Home>さ(category)  TotalPages6 next

Fri2018.03.30


か「」く「」し「」ご「」と「 住野よる

か「」く「」し「」ご「」と「 住野よる
新潮社

2018.3.29

プロロオグ
か、く。し!ご?と
か/く\し=ご*と
か1く2し3ご4と
か♠く♢し♣ご♡と」
か→く↓し←ご↑と
エピロオグ


全国高校ビブリオバトル2017の優秀賞受賞者が
取り上げた作品、『か「」く「」し「」ご「」と「』。

なんつータイトル

初めてタイトルを見たときは、
書く仕事、
なのかと思った。
「」の入れ方が???

隠しごと。

『君の膵臓をたべたい』が、タイトルと違ってグロい話ではないらしいが、
隠しごとなんて、どこか黒い話なんじゃないかとも思ったけれど。
表紙はふわふわのBoys & Girls。
青春小説?

でした。

大塚京
高崎博文=ヅカ
三木=ミッキー
黒田=パラ
宮里=エル

京くんと宮里さんは、あんまりイケてない生徒のハズが、
いつの間にかみんなそれなりに美男美女みたくなってる
のはさておき

各人の特殊能力は、斬新で面白いけれど。
ところどころ、話の流れがよくわからないのは、
私が年寄りだから?

各仕事ってのは…

結局のところ、なんとなく消化不良で。
だから、面白かったような、面白くなかったような

『君の膵臓をたべたい』も読んでみるか。


[住野よる]  [か「」く「」し「」ご「」と「]  [すみのよる

Sun2018.03.25


太陽の村 朱川湊人

太陽の村 朱川湊人
小学館

2018.3.23

1
2
3

30

「BOOK」データベースより。

父親の定年を祝うハワイ旅行で飛行機事故に遭ったフリーターの坂木龍馬。
目が覚めると、そこはド田舎の村だった。電気・ガス・水道すらない中、村人は
鎌倉時代のような生活をしている。幻術を使う怪しい地頭、父親の仇討ちのため
修行する少年など、教科書にも載っていない年号の村での不思議な日々に、
戸惑いながらも馴染みはじめた龍馬は、やがて隠された村の秘密にたどりつく。
そして龍馬を待ち受ける究極の問いとは。脱原発の世論が高まる中、「文明と
未開」の間に揺れる青年を直木賞作家が描くノンストップ・エタテインメント。



全国高校ビブリオバトル2017の審査員特別賞受賞者が
取り上げた作品、『太陽の村』。

表紙は、田んぼの中に弥勒菩薩の頭を持つヒトの姿。
表紙を見ていたら、手を出さなかったと思う

朱川湊人って、読んだことあるんだっけ?

… あった
『きみが見つける物語 十代のための新名作 友情編』の
「いっぺんさん」。
… か…(中身は覚えていない)

太陽の塔を見つけてしまい、タイムスリップした先は
過去ではなく未来なのか
という説明をどこかで読んだのだけれど。

過去にしろ未来にしろ、時代が隔たっているのに
言葉が通じすぎる…
文明が破壊された未来なら、ますます言葉は通じないだろ
と違和感をいだきつつ、読んでいくと、
終盤、『猿の惑星』のオチに言及してる。

ということは、未来でもない?

で。
こんなオチ?

予想外だったけれど、なんだかなー…

坂木くんの家族が、みんな助からなかったのも
扱いが軽すぎる。

というか、ハワイからの飛行機が墜落して生存者ゼロなんて
大事件じゃないか。
マッドサイエンティスト(じゃないけど)の実験なんかに
参加してる場合か

面白かったけれど、なんか消化不良。

審査員特別賞を獲った高校生はエライ


[朱川湊人]  [太陽の村]  [しゅかわみなと

Wed2017.05.17


スローモーション 佐藤多佳子

スローモーション 佐藤多佳子
ポプラ文庫ピュアフル

2017.5.

1
2

11
解説  荻原規子


裏表紙より。

柿本千佐、女子高の1年生。22歳のニイちゃんは元不良で無職、
父さんは小学校教師でクソ真面目人間、母さんはお見合いで
バツイチ堅物男と結婚した専業主婦。父さんはあたしに、修道
女みたいなタイプを望んでいる。最近、いつも動作がスローな
同級生・及川周子が気になってしかたがない――。
『一瞬の風になれ』などで話題の著者による、ちょっと痛くて
切ない少女たちの物語。
<解説・荻原規子>



『サマータイム』、『黄色い目の魚』、『ごきげんな裏階段』、
からの『スローモーション』。

これは… ちょっと…

だいたい、千佐は「女子高の1年生」じゃないし。
ニイちゃんと同じ高校で、共学。
裏表紙は校閲入らないの…?

「及川周子が気になってしかたがない」
っていうのも、ちょっと違うなー…

裏表紙の本の内容紹介に引きずられて、
失敗した感じ。

前妻のキシダさんが、なんか中途半端なのも残念。

千佐が15歳。
ニイちゃん22歳。
母45歳。
父は「10歳上」とあるから、55歳。
一平は33歳のときの子ども。
キシダさんは、父の高校の後輩。
「生徒会の先輩後輩」とあるから、1歳か2歳下。
結婚する1年前、26歳のときに再会して…
とあるから、27歳で結婚して、一平を産んだのは
31、2歳?
まー… いいのか。
なんか、そんな細かいとこが妙に引っかかる

そろそろ佐藤多佳子はいったんやめにしようかな。


[佐藤多佳子]  [スローモーション]  [さとうたかこ

Tue2017.05.16


ごきげんな裏階段 佐藤多佳子

ごきげんな裏階段 佐藤多佳子
新潮文庫

2017.5.15

タマネギねこ
ラッキー・メロディー
モクーのひっこし
解説  上村令


裏表紙より。

アパートの裏階段。太陽も当たらず湿ったその場所には、
秘密の生き物たちが隠れ住んでいる。タマネギを食べるネコ、
幸せと不幸をつかさどる笛を吹く蜘蛛、身体の形を変えられる
煙お化け。好奇心いっぱいの子供たちは、奇妙な生き物たちを
見逃さず、どうしても友達になろうとするが……。子供ならでは
のきらめく感情と素直な会話。児童文学から出発した著者、
本領発揮の初期作品集。



『サマータイム』と『黄色い目の魚』がよかったので、
過去の作品に行ってみたのだけれど…
『ごきげんな裏階段』、童話寄りだった

面白かったけれど、ファンタジー


[佐藤多佳子]  [ごきげんな裏階段]  [さとうたかこ

Thu2017.05.11


黄色い目の魚 佐藤多佳子

黄色い目の魚 佐藤多佳子
新潮文庫

2017.5.10

りんごの顔
黄色い目の魚
からっぽのバスタブ
サブ・キーパー
彼のモチーフ
ファザー・コンプレックス
オセロ・ゲーム
七里ヶ浜
十年後~あとがきにかえて~
解説  角田光代


裏表紙より。

海辺の高校で、同級生として二人は出会う。周囲と溶け合わず
イラストレーターの叔父だけに心を許している村田みのり。
絵を描くのが好きな木島悟は、美術の授業でデッサンして以来、
気がつくとみのりの表情を追っている。友情でもなく恋愛でもない、
名づけようのない強く真直ぐな想いが、二人の間に生まれて――。
16歳というもどかしく切ない季節を、波音が浚ってゆく。
青春小説の傑作。



『サマータイム』と『黄色い目の魚』、
今さら読んでよかった

『夜のピクニック(恩田陸)』と同じ。
高校生の頃、出会いたかった…


[佐藤多佳子]  [黄色い目の魚]  [さとうたかこ