の上手な白雪姫 小川洋子
幻冬舎

2018.7.10

先回りローバ
亡き王女のための刺繍
かわいそうなこと
一つの歌を分け合う
乳歯
仮名の作家
盲腸線の秘密
口笛の上手な白雪姫


小川洋子らしい短編集。
するする読めるけれど、ちょっとイヤーな感じのもあって。
そういう意味でも小川洋子らしい。

「仮名の作家」、山岸凉子の『天人唐草』だなー。


[小川洋子]  [口笛の上手な白雪姫]  [おがわようこ

Wed2018.07.11


愚か者死すべし 原尞

愚か者死すべし 原尞
ハヤカワ文庫

2018.7.10

1
2

36
後記
あとがきに代えて――世相を映す鏡
帰ってきた男


裏表紙より。

大晦日の朝、私立探偵・沢崎のもとを見知らぬ若い女、伊吹啓子が訪れた。
銀行強盗を自首した父の無実を証明してほしいという。彼女を父親が拘留
されている新宿署に送り届けた沢崎は、狙撃事件に遭遇してしまう。二発の
銃声が轟き、一発は護送されていた啓子の父親に、もう一発は彼を庇おうと
した刑事に命中した! 9年もの歳月をかけて完成した、新・沢崎シリーズ
第一弾。 巻末に書き下ろし掌篇「帰ってきた男」を収録。



そーか。
『愚か者死すべし』は直近か。
14年前だけど。

結構覚えてた。
いや。 しかし。 読むなら最初からか。


そして夜は甦る
私が殺した少女
天使たちの探偵
さらば長き眠り
愚か者死すべし


[原尞]  [愚か者死すべし]  [はらりょう

Mon2018.07.09


マザリング・サンデー グレアム・スウィフト 真野泰訳

マザリング・サンデー グレアム・スウィフト 真野泰訳
新潮クレスト・ブックス

Mothering Sunday
Graham Swift

2018.7.7

マザリング・サンデー
訳者あとがき


裏表紙より。

あの秘密の裏道を通って、
わたしは本当の人生を漕ぎはじめる。

メイドに許された年に一度の里帰りの日、ジェーンは生涯忘れられない
悦びと喪失を味わった。
平易な言葉で巧緻に世界を描き出す、ブッカー賞作家の新たな代表作。

Sakai Junko 酒井順子
1924年3月のとても暖かなマザリング・サンデーに、イギリスのとある屋敷の
中を一人で、そして全裸で歩いていた、若い女性。彼女は、他の屋敷で働く
メイドです。勤務先でもない屋敷を、彼女が裸で歩くのは、何故か。彼女が
裸で歩む先は、どこなのか……。それは誰しも人生を振り返れば必ずある、
自分にとって特別な日。彼女のそんな日を演出するのは、セックスと死でした。
読みながら、自分もまた裸で屋敷の扉を一枚ずつ開けていくような気持ちに
なる物語。人生の扉は、マザリング・サンデーの後も、続くのです。

Kazuo Ishiguro カズオ・イシグロ
至妙。『マザリング・サンデー』は愛と情欲、そしてイングランドの理不尽な
階級制度の壁に立ち向かう真っ当な庶民の生き様を描いている。

The New Yorker ニューヨーカー誌
性と知に目覚めるおとぎ話。


カバーそでより。

1924年春、メイドに許された年に一度の里帰りの日に、ジェーンは生涯
忘れられない悦びと喪失を味わう。孤児院で育ち、帰る家のない彼女は、
自転車を漕いで屋敷を離れ、秘密の恋人に逢い、書斎で好きなだけ本を
眺める。そこに悲報が――。人生を一変させた美しき日をブッカー賞作家
が熟練の筆で描く、精緻極まる小説。ホーソーンデン賞受賞作。

The Independent インディペンデント紙
『マザリング・サンデー』はインスピレーションの泉に対するコンラッドふう
賛歌であり、この一見したところからは予想もできないほど精緻な小説の
ページの中には、スウィフトが師と仰ぐコンラッドの声がこだましている――
「私に正しきことばと正しき調子を与えよ。さすれば私は地球を動かして
みせよう」。

The Times タイム紙
『マザリング・サンデー』は、スウィフトが書くすべての作品と同様、
スウィフトが以前に書いたどの作品とも全く違っていて、読者は
えも言われぬ仕方でじらされる。



ちょっと『日の名残り』を彷彿とさせる物語。


R・L・スティーヴンスン
 宝島
 誘拐されて
 ジキル博士とハイド氏

ジョゼフ・コンラッド
 青春
 闇の奥


[グレアム・スウィフト]  [マザリング・サンデー]  [真野泰

Sun2018.07.08


考えるマナー 中央公論新社編

考えるマナー 中央公論新社編
赤瀬川原平 井上荒野 劇団ひとり 佐藤優 髙橋秀実 津村記久子 平松洋子 穂村弘 町田康 三浦しをん 楊逸 鷲田清一
中公文庫

2018.7.7

座を温めるマナー
美を匂わすマナー
お口を滑らせないマナー
愛が生まれるマナー
逃げて勝つマナー
ベタを粋にするマナー
ステキなお客さまのマナー
丸くおさめるマナー
食は一大事マナー
日本が宿るマナー
乗り乗りマナー
のどかに生きるマナー
「旬」をつかむマナー
生み出す人のマナー
こころを澱ませないマナー
世渡りのマナー
悟るマナー
マナーの難問
著者別掲載頁


裏表紙より。

五本指ソックスのはき方からオヤジギャグを放つ方法まで、大人を悩ます
マナーの難題に作家や芸人12人がくりだす名(迷)回答集。座を温めたい、
のどかに生きたい、美を匂わせたい……この1冊が、日々の小さなピンチを
救う。笑いながら粋な暮らしのヒントが見つかる、新しいマナー考。



読売新聞夕刊にあったコーナー。
寄藤文平のイラストも合っていた。

「スポーツクラブのマナー」 平松洋子
かの有名な「健全な精神は健全な肉体に宿る」、あのフレーズは超訳もいいところで、
古代ローマの風刺詩人ユウェナリスは、断言などしていない。ほんとうは「……だといいな」
と書いているにすぎないのだ。


「ラジオ体操のマナー」 高橋秀実
つまりラジオ体操は重力を動力源として、すべてがつながっている「自然の流れ」なのだ。
そこで意識すべきは、
「間(ま)」
である。例えば手足の運動で、腕が上がる。上がる局面から落ちる局面に切り替わる時、
一瞬、無重力のような状態になる。モノを上に投げると、上昇の果てに一瞬静止するのと
同じことで、その無重力感を全身にひろげるようにして堪能するのだ。



[考えるマナー]  [中央公論新社編]  [赤瀬川原平]  [井上荒野]  [劇団ひとり]  [佐藤優]  [髙橋秀実]  [津村記久子]  [平松洋子]  [穂村弘

Sun2018.07.01


X'mas Stories 一年でいちばん奇跡が起きる日

X'mas Stories 一年でいちばん奇跡が起きる日
朝井リョウ あさのあつこ 伊坂幸太郎 恩田陸 白河三兎 三浦しをん
新潮文庫

2018.7.1

朝井リョウ   逆算
あさのあつこ   君に伝えたくて
伊坂幸太郎   一人では無理がある
恩田陸   柊と太陽
白川三兎   子の心、サンタ知らず
三浦しをん   荒野の果てに


裏表紙より。

もう枕元にサンタは来ないけど、この物語がクリスマスをもっと特別な
1日にしてくれる――。6人の人気作家が腕を競って描いた6つの奇跡。
自分がこの世に誕生した日を意識し続けるOL、イブに何の期待も抱いて
いない司法浪人生、そして、華やいだ東京の街にタイムスリップして
しまった武士……! ささやかな贈り物に、自分へのご褒美に。冬の
夜に煌めくクリスマス・アンソロジー。



◇ 逆算
既読。
たぶん、十月十日の正しい計算(?)を知ったショーゲキで
作ったお話ではないかと。

◇ 君に伝えたくて
『吉祥天女』の小夜子が浮かぶ。
もしくは、山田章博の描く手。

◇ 一人では無理がある
既読。
オチは覚えてた

◇ 柊と太陽
うーん…
三浦しをんの方が面白い。

◇ 子の心、サンタ知らず
白川三兎(しらかわみと)、初(たぶん)。
ちょっと長かった。

◇ 荒野の果てに
脳内では、役所広司のサムライが^^;


あまり素敵な奇跡は起きなさそうな読後感。

「Xmas」と書くより、「X'mas」と書いた方が華やかな気がしますが。
「Xmas」が正しい表記だよ、という話がある中、
新潮社は確信犯なのかしら。
それとも、「カクトウするものに〇」的なおバカさんなのかしら。


[X'mas]  [Stories]  [一年でいちばん奇跡が起きる日]  [朝井リョウ]  [あさのあつこ]  [伊坂幸太郎]  [恩田陸]  [白河三兎]  [三浦しをん