Home>さ(category)  TotalPages5 next

Tue2017.04.25


神様がくれた指 佐藤多佳子

神様がくれた指 佐藤多佳子
新潮文庫

2017.4.17

第1部 愚者
第2部 魔術師
第3部 恋人たち
第4部 運命の輪
エピローグ
解説  坂田靖子


裏表紙より。

出所したその日に、利き腕に怪我を負ったスリ。ギャンブルに負けて、
オケラになったタロット占い師。思いっ切りツイてない二人が都会の
片隅でめぐりあった時、運命の歯車がゆっくり回り始めたことを、当人
たちはまだ知らない。やがて登場するもう一人がすべてを変えてしまう
ことも。「偶然」という魔法の鎖で結ばれた若者たち。能天気にして
シリアスな、アドベンチャーゲームの行方は。



第1部 愚者
いつも彼自身が気づいていない落とし穴にむかって、旅を歩き始めているのである。
バーバラ・G・ウォーカー


第2部 魔術師
最初になすべきことは、自分の環境のなかでいかに生きるかを学ぶだろう。
アルフレッド・ダグラス


第3部 恋人たち
かれがどちらの道を選ぼうと、それはこの段階ではかれにとって正しい道なのだ。
アルフレッド・ダグラス


第4部 運命の輪
正午きっかりに降下が始まる。
ユング



なんと解説は坂田靖子
フレドリック・ブラウンだけでなく、佐藤多佳子もですか

1作で終わるのはもったいない世界だなー…


[佐藤多佳子]  [神様がくれた指]  [さとうたかこ

Tue2017.04.11


しゃべれどもしゃべれども 佐藤多佳子

しゃべれどもしゃべれども 佐藤多佳子
新潮文庫

2017.4.10

1

21
解説  北上次郎


裏表紙より。

俺は今昔亭三つ葉。三度のメシより落語が好きで、噺家になったはいいが、
目下前座よりちょい上の二ツ目。自慢じゃないが、頑固でめっぽう気が短く、
女の気持ちにゃとんと疎い。そんな俺に話し方指南を頼む物好きが現れた。
でもどいつも困ったもんばかりで……歯切れのいい語り口で、言葉にできない
もどかしさと不器用な恋を描き、「本の雑誌が選ぶ年間ベストテン」第一位に
輝いた名作。



映画を太一くんがやっていたのは知っていて。
でも、なんとなく、
三浦しをんの本じゃないんだっけ…
と思っていたのだけれど。

今回やっと佐藤多佳子の本か、と認識できた。

そして、なんとなく、ひたすら落語家を目指す話かと思っていたのだけれど、
全然違った。

大した事件はおきないといえばおきないのだけれど。
三つ葉の語り口のせいか、テンポがいい。

面白かった…かな


[佐藤多佳子]  [しゃべれどもしゃべれども]  [さとうたかこ

Thu2017.03.30


明るい夜に出かけて 佐藤多佳子

明るい夜に出かけて 佐藤多佳子
新潮社

2017.3.29

第1章 青くない海を見てる
第2章 ミス・サイコ
第3章 二つの名前
第4章 ただの落書きなのに
第5章 エンド・オブ・ザ・ワールド


よかった
なんか、しみじみ幸せな気分…
いつまでも読んでいたかった。


[佐藤多佳子]  [明るい夜に出かけて]  [さとうたかこ

Tue2016.04.26


うそつき、うそつき 清水杜氏彦

うそつき、うそつき 清水杜氏彦
早川書房

2016.4.23

【プロローグ】
【A1】 フラノ十八歳
【B1】 フラノ十六歳
【A2】 フラノ十八歳
【B2】 フラノ十六歳
【A3】 フラノ十八歳
【B3】 フラノ十六歳
【A4】 フラノ十八歳
【B4】 フラノ十六歳
【A5】 フラノ十八歳
【B5】 フラノ十六歳
【A6】 フラノ十八歳
【B6】 フラノ十六歳
【A7】 フラノ十八歳
【B7】 フラノ、十六歳から十八歳まで
【A8】 フラノ十八歳
【エピローグ】
第五回アガサ・クリスティー賞選評


カバーより。

国民管理のために首輪型嘘発見器の着用が義務付けられた世界。
非合法の首輪除去技術を持つ少年フラノは、強盗犯、痣のある少女、
詐欺師、不倫妻、非情な医者、優しすぎる継母など、様々な事情を
抱えた人々の依頼を請けて日銭を稼いでいた。だが彼には密かな
目的があった。ある人のために特殊な首輪を探しだして、外すこと。
首輪には複数のタイプがあり、中でも、フラノに技術を仕込んだ師匠で
すら除去法を教えられず、存在自体ほとんど確認されていない難攻
不落の型こそ、フラノが探す首輪・レンゾレンゾだった。レンゾレンゾを
求めることがやがてフラノを窮地へ追いやり、さらには首輪に隠された
秘密へと導いてゆく。人はなぜ嘘をつき、また真実を求めるのか。
フラノが辿り着いた衝撃の結末とは?

近未来の管理社会を生きる少年の苦悩と成長を瑞々しい筆致で描く、
ディストピア青春ミステリ。小説推理新人賞とダブル受賞でデビュー
した超大型新人による、第5回アガサ・クリスティー賞受賞作。


ピッピがフラノに
「餞(はなむけ)よ。あなたと彼女のぶん。今のあなたたちに必要なもの」
と言いながら瓶ビールを2本くれたら、
それが必死に探し求めていた「薬品」だ
と思うでしょ、ふつう。
なんであっさり捨てちゃうかなー…
あんたはばかか
予想外のラストに、フラノをなじりたくなる。
死ななくてもいいじゃん…

本で読むより、アニメで見たい感じ。

ところで、アガサ・クリスティー賞って、何の賞?
ミステリ?
これ、アガサ・クリスティー賞受賞作?


[清水杜氏彦]  [うそつき、うそつき]  [しみずとしひこ

Thu2015.09.03


誘拐児 翔田寛

誘拐児 翔田寛
講談社文庫

2015.8.24

プロローグ
第一章
第二章
第三章
エピローグ
解説 佳多山大地


裏表紙より。

終戦翌年の夏、5歳の男の子が誘拐された。≪使い古しの新圓(しんえん)で
百萬圓を用意しろ。場所は有楽町カストリ横丁≫という脅迫状に従い、屈強な
刑事たちが張り込むなか、誘拐犯は子どもを連れて逃げてしまう。
そして15年後、とある殺人事件をきっかけに、再びこの誘拐事件が動き出す。
第54回江戸川乱歩賞受賞作。


第54回江戸川乱歩賞は2008年。

終戦後の日本ってこんなだったんだ…


[翔田寛]  [誘拐児]  [しょうだかん