FC2ブログ
Home>か(category)  TotalPages17 next

Wed2020.07.01


姑の遺品整理は、迷惑です 垣谷美雨

姑の遺品整理は、迷惑です 垣谷美雨
双葉社

2020.6.27

1
2

17


「迷惑です」といいながら、
最後に嫌な感じを残さないのが
さすが、垣谷美雨。

片づけ…
こんなにうまいこといくわけないよな…


[垣谷美雨]  [姑の遺品整理は、迷惑です]  [かきやみう

Fri2020.03.13


狂骨の夢 京極夏彦

狂骨の夢 京極夏彦
講談社文庫

2020.3.11

文庫版 狂骨の夢
 1
 2
 …
 12
参考文献
解説 山田正紀


裏表紙より。

夫を4度殺した女、朱美(あけみ)。極度の強迫観念に脅える元精神科医、
降旗(ふるはた)。神を信じ得ぬ牧師、白丘(しらおか)。夢と現実(うつつ)の
縺れに悩む3人の前に怪事件が続発する。海に漂う金色の髑髏(どくろ)、
山中での集団自決。遊民・伊佐間、文士・関口、刑事・木場らも見守るなか、
京極堂は憑物を落とせるのか? 著者会心のシリーズ第3弾。



コロナ騒動で図書館が閉まってしまった…
読む本がない。
ので、長らく放置してあった『狂骨の夢』、
やっと読めた

969ページ
解説を入れると982ページ

よくこれを1冊の文庫本で出したな。
しかも971円(税別)
安っ
2007年…
そんなもんだっけ?

『文庫版 狂骨の夢』?

未定稿・割愛部分を含む、400枚以上加筆の決定版!

単行本と違うの?
まぁいいか
読み比べるわけでなし。

4日がかりで読み終わる。
謎解きが終わって読み返したくなったけれど、
通勤バッグが重くなるからなぁ…

『姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)』と『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』
を読んで(いつ頃だろー…)、
やっと今『狂骨の夢(きょうこつのゆめ)』。
まだ
『鉄鼠の檻(てっそのおり )』
『絡新婦の理(じょろうぐものことわり )』
『塗仏の宴 宴の支度(ぬりぼとけのうたげ うたげのしたく )』
『塗仏の宴 宴の始末(ぬりぼとけのうたげ うたげのしまつ )』
『陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず )』
『邪魅の雫(じゃみのしずく )』

先は長い…


[京極夏彦]  [狂骨の夢]  [きょうごくなつひこ

Sun2019.12.22


夫の墓には入りません 垣谷美雨

夫の墓には入りません 垣谷美雨
中公文庫

2019.12.22

1
2

10
解説  角田龍平(すみだりゅうへい)


裏表紙より。

ある晩、夫が急死。これで嫁を卒業できると思いきや、舅姑や
謎の女が思惑を抱えて次々押し寄せる。“愛人”への送金、墓
問題、介護の重圧……がんじがらめな夏葉子(かよこ)の日々を
変えたのは、意外な人物と姻族関係終了届!?婚姻の枷に苦しむ
すべての人に贈る、人生逆転小説。 『嫁をやめる日』を改題。
<解説・角田龍平>



えーっ
そんな真相
9でいきなりひっくり返って
10でめでたしめでたし。

浮気を疑われた夫が可哀そうすぎる…
いや、でも、過失致死…

想像していた話と全然違ったけれど、
垣谷美雨、サクサク読めて面白い。


[垣谷美雨]  [夫の墓には入りません]  [かきやみう

Thu2019.12.19


百花 川村元気

百花 川村元気
文藝春秋

2019.12.18

1
2

15


帯より。

「あなたは誰?」
息子を忘れていく母と、
母との思い出を蘇らせていく息子。
ふたりには忘れることのできない
“事件”があった――。
現代に新たな光を投げかける、
愛と記憶の物語。

息子と母の切ない思いに、
胸が熱くなりました。
――吉永小百合



川村元気が書くと、介護もこんなに美しい絵空事になる。

「半分の花火」の思いでは切なかった…


[川村元気]  [百花]  [かわむらげんき

Sun2019.07.21


精鋭 今野敏

精鋭 今野敏
朝日文庫

2019.7.20

1
2

25
解説  関口苑生


裏表紙より。

新米巡査・柿田亮は、自分が警察官に向いているのか悩みつつも、異動先の
機動隊で激しい訓練を受けていた。そんな柿田に、ハイジャックなど凶悪事件
を解決する特殊急襲部隊『SAT』入隊の声がかかる。若い警察官の成長を書く、
著者の警察小説新境地!     《解説・関口苑生》


精鋭、になるまでの物語か。
青春小説?
警察官になってからの3年間、盛沢山なのにさらさらっと描かれている。
柿田、流され過ぎだし。

面白かったし、さわやかなんだけれど、
ちょっと肩透かし。


[今野敏]  [精鋭]  [こんのびん