Home>2016年04月  TotalPages1

Sat2016.04.30


ミレニアム2 火と戯れる女 上・下 スティーグ・ラーソン ヘレンハルメ美穂・山田美明訳

ミレニアム2 火と戯れる女 上・下 スティーグ・ラーソン ヘレンハルメ美穂・山田美明訳
ハヤカワ・ミステリ文庫

2016.4.27

プロローグ  11月1日
第一部 変則的な方程式
      12月16日――12月18日
第二部 ロシアより愛をこめて
      1月10日――3月20日
第三部 不合理な方程式
      3月23日――3月29日
訳者あとがき
第三部 不合理な方程式(承前)
      3月29日――4月3日
第四部 ターミネーター・モード
      3月24日――4月8日
解説/北上次郎


上巻・裏表紙より。

女性調査員リスベットにたたきのめされた後見人のビュルマンは復讐を
誓い、彼女を憎む人物に連絡を取る。そして彼女を拉致する計画が動き
始めた。その頃ミカエルらはジャーナリストのダグと恋人ミアが進める人身
売買と強制売春の調査をもとに、『ミレニアム』の特集号と書籍の刊行を
決定する。ダグの調査では背後にザラという謎の人物がいるようだ。
リスベットも独自にザラを追うが、彼女の拉致を図る者たちに襲撃された!


下巻・裏表紙より。

リスベットは襲撃者たちを撃退した。だがダグとミアが殺され、現場で
リスベットの指紋がついた拳銃が発見された。さらに意外な人物の
死体も見つかり、彼女は連続殺人の容疑者として指名手配される。
リスベットが犯人と思えないミカエルは彼女と連絡を取り、事件の
調査を進める。やがてリスベットは、ある重大な情報をつかんだ。
そしてミカエルはザラの正体を知るが……
リスベットの衝撃的な過去が明かされる激動の第2部



なるほど。
それで3に続くのか。

やっぱり面白いなー


[スティーグ・ラーソン]  [ミレニアム2]  [火と戯れる女]  [ヘレンハルメ美穂]  [山田美明

Tue2016.04.26


うそつき、うそつき 清水杜氏彦

うそつき、うそつき 清水杜氏彦
早川書房

2016.4.23

【プロローグ】
【A1】 フラノ十八歳
【B1】 フラノ十六歳
【A2】 フラノ十八歳
【B2】 フラノ十六歳
【A3】 フラノ十八歳
【B3】 フラノ十六歳
【A4】 フラノ十八歳
【B4】 フラノ十六歳
【A5】 フラノ十八歳
【B5】 フラノ十六歳
【A6】 フラノ十八歳
【B6】 フラノ十六歳
【A7】 フラノ十八歳
【B7】 フラノ、十六歳から十八歳まで
【A8】 フラノ十八歳
【エピローグ】
第五回アガサ・クリスティー賞選評


カバーより。

国民管理のために首輪型嘘発見器の着用が義務付けられた世界。
非合法の首輪除去技術を持つ少年フラノは、強盗犯、痣のある少女、
詐欺師、不倫妻、非情な医者、優しすぎる継母など、様々な事情を
抱えた人々の依頼を請けて日銭を稼いでいた。だが彼には密かな
目的があった。ある人のために特殊な首輪を探しだして、外すこと。
首輪には複数のタイプがあり、中でも、フラノに技術を仕込んだ師匠で
すら除去法を教えられず、存在自体ほとんど確認されていない難攻
不落の型こそ、フラノが探す首輪・レンゾレンゾだった。レンゾレンゾを
求めることがやがてフラノを窮地へ追いやり、さらには首輪に隠された
秘密へと導いてゆく。人はなぜ嘘をつき、また真実を求めるのか。
フラノが辿り着いた衝撃の結末とは?

近未来の管理社会を生きる少年の苦悩と成長を瑞々しい筆致で描く、
ディストピア青春ミステリ。小説推理新人賞とダブル受賞でデビュー
した超大型新人による、第5回アガサ・クリスティー賞受賞作。


ピッピがフラノに
「餞(はなむけ)よ。あなたと彼女のぶん。今のあなたたちに必要なもの」
と言いながら瓶ビールを2本くれたら、
それが必死に探し求めていた「薬品」だ
と思うでしょ、ふつう。
なんであっさり捨てちゃうかなー…
あんたはばかか
予想外のラストに、フラノをなじりたくなる。
死ななくてもいいじゃん…

本で読むより、アニメで見たい感じ。

ところで、アガサ・クリスティー賞って、何の賞?
ミステリ?
これ、アガサ・クリスティー賞受賞作?


[清水杜氏彦]  [うそつき、うそつき]  [しみずとしひこ

Mon2016.04.25


ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上・下 スティーグ・ラーソン ヘレンハルメ美穂・岩澤雅利訳

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上・下 スティーグ・ラーソン ヘレンハルメ美穂・岩澤雅利訳
ハヤカワ・ミステリ文庫

2016.4.18

プロローグ  11月1日
第一部 誘因
      12月20日――1月3日
第二部 結果分析
      1月3日――3月17日
訳者あとがき
第三部 合併
      5月16日――7月11日
第四部 “乗っ取り作戦”
      7月11日――12月30日
解説/小山正


上巻・裏表紙より。

月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルは、大物実業家の違法行為を
暴く記事を発表した。だが名誉毀損で有罪になり、彼は『ミレニアム』から
離れた。そんな折り、大企業グループの前会長ヘンリックから依頼を受ける。
およそ40年前、彼の一族が住む孤島で兄の孫娘ハリエットが失踪した事件を
調査してほしいというのだ。解決すれば、大物実業家を破滅させる証拠を
渡すという。ミカエルは受諾し、困難な調査を開始する。


下巻・裏表紙より。

ミカエルはハリエット失踪事件に関する膨大な資料を調べる一方、ヘンリックの
一族のいわくありげな人々の中に分け入っていく。だが謎は深まるばかりで、
助手が必要と感じた彼は、背中にドラゴンのタトゥーを入れた女性調査員
リスベットの存在を知り、彼女の協力を得ることに成功する。二人の調査で
明かされる忌まわしい事実とは? 幾重にも張りめぐらされた謎、愛と復讐。
全世界を魅了した壮大なミステリ三部作の第一部。



そーか。
毎年送られてくる押し花の話は『ミレニアム』だったのか。

思い出した
そして、結構覚えてた


[スティーグ・ラーソン]  [ミレニアム1]  [ドラゴン・タトゥーの女]  [ヘレンハルメ美穂]  [岩澤雅利

Sun2016.04.24


仮面病棟 知念実希人

仮面病棟 知念実希人
実業之日本社文庫

2016.4.22

プロローグ
第一章 ピエロの夜
第二章 最初の犠牲者
第三章 開く扉
第四章 仮面の剝落
エピローグ
解説  法月綸太郎


裏表紙より。

強盗犯により密室と化す病院
息詰まる心理戦の幕が開く!

療養型病院に強盗犯が籠城し、自らが撃った女の治療を要求した。
事件に巻き込まれた外科医・速水秀悟は女を治療し、脱出を試みる
うち、病院に隠された秘密を知る――。閉ざされた病院でくり広げられる
究極の心理戦。そして迎える衝撃の結末とは。現役医師が描く、
一気読み必至の<本格ミステリー×医療サスペンス>。
著者初の文庫書き下ろし!
解説/法月綸太郎



新聞に毎週のように広告が出ていて、
そんなに言うなら読んでみるか、と。

えーと。
なに?

病院の秘密については、早々に予想がつくし。
携帯が通じないって、無理やり感いっぱいだし。
そんな大事なファイルをシュレッダーしない院長はマヌケだし。
女は化粧で変わるからって、入院患者が…
しかも警察も調べないって…
3,000万円隠し持って転院したと?
手術痕を隠すために銃で撃って傷つける?
しかも、その傷を縫合して、外科医が気付かない?

ツッコミどころ満載過ぎて書ききれない

でも、“本格”って、こういう感じかも。

最後、文庫書き下ろし、にびっくり。
本にする前に、もうちょっと練ろうよ


[知念実希人]  [仮面病棟]  [ちねんみきと

Sat2016.04.23


標的の男 警視庁追跡捜査係 堂場瞬一

標的の男 警視庁追跡捜査係 堂場瞬一
ハルキ文庫

2016.4.14

第一章
第二章
 …
第十二章


裏表紙より。

服役中の男の告白――墨田区の不動産業者の強盗殺人事件は、
意外なところから容疑者が浮かび上がった。監視中の容疑者・熊井を
自らの失態で取り逃がした追跡捜査係の沖田大輝は、負傷した足を
抱え、病室での捜査資料の見直しを余儀なくされる。一方、警視庁
随一の分析能力を誇る西川大和は、いつもと違う容疑者の聞き込みに
戸惑いを感じていた。そして、犯行現場に疑問を感じた沖田は、
負傷をおして、捜査を強行するが――。大好評書き下ろし警察小説。


沖田が入院中の病院に、大友鉄登場

警視庁追跡捜査係
交錯
策謀
謀略
標的の男
刑事の絆
暗い穴

こうさく―さくぼう―ぼうりゃく―りゃく…
「りゃく」では始まらなかったのか
『刑事の絆』が『凍る炎 アナザーフェイス5』とクロスして、
『暗い穴』が一番新しかったのか。

ま、機会があったら、読んでみましょう。


[堂場瞬一]  [標的の男]  [警視庁追跡捜査係]  [どうばしゅんいち

Thu2016.04.21


暗転 堂場瞬一

暗転 堂場瞬一
朝日文庫

2016.4.20

Day 1
Day 2
Day 3
Day 4
Day 14


裏表紙より。

朝の通勤ラッシュ時に満員の急行電車が脱線し80人以上が亡くなる
大惨事が起きた。どうして事故は起きたのか。犠牲者の無念を晴らす
ため、老警官とジャーナリストが動き出す。彼らは必死になって真相を
突き止めようとし、事実を隠す鉄道会社と向き合うのだが……。


面白くて一気読み、だったけれど。
「Day 4」の終わりから「Day 14」まで、
あっという間に月並みな展開になだれ込んで
終わってしまったのが、ちょっと残念。


[堂場瞬一]  [暗転]  [どうばしゅんいち

Mon2016.04.18


二度寝とは、遠くにありて想うもの  津村記久子

二度寝とは、遠くにありて想うもの  津村記久子
講談社

2016.4.9

Ⅰ となりの乗客の生活

Ⅱ 現代のことばについて考える

Ⅲ 溺れる乗客は藁をもつかむ

Ⅳ 素人展覧会(第一期)

Ⅴ ソチとブラジル、その鑑賞と苦悩


津村記久子、1978年生まれなんだ…
文章をよんでると、もうちょっと年上かと…
挿画(木下晋也)がまた素敵なんだけれど、
やっぱりもうちょっと年上かと思える

巻末の「初出一覧」を眺めていたら、

Ⅰ となりの乗客の生活
 …
 仰向けの試行錯誤
 歩き去る眠気
 会社員の十年
 …

ん?
「歩き去る眠気」って、どんな話だっけ?
とページを繰るも…

ない

当然だが、目次にもなかった。

どんな話か、すごく気になる…


[]  [津村記久子]  [二度寝とは、遠くにありて想うもの]  [つむらきくこ

Wed2016.04.13


スクラップ・アンド・ビルド 羽田圭介

スクラップ・アンド・ビルド 羽田圭介
文藝春秋

2016.4.1


こんな自分は早く死んだ方がいいんだ…
と嘆く祖父の願いを叶えるために、
祖父を手厚く介護し、心身の機能を衰えを早め、
死に導こうと思う孫、
というのは、斬新な視点…

でも、筋トレとセックスもトレーニングというあたりが、
羽田圭介を生理的に苦手と感じるところなんだなー…

意外と薄くてあっさり読めました。


[羽田圭介]  [スクラップ・アンド・ビルド]  [はだけいすけ

Tue2016.04.12


我が家のヒミツ 奥田英朗

我が家のヒミツ 奥田英朗
集英社

2016.3.31

虫歯とピアニスト
正雄の秋
アンナの十二月
手紙に乗せて
妊婦と隣人
妻と選挙


『家日和』『我が家の問題』に続く家シリーズの第3弾。
といっても、それぞれ独立した短編。

奥田英朗って、こんなに毒なかったっけ?
というくらい、ほんわりした感じ。

特に「虫歯とピアニスト」、「妻と選挙」が好き。

康夫は三年ほど前、これまでのユーモア小説路線からの
脱却を図るべく、犯罪小説を修英社から上梓していた。
市井の人々の心の闇と転落を書いた自信作だったのだが、
見事に売れなかった。

というN木賞受賞作家の康夫の話は、
ちょっとは自分のことなんだろうか。

≪井端さん一家≫シリーズ、
マンネリ化しているし、本人が飽きてしまっている
って。
改めて、伊良部シリーズはもう書かない、
って宣言かなー
残念


[奥田英朗]  [我が家のヒミツ]  [おくだひでお

Mon2016.04.11


邪心 警視庁犯罪被害者支援課2 堂場瞬一

邪心 警視庁犯罪被害者支援課2 堂場瞬一
講談社文庫

2016.3.30

第一部 流出
第二部 二人の故郷
第三部 別人
第四部 素顔


裏表紙より。

リベンジポルノの相談が大学院生の綾子から村野ら支援課に持ち
込まれた。猥褻ぎりぎりの画像に、対処に迷った村野たちだったが、
被害者支援のボランティアをする愛と綾子が暴漢に襲われ事件は
加速していく。「被害者支援」という前人未踏の新テーマに斬り込んだ、
著者会心、絶好調の警察小説!



「被害者支援」なのだけれど、綾子に共感できないせいか、
そもそも村野も愛も理解できていないせいか、
なかなか読み辛い長編だった。

ほんとに
著者会心、絶好調の警察小説!
…なのかなぁ


[堂場瞬一]  [邪心]  [警視庁犯罪被害者支援課2]  [どうばしゅんいち

Sun2016.04.10


親子の肖像 アナザーフェイス0 堂場瞬一

親子の肖像 アナザーフェイス0 堂場瞬一
文春文庫

2016.3.29

取調室
薄い傷
親子の肖像
隠された絆
リスタート
見えない結末
特別対談 池田克彦×堂場瞬一


裏表紙より。

最愛の妻・菜緒を亡くし、自分の中の大きな「軸」を失ってしまった
大友鉄――捜査一課の仕事と子育ての狭間で新たな人生の
スタートを切る。子どもの人質立てこもり事件に巻き込まれる表題作、
“完落ち”したはずの供述の真相に迫る「見えない結末」他、若き日の
大友鉄の活躍を描く、「アナザーフェイス」シリーズ特別外伝。



冒頭にテツの日記の引用があって、
優斗が生まれる日、
生後10か月、
3歳、
幼稚園、
そして事故の後…

まさに、アナザーフェイスZERO、テツの原点。

巻末に、第88代警視総監池田克彦との対談。
そうだよなー、堂場瞬一、新聞記者だったんだよなー…


[堂場瞬一]  [親子の肖像]  [アナザーフェイス0]  [どうばしゅんいち