FC2ブログ
Home>か(category)  TotalPages11 next

Thu2018.09.06


怪談 小池真理子

怪談 小池真理子
集英社文庫

2018.9.5

岬へ
座敷
幸福の家
同居人
カーディガン
ぬばたまの
還る
あとがきにかえて
解説  東雅夫


裏表紙より。

大切な人の突然の死。魂だけでもいつも傍にいて欲しいと願う気持ちが、
見えない何かを引き寄せるのかもしれない。20年前、男友達が自死した。
彼の想いを素直に受け入れられなかった若い自分。そして今、恋愛に
失敗し、仕事にも行き詰まった私は、様々な思いを抱え彼が最後に泊まった
岬のペンションを訪れる――。(「岬へ」)生と死のあわいに漂う不確かな
存在を、妖しく描き出す幻想怪奇小説集。



小池真理子、ちゃんと読んだことあったかなぁ…
こんな文章を書く人なんだ。

「怪談」というタイトルだけれど、怖くはない。
オチもあるようなないような。
でもこのゆるさが心地良い。

油断していると、誰の話を読んでいたのか
わからなくなったりもするけれど…


[小池真理子]  [怪談]  [こいけまりこ

Fri2018.08.31


月と雷 角田光代

月と雷 角田光代
中公文庫

2018.8.30


月と雷
解説――物語を破壊する女たち  小池昌代


裏表紙より。

幼いころ、泰子の家でいっとき暮らしをともにした見知らぬ女と男の子。
まっとうとは言い難いあの母子との日々を忘れたことはない泰子だが、
ふたたび現れた二人を前に、今の「しあわせ」が否応もなく揺さぶられ
て――水面に広がる波紋にも似た、偶然がもたらす人生の変転を、
著者ならではの筆致で丹念に描く力作長編小説。 <解説>小池昌代



角田光代だなぁ…

智(さとる)と泰子はそれなりに幸せなんだろうけれど。
明日花ちゃんが幸せになれることを切に願う


[角田光代]  [月と雷]  [かくたみつよ

Sat2018.08.25


笹の舟で海をわたる 角田光代

笹の舟で海をわたる 角田光代
新潮文庫

2018.8.24

1
2
3

43
解説  悪も正義も、人生にはかかわりがない  千野帽子


裏表紙より。

朝鮮特需に国内が沸く日々、坂井左織は矢島風美子に出会った。陰湿ないじめに
苦しむ自分を、疎開先で守ってくれたと話す彼女を、しかし左織はまるで思い出せ
ない。その後、左織は大学教師の春日温彦に嫁ぐが、あとを追うように、風美子は
温彦の弟潤司と結婚し、人気料理研究家として、一躍高度成長期の寵児となって
いく……。平凡を望んだある主婦の半生に、壮大な戦後日本を映す感動の長篇。



本の帯より。

悪意は
過去に
置いてきた、
はずだった。

「本の雑誌」 2014年 第1位



んー…
そもそも佐織に「悪意は過去に置いてきた」なんて自覚はなかったのでは。

結局、風美子が誰なのか、風美子の過去もよくわからず、
読後に爽快感・達成感はない。

けれど。
人生ってそういうものかも。

そしてやっぱり『春にして君を離れ(アガサ・クリスティー)』が浮かぶ。

でも。
『春にして君を離れ』よりはハッピーエンドなのかな。

物語にはさまれる昭和から平成のエピソードが、
わざとらしいくらいくっきりしていて。
そこが、
壮大な戦後日本を映す
ってところかとは思うけれど。
感動の長篇
かなー
長かったけれど。

「感動の長篇」、
ではないけれど、
面白かった。


[角田光代]  [笹の舟で海をわたる]  [かくたみつよ

Wed2018.05.02


もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら 青のりMAX 神田桂一 菊池良

もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら 青のりMAX 神田桂一 菊池良
宝島社

2018.4.28


もし村上春樹が本書の「はじめに」を書いたら…  村……いや、菊池良

もしあなたが文豪たちの綴ったカップ焼きそばの作り方を読んだら

渡辺淳一   失楽麺
ゲーテ   若きウェルテルの中味

もし手塚治虫がゲーテを描いたら…を田中圭一が描いたら

カズオ・イシグロ   かやくを離さないで
井伏鱒二   山椒粉
紫式部   三時物語<桐壺>
松本人志   ワイドナ塩
吉本ばなな   キッチンでYUGIRI
北朝鮮の国営ニュース放送   カップ焼きそばマンセー
宮崎駿   お湯の帰る場所
朝井リョウ   桐島、湯切りやめるってよ
田中康夫   なんとなく、お湯捨てる
松尾スズキ   湯切りする夫婦
尾崎世界観   一平
植木一子   カップ最後の日
燃え殻   ボクたちはみんな大盛になれなかった
平野レミ   きょうの湯切り
石川啄木   一握の麺
マニュフェスト   我が党が約束する4つの公約
遠藤周作   美味すぎて沈黙
ブルゾンちえみ   マルちゃんちえみ with B

もしつのだじろうがブルゾンちえみ with B を描いたら…を田中圭一が描いたら

フランツ・カフカ   麺身
2ちゃんねる   カップ焼きそばにお湯を入れたら美味すぎる件wwwww
野坂昭如   エロ蕎麦師たち
スティーブ・ジョブズ   WWDC 2017 SOBA JOSE
佐藤優   自炊する帝国
団鬼六   麺と蛇
辻仁成   沸騰と湯切りのあいだ
ちきりん   カップ焼きそばのことだけを一生考えよう
くりぃむしちゅー   くりぃむしちゅーのオールナイト一平
羽田圭介   成功者Y
合宿免許   最短3分で完成可能! カップ焼きそば教習所
西村京太郎   十津川警部 三分後のソース殺人事件
サラリーマンドラマ   サラリーマン湯切り専科
蛭子能収   ひとりそばを笑うな
会社四季報   カップ焼きそばホールディングス
坪内祐三 × 福田和也   焼きそばアウトローズ、これでいいのだ!
EXILE HIRO   ユギリ
EXILE ATSUSHI   湯音(おゆおと)
機械翻訳   よいカップ炒められたチャーメンを作るための方法
樋口一葉   ゆげくらべ

もしさくらももこが樋口一葉を描いたら…を田中圭一が描いたら

デヴィ夫人   デヴィの独り飯 湯切りと青のり
中上健次   加薬灘
Yoshi   CUP LOVE
諸葛孔明   三分志
ホイチョイ・プロダクションズ   東京いいそば、やれるそば
司馬遼太郎   坂の上の麺
ウディ・アレン   ソバーホール
堀辰雄   三分経ちぬ
小泉今日子   黄色いパッケージ 黒い麺
吉行淳之介   砂の上の青のり群
西野カナ   湯切りで手が震える
色川武大   うらメニュー人生録
バイラル・メディア   【衝撃】カップ焼きそばが手軽に作れて美味すぎると話題に
山田詠美   ぼくは湯切りができない
鶴見済   脱火力主義宣言
綿矢りさ   蹴りたいシンク
ラーメン屋のこだわり   丹精込めて作られた自慢の逸品です
舞城王太郎   塩味大好き超愛してる
アーネスト・ヘミングウェイ   老人と麺

もし松本零士がヘミングウェイを描いたら…を田中圭一が描いたら

永井荷風   茹蕎麦綺譚(きたん)
きゃりーぱみゅぱみゅ   あたしカップ焼きそば作るし!
伊藤計劃   麺とソースのハーモニー
若林正恭   カップ焼きそば大学青のり学部卒業見込
みうらじゅん   カップ焼きそばノイローゼ
林信行   林信行の新型カップ焼きそば先行レビュー
川上未映子   あとのせ率 イン 歯ー、または世界
中島敦   三分記
埼玉のおっさん   男の人ってなんで…
山岡士郎   究極のカップ焼きそば(瀬戸内編)
海原雄山   至高のカップ焼きそば
アルフレッド・ベスター   蕎麦よ、蕎麦よ!
岡村靖幸   カルアソース
渋谷直角   「コンロにかかっているヤカンの沸騰具合を歌う女の一生」
筒井康隆   最後の食麺者
ジャパンネットたかた   次世代カップ焼きそば1万円!
アルベール・カミュ   湯邦人
立川談志   現代湯切論
YONCE(サチモス)   湯切りチューン
岡田利規   三分の5日間
炎上CM   私らしく働ける場所[放送中止]
森鷗外   湯姫

もし池上遼一が森鷗外を描いたら…を田中圭一が描いたら

アンソニー・バージェス   時計じかけのオレノシオ
カーツさとう   焼きそばホイホイ
一遍上人   踊り念仏カップ焼きそば、こわいものなし
ウィリアム・バロウズ   爆発したカップ
平野啓一郎   待ちての終わりに
論語   食而第一
プラトン   ユギリトン
曾我部恵一   コーヒーと麺類
ジョン・レノン   SOBAGINE
高橋源一郎   ソース焼きそばの彼方に
尾崎放哉   こんなよい麺を一人で食い寝る
モブ・ノリオ   カップ入門
はてなブックマーク   カップ焼きそばを作るときに入れておきたいかやくとソース2選
ジョージ・オーウェル   一九八四分
小川洋子   博士の愛したソース式
宣伝会議   焼きそば会議賞ポスター
西村賢太   かやく列車
高橋みなみ   カップリーダー論
アントニオ猪木   1、2、3、ぷーんっ!
二葉亭四迷   焼雲(やきぐも)

もしジョージ秋山が二葉亭四迷を描いたら…を田中圭一が描いたら

孫崎亨   即席史の正体
石井光太   もの乞うかっぷ
開高健   輝けるフタ
光浦靖子   ソースなめクラブ
『rockin'on』の読者投稿   カップ焼きそばは俺である
森田芳光   かやくゲーム
竹中労   ソバライター事始
ウォン・カーウァイ   湯切りする惑星
高橋秀行   ソース王国潜入記
北川耕平   具材のレッスン
新井素子   ふくろの中の
林雄司   おゆ
嘘松   コンビニでキレる会社員に湯切りした話する?
田口賢司   ユギリィ
水野敬也   夢をかなえるメン
ガチャピン   ガチャピンのチャレジシリーズ(焼きそば編)
ムック   ムックさん、カップ焼きそばを食べるですぞ
河原温   DEC.7.2017
献辞

<特別BIG座談会>
もし文豪たち6人が『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』について語り合ったら
村上春樹、芥川龍之介、太宰治、星野源、坂本龍一
司会:池上彰


もし村上春樹が本書の「おわりに」を書いたら…  村……いや、神田桂一
もし黒柳徹子が本書の「解説」を話したら…  黒……いや、石黒謙吾


はー…
目次書き写すだけで1時間以上かかるなら、
やらなきゃいいのに…

「炎上CM」、うまいなぁ。

アルフレッド・ベスター、
『虎よ、虎よ!』を読もーっと。

カズオ・イシグロと伊藤計劃は、いまひとつ

でもこんなに引き出しがあるって、素晴らしい


[神田桂一]  [菊池良]  [もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら]  [青のりMAX]  [田中圭一

Wed2018.04.11


秀吉の活 木下昌輝

秀吉の活 木下昌輝
幻冬舎

2018.4.5

序章
第1章 天下人の就活
第2章 天下人の婚活
第3章 天下人の昇活
第4章 天下人の凡活
第5章 天下人の勤活
第6章 天下人の転活
第7章 天下人の天活
第8章 天下人の朝活
第9章 天下人の妊活
第10章 天下人の終活


タイトル…
無理くり感いっぱい。
無理に揃えなくていいのに…

前田利家や黒田官兵衛など、とかく漫画チックな展開だけれど、
楽しく読める。

が。
秀吉一人なせいか、無理くりなタイトルのせいか、
最後の方は面白さ失速。

ちょっと残念。


[木下昌輝]  [秀吉の活]  [きのしたまさき