Home>2016年11月  TotalPages1

Tue2016.11.29


殺人鬼フジコの衝動 真梨幸子

殺人鬼フジコの衝動 真梨幸子
徳間文庫

2016.11.28

はしがき
1
2

9
あとがき


裏表紙より。

一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして、新たな人生を歩み
始めた11歳の少女。だが、彼女の人生は、いつしか狂い始めた。
「人生は、薔薇色のお菓子のよう」。呟きながら、またひとり彼女は
人を殺す。何が少女を伝説の殺人鬼にしてしまったのか? 精緻に
織り上げられた謎のタペストリ。最後の一行を、読んだとき、あなたは
著者が仕掛けたたくらみに、戦慄し、その哀しみに慟哭する……!



初真梨幸子。
イヤミスの女王、というから、
どんなものかと読んでみたけれど…

そー…

“女王”というからには、それなりの風格がないと…

「あとがき」と、その後の新聞記事には
そーくるのか!
と、思ったけれど。

いや、作家なら、ちゃんとこの小説が世に出るように
手を打っとけ、とも思う。
あ。
手を打ったから、こうして本になってるってことか。

まぁいいか。

イヤミスの女王、湊かなえと沼田まほかるか。
なるほど。

もーいいか。


[真梨幸子]  [殺人鬼フジコの衝動]  [まりゆきこ

Mon2016.11.28


拳の先 角田光代

拳の先 角田光代
文藝春秋

2016.11.26

『拳の先』?
おぉ これは絶対『空の拳』の続きだ
そらのこぶし?
そらのこぶし。

2013.3.10 空の拳 角田光代

そーだよね
続き、書くよね

後半、やや失速感が否めないけれど。

立花の物語がちゃんと終わってよかった。
坂本くんがちょっと寂しかったけれど。

また『空の拳』とあわせて読みたい


[角田光代]  [拳の先]  [かくたみつよ

Fri2016.11.25


三の隣は五号室 長嶋有

三の隣は五号室 長嶋有
中央公論社

2016.11.23

第1話 変な間取り
第2話 シンク
第3話 雨と風邪
第4話 目覚めよと来客は言った
第5話 影
第6話 ザ・テレビジョン!
第7話 「1は0より寂しい数字」
第8話 いろんな嘘
第9話 メドレー
最終話 簡単に懐かしい


第一藤岡荘の五号室のお話。

66-70年 藤岡一平
70-82年 二瓶(にへい)敏雄・文子(ふみこ) ・環太
82-83年 三輪(みわ)密人(みつと)
83-84年 四元(よつもと)志郎
84-85年 五十嵐五郎
85-88年 六原(むつはら)睦郎(むつろう)
88-91年 七瀬奈々
91-95年 八屋(やつや)リエ
95-99年 九重(ここのえ)久美子
99-03年 十畑(とはた)保
04-08年 霜月(しもつき)未苗(みなえ) /桃子
09-12年 アリー・ダヴァーズダ
12-16年 諸木(もろき)十三(じゅうぞう)


誰かの人生を追うのではなく、とあるアパートの一部屋の
ちょっとしたモノを主軸に、歴代の住人の様子が垣間見える
不思議な物語。

時代も昭和から平成まで、行きつ戻りつ、
とりとめがないような…

あまりに淡々としすぎていて、
もしかして、退屈?
いやでも、長嶋有だし…

途中、二瓶文子さんが、息子の環太に、
「おかあさんは『コンドルのジョー』が好き」
という場面に、
私も
と(物語とは関係なく)テンションが上がったり。
愛ラブSMAP!
夢がMORI MORI
眠れる森
空から降る一億の星
と、出てくるTV番組に反応したり…

でも、
やっぱり退屈?

と。 最終話で、諸木十三が取り壊し予定ですべて空室の
第一藤岡荘で、わざわざ五号室に越してきた理由が、
三輪密人が殺される理由となったモノを探すため
というまさかの急展開で、わくわくしていたら、
結局、なにごともなくゆるゆると終了…

いやー…
なんだろー…


[長嶋有]  [三の隣は五号室]  [ながしまゆう

Thu2016.11.24


果つる底なき 池井戸潤

果つる底なき 池井戸潤
講談社文庫

2016.11.22

第1章 死因
第2章 粉飾
第3章 依頼書
第4章 半導体
第5章 回収
解説  郷原宏


裏表紙より。

「これは貸しだからな」。謎の言葉を残して、債権回収担当の
銀行員・坂本が死んだ。死因はアレルギー性ショック。彼の妻・
曜子は、かつて伊木の恋人だった……。坂本のため、曜子のため、
そして何かを失いかけている自分のため、伊木はただ一人、
銀行の暗闇に立ち向かう! 第44回江戸川乱歩賞受賞作



1998年、『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞。
これが池井戸潤のデビュー作なのか。

昔のヤツは結構バイオレンスいっぱい。
銀行員がやたらタフな探偵ばりの日常。
それにしても、デビュー作はずいぶんたくさん人が死ぬ…

というか、これがデビュー作ってすごいなぁ。
やっぱりうまいんだなー


[池井戸潤]  [果つる底なき]  [いけいどじゅん

Fri2016.11.18


冬天の昴 あさのあつこ

冬天の昴 あさのあつこ
光文社

2016.11.17

1 凍風(いてかぜ)
2 北颪(きたおろし)
3 虎落笛(もがりぶえ)
4 霜風
5 雪片(せっぺん)
6 風雪
7 霙空(みぞれぞら)
8 氷雨(ひさめ)
9 雪嵐
10 冬天


面白くて一気読み!
なぜこんなに惹かれるんだろう…


[あさのあつこ]  [冬天の昴

Tue2016.11.15


橋を渡る 吉田修一

橋を渡る 吉田修一
文藝春秋

2016.11.13

春―― 明良
 橋を渡る
 下町に夕立つ
 夏を踏む
夏―― 篤子
 願い事 叶うべし
 男たちの言葉涼し
 不惑の湯につかる
秋―― 謙一郎
 快哉を叫ぶ
 太鼓に乱れる
 鬼がくる
そして、冬
 響
 凛
 橋
エピローグ


なんだこれ…?

春、夏、秋までは、物語がどこへ向かっていくのか
それなりに面白く読んでいたのに。

いきなり70年後?
え? 『橋を渡る』って、SF?
そういう意味?

70年って、そんなに遠い未来/過去じゃないよね。
たった70年で、こんな世界がくる?
あ、たった70年で、世の中がここまで変わる方がコワイのか?
でも、たった70年前のことを知ってる人がいないってどうなの?

「冬」、いる?

「冬」に入って、読むのが苦痛になってきて、
弥勒シリーズにいって、
『橋を渡る』を読み上げたけれど…
(弥勒シリーズ、借りておいてよかった

『怒り』もそうだったけれど、
吉田修一って、こんな?

『パーク・ライフ』は好きだったよな…
『パレード』、『悪人』、『怒り』、
『横道世之介』、『平成猿蟹合戦図』、
『路(ルウ)』もそうか。

そんなに吉田修一知らないのか。
もういいか


[吉田修一]  [橋を渡る]  [よしだしゅういち

Mon2016.11.14


東雲の途 あさのあつこ

東雲の途 あさのあつこ
光文社文庫

2016.11.13

第1章 薄明の川
第2章 朝まだき
第3章 有明空に
第4章 朝明(あさけ)
第5章 曙の空
第6章 残更(ざんこう)の男たち
第7章 黎明の空に
第8章 朝(あした)の月
第9章 星消える
第10章 暁の山々
終章 東雲、たなびく
解説  高橋敏夫


裏表紙より。

橋の下で見つかった男の屍体の中から瑠璃が見つかった。
探索を始めた定町廻り同心の木暮信次郎は、小間物問屋の
遠野屋清之介が何かを握っているとにらむ。そして、
清之介は自らの過去と向き合うため、岡っ引きの伊佐治と
遠き西の生国へ。そこで彼らを待っていたものは……。
著者がシリーズ史上ないほど壮大なスケールで描く「生と死」。
超絶の「弥勒」シリーズ第4弾。



意外とあっさり落ち着いちゃったけれど。
そんなに簡単に終わる話じゃないんじゃないの?
とは思うけれど。
これくらいがちょうどいいのかも…
とも思う。

『弥勒の月』だけでやめなくて、本当に良かった


[あさのあつこ]  [東雲の途]  [しののめのみち

Sun2016.11.13


木練柿 あさのあつこ

木練柿 あさのあつこ
光文社文庫

2016.11.11

楓葉(ふうよう)の客
海石榴(つばき)の道
宵に咲く花
木練柿(こねりがき)
解説  青木逸美


裏表紙より。


胸を匕首で刺された骸が発見された。北定町廻り同心の
木暮信次郎が袖から見つけた一枚の紙、そこには小間物
問屋遠野屋の女中頭の名が。そして、事件は意外な展開
に……(「楓葉の客」)。表題作をはじめ闇を纒う同心・
信次郎と刀を捨てた商人・清之介が織りなす魂を揺する
物語。時代小説に新しい風を吹きこんだ『弥勒の月』
『夜叉桜』に続くシリーズ第3巻、待望の文庫化。



清之介、信次郎、伊佐治…
ずっとずっと見ていたい…

『弥勒の月』から読み直したい


[あさのあつこ]  [木練柿]  [こねりがき

Thu2016.11.10


夜叉桜 あさのあつこ

夜叉桜 あさのあつこ
光文社

2016.11.9

第1章 刃
第2章 陰
第3章 定
第4章 男
第5章 縁
第6章 命
第7章 女
第8章 秘
終章 真




裏表紙より。

江戸の町で女が次々と殺された。北定町廻り同心の木暮信次郎は、
被害者が挿していた簪が小間物問屋主人・清之介の「遠野屋」で
売られていたことを知る。因縁ある二人が再び交差したとき、
事件の真相とともに女たちの哀しすぎる過去が浮かび上がった。
生きることの辛さ、人間の怖ろしさと同時に、人の深い愛を
『バッテリー』の著者が満を持して描いたシリーズ第2作。



遠野屋の主人・清之介!
シリーズものの主人公でした
というか、信次郎、伊佐治、清之介の3人で
まわっていくみたい。

なんだろー…

決して明るく楽しい話じゃないのに、面白い

ただ… ほんと、殺される人たちが哀れすぎる


[あさのあつこ]  [夜叉桜

Sat2016.11.05


50代は悩み多きお年頃 槇村さとる

50代は悩み多きお年頃 槇村さとる
光文社

2016.11.3

はじめに
part1 さとるの日々つらつら
 topic1 大好きなおしゃれのおはなし
      50代は大きな大きな衣更えの季節
      「だってね、私、靴フェチですから」
      “デブかくし服”の情けなさ
 topic2 ヘルス&ビューティのおはなし
      ポスト更年期でガックーン!!
      中高年の“生活の処方箋”
      ダンス浴で若返り
 topic3 ベストパートナーのおはなし
      私の“結婚適齢期”
      めざせ“開運のルックス”
      ポカンとするほどあっけなく
 topic4 仕事と暮らしのおはなし)
      グラデーションのある生活
      不倫ドラマをネタに“女子トーク”
      より良く生きようとする女性が好き
part2 さとるの本棚
 topic1 家族&ペット
      男の子の本当に響く𠮟り方ほめ方 小﨑恭弘 スバル舎
      家族という病 下重暁子 幻冬舎
      キャットニップ 大島弓子 小学館
      世界で一番美しい猫の図鑑 タムシン・ピッケラル アストリッド・ハリソン
 topic2 恋愛
      LOVE理論(新装版) 水野敬也 文響社
      蒼い炎 羽生結弦 扶桑社
      小さな幸せ46こ よしもとばなな 中央公論新社
      松岡修造の人生を強く生きる83の言葉 松岡修造 アスコム
 topic3 料理&食
      考えない台所 高木ゑみ サンクチュアリ出版
      ばぁばの料理 最終講義 鈴木登紀子 小学館
      フランス女性は太らない ミレイユ・ジュリアーノ 日本経済新聞社
 topic4 教養
      向田邦子 おしゃれの流儀(とんぼの本) 向田和子/かごしま近代文学館
      新しい道徳 北野武 幻冬舎
      人間の分際 曽野綾子 幻冬舎
      図解 年収200万円からの貯金生活宣言
      語彙力こそが教養である 齋藤孝 角川書店
 topic5 ファッション
      K.K closet スタイリスト菊池京子の365日 Spring-Summer
      フランス人は10着しか服を持たない ジェニファー・L・スコット 神崎朗子
      服を買うなら、捨てなさい 地曳いく子 宝島社
      あなただけの「似合う服」に出会うための骨格診断 山崎真理子 二神由美子


HERS 2014年10月号 ~ 2015年9月
女性自身 2014年… ~ 2016年…


[槇村さとる]  [50代は悩み多きお年頃]  [まきむらさとる

Fri2016.11.04


普通の服を、はっとするほどキレイに着る madameH 佐藤治子

普通の服を、はっとするほどキレイに着る madameH 佐藤治子
宝島社

2016.10.28

MY UNIFORM 私の制服
MY Hermes Carres カレは何枚あってもいい
MY Vivier ロジェ・ヴィヴィエ コレクション
THEME COLOR & ACCENT COLOR テーマカラーとアクセントカラー
MY SPECIALS 人生の棚卸し後に残ったもの

はじめに 普通の服がいちばん素敵

第1章 おしゃれの基本は、普通の服をキレイに着ること
 スタンダードがわからなくなってしまった今
 「ゆるい」だけでは立ち行かない
 地味でもダメ、コスプレおばさんになってもダメ
 ガラパゴス化している日本のトレンド
 40代からの「大人修行」が、50代からを美しくする

第2章 自分のサイズを知る
 服装の基本は、ジャストサイズ
  大は小をかねない
  ― ジャストサイズのこれだけのメリット ―
    スタイルアップして見える
    おしゃれに見える
    プチプラでもきちんとして見える
    服選びの失敗が少なくなる
    無駄なものを買うことが少なくなる
    自分に自品が持てる
    長く着られる
 時代に合ったサイズ感と自分の体型のバランスがおしゃれのポイント
 意外と知らない、サイズ選びの基礎知識
  ヌード寸法と仕上がり寸法
  通販では「仕上がり寸法」をチェック
 基本7アイテムのサイズ選びのポイント
  まずは、自分のヌードサイズを把握する
  アイテム別、キレイに着こなせるサイズのポイント
   ・ニット―― やや小さめのものから試す
   ・ワンピース―― 切り替えの位置に注意
   ・コート―― 袖丈がポイント
 サイズが合わなかったとき、どこまで直せる?
   お直ししづらいところを基準に選ぶ
 おしゃれになるコツは、「試着しまくり」

第3章 大人のパーソナルスタイルの作り方
 大人だから着こなせる服を着よう
  似合うものが少なくなるからこそ、迷わない
  セルフイメージにこだわりすぎると、損をする?
  40代から「体型維持」を意識する
 「CHIC SIMPLE」に学ぶ、基本スタイルの作り方
 40代から素敵に着こなせる、ベーシックアイテム
 40代からそろえたい、小物と靴
 大人が手を出してはいけない、危険なアイテム
  手を出してはいけない代表的なアイテム
   ・スキニーパンツ
   ・ダメージ加工されたデニム
   ・洗いざらしのTシャツ、カットソー
   ・ロングTシャツ、チュニック
   ・デザイン過多のカットソー、ニットトップス
   ・流行りもので全身固める
   ・ショートパンツ、ミニスカート
   ・超ロングスカート
 こんなふうに歳を重ねたい、憧れの女優たち

第4章 マダムH流「自分の制服」の作り方
 私が「制服」を作った理由
 ロジェ・ヴィヴィエとの出会い
 マダム流・1年間のワードローブ計画のヒント

第5章 マダムH式・お買い物の極意!
 「服の目きき」を極めて、服選びの達人になる!
 業界裏事情1 ―― 値付けの秘密
  どこで売っているものが、本当に「お買い得」?
 業界裏事情2 ―― 素材の秘密
  メリノウールニットの価格の違い
  カシミアの独特な事情
  綿、麻素材の上手な選び方
 業界裏事情3 ―― パターンの秘密
 投資すべきもの、賢く済ませたいものはこれ!
  大人は定番の重衣料に投資しよう
  白いものはまめに買い替えて白さを保つ
 お宝発掘の極意
  若者向けのショップでお宝探し
  コラボものの1回目をねらう
  海外は、ハイブランドのセールがチャンス!
  バックストックに眠っている場合も
 大人の遊び心を着こなしのスパイスに
  悪くはないけど、どこか足りない

おわりに


いただいたっきり、大切に(?)しまい込んである
エルメスのスカーフ
今なら使えるようになってるかな。

REMODEに行ってみたい

でも、MAX MARAのコートは、捨ててしまった…


[madameH]  [佐藤治子]  [普通の服を、はっとするほどキレイに着る]  [さとうはるこ

Thu2016.11.03


向田理髪店 奥田英朗

向田理髪店 奥田英朗
光文社

2016.11.2

向田理髪店
祭りのあと
中国からの花嫁
小さなスナック
赤い雪
逃亡者


面白かった
『海の見える理髪店(荻原浩)』より好き

ただ、人々の会話が妙にしゃちこばっているというか、
不自然に硬いというか、
全然幼なじみの気安さがないんだけれど。
北海道の方言とか?


[奥田英朗]  [向田理髪店]  [おくだひでお