FC2ブログ
Home>伊坂幸太郎(category)  TotalPages6 next

Mon2019.05.13


シーソーモンスター 伊坂幸太郎

シーソーモンスター 伊坂幸太郎
中央公論社

2019.5.9

シーソーモンスター
スピンモンスター
あとがき
「螺鈿」年表


「シーソーモンスター」、恐妻家の次は、嫁姑問題。
山の者と海の者の対立がいまひとつ??
でも面白かった

『フーガはユーガ』も良かったし、
しあわせ

「スピンモンスター」は、それから5、60年くらい後、
近未来のお話。

今でさえ当たり前のAIに、なんだか世間のみなさんが
気付いてない風な設定に違和感。

そしてあとがきを読んでびっくり。
螺鈿プロジェクト。

原始  ウナノハテノガタ 大森兄弟

古代  月人壮士(つきひとおとこ) 澤田瞳子

中世・近世  もののふの国 天野純希

明治  蒼色(そうしょく)の大地 薬丸岳

昭和前期  コイコワレ 乾ルカ

昭和後期  シーソーモンスター 伊坂幸太郎

平成  死神を求めて生きているの 朝井リョウ

近未来  スピンモンスター 伊坂幸太郎

未来  天使も怪物も眠る夜 吉田篤弘

あ、朝井リョウの新刊も螺鈿プロジェクトなんだ。


これでお終いだと思っていたら、
海と山の伝承とやらが2ページあるのを見落としていた。

ふーん…

他の作品も読む… かな…


[伊坂幸太郎]  [シーソーモンスター]  [いさかこうたろう

Sun2018.12.30


フーガはユーガ 伊坂幸太郎

フーガはユーガ 伊坂幸太郎
実業之日本社

TWINS TELEPORT TALE

2018.12.25


森見登美彦の『熱帯』を読んでる最中に、
伊坂幸太郎の新刊も来てしまった。

『フーガはユーガ』の方が薄いので、
先に読んじゃうことに。

伊坂幸太郎らしい作品。
面白かった~


[伊坂幸太郎]  [フーガはユーガ]  [いさかこうたろう

Sat2017.12.30


AX アックス 伊坂幸太郎

AX アックス 伊坂幸太郎
角川書店

2017.12.26

AX
BEE
Crayon
EXIT
FINE


『AX』にそなえて殺し屋シリーズ読み返したつもりが。
読み返してからずいぶんたったなぁ…
という頃に、『AX』。

「BEE」を読んで…
あれ?
これ知ってる。
『AX』って、新作短編集じゃなかったの?

初出を見ると…

AX  「小説 野生時代」 2012年1月号
BEE  『ほっこりミステリー』 宝島社文庫 2014年3月刊
Crayon  「小説 野生時代」 2014年2月号
EXIT  書き下ろし
FINE  書き下ろし

「AX」と「Crayon」は、アンソロジーとかにも入ってなかったのか。
「BEE」は、2013年5月に『しあわせなミステリー(宝島社)』で読んでるよ。
その後文庫化されたのね。

ま。 でも。
兜の物語として1冊の本にまとまったんだ。
楽しいからいっか。

と、油断してたら、「EXIT」でいきなり

そしてその結果、兜は八階建てのオフィスビルの屋上から落下し、死亡する。

忘れてた。
伊坂幸太郎の作品では、あっさりと人が死んじゃうこと。
たとえそれが主人公でもね。
びっくりしたー

兜が死んじゃったら、「FINE」はなに?
と思ったら。
ちゃんと回収されました。

やっぱり殺し屋は非道な仕事なんだよなぁ…
恐妻家の殺し屋とか、トーマス好きの殺し屋とか、
読んでると、ついほっこりしちゃうけど。
殺し屋は殺し屋なんだな…


[伊坂幸太郎]  [AX]  [アックス]  [いさかこうたろう

Wed2017.10.25


ホワイトラビット 伊坂幸太郎

ホワイトラビット 伊坂幸太郎
新潮社

a night

2017.10.24

ホワイトラビット
あとがき


新潮社HPより。

楽しさを追求したら、こういう小説になりました。
最新書き下ろし長編は、予測不能の籠城ミステリーです!

仙台の住宅街で発生した人質立てこもり事件。SITが出動するも、
逃亡不可能な状況下、予想外の要求が炸裂する。息子への、
妻への、娘への、オリオン座への(?)愛が交錯し、事態は思わぬ
方向に転がっていく――。「白兎(しろうさぎ)事件」の全貌を知る
ことができるのはあなただけ! 伊坂作品初心者から上級者まで
没頭度MAX! あの泥棒も登場します。



ほぉ…

途中まで、正直、『レ・ミゼラブル』的?な作者の割り込みが
少々鼻についてきた頃、
え?
え?
えーっ
そういう話

面白かったー

黒澤、出ずっぱり


[伊坂幸太郎]  [ホワイトラビット]  [いさかこうたろう

Sat2017.09.30


首折り男のための協奏曲 伊坂幸太郎

首折り男のための協奏曲 伊坂幸太郎
新潮文庫

2017.9.28

首折り男の周辺
濡れ衣の話
僕の舟
人間らしく
月曜日から逃げろ
相談役の話
合コンの話
解説  福永信


裏表紙より。

被害者は一瞬で首を捻られ、殺された。殺し屋の名は、首折り男。
テレビ番組の報道を見て、隣人の“彼”が犯人ではないか、と疑う
老夫婦。いじめに遭う中学生は“彼”に助けられ、幹事が欠席した
合コンの席では首折り殺人が話題に上る。一方で泥棒・黒澤は恋路
の調査に盗みの依頼と大忙し。二人の男を軸に物語は絡み、繋がり、
やがて驚きへと至る! 伊坂幸太郎の神髄、ここにあり。



単行本を読んだのは、2014年3月…

そーか。
殺し屋シリーズ、ってワケではなかったか

首折り男こと大藪は、何に出てきたんだっけ?
『マリアビートル』で首を折るのは、天道虫こと七尾くんだから
関係ないのか。
体格も違いそうだし。

『グラスホッパー』のくじらは、大男だけど、自殺させちゃう屋だしな。

そんなに出てこないのに、大藪好きだなぁ…
死んじゃってほんとに残念

「濡れ衣の話」の首折り男は、やっぱり大藪か。
キャッチボールのエピソードもあるしね。

「合コンの話」、お店の中で木嶋法子がぶつかった相手は
たぶん大藪だけれど。
ラストのピアノのシーンで出てくる
年齢不詳の黒いジャケットの男は黒澤さんか。

「相談役の話」のやんべさんが実在の人物か、
ググったことすら忘れてる。
山家清兵衛(やんべ)こと山家公頼(きんより)、
実在の人物。

読み返すのもまた楽し

でも、
伊坂幸太郎の神髄、ここにあり
ってのは、どーよ


[伊坂幸太郎]  [首折り男のための協奏曲]  [いさかこうたろう