FC2ブログ
Home>2018年01月  TotalPages1

Tue2018.01.30


ブラックボックス 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

ブラックボックス 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳
講談社文庫

THE BLACK BOX
Michael Connelly

2018.1.25

白雪姫 1992年
第1部 銃の散歩 2012年
第2部 言葉と写真
第3部 放蕩息子の刑事
白雪姫 2012年
訳者あとがき
マイクル・コナリー著作リスト

上巻裏表紙より。

ロス暴動大混乱の最中に発生し、まともに捜査ができず心に残っていた
ジャーナリスト殺害事件から20年。すべての事件には解決につながる
「ブラックボックス」があるという信念のもと、ロス市警未解決事件班
ボッシュは再捜査を開始。市警上層部の政治的圧力による監視をくぐり
抜け、単独で事件を追いかける。


下巻裏表紙より。

ジャーナリスト殺人はボッシュにとって最初の未解決事件でもあった。
薬莢を最新鑑識技術で調べると、凶器の銃が他の殺人にも使用されていた
ことが判明。捜査の末に発見した銃から削り取られたシリアルナンバーを
復元すると、湾岸戦争当時の軍との関わりが明らかとなる。事件は急転、
不穏な展開を見せ始めた。



20年前の事件の真相がわかった後、
冒頭に戻ると、きれいに輪がとじる。

すごい!

にしても。
娘のマディ(マデリン)との関係は良好だし。
ハンナともいい関係なボッシュ。

に比べて、かわいそうなハラー…


[マイクル・コナリー]  [ブラックボックス]  [ハリー・ボッシュ]  [古沢嘉通

Mon2018.01.29


転落の街 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

転落の街 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳
講談社文庫

THE DROP
Michael Connelly

2018.1.23

1
2

42
訳者あとがき
マイクル・コナリー著作リスト


上巻裏表紙より。

絞殺体に残った血痕(DROP)。DNA再調査で浮上した容疑者は当時8歳の少年だった。
ロス市警未解決事件班のボッシュは有名ホテルでの要人転落(DROP)事件と並行して
捜査を進めていくが、事態は思った以上にタフな展開を見せる。2つの難事件の深まる
謎と闇! 許されざる者をとことん追い詰めていく緊迫のミステリー!


下巻裏表紙より。

ホテルから転落した市議の息子は殺害されたのか自殺だったのか。背後にはロス市警の
抱える積年の闇が潜んでいた。一方、絞殺事件は未曾有の連続殺人事件へと発展する。
冷厳冷徹に正義を貫き捜査を進めるボッシュ。仲間や愛娘に垣間見せる優しい姿と、
陰惨な事件との対比が胸に迫る不朽のハードボイルド小説!



ジョージ・アーヴィング、『長いお別れ』のテリー・レノックスみたい。
ギャッツビーの世界も混ざりあって、脳内で重厚感が増していく

にしても。
ボッシュとチューが追い詰めた連続殺人鬼がすごい。
これだけで1冊の本になりそうなのに、出てくるのは下巻の数十ページ。
マイクル・コナリー、うまいなぁ


[マイクル・コナリー]  [転落の街]  [ハリー・ボッシュ]  [古沢嘉通

Thu2018.01.25


アーシュラ・K・ル=グウィン 逝去

アーシュラ・K・ル=グウィン 逝去
享年88歳

アーシュラ・K・ル=グウィンさんが、1月22日、亡くなりました。
享年88歳。

SF界の女王
『ゲド戦記』以外、読んだことあったっけ?

ご冥福をお祈りします。


[アーシュラ・K・ル=グウィン]  [ゲド戦記

Mon2018.01.22


おしゃ修行 辛酸なめ子

おしゃ修行 辛酸なめ子
双葉社

2018.1.20

STEP1
 クローゼット整理術
 ファストファッションのカルマ
 コンフォートシューズを探して
 巻きものに挑戦
 時計購入逡巡記
 セールの反省と対策
 フリーマーケットのカルマ
STEP2
 店員さんとの心理戦について
 ハイブランドと運気の関係
 着回しマイルール
 バッグ欲について
 服を作ってみる
 アクセサリーへの欲求
STEP3
 商業施設は物欲のるつぼ
 おしゃれタウンの視察
 服買い過ぎ防止策
 おしゃれピープルにあこがれて
 パーティーピープルになりたくて
 モテ服と萎え服
番外編 セレブとおでかけ(妄想)
 テイラー・スウィフト×渋谷
 カニエ・ウェスト×1日東京案内
 マドンナ×お台場
あとがき


絵がビンボーくさくて、あまり好きではないのに、
つい読んでしまう辛酸なめ子。

使っていなかったアクセを、ラッピングし直して
新たに買ったモノと錯覚させるのは、いいアイデアかも。
ほんと。
セールで買い物する前に、家の中で発掘しろ
って感じ

物欲からの解脱は遠い…


[辛酸なめ子]  [おしゃ修行]  [しんさんなめこ

Sun2018.01.21


証言拒否 リンカーン弁護士 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

証言拒否 リンカーン弁護士 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳
講談社文庫

THE FIFTH WITNESS
Michael Connelly

2018.1.19

第1部 魔法の言葉
第2部 無実の仮設
第3部 ボレロ
第4部 5番目の証人
第5部 無実の仮説
訳者あとがき
マイクル・コナリー著作リスト


上巻裏表紙より。

ローン未払いを理由に家を差し押さえられたシングルマザーが、大手銀行副社長
撲殺の容疑で逮捕された。彼女は仲間を募って銀行の違法性に抗議するデモを
繰り返す有名人。高級車リンカーンを事務所代わりに金を稼ぐ、ロスきっての
人気弁護士ミッキー・ハラーは社会的注目を集める容疑者の弁護に乗り出す。


下巻裏表紙より。

わたしはやってない! 裁判で無実をひたすら訴える容疑者。検察側、弁護側
ともに決定的な証拠を欠き、勝敗は五分と五分。住宅差し押さえ代行に絡む莫大な
金をめぐり人間たちの欲も蠢く。裁判妨害、血痕、身長差……。刻々と変わる
法廷劇の結末は? 名手コナリーの技に脱帽。圧巻のリーガル・サスペンス!!



面白い!
今回ボッシュは事件には絡まず。
でも、ハラー単独でも面白い。
とくに、ボレロが効いている
脳内でボレロが流れてなかったら、
案外平坦で退屈なドラマだったのか

そして、ハラーは刑事弁護士から検事の側を目指すことにするのか。
なるほど。
これで「罪責の神々」を読めば、よくわかるのか。

それにしても…
原題の「THE FIFTH WITNESS」には、単に5人目の証人という以上の
特別な意味があるんだろうか?

最初からオパリジオは証言拒否をさせられるための証人でした――
陪審の前で祭り上げ、証言拒否したら叩き落すことのできる身代わりの黒幕でした。


“証言拒否をさせられるための証人”証言拒否をさせられるための証人に“フィフス・ウィットネス”のルビ。

でも、ググっても、
the Fifth Amendment
米国憲法修正第5条
が出てくるばかり…

訳者あとがきで長々と新作の紹介なんかやらずに、
そういうところちゃんと説明してほしい

それと、最後に唐突に出てくるリサの夫殺しの疑い。
そもそも裁判の途中、警察の家宅捜索時のビデオで
掘り返された庭の描写があるのに、そこはスルーして
改めて警察の捜査?
例え警察が当時探していたのが遺体ではなかったにしても、
カナヅチを探して、警察が徹底的に掘り返すのでは?

ちょっとした消化不良はあるけれど。
マイクル・コナリー、面白い!


[マイクル・コナリー]  [証言拒否]  [リンカーン弁護士]  [古沢嘉通

Mon2018.01.15


パーマネント神喜劇 万城目学

パーマネント神喜劇 万城目学
新潮社

2018.1.12

はじめの一歩
当たり屋
トシ&シュン
パーマネント神喜劇


久々の万城目学。
『バベル九朔』が2016年6月か。

万城目学なので、時間がかかるかと思ったら、
1日で読了。
というか、行きの電車で読み終わりそうな軽さ。
ちょっと肩透かし。

中身も…
やっぱり、万城目学には、奇想天外を期待してしまう。
神様が出てくるとはいえ、わりと普通なお話。

ちょこっとだけ『バベル九朔』も出てきて。

んー…

表紙が一番奇天烈


[万城目学]  [パーマネント神喜劇]  [まきめまなぶ]  [パーマネントしんきげき

Sun2018.01.14


判決破棄 リンカーン弁護士 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

判決破棄 リンカーン弁護士 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳
講談社文庫

THE REVERSAL
Michael Connelly

2018.1.11

第1部 ホシの引き回し
第2部 迷宮
第3部 真実で正しい評決を求めて
第4部 物言わぬ証人
第5部 逮捕
第6部 遺留品
訳者あとがき
マイクル・コナリー著作リスト


上巻裏表紙より。

24年前の少女殺害事件に対して出された有罪判決破棄および差し戻し。DNA鑑定で
被害者のワンピースについていた精液が服役囚とは別人のものだとわかったのだ。
刑事弁護士ミッキー・ハラーは、ロサンジェルス郡地区検事長の要請で特別検察官
として勝算皆無の再審を引き受ける。息詰まる法廷劇が始まった!


下裏表紙より。

無罪を訴える服役囚が犯人であることを確信して、ボッシュ刑事は調査員として
ハラーのチームに加わり、新たな証人を見つけ出す。少女が連れ去られる瞬間を
目撃していた姉の劇的な証言。保釈後、夜な夜なひとりで公園にたたずむ服役囚。
冤罪か有罪か。殺害は偶発か計画的犯行か。思いがけない顛末が待つ!



面白かった~

上巻早々に、

去年のことを覚えているだろ、香港からふたりの男がやって来て、次の中国行き便に
あなたをむりやり載せようとしたがったときのことを?


覚えてる!
詳細さっぱりだけれど、ボッシュのシリーズ。
ハラーがでてきたんだっけ

やっぱりボッシュシリーズ戻るかな。

ボッシュシリーズ、いつの間にか16冊

ナイトホークス
ブラック・アイス
ブラック・ハート
ラスト・コヨーテ
トランク・ミュージック
エンジェルズ・フライト
夜より暗き闇
シティ・オブ・ボーンズ
暗く聖なる夜
天使と罪の街
終決者たち
エコー・パーク
死角
ナイン・ドラゴンズ
転落の街
ブラック・ボックス


[マイクル・コナリー]  [判決破棄]  [リンカーン弁護士]  [古沢嘉通

Mon2018.01.08


U ウー 皆川博子

U ウー 皆川博子
文藝春秋

2018.1.7


第一次世界大戦下のドイツと300年前のオスマン帝国。
Uボートとオスマン帝国を行きつ戻りつ物語は進む。
けれど、登場人物が意外に少なくて、サクサク進む。
本はちょっと厚めだけれど、字も大きいような

エドガーとアランと小さなロビン。
頭の中では勝手にポーの一族のイメージも混ざりだして…

最後のUボートのシーンは、『開かせていただき光栄です』の
エドとナイジェルを思わせ、
コメディの要素はないのに、不思議と楽しげな余韻が残る。

皆川博子を読めるしあわせ


[皆川博子]  [U]  [ウー]  [みながわひろこ

Fri2018.01.05


真鍮の評決 リンカーン弁護士 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

真鍮の評決 リンカーン弁護士 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳
講談社文庫

THE BRASS VERDICT
Michael Connelly

2018.1.3

第1部 ロープ・ア・ドーブ  1992年
第2部 スーツケース・シティ  2007年
第3部 真実を語ること
第4部 魂の切り身(フィリット・オブ・ソウル)
第5部 5セント硬貨をお取り(テイク・ザ・ニッケル)
第6部 最後の評決
訳者あとがき
解説  木村晋介
マイクル・コナリー著作リスト


上巻裏表紙より。

丸一年、わたしには一人の依頼人もいなかった。だが妻とその愛人の射殺容疑で
逮捕されたハリウッド映画制作会社オーナーは弁護を引き受けてほしいという。
証拠は十分、アリバイは不十分。しかも刑事がわたしをつけまわす。コナリー作品
屈指の二人の人気者が豪華共演する傑作サスペンス、満を持して登場!


下巻裏表紙より。

有罪必至の容疑者はいまだに余裕の笑みを浮かべ続ける。陪審員、検察、容疑者。
誰かが嘘をついているのだ。さらに同僚弁護士が遺した事件ファイルに鉄壁の容疑
を突き崩す術を見つけたわたしまでもが命を狙われるはめになる――。ハラーと
ボッシュの意外な関係も明かされ、驚愕のどんでん返しにコナリーの技が光る!



ハラーとボッシュの意外な関係
って、まさかのボッシュがお兄ちゃん

ハリー・ボッシュシリーズにもう1回行きたくなる

いや。
とりあえず、リンカーン弁護士シリーズ、いっとこー


フィリット・オブ・ソウル?

fillet of soul
fillet ヒレ肉、魚の切り身
そーなんだ…


[マイクル・コナリー]  [真鍮の評決]  [リンカーン弁護士]  [古沢嘉通

Thu2018.01.04


マスカレード・ナイト 東野圭吾

マスカレード・ナイト 東野圭吾
集英社

2017.12.31

1
2

52


『マスカレード・ホテル』と『マスカレード・イブ』があったのか。
ロイヤルパークホテルがモデル、
ということしか覚えてない

なんだろう、このテキトーさ。
コンシェルジェって、こんな変な職業?
ホテルの人、怒らないの?

肝心の事件と謎解きも、なんだかなぁ…

トランスジェンダーとか、男性恐怖症とかが
単なるアクセサリーみたいな扱い。
軽い。浅い。

脅迫事件の犯人2人の独白も、突然始まってびっくり。
もはやどうでもいい感じ。
最後、殺人犯の独白も、取ってつけたよう。

ホテルの仮装パーティを舞台にしたミステリーを
書きたくて、色々つめこんで、なんとか辻褄合わせて、
東野圭吾の名前で出せばOK、
ってかんじかな…

つまらないものを読んでしまった…


[東野圭吾]  [マスカレード・ナイト]  [ひがしのけいご

Wed2018.01.03


恋するように旅をして 角田光代

恋するように旅をして 角田光代
講談社文庫

2018.1.1

「あんた、こんなとこで何してるの?」
夢のようなリゾート
トーマスさん
旅における言葉と恋愛の相互関係について
旅のシュールな出会い系
ナマグサ
超有名人と安宿
旅トモ
行動数値の定量
ツーリスト・インフォメーションの部屋にて
ベトナムのコーヒー屋
宴の後、午前三時
ラオスの祭
ミャンマーの美しい雨
Where are we going?
ポケットに牡蠣の殻――アイルランド、コークにて
空という巨大な目玉――モロッコにて
幾人もの手が私を行くべき場所へと運ぶ
あとがき
文庫版あとがき
解説  いしいしんじ


裏表紙より。

時間ができたら旅に出る。かばんひとつで、予定も決めずに。
タイの長距離バスに乗り、ベトナムではコーヒー屋に通い、
モロッコで道に迷い、アイルランドのパブでひとりビールを飲む。
地図を読むのは苦手だけれども、旅するほどにその土地に
恋していく。直木賞作家のフォト・エッセイ。
(『恋愛旅人』を改題)



秋口に読んで、数ページ遺して年を越してしまった
(しかも、読み残したの、本文じゃなく、あとがき部分だった)

角田光代、すげぇ。
としか言いようがない旅エッセイ。

『深夜特急』超えてるかも

方向音痴なのに、地図を持たない。
下調べもなし。
で。
行く先が英語も通じないようなところ。
旅程も行き当たりばったり(にしか見えない)。
心の赴くままに。
女一人で
若いお嬢さんが

すごい。

絶対マネできないけれど。
ちょっとうらやましい…


[角田光代]  [恋するように旅をして]  [かくたみつよ

Tue2018.01.02


スー・グラフトン 逝去

スー・グラフトン 逝去
享年77歳

スー・グラフトンさんが、12月28日、亡くなりました。
享年77歳。

2017年最後にショーゲキのニュース。
キンジー・ミルホーンはどうなってるのかしら…

19年に「ゼロのZ」の出版を計画していたが、今年8月のYを冠した作品が最後になった。
娘は「私たち家族の中ではアルファベットはYで終わります」とコメントした。


いやいやいや…
Zまで出してあげようよ

というか、早川書房さん
続き出してください
最後に読んだの、『ロマンスのR』。
しかも、2005年

S、T、U、V、W、X、Y

"Y" Is for Yesterday
"Z" Is for Zero

もう1歩だったのに、
ちょっと心残りでしょうね…

キンジー・ミルホーン、追悼の意をこめて、
Yまで翻訳してほしいなぁ。


[スー・グラフトン]  [キンジー・ミルホーン]  [アルファベットシリーズ