FC2ブログ
Home>2017年12月  TotalPages1

Sun2017.12.31


スティール・キス ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳

スティール・キス ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳
文藝春秋

THE STEEL KISS
Jeffery Deaver

2017.12.28

火曜日 Ⅰ 鈍器損傷
水曜日 Ⅱ 見習い捜査官
木曜日 Ⅲ 脆弱性
金曜日 Ⅳ 民衆の守護者
土曜日 Ⅴ チェック……
日曜日 Ⅵ ……チェックメイト
月曜日 Ⅶ プランA
謝辞
訳者あとがき


カバーそでより。

名探偵リンカーン・ライムが刑事事件の捜査から撤退。
連続殺人鬼「未詳40号」をアメリア・サックスは単身追うが――

 殺人犯を追跡中のアメリア・サックスの目の前で、エスカレーターが通行人を
巻き込んだ!アメリアの必死の救助活動もむなしく男は死亡、殺人犯「未詳40号」
も逃走してしまった。ある事件をキッカケにリンカーン・ライムがニューヨーク
市警の顧問を退いた今、アメリアはライムの助力を得られず、その教えに沿って
捜査をつづけるほかなかった。
 一方ライムは、エスカレーターで死亡した男の妻から民事訴訟のために事故を
調査してほしいとのを依頼を受ける。ライムの弟子として働き始めた車椅子の
元疫学研究者ジュリエット・アーチャーを交え、調査が開始される。なぜエスカ
レーターは不具合を起こしたのか。そもそもこれは事故なのか。犯人追跡のさなか
に事故が起きたのは偶然なのか?
 そして「未詳40号」ことヴァーノンが物陰からそっと眼を光らせる。自分を追う
女刑事アメリア――殺人計画を完遂するためには、あの女刑事を阻止しなくては
ならない……。
 日常の道具を凶器に変える殺人者。鉄壁のパートナーシップが揺らぐ中、名探偵
ライムと刑事アメリアは犯人を捕らえることができるのか。
 ドンデン返しの魔術師の名シリーズ、最新第12作。



エスカレーターで上がった先で、奈落の底に落ちるなんて…
こわすぎる

スマート家電や車は、こんなことが起きるんじゃないかと
なんとなく不安に感じていたけれど。
エスカレーターやエレベータまでとは

どんでん返し、堪能しました。

ところで、サックスのエンゲージリング、
2ctの青い石って、サファイアかと思ってたら
ダイヤモンド

「とくに価値が高いわけではない」ライムは淡々と説明した。
「しかし、希少だ。Ⅱb型のダイヤモンドでね。この色に惹かれた。
青いのは、不純元素としてボロンを含むからだ。ちなみに
半導体だよ。その性質を持つダイヤモンドは、Ⅱb型だけだ」


いやいや。ブルーダイヤ(しかもきっとナチュラル)、稀少ですって。
稀少だから、めっちゃ高いって。
2ctのブルーダイヤ
さすがリンカーン・ライム

それから…
3か所くらい、明らかな漢字の変換ミスな誤植があったような。
校閲さん、しっかり!


[ジェフリー・ディーヴァー]  [スティール・キス]  [池田真紀子

Sat2017.12.30


AX アックス 伊坂幸太郎

AX アックス 伊坂幸太郎
角川書店

2017.12.26

AX
BEE
Crayon
EXIT
FINE


『AX』にそなえて殺し屋シリーズ読み返したつもりが。
読み返してからずいぶんたったなぁ…
という頃に、『AX』。

「BEE」を読んで…
あれ?
これ知ってる。
『AX』って、新作短編集じゃなかったの?

初出を見ると…

AX  「小説 野生時代」 2012年1月号
BEE  『ほっこりミステリー』 宝島社文庫 2014年3月刊
Crayon  「小説 野生時代」 2014年2月号
EXIT  書き下ろし
FINE  書き下ろし

「AX」と「Crayon」は、アンソロジーとかにも入ってなかったのか。
「BEE」は、2013年5月に『しあわせなミステリー(宝島社)』で読んでるよ。
その後文庫化されたのね。

ま。 でも。
兜の物語として1冊の本にまとまったんだ。
楽しいからいっか。

と、油断してたら、「EXIT」でいきなり

そしてその結果、兜は八階建てのオフィスビルの屋上から落下し、死亡する。

忘れてた。
伊坂幸太郎の作品では、あっさりと人が死んじゃうこと。
たとえそれが主人公でもね。
びっくりしたー

兜が死んじゃったら、「FINE」はなに?
と思ったら。
ちゃんと回収されました。

やっぱり殺し屋は非道な仕事なんだよなぁ…
恐妻家の殺し屋とか、トーマス好きの殺し屋とか、
読んでると、ついほっこりしちゃうけど。
殺し屋は殺し屋なんだな…


[伊坂幸太郎]  [AX]  [アックス]  [いさかこうたろう

Tue2017.12.19


毎日がときめく片づけの魔法 近藤麻理恵

毎日がときめく片づけの魔法 近藤麻理恵
サンマーク出版

2017.12.18

一番大切なことは何ですか?
第1章 自分と対話する
第2章 おうちとモノと対話する
第3章 理想のおうちを想像する
第4章 「片づけ祭り」を楽しむ
第5章 とにかくたたむ、とにかく立てる
第6章 毎日がときめく「ちょっとしたこと」
エピローグ 今あるもので、ときめく暮らしをしてみる
おわりに


写真がきれい
焼き直しかと思ったけれど、楽しく読めた。

さて。
いつから「片づけ」はじめますか…


[近藤麻理恵]  [毎日がときめく片づけの魔法]  [こんどうまりえ

Mon2017.12.18


リンカーン弁護士 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

リンカーン弁護士 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳
講談社文庫

THE LINCOLN LAWYER
Michael Connelly

2017.12.15

第1部 刑事調停
第2部 真実のない世界
第3部 キューバからの葉書
訳者あとがき


上巻裏表紙より。

高級車の後部座席を事務所代わりにロサンジェルスを駆け巡り、細かく報酬を稼ぐ
刑事弁護士ミッキー・ハラー。収入は苦しく誇れる地位もない。そんな彼に暴行容疑
で逮捕された資産家の息子から弁護依頼が舞い込んだ。久々の儲け話に意気込む
ハラーだが……警察小説の名手が挑む迫真のリーガル・サスペンス。


下巻裏表紙より。

多額の報酬が約束された事件を調べるハラーは、かつて弁護を手がけたある裁判
へと辿りつく。もしかしたら自分は無実の人間を重罰に追いやってしまったのでは
ないか。思い悩む彼の周囲に、さらに恐るべき魔手が迫る。絶体絶命の状況下で
法廷に挑む彼に勝算はあるか?コナリーワールドの新境地を拓く意欲作。



なんとなく、デジャヴ…
読んだことあるみたい

グロリア・デイトンとヘクター・モイアのエピソードも出てる。
最初の奥さんのマギーとの関係も良好みたい。

そっか…


[マイクル・コナリー]  [リンカーン弁護士]  [古沢嘉通

Sat2017.12.16


この世の春 上・下 宮部みゆき

この世の春 上・下 宮部みゆき
新潮社

2017.12.11

第1章 押込(おしこめ)
第2章 囚人(めしゅうど)
第3章 亡霊
第4章 呪縛
第5章 暗雲
第6章 因果

第7章 闇と光
第8章 解明
第9章 愛憎
終章 この世の春


宮部みゆき、面白い
けど…
はて…
宮部みゆきにしては、軽い… ような…

まず登場人物がやたら美男美女。
(やたらじゃないかもしれないが、そんな印象)
押し込めにあった若殿は目の覚めるような美丈夫だし。
出戻りの多紀も天女のような美しさ。
お鈴も半身にやけどの跡があるけれど、健気な美少女。
若殿の奥方も、美しく愛らしい

宮部みゆきってこんなんだっけ?

しかも、善人ばっかり。
悪人の父娘だけが究極の悪人。
お父さん、呪術で操られていたから悪人じゃなかった、
めでたしめでたし…

御霊操(みたまくり)は、結局さらっと流すのに、
子どもを生贄にしてかける呪いの効き目は強力なんだ。

今望侯(こんぼうこう)と称えられた先代藩主の
巧妙に隠された心の闇…
じゃなくて、呪い
呪いのせいでいいのか…?

多紀を手ひどく折檻する姑、とか、
天雷という賢い馬が成興を嫌った、
というのは、伏線でもなんでもなく、
成興の性的虐待は呪いのせい。

だったら、多紀も
御霊操の技で解決
くらいしないと
美人で気立てがいいってだけで、大活躍って…

伊東成孝こと繰屋新九郎が、狂言回しで
あっさり用済みになっちゃうのも、残念。
いい味のキャラになりそうだったのに。

幼少期の性的虐待(しかも実父)が原因で解離性同一性障害、
って、かなり重い話なのに、
色んなことが深堀されずにするすると円満解決。
死んだ人たち、浮かばれないんじゃ…

ところで、重興の幼名が「一松」
「一松」って出てくるたびに、
頭の中に一松だけじゃなく六つ子のみなさんのかげが…
テーマはもちろん、
レッツゴー!ムッツゴー

楽しかった


[宮部みゆき]  [この世の春]  [みやべみゆき

Mon2017.12.11


簡単に暮らせ ちゃくま

簡単に暮らせ ちゃくま
大和書房

2017.12.10

はじめに
第1章 思考をシンプルに
第2章 家事をシンプルに
第3章 時間をシンプルに
第4章 人間関係をシンプルに
第5章 「減らす」をシンプルに
第6章 「着る」をシンプルに
第7章 掃除洗濯をシンプルに
第8章 持たない暮らしをしてみたら


『もっと簡単に暮らせ』の後に、
『簡単に暮らせ』を借りてみる。

服選びのポイントは「幸福感」。
その服を着て「幸せそう」に見えるかどうか。
つまり、「幸せそうに煮える服」をまとうことで、相手に余裕を感じさせ、
自分も心が軽くなり、不思議に行動もそのようになっていく現象を甘く
見てはならないということです。「本当の自分」なんてものは実は幻想
なのです。


なるほど。
幸福感か。


[ちゃくま]  [簡単に暮らせ

Sun2017.12.10


罪責の神々 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

罪責の神々 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳
講談社文庫

GODS OF GUILT
Michael Connelly

2017.11.29

第1部 グローリー・デイズ 11月13日火曜日(1~10)
第2部 ミスター・ラッキー 4月2日火曜日(11~23)
第2部 ミスター・ラッキー 4月2日火曜日(24~28)
第3部 帽子の男 6月17日月曜日(29~42)
第4部 罪責の神々 12月2日月曜日(最終弁論)
訳者あとがき
マイクル・コナリー著作リスト


上巻裏表紙より。

売春婦殺害容疑で逮捕されたポン引き、ラコースから弁護依頼を
受けるが、被害者は何度も窮地を救ったことのある、かつての
依頼人グロリアだった。彼女が名前を変え、ロスに戻り、娼婦に
復帰し、殺されていたとは驚きだった。事件を独自に調査した
ハラーは勝利を確信し、ラコースの弁護を引き受けることにした。


下巻裏表紙より。

グロリアは高級ホテルに泊まっている客に呼ばれ、客室に行った
ところ応答がなく、空振りに終わって自宅に帰り殺害された。ホテル
ロビーの監視カメラ映像から尾行していた男の存在がわかる。
その正体を突き止めたハラーは、罪責の神々である陪審員の前で、
男を訊問し、黒幕が誰かを暴いていくのだったが……。



あれ?
読んだことないシリーズ?

もちろん、リンカーン・ライムとは関係なく、
リンカーン弁護士シリーズ?


[マイクル・コナリー]  [罪責の神々]  [古沢嘉通

Mon2017.12.04


マカロンはマカロン 近藤史恵

マカロンはマカロン 近藤史恵
東京創元社

2017.11.30

コウノトリが運ぶもの
青い果実のタルト
共犯のピエ・ド・コション
追憶のブーダン・ノワール
ムッシュ・パピヨンに伝言を
マカロンはマカロン
タルタルステーキの罠
ヴィンテージワインと友情
初出一覧


カバーそでより。

 下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マルは、
スタッフ4人、カウンター7席、テーブル5つ。フランスの田舎を
転々として、料理修業をしてきた変人シェフ三舟さんの気取らない
料理と、身も心も温めてくれるヴァン・ショーは大人気。そして、
実はこのシェフ、客たちの持ち込む不可解な謎を鮮やかに解く
名探偵でもあるのです。
 豚足をめぐる少年と母親の再婚相手との物語、おしゃれな大学
教師が経験した悲しい別れの謎、消えたパティシエが残した言葉
「マカロンはマカロン」とは?……等々、胸を打つ話ばかり。
ブーダン・ノワール、豚足料理、マカロン、ベリーのタルト……
メインディッシュもデザートもきっとご満足いただけます。
絶品料理の数々と極上のミステリをどうぞ!



『タルト・タタンの夢』、『ヴァン・ショーをあなたに』、
そして3作目が『マカロンはマカロン』。

グルメレポートが評判になった主婦ブロガーが、
アリバイ工作で、行ってもいない日の食レポを
upするかな…
しかも、自分で撮った写真じゃないなんて、
なんか無理やり話作ってる感じ。

6人グループの話も、
ワインの抜栓料を5千円多く言ったところで、
お嬢様なシマコさんだけが5千円多く払うワケで。
そうすると、残る5人が得するのは、1人千円。
たった千円、飲み会で安くあげるために、
こんなややこしい意地悪するかなぁ…

ミステリーにするために、色々無理してて、
なんか残念。

後味はあまりよろしくなかった…


[近藤史恵]  [マカロンはマカロン]  [こんどうふみえ