Home>2017年02月  TotalPages1

Mon2017.02.20


東京を生きる 雨宮まみ

東京を生きる 雨宮まみ
大和書房

2017.2.12

はじめに
お金
欲情
美しさ
タクシー


血と肉
マイ・ウェイ
訓練
努力
退屈
六本木の女
女友達
居場所
若さ
優しさ
谷間の百合
静寂
暗闇
越境
幸せ
刺激

東京
眼差し
おわりに


帯より。

「東京」に発情している。
そんな獣の遠吠えを
聞いているようで、
胸が締めつけられる。
身に覚えがありすぎて
恥ずかしい。
でも美しい。
穂村弘

九州で過ごした年月を、
東京で過ごした年月が
越えてゆく――
地方出身者すべての胸を打つ、
著者初の私小説エッセイ!



小説?
エッセイ?

このヒリヒリ感、自分にはないなー…
いわゆる“千葉都民”だから?

田舎があるって、うらやましい…


[雨宮まみ]  [東京を生きる]  [あまみやまみ

Sun2017.02.19


佐藤さとる 逝去

佐藤さとる 逝去
享年88歳

佐藤さとるさんが、2月9日、亡くなりました。
享年88歳。

コロボックルシリーズの印象的なイラストは
村上勉(つとむ)というのか…

ご冥福をお祈りします。


[佐藤さとる]  [コロボックル

Sat2017.02.18


かくれんぼ ジェイムズ・パタースン 小林宏明訳

かくれんぼ ジェイムズ・パタースン 小林宏明訳
新潮文庫

HIDE AND SEEK
James Patterson


プロローグ かくれんぼ
第1部 不幸な星の下に
第2部 嵐の前の静けさ
第3部 ウィル
第4部 月の裏側
第5部 トライアル&エラー
第6部 かくれんぼ――ふたたび
エピローグ 夜の歌
訳者あとがき


裏表紙より。

カルト的人気を誇るシンガーとして成功を収めたマギー。彼女には、
娘を暴力から守るために前夫を殺害した過去があった。一方、心の
奥底に狂気を秘めたウィルは、天才サッカー選手として国際的な
名声を手中にしていた。たがいに血塗られた過去を持つ女と男。
ふたりが出会ったとき、死を賭したゲームの幕が切って落とされた!
驚愕と戦慄が待ちうける、ノンストップ・サイコホラー。








[ジェイムズ・パタースン]  [かくれんぼ]  [小林宏明

Sat2017.02.18


ディック・ブルーナ 逝去

ディック・ブルーナ 逝去
享年89歳

ディック・ブルーナさんが、2月16日、亡くなりました。
享年89歳。

ミッフィー…

わたしにとっては、やっぱり
うさこちゃん、ふわふわさん、ふわおくさん

ご冥福をお祈りします。


[ディック・ブルーナ]  [ミッフィー]  [うさこちゃん

Sat2017.02.18


レ・コスミコミケ イタロ・カルヴィーノ 米川良夫訳

レ・コスミコミケ イタロ・カルヴィーノ 米川良夫訳
ハヤカワ文庫

2017.2.16

月の距離
昼の誕生
宇宙にしるしを
ただ一点に
無色の時代
終わりのないゲーム
水に生きる叔父
いくら賭ける?
恐龍族
空間の形
光と年月
渦を巻く
あとがき


裏表紙より。

はるかな昔、うるわしき月が梯子を昇っていけるほど近くにあった
時代の悲しい恋の物語「月の距離」、形というものが存在しない
原初の宇宙で、銀河の回転周期を計ろうと、見えないしるしを
つけたことから起こるスラップスティック・コメディ「宇宙にしるしを」、
ビッグバン以前、誰もかれもが一点に集まっていた古き良き時代に
思いをはせる「ただ一点に」など、現代イタリア文学の鬼才が、
宇宙創世以来のすべての出来事の生き証人Qfwfqじいさんを
語り部に、持ち前の奇抜なアイデアと自由奔放なイマジネーションで
描いた、ユーモアとペーソスあふれる12篇の宇宙奇譚を結集!



なんだろー…
こういう壮大な与太話に付き合う余裕?
心のゆとりを失っちゃったみたい

飛ばし飛ばし読みながら、
ふと『船乗りクプクプの冒険(北杜夫)』が浮かぶ。
あれも壮大な法螺話だったよーな…

イタロ・カルヴィーノ、あとがきで1985年に亡くなってることを知る。
え。 でも最近新刊の書評出てなかったっけ?

『冬の夜ひとりの旅人が』?
でも、これも半月ほど前に挫折しました。

いつか楽しめるようになるといいなぁ…


[イタロ・カルヴィーノ]  [レ・コスミコミケ]  [米川良夫

Fri2017.02.17


柔かい月 イタロ・カルヴィーノ 脇功訳

柔かい月 イタロ・カルヴィーノ 脇功訳
河出文庫

2017.2.14

第1部 Qfwfq氏の話
 柔かい月
 鳥の起源
 結晶
 血・海
第2部 プリシッラ
 Ⅰ ミトシス(間接核分裂)
 Ⅱ メイオシス(減数分裂)
 Ⅲ 死
第3部 ティ・ゼロ
 ティ・ゼロ
 追跡
 夜の運転者
 モンテ・クリスト伯爵
解説
文庫版訳者あとがき
文庫版解説  和田忠彦


裏表紙より。

変幻自在な語り部Qfwfq氏。あるときは地球の起源の目撃者となり、
あるときは生物の進化過程の生殖細胞となって、宇宙史と生命史の
途方もなく奇想天外な物語を繰り広げる。
現代イタリア文学界を代表する作家が、伝統的な小説技法を打ち破り、
自由奔放に想像の翼をはばたかせて描いた連作短編集。幻想と科学
的認識とが、高密度で結晶した傑作。



とりあえず、「柔かい月」が読めて満足。
全部は無理だったー…


[イタロ・カルヴィーノ]  [柔かい月]  [脇功

Mon2017.02.13


虐殺器官 伊藤計劃

虐殺器官 伊藤計劃
ハヤカワ文庫

2019.2.10

第1部
第2部
第3部
第4部
第5部
エピローグ
装飾と構造で乗り切る終末/伊藤計劃×円城塔
解説/大森望


裏表紙より。

9・11以降の、“テロとの戦い"は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な
管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が
急激に増加していた。米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰に
常に存在が囁かれる謎の男、ジョン・ポールを追ってチェコへと向かう……
彼の目的とはいったいなにか? 大量殺戮を引き起こす“虐殺の器官"とは?
現代の罪と罰を描破する、ゼロ年代最高のフィクション


新装版で再読。

J・G・バラード 『太陽の帝国』、
読んでみようかな。


 播種 はしゅ


[伊藤計劃]  [虐殺器官]  [いとうけいかく

Sun2017.02.12


幽霊の涙 諸田玲子

幽霊の涙 諸田玲子
新潮社

2017.1.30

第1話 幽霊の涙
第2話 春いちばん
第3話 ボタモチと恋
第4話 鷹は知っている
第5話 福寿草
第6話 白暁
第7話 海辺の朝


裏表紙より。

家督とお鳥見役を継いだ珠世の長男、久太郎に密命が下る。
かつて父と夫も務め、二人のこころと家族に深い傷を残した、
あの陰働き。他国の不穏な動きを探るうち、久太郎は行方
知れずに。留守を預かる珠世と嫁の恵以は不安が募る。
そんな矢島家をあの世から心配したのか、一回忌を迎える
久右衛門の幽霊がさまよっているという。家族の情愛の深さと
強さを謳う、大好評シリーズ第六弾。



いやいやいや…
珠世、コワイ…

あと、裏表紙のあらすじはミスリード。
久右衛門の幽霊が出てくるのは第1話。
久太郎の行方不明とは無関係。
でした。


[諸田玲子]  [幽霊の涙]  [もろたれいこ