Home>2013年12月  TotalPages1

Sun2013.12.29


かにみそ 倉狩聡

かにみそ 倉狩聡
角川書店

2013.12.26

かにみそ
百合の火葬


◇ かにみそ
第20回日本ホラー小説大賞優秀賞受賞作。

ホラーといいながら、表紙は脱力系のかわいらしいカニ。

 蟹のための住みかを用意すべく、自室の水槽の中身をすべて庭にぶちまけ、
風呂場で洗う。しばらく放置していたせいか、水槽内は苔むし、ぬるるいていた。
 今、庭土の上では、色とりどりの熱帯魚たちが苦しく跳ねていることだろう。


げ。このコ、こわい…

浜辺で拾った小さな蟹が、TVを見、新聞を読み、
私と会話する。
旺盛な食欲。旺盛な知識欲。
ある日、私が殺してしまった彼女の始末を頼んだことから、
人の味を覚えてしまった蟹。
私と2人、人を狩る蟹。

そうとうエグイ展開も、表紙のカニのかわいらしさのせいで
不思議と中和される。

なにより、蟹のキャラがいとけなくてかわいい。

殺してしまった彼女の母親が職場に訪ねて来たことで、
罪悪感に目覚めてしまった私は、蟹が人を食べることが
耐えられなくなる。

『おれにできることならするよ? ともだちじゃん』
蟹はひどく無邪気に言った。

『おれは、腹が減ったら色んなもの食べるけど、ともだちは食わないよ』
おまえは食うの?

『ねぇ、寒いとさみしいってきっと語源が一緒だよね』

なんかね、ロッカーの中にいる間、時間がすごく長く感じてさ。
寒いな寒いなって思ってたら、それが途中から寂しいな寂しいなに
なっちゃったの。

『だってさ、おまえがお願いするなんて、今までないことだったからさ。
少しは役に立てたかなって思ったら、嬉しかったんだよねえ』
そっか。私は何でもないふりで歩みを速める。蟹が嬉しいと私も嬉しいのだ。
けれど今は。
「僕はきっと、もうお前の願いを聞いてやれないと思う」
ぽつりと呟いた言葉に、蟹も、そっか、と言っただけだった。


なんて健気な…

でも、表紙のカニがいなかったら、ここまでかわいく見えたかなー…
装画:西島大介。
『陽だまりの彼女(越谷オサム)』の表紙のヒトか。

表紙から、『たったひとつの冴えたやりかた(ジェイムズ・
ティプトリー・ジュニア)』みたいな寄生されちゃう話を
連想もしたけれど、寄生生物ではなかった。


◇ 百合の火葬
書下ろし。

こちらもちょっと切ないお話。
ユリはコワイけど。


第20回日本ホラー小説大賞読者賞は、
佐島佑(さじまゆう)『ウラミズ』。
これも読んでみたいですね。


倉狩聡 女性 1982年3月31日生まれ


[倉狩聡]  [かにみそ]  [くらがりそう]  [西島大介

Sat2013.12.28


疾風ロンド 東野圭吾

疾風ロンド 東野圭吾
実業之日本社文庫

2013.12.28

強力な生物兵器を雪山に埋めた。
…(略)…上司から生物兵器の回収を命じられた研究員は、息子と共に、
とあるスキー場に向かった。…(略)…
ラスト1頁まで気が抜けない娯楽快作。


裏表紙に「娯楽快作」とあるのを見て、
あぁ、『白銀ジャック』みたいな感じかぁ
(『白銀ジャック』の中身はもちろん忘れているが
と大して期待せずに読み始める。

やっぱり。

生物兵器の緊迫感はないし。
研究員こと栗林父がヘタレすぎ。
一番力が入っているのが、スノボの技の描写。

400ページあって、急展開は最後の50ページ。
確かに最後の最後は予想外だったけれど、
「衝撃の結末」かなー…

こんなに面白くなるとは!
自分でも驚き


… いや、そんなに面白くはないですよ…

雪上のチャンバラシーンは見てみたいけど


[東野圭吾]  [疾風ロンド]  [ひがしのけいご

Sun2013.12.22


僕の死に方 エンディングダイアリー 500日 金子哲雄

僕の死に方 エンディングダイアリー 500日 金子哲雄
小学館

2013.12.19

読んでくださる皆さまに 金子稚子
プロローグ 突然の宣告
第1章 流通ジャーナリストと名乗って
第2章 昼も夜も時間が足りない
第3章 発病。あふれてしまう涙
第4章 最後の仕事は死の準備
エピローグ 生涯無休
あとがき 「これは、金子が用意した"スタート"です」
  ――夫と併走した500日 金子稚子
会葬礼状


読売新聞水曜夕刊に「金子哲雄の買い時予報」という欄ができて
金子哲雄?
流通ジャーナリスト?
TVで見て、金子哲雄を認識した頃、突然の訃報…

2010年秋から咳がひどく
2011年5月に胸部CT
6月6日に「末期の肺がん」と宣告されがん研有明病院へ
検査入院の結果、「肺カルチノイド」の診断
2012年10月2日死去

「今すぐ亡くなったとしても、驚きません」と言われても、
仕事を続け、治療法と生き方を選択し、戒名、葬儀、お墓まで
自分で用意し…

すごい人だ。


[金子哲雄]  [僕の死に方]  [エンディングダイアリー]  [500日]  [かねこてつお

Sat2013.12.21


こんなの、はじめて? 酒井順子

こんなの、はじめて? 酒井順子
講談社文庫

2013.12.17

デコ電で現実逃避
右肩下がり時代のシュウカツ
じゃがポックルと生キャラメル
浅田真央の輝く場所
そんなに「勇気」は必要なのか
歌舞伎座を建て替えるのであれば
写真修整の効能と副作用
アムロちゃんの復活
ブルートレインと清原
ジェームズ・ボンドは金髪か?
“日経の小説”の愛欲具合
新聞歌壇のコミュニケーション
ビジターチームに対する視線
下座の醍醐味
祇園と銀座
帰ってくるのか、ヨッパライ?
モー娘。はいつまで生き続けるのか?
八〇年代の復活
バッティングセンターのお父さん
森光子という“祖母性”
三代目 吉田茂?
第一次産業の、男達
ラフォーレと109の違いとは?
女子大生の諦め
「婚活」に違和感。に違和感
「受付嬢」という脅威
博多男の“祭りモテ”
親孝行は、修行かプレイか?
予約せずにはいられない……?
ボツイチたちの羽根
やめたいのに、やめられない!
容姿格差の時代
社員食堂の社長
永ちゃん、とうとう還暦に
“オシャレ鉄道ブーム”の到来
JALと自民党
学ラン男子よ、もう一度
ニセパイにご用心!
女性アスリートの「育休」
楠田枝里子と野村監督
二十年目の“同期の桜”
二十代の花嫁、四十代の花嫁
観られたい国・日本
「古典」が生まれる瞬間って?
気の強い女、性欲の強い女
男と女、戦いの行方
「注意する」という快感
「こんなの、はじめて」と言う男子
日本のサービス、中国のサービス
心中は、なぜなくなった?
オリンピックとマゾヒズム
いとこ達と、日本の行く末
ブログとダイエットの共通点
あとがき


「週間現代」2009年2月~2010年3月の連載。
新しい歌舞伎座には満足されたのでしょうか…

ホームレス歌人、公田耕一さんも気になる…


[酒井順子]  [こんなの、はじめて?]  [さかいじゅんこ

Mon2013.12.16


ルンルンを買っておうちに帰ろう 林真理子

ルンルンを買っておうちに帰ろう 林真理子
角川文庫

2013.12.14

まえがき
Ⅰ ラブ篇
 私はサラリーマンと結婚したい
 レンゲ畑と飯倉「キャンティ」の対決
 ベッドは男と女のゴールデンリング
 下着、この劇的なもの
 丸の内にはなぜいいオンナが多いか
 ブスはやはり差別されても仕方がない
 そのイジキタなさが、恋のあと味を悪くする。が、
 アフターケアで本当に愛されているかどうか分かる
 男にモノを買ってもらう女は、やはり……うらやましい
 バージンをあまりいじめてはいけない
 美少年は公共のものです
 打ち明け話はもう古いつうもの
Ⅱ ジョブ篇
 マスコミとラーメン
 四十通の不採用通知コレクション
 女だって、金、地位、名誉がほしいのだ
 感性という名の錬金術
 この頃私はバカになりつつある
 矢野顕子は踏み絵なのだ
 優越感のシーソーで、女の友情は揺れるのだ
 ぐっと年上の女友だちというのはいいもんだ
 天地真理とワタシ
Ⅲ リブ篇
 三畳から豪華マンション、あたしのサクセス・ストーリー
 私は焼肉が大好き
 女が外で食べるとき
 楽しゅうて、あとで悲しきバーゲンかな
 病弱というのがいま新しいんだって
 ビデオが来てから私たちはいやらしくなったん
 酒豪を名のるからにはアル中になれ
 自然より人間のほうがはるかにおもしろいのだ
 私のグルメ日記
 林真理子はなぜ林真理子か
あとがき
解説 高橋睦郎


あとがきの日付が1982.9.1。
昭和57年…

こんな本だっけ?

アンアンのエッセイを楽しみにしていたことも
確かにあったのに。
最初のエッセイからこんな感じだった?

もっとこの時代の空気とかがたちのぼってくるかと
思ったけれど、そーでもない

こんなだっけ…


[林真理子]  [ルンルンを買っておうちに帰ろう]  [はやしまりこ]  [

Sun2013.12.15


愚者の地 サラ・デュナント 小西敦子訳

愚者の地 サラ・デュナント 小西敦子訳
講談社文庫

UNDER MY SKIN
SARAH DUNANT

2013.12.12


部長が「面白くなかった。読む?」と言って、くれました

サラ・デュナント、最上の地、Fatland…
と浮かぶから、多分『最上の地』は読んでいるんだろーなぁ…
私立探偵ハンナ・ウルフ…
途中、前作のエピソードも出てくるけれど、当然覚えていない。
覚えていないけれど、物語はすんなり入ってくる。
面白い

美容業界のどす黒い陰謀に挑む私立探偵ハンナ。
とあるけれど、『UNDER MY SKIN』の出版は1995年とあるので、
もう20年近く前。
そういうところが、部長が「面白くなかった」理由かな。

だが陽光は首には残酷らしく、近くで見ると隠してもかくし
きれない輪になったしわと、うるおいをなくした皮膚の小皺が
目についた。顔と首のコントラストにおどろかされる。
…(略)… 思うに、首の方が若さを保つのはむずかしいようだ。
…(略)…これまでいつもオリヴィアはスカーフかポロネックの
服をまとっていた理由がいまわかった。


20年近く前も、首が一番の問題だったのか
というか、こと首に関しては、技術の進歩がないってこと?

『伯爵と呼ばれた男』(高口里純‎)の世界が
ちょっと混ざる…


[サラ・デュナント]  [愚者の地]  [小西敦子

Sat2013.12.14


スーツケースの中の少年 レナ・コバブール&アニタ・フリース 土屋京子訳

スーツケースの中の少年 レナ・コバブール&アニタ・フリース 土屋京子訳
講談社文庫

The Boy in the Suitcase
Lene Kaaberbøl & Agnete Friis

2013.12.14


図書館の海外モノコーナーで、新しそうな本を見つけて手に取ると、
本作で『ミレニアム』とスカンジナビアン・グラスキー賞を争い、
バリー賞にもノミネート、2008年度…(略)…

とあったので借りてみる。

デンマーク、リトアニア、ポーランドの位置関係や地名、
人種、言語、文化、宗教など、物語の舞台になじみがないけれど。
コインロッカーから出してきたスーツケースに、
なぜ3歳の男の子が裸で入れられていたのか。
デンマークとリトアニアで何が起きているのか。
一気に引き込まれる。

シギータ、ミカス親子にも、アンネ、アレクサンダー親子にも
ハッピーな結末でよかった。
ファンタジー作家と児童文学作家の共著だから?

次回作の『Invisible Murder』の翻訳は出るのかなー


[レナ・コバブール&アニタ・フリース]  [スーツケースの中の少年]  [土屋京子

Tue2013.12.10


首のたるみが気になるの ノーラ・エフロン 阿川佐和子訳

首のたるみが気になるの ノーラ・エフロン 阿川佐和子訳
集英社

I feel bad about my neck
Nora Ephron

2013.12.8

まえがき  阿川佐和子
この本に出てくるノーラ・エフロンのニューヨークのお気に入り
首のたるみが気になるの
バッグは嫌いだ
私を通り過ぎた男とレシピたち
ネバーエンディングお手入れ
見えない、読めない、どこにもない
親業たるもの
さらば、愛しきアプソープ
私とJFK~いまだから言えること
私とビル~なぜ愛してしまったのだろう
住んでいる
人生を三五〇〇語以内で述べよ
失われたシュトルーデルを求めて
ブック・アディクト
知ってりゃよかった
さようならを言う前に
"つぶやき"の裏にあるノーラ・エフロンの本音
 「今の自分でじゅうぶん幸せ」  安藤優子


『めぐり逢えたら』『ユー・ガット・メール』などの
脚本・映画監督のノーラ・エフロンが、2006年に出したエッセイ。

もともとの文章も面白いのだろうが、阿川佐和子の訳がいい
まえがきにあるように、もっと早くに翻訳が出て、
阿川佐和子とノーラ・エフロンの対談が実現していたら、
面白かっただろうな…

…(略)…私たちは普段から、加齢なんか気にしない連中ばかり
だったからである。誰一人、自分の年齢をごまかしたり年甲斐の
ない服を着たりしたことはない。それどころか、誰もが実際、
歳のわりにはけっこうイケていたのである……、首を除けばの話ですが。


ときおり老いについての本を読むことがある。が、どの本にも、
「老いることは素晴らしい」と書いてある。…(略)…この人たちに
首はないのか?首が隠れる服を探すのに苦労したことはないわけ?


首ってそんなに?

かかりつけの皮膚科医の話によると、人の首というのは四十三歳から
老けはじめて、あとはひたすら老い続けるものなのだそうだ。


タイヘン
使っていないクリームやら美容液、今日から首に使おう

ああ、どうして私は二十六歳のときに一年じゅうビキニを
着ていなかったのだろう。もしあなたが若いなら、さあ、
今すぐビキニに着替えて、三十四歳になるまで脱いじゃダメよ。



[ノーラ・エフロン]  [首のたるみが気になるの]  [阿川佐和子]  [Nora]  [Ephron

Mon2013.12.09


ドライブ・マイ・カー 女のいない男たち 村上春樹

ドライブ・マイ・カー 女のいない男たち 村上春樹
文芸春秋 12月号

2013.12.8


家福(かふく) 性格俳優 クセのある脇役
妻 正統派美人女優 子宮癌で死去
渡利みさき 24歳 家福の運転手として雇われる
高槻 二枚目俳優 妻の最後の共演者・浮気相手

家福の妻は、生後たった3日で女の子を失ってから、
共演した俳優と性的な関係を持つようになった。
それはおそらく、共演している間のことだけで、
家福との関係もうまくいっている。
家福はなぜ妻が浮気をしていたのか、ずっと考え続けている。


「そういうのって、病のようなものなんです、家福さん。
考えてどうなるものでもありません。私の父が私たちを
捨てていったのも、母親が私をとことん痛めつけたのも、
みんな病がやったことです。頭で考えても仕方ありません。
こちらでやりくりして、呑み込んで、ただやっていく
しかないんです」
「そして僕らはみんな演技をする」
「そういうことだと思います。多かれ少なかれ」



「新作短編小説」とあるけれど、家福が妻について考え続けて
1冊の本になるような…

家福…変換出ない…
何故家福なの…



[村上春樹]  [ドライブ・マイ・カー]  [女のいない男たち]  [むらかみはるき

Sun2013.12.08


だから荒野 桐野夏生

だから荒野 桐野夏生
毎日新聞社

2013.12.5

第一章 夜の底にて
第二章 逃げられ夫
第三章 逃げる妻
第四章 世間の耳目
第五章 素手で立つ
第六章 破れかぶれ
第七章 人間の魂


やっぱりこういう方が、(『優しいおとな』より)桐野夏生らしい
…と、思ったのも束の間。
物語の半ばくらいから、なんだかどんどん生ぬるくなっていく…
桐野夏生って、こんなだっけ?
スティーヴン・キングの『ビッグ・ドライバー』とか『ジェラルドのゲーム』
みたいなのを期待しちゃいけないの?
なんでこんなに主人公に優しいんだ?
いや、優しくてもいいのだけれど。
『優しいおとな』じゃない桐野夏生を期待して読んだので…
荒野を行くって、もっとヒリヒリした物語だと思うでしょ

結構ボリュームあるなと思ったのに、あっさり読了
それなりに面白かったけれど、ラスト、こんなハッピーエンド~
もうちょっと意地悪しようよ。

クリスティーの『春にして君を離れ』が読みたくなってきた。


[桐野夏生]  [だから荒野]  [きりのなつお

Sat2013.12.07


たった1分で人生が変わる片づけの習慣 小松易

たった1分で人生が変わる片づけの習慣 小松易
中経出版

2013.12.7

はじめに
Lesson 1 人生が変わる!「片づけ」のはかりしれないパワー
1 「片づけ」とは
  ものごとに「かたをつけ」
  「リセット」すること
2 「何を捨て」「何を残すか」で
  人生は決まる
3 片づけは、人生を変えるための
  いちばん身近でシンプルな方法
4 片づけができれば
  成功が自動的にやってくる
5 準備されたところに
  チャンスはやってくる
6 片づけないと
  「モノ」「スペース」「ヒト」が
  死んでしまう
7 片づけ上手は
  まわりから愛される
8 モノの気持ちを考えてあげれば
  モノが強い味方になる
9 片づけをやらないで
  新しいことが入ってこないことこそ
  「もったいない」!
10 モノが少ないほど、
  人生は豊かで幸せで充実する
11 片づけをおろそかにすると
  マイナス影響を受け続ける
コラム1 大切なモノや思い出の上手な捨て方
Lesson 2 意外と知らない 片づけの基本とコツ
12 片づけの第一歩は
  身近なところから
13 片づけで挫折しないための
  ①ゴール②1箇所③4ステップ
14 誰でもできる! 「片づけ」の基本動作
  出す→分ける→減らす→しまう
15 片づけの「聖域」をつくる
16 ①「入手可能」は捨てる
  ②「勇気で」捨てる
  ③「いつか使える」は捨てる
17 モノの「賞味期限」が
  切れていたら、捨てる
18 「保留箱」を用意する
19 本棚や引き出しには余裕を持たせて
  「未来が入ってくる空間」をつくる
20 収納スペースを
  増やしてはいけない
21 社長を待たせてでも
  片づけを優先させる
22 「しまう→押しこむ→隠す→忘れる」
  という負のスパイラルに入らない
23 「活かす」ことを前提にして
  インプットする
24 モノへの執着を断ち切り、流れを変える
25 捨てる基準は
  「使える/使えない」ではなく
  「使う/使わない」
26 書類整理の極意
  ①もとを断つ
  ②4つに分ける
27 片づけのどの段階で
  つまずくのかを知っておく
  片づけの「前」「中」「後」
28 片づけでつまずく人
  タイプ別・対処法をおさえておく
コラム2 服が全然減っていかないあなたへ
Lesson 3 もうリバウンド知らず! 片づけを習慣化する方法
29 せっかく片づいた部屋が
  散らかってしまう
  5つの落とし穴に気をつける
30 「例外」をつくるな!
  ちょっとした乱れからすべてが崩れていく
31 片づけは一気にやってはいけない
32 片づけが習慣化すると
  人生がこんなに好転する
33 「片づけをしないと
  気持ち悪い」という感覚を持つ
34 毎日1分から始める
  「片づけの習慣」で人生は変わる
35 「キレイ維持ルール」で
  片づけリバウンドを阻止せよ
36 片づけリバウンドを起こしやすい
  5つのタイプを知る
37 「定位置ルール」を設定する
38 片づけをワクワク続けるための
  4つのヒントを知る
39 「意識」と「しくみ」で
  「習慣化」の橋をかける
40 効果が目に見えるようにやる
41 モノを出しっぱなしにしてしまう
  困った心理を知っておく
42 「真逆の行動」を
  続けることで
  悪い習慣を変える
43 片づけはまわりの人に伝染する
  まず、あなたから!
44 さあ、始めよう!
  今日の片づけが
  あなたの10年後を変える
コラム3 本・マンガ・雑誌を減らすための3つの基準
おわりに


日本初のかたづけ士だそうです。
かたづけ士?
引っかかったところはそのくらいで、読みやすい。

目次を書き写すの、途中で挫けそうになったが、
途中まで書いたのがムダになるからがんばった。
なんてムダながんばり…


[小松易]  [たった1分で人生が変わる片づけの習慣]  [こまつやすし

Wed2013.12.04


50歳をすぎたら家の整理を始めなさい 近藤典子

50歳をすぎたら家の整理を始めなさい 近藤典子
ポプラ社

2013.12.3

はじめに――たとえ200歳まで生きられても
1章 家族の形が変わりました!
2章 思いは出して味わうもの
3章 趣味に勉強、自分の空間をつくるコツ
4章 気になる親の家のもの
5章 からだにやさしい収納のヒント
おわりに
巻末 失敗しても大丈夫!
   カラーボックス、すのこ、ワイヤーネットを使った
   お試しDIY家具のつくり方


断捨離ほどキビしくなく、ときめくかどうかも問われず、
するすると頭に入って、素直に納得。
50歳過ぎたら、なんて言わず、始めなくちゃ
そこが一番難しい…


[近藤典子]  [50歳をすぎたら家の整理を始めなさい]  [こんどうのりこ

Tue2013.12.03


祈りの幕が下りる時 東野圭吾

祈りの幕が下りる時 東野圭吾
講談社

2013.12.02


東野圭吾、やればできるじゃん
面白くてページを繰る手がとめられない。
まぁ、「そんな理由で人一人殺しちゃうの?」とか。
加賀恭一郎の母の人生とか。
なんとなく腑に落ちないところも多々あって。
読後感、「物足りない」だったりもするけれど。
久しぶりに東野圭吾面白かった。
よかった


[東野圭吾]  [祈りの幕が下りる時]  [ひがしのけいご