Home>2017年07月  TotalPages1

Mon2017.07.31


チェーン・ピープル 三崎亜記 装画・高杉千明

チェーン・ピープル 三崎亜記 装画・高杉千明
幻冬舎

2017.7.29

正義の味方 ――塗り替えられた「像」――
似叙伝 ――人の願いの境界線――
チェーン・ピープル ――画一化された「個性」――
ナナツコク ――記憶の地図の行方――
ぬまっチ ――裸の道化師――
応援 ――「頑張れ!」の呪縛――


なんとなく、三崎亜紀っぽくない感じがしたけれど、
着想と展開が三崎亜紀

怪獣による被害は国が補償してくれるけれど、
正義の味方による被害は補償されない
とか。

自叙伝ではなく、「似(じ)叙伝」
とか。

チェーン店ならぬチェーン・ピープル
とか。

そして最後に、応援と書いて「おいつめ」

そこで生み出されたのが、ネットスラングとしての「応援」だ。
ネット上では、誰もそれを「おうえん」とは読まない。振られる
べきルビは「おいつめ」である。「あいつを応援しようぜ」とは
すなわち、「あいつを追い詰めようぜ」を意味する。


奥村くんが幸せに暮らせますように


高杉千明の表紙が素敵


[三崎亜記]  [チェーン・ピープル]  [みさきあき

Sun2017.07.30


Sweet Blue Age

Sweet Blue Age
有川浩 角田光代 坂木司 桜庭一樹 日向蓬 三羽省吾 森見登美彦
角川書店

2019.7.29

角田光代   あの八月の、
有川浩    クジラの彼
日向蓬    涙の匂い
三羽省吾   ニート・ニート・ニート
坂木司    ホテルジューシー
桜庭一樹   辻斬りのように
森見登美彦  夜は短し歩けよ乙女


有川浩が入ったアンソロジー
と、借りてみたら、「クジラの彼」やった…

森見登美彦は… 「夜は短し歩けよ乙女」か。

角田光代の「あの八月の、」を読んだところで、
他のも気にならないでもないけど
返してもいいかなぁ、と思う。

思ったが、やっぱり読んでみた。

読んでよかった、ね。

「夜は短し歩けよ乙女」は、今回はパス


かくたみつよ ありかわひろ ひなたよもぎ みつばしょうご
さかきつかさ さくらばかずき もりみとみひこ


[有川浩]  [角田光代]  [坂木司]  [桜庭一樹]  [日向蓬]  [三羽省吾]  [森見登美彦

Thu2017.07.27


アキラとあきら 池井戸潤

アキラとあきら 池井戸潤
徳間文庫

2017.7.26

第1章 工場と海
第2章 マドンナ
第3章 父と叔父たち
第4章 進路
第5章 就職戦線
第6章 バンカーの誕生
第7章 BUBBLE
第8章 ロザリオ
第9章 父の遺言
第10章 叔父たちの策略
第11章 後悔と疑惑
第12章 挑戦、そして挫折
第13章 内憂外患
第14章 お荷物ホテル
最終章 最終稟議
解説  村上貴史


裏表紙より。

零細工場の息子・山崎瑛(やまざきあきら)と大手海運会社東海郵船の
御曹司・階堂彬(かいどうあきら)。生まれも育ちも違うふたりは、互いに
宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、
それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。
逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった――。
感動の青春巨篇。文庫オリジナル。



結構分厚いなぁ…

頭の中では、
SI 俺達はいつでも 2人で1つだった
が鳴りっぱなし
(それは、修二と彰

別にアキラとあきらが対決するお話でも
がっつりコンビを組む話でもないのね…
なんで「アキラとあきら」なんだろー?
そして、どっちが「アキラ」で、どっちが「あきら」?
なんで「アキラとあきら」?

そんな疑問がわだかまりつつ、
面白かった
なんとなく、あっさりしすぎてる気がするし、
ラストも、そんなにうまいこといくか?
と思うけれど。
面白かった!

彬くんは弟と仲直りして。
瑛くんはマドンナ(北村亜衣)と結婚したのね。
めでたしめでたし。

いや、でも、やっぱり最後はやっつけ感があるなー。
ここまで厚くしたんだから、もう少し分厚くても付き合うのに

向井理と斉藤工?
ないわぁ…

あ。
第2章のはじめで
瑛は地元の公立高校に通う、17歳になっていた
とあって、
17歳… 高校3年生?
あとで野球部の先輩って出てくるから2年生か、
と、思ったのに。
第4章で
いま瑛は地元の公立高校の2年生になり、
とある。

15歳で高校入学。
15歳、16歳
16歳、17歳
17歳、18歳
18歳で高校卒業。

校閲さん!
しっかり!

(ツッコミどころはそこではないか


[池井戸潤]  [アキラとあきら]  [いけいどじゅん

Mon2017.07.24


なかなか暮れない夏の夕暮れ 江國香織

なかなか暮れない夏の夕暮れ 江國香織
角川春樹事務所

2017.7.23

1

26


江國香織… 好きだっけ?
タイトルは素敵なんだけど、中身はどうだっけ?

と読み始めたら、
ゾーヤ?
ラース?
まさかの海外ミステリ?

主人公の稔が読んでる小説か。

正直、稔が読んでるミステリの方が気になる…
のに、途中で別の本に…

ひたすら本を読んでいたい稔と波十(はと)ちゃん、
わかるー
毎日本だけ読んでいたい、なんて、
稔のようなお金持ちじゃないとムリなんだなー
と、改めて寂しい…

で。
何の話だっけ


[江國香織]  [なかなか暮れない夏の夕暮れ]  [えくにかおり

Sun2017.07.23


塩の街 wish on my precious 有川浩

塩の街 wish on my precious 有川浩
電撃文庫

2017.7.22

塩の街
Scene-1. 街中に立ち並び風化していく塩の柱は、もはや何の変哲もないただの景色だ。
Scene-2. それでやり直させてやるって言ったんじゃねえのかよ。
Scene-3. この世に生きる喜び そして悲しみのことを
intermission ―幕間―
Scene-4. その機会に無心でいられる時期はもう過ぎた。
Scene-5. 変わらない明日が来るなんて、もう世界は約束してくれないのを知っていたのに。
Scene-6. 恋はもっと幸せで甘いと思っていた。
Scene-7. 君たちの恋は君たちを救う。
あとがき


2004年の電撃文庫の『塩の街』に副題がついているのが気になって
借りてみる。

表紙を見て萎える…
さらに扉を開くとカラーが何ページがあって、
文中にも何回かモノクロイラスト…
この絵はちょっとイメージが違いすぎて、
でもせっかくだから読んでみる。

塩の柱を爆撃するくだりが、
???
全然記憶にない!
なんで?
眠くて飛ばして、飛ばしたことすら覚えてない?
こんなクライマックスを?

読了後、角川文庫と比べてみたら、
秋庭が米軍機を奪って、結晶を爆破するシーンが
まるっと17ページくらいない!
面白いのに!

そーいえば、角川文庫版読んだとき、
突入部隊の投降から、いきなりF14帰ってきたシーンになって、
あれ?
これから攻撃じゃなくて、もう帰ってきたの?
と、少々腑に落ちなかった覚えが…

ともあれ、読んでみてよかった


[有川浩]  [塩の街]  [ありかわひろ

Sun2017.07.16


madameHのおしゃれ図鑑 佐藤治子

madameHのおしゃれ図鑑 佐藤治子
KADOKAWA

2017.7.15

はじめに
第1章 マイスタイルの作り方
 1 紺のひと・黒のひと・ベージュのひと
 2 紺のジャケットを粋に着る
 3 ライダースジャケットは、大人の相棒(バディ)
 4 そろそろ、タイムレスなコートを
 5 ジャケットがわりのVネックカーディガン
 6 清潔感で選ぶトップレス
 7 甘くないスカート
 8 シックに楽しむパンツスタイル
 9 華やぎの黒、慎みの黒
 10 ストッキングは女の身だしなみ
 11 カレは、日常使いの便利もの
 12 アクセサリーはシンプル主義
 13 マイスタイルを引き立てるアイウェア
 14 女心と、実用性と――バッグのすべて
 15 おしゃれを支える靴リスト
第2章 知っておきたいおしゃれの法則
 16 オフィスでのドレスコード
 17 旅先でも、おしゃれのレッスン
 18 「いいもの」を見る目を養う
 19 「ハイ&ロー」の着こなしのコツ
 20 もっと自由に、色を楽しんで
 21 素材のミニ知識
 22 掟破りのプリント使い
 23 朝着る服に迷わない
 24 ワードローブのメンテナンス
 25 エイジング・ビューティ
第3章 おしゃれのお手本
 26 映画に学ぶマイスタイル
 27 『昼顔』のミリタリーコート
 28 すべての女性に似合うバレエシューズ
 29 ときめくおしゃれのオンパレード! 『太陽の下の18才』
 30 ジャッキー・オナシスに学ぶ
 31 究極の洗練、リトルブラックジャケット
おわりに


イラスト… 永川理惠?
あまり素敵じゃない… かな。
とくに、靴…
と、気になったのがケリーバッグ。
マダムは“外縫い”をおススメしているのに、
イラストは“内縫い”っぽい

4冊目。
お疲れ様でした


[佐藤治子]  [madameHのおしゃれ図鑑]  [さとうはるこ]  [永川理惠

Sat2017.07.15


しんせかい 山下澄人

しんせかい 山下澄人
新潮社

2017.7.14

しんせかい
率直に言って覚えていないのだ、あの晩、実際に自殺をしたのかどうか


第156回芥川賞受賞作

なんだっけ?
あぁ、富良野塾の2期生か。
なるほど。

母が「へたくそだけど、ちょっと面白い」
と言っていたので、
文章の拙さは、まぁスルー。

なんだろー、ちょっとアルジャーノン的な。
これはもちろん“狙い”だよな?

 どちらでも良い。すべては作り話だ。遠くて薄いそのときのほんとうが、
ぼくによって作り話に置きかえられた。置きかえてしまった。


そ、そうなの?

そしていきなり潔く、

それから一年【谷】で暮らした。一年後【谷】を出た。

終了。
ちょっとした爽快感

次の「率直に言って覚えていないのだ、あの晩、実際に自殺をしたのかどうか」が
同じテイストなので、
2度はないわぁ
と思ったら、富良野塾の試験を受けに行く前日の話。

そして最後は、

受かったから辞めた。

放り出すようなラストがいいな。

でも。
もういいかな。

題字は倉本聰。
本を開いて、扉はちゃんと横書き。
なかなかいい感じ


[山下澄人]  [しんせかい]  [やましたすみと]  [倉本聰

Fri2017.07.14


戦国24時 さいごの刻 木下昌輝

戦国24時 さいごの刻 木下昌輝
光文社

2017.7.13

お拾い様
子よ、剽悍(ひょうかん)なれ
桶狭間の幽霊
山本勘助の正体
公方様の一ノ太刀
さいごの一日


面白い!

「お拾い様」の淀殿の恐ろしさ!
秀頼が哀しすぎる…
そして、「そうだったのか!」と思わせるウマさ!

伊達輝宗の政宗への愛の深さ。

今川義元だって魅力的。
(ちょっとお話がバタバタだけど)

武田信玄の弟の武田転厩信繁のカッコよさ

足利義輝の最期も美しい。

そして、最後に家康の一生をコンパクトにまとめて。

面白かったー。

なんでこれがそんなに話題にならないのだろー。
(なったけれど私が知らないだけ?)

木下昌輝、もっと売れてていいのに。
(私が知らないだけ?)

あまりそそられなかったのは、タイトル?
なんだか『戦国自衛隊』っぽいかと。
『戦国24時』で、戦国武将?の死に至るまでの24時間、
だとは思わないよなー…

戦国時代は主に『真田太平記』で覚えた知識しかない身としては、
もうちょっと時代背景を書いておいてくれると、
日本史の知識が強化されて嬉しいな…


人魚ノ肉
天下一の軽口男
敵の名は、宮本武蔵


[木下昌輝]  [戦国24時]  [さいごの刻]  [さいごのとき]  [きのしたまさき

Wed2017.07.12


ラブコメ今昔 有川浩

ラブコメ今昔 有川浩
角川文庫

2017.7.11

ラブコメ今昔
軍事とオタクと彼
広報官、走る!
青い衝撃
秘め事
ダンディ・ライオン
 ~またはラブコメ今昔イマドキ編
単行本版あとがき
文庫版あとがき
解説  誉田哲也


裏表紙より。

「自衛隊員の皆さんに恋愛や結婚の経験談を語ってもらいたいんです」。
二等陸佐・今村和久の前に現れたのは、隊内紙の記者の元気娘・矢部
千尋二等陸尉。訊けば、夫婦の馴れ初めを、コラムに掲載したいという
のだが!?「みっともない」と逃げる今村、ねばる千尋。一歩もひかない
攻防戦の顛末は――!? 様々な思いが交錯する、自衛隊員の結婚を綴った
表題作を含む、十人十色の恋模様6編を収録した、国を守る男女の本気印
恋愛百景。



怒涛の有川浩のラブコメ4連発
からの
高村薫
からの、ラブコメ

自衛隊だけれど、3部作とは全然かぶってない。

うん十年振りに再会した中学の同級生が、自衛官になっていて、
でもその頃は当然この辺は読んでいなくて。
今会ったら、もっと色々聞けたのに…
と、ちょっと残念。

出だしでちょっと引っかかったのが、

習志野駐屯地自体は習志野市と何ら関係なく船橋市に所在する。

いやいやいや…
ややこしいけど、船橋市に習志野台って住所あるし。
隣、習志野市だし。
もともとあの辺一帯習志野だったとかいうし。
千葉県にあるのに、TOKYOディズニーランド、
みたいな言い方は、どうよ…

(習志野駐屯地の住所が薬円台だったのにはびっくり)

たまーに駅へ向かう途中、
あー、落下傘が…
と見るとはなしに眺めていた空挺降下?が、
ものすごく厳しい訓練だったとは…

というか、自衛官のみなさんが、こんなに真摯だなんて。
正直、全然知らなかった。

『図書館戦争』でも思ったけれど。
そして誉田哲也も書いているけれど。
有川浩、すごく深い話を書いているのに、
ラブコメが突出しすぎていて、もしかして残念?
でも、ラブコメまみれだから、
こんなに面白く読めるともいえ…

ともあれ、ほんと、有川浩、侮ってました。
反省


[有川浩]  [ラブコメ今昔]  [ありかわひろ

Mon2017.07.10


土の記 上・下 高村薫

土の記 上・下 高村薫
新潮社

2017.7.8

1
2

15

高村薫なのに、意外と薄い(上下あるけれど)
と読み始め。
あぁ高村薫だー…
というリズムと世界に入り込み、
でも、
No 合田?
No 宗教?
これ、何の話?
合田雄一郎なしに、この独特の世界に
最後まで付き合えるんだろーか…
と、不安がよぎるけれど…
意外とすんなり没入。

いや、最初の方は、いつのまにか人が変わっていて
え? どこからこの人に?
と思ったりもしたけれど。
もー、気にせず流す…
下巻の最後の方、登場人物が若干わからないけれど、
あきらめて流す…

面白かった


[高村薫]  [土の記]  [たかむらかおる

Wed2017.07.05


クジラの彼 有川浩

クジラの彼 有川浩
角川文庫

2017.7.3

クジラの彼
ロールアウト
国防レンアイ
有能な彼女
脱柵エレジー
ファイターパイロットの君
あとがき
解説  杉江松恋


裏表紙より。

『元気ですか? 浮上したら漁火がきれいだったので送ります』
彼からの2ヶ月ぶりのメールはそれだけだった。聡子が出会った
冬原は潜水艦(クジラ)乗り。いつ出かけてしまうか、いつ帰って
くるのかわからない。そんなクジラの彼とのレンアイには、いつも
7つの海が横たわる……。表題作はじめ、『空の中』『海の底』の
番外編も収録した、男前でかわいい彼女たちの6つの恋。
有川浩がおくる制服ラブコメシリーズ第1弾!!



「『クジラの彼』がすごくいいんですよ
 大好き
と、後輩が力説していたワケです。
冬原、素敵すぎ

『海の底』では、夏木がよかったけれど。
「クジラの彼」と「有能な彼女」では、
「クジラの彼」の冬原~

「ファイターパイロットの君」の高巳って…
あぁ、『空の中』で大活躍の春名高巳くんか。

怒涛の有川浩のラブコメ4連発
しあわせ


[有川浩]  [クジラの彼]  [ありかわひろ

Mon2017.07.03


海の底 有川浩

海の底 有川浩
角川文庫

2017.6.30

一日目、午前。
一日目、午後。
二日目。
三日目。
四日目。
五日目。
最終日。――そして、
あとがき
番外編 海の底・前夜祭
解説  大森望


裏表紙より。

4月。桜祭りで開放された米軍横須賀基地。停泊中の海上自衛隊
潜水艦『きりしお』の隊員が見た時、喧噪は悲鳴に変わっていた。
巨大な赤い甲殻類の大群が基地を闊歩し、次々に人を「食べている」!
自衛官は救出した子供たちと潜水艦へ立てこもるが、彼らはなぜか
「歪んでいた」。 一方、警察と自衛隊、米軍の駆け引きの中、
機動隊は凄絶な戦いを強いられていく――
ジャンルの垣根を飛び越えたスーパーエンタテインメント!!



巨大な赤い甲殻類
って言われて、カニを想像したら、
エビ…

夏木と冬原。
堂上と小牧か…

続きが気になって、2時までかかって一気読み
『塩の街』も、あとちょっとだから、と思ったら
1時になっちゃったんだよな。
眠い…
でも面白かった

そしてラブコメ
けっこう激アマ

“自衛隊3部作”、なんていうからスルーしてたのが
もったいない

自衛隊3部作、
やっぱり秋庭かな…


[有川浩]  [海の底]  [ありかわひろ

Sun2017.07.02


塩の街 有川浩

塩の街 有川浩
角川文庫

2017.6.29

塩の街
Scene-1. 街中に立ち並び風化していく塩の柱は、もはや何の変哲もないただの景色だ。
Scene-2. それでやり直させてやるって言ったんじゃねえのかよ。
Scene-3. この世に生きる喜び そして悲しみのことを
インターミッション ―幕間―
Scene-4. その機会に無心でいられる時期はもう過ぎた。
Scene-5. 変わらない明日が来るなんて、もう世界は約束してくれないのを知っていたのに。
Scene-6. 君たちの恋は君たちを救う。
塩の街、その後
塩の街 -debriefing- 旅のはじまり
塩の街 -briefing- 世界が変わる前と後
塩の街 -debriefing- 浅き夢みし
塩の街 -debriefing- 旅の終わり

あとがき
『塩の街』との出会い  徳田直巳


裏表紙より。

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を
崩壊させようとしていた。その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と
真奈。世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。
だが―― 「世界とか、救ってみたくない?」。 ある日、そそのかすように
囁く者が運命を連れてやってくる。 『空の中』『海の底』と並ぶ3部作の
第1作にして、有川浩のデビュー作! 番外編も完全収録!!



これがデビュー作なんだー。
げ。
3部作の第1作?
だって、カバー裏の順番が
空の中
海の底
塩の街
だよ…

ま、順番はどうでもいいのか。

秋庭が次元みたいでかっこ良すぎ

そっか。
堂上教官か。

やっぱり有川浩はラブコメなんだ。

これがデビュー作

有川浩、すごいな…


[有川浩]  [塩の街]  [ありかわひろ

Sat2017.07.01


空の中 有川浩

空の中 有川浩
角川文庫

2017.6.28

プロローグ 早春
第1章 子供たちは秘密を拾い、
第2章 大人たちは秘密を探し、
第3章 秘密は高度二万に潜む。
第4章 人々はそれを裏切って、
第5章 子供は戻れぬ道を進み、
第6章 誰も彼もが未来を惑う。
第7章 混迷は不意に訪れるも、
第8章 秩序の戻る兆しはそこ、
第9章 最後に救われるのは誰か。
エピローグ 盛夏
あとがき
特別書き下ろし  仁淀の神様
解説  新井素子


裏表紙より。

200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き
残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛んだ。高度
2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけた秘密とは?
一方地上では、子供たちが海辺で不思議な生物を拾う。大人と
子供が見つけた2つの秘密が出会うとき、日本に、人類に降り
かかる前代未聞の奇妙な危機とは――すべての本読みが胸
躍らせる、未曾有のスペクタクルエンタテインメント!!



涙腺がゆるくなっているので、
ちょっとした場面で涙目…

これは、あれだ。
『あんじゅう』
あっちは黒くて、こっちは白いけど。
というか、こっちが先か。

土佐弁の語尾、新潟のアクセントに似てる?
土佐弁がいい感じ

解説は新井素子
贅沢。

たしかに、

読め。
面白いから。



[有川浩]  [空の中]  [ありかわひろ