Home>か(category)  TotalPages9 next

Mon2017.09.04


おまえじゃなきゃだめなんだ 角田光代

おまえじゃなきゃだめなんだ 角田光代
文春文庫

2017.9.2

―― ほんもの、が欲しい ――
 約束のジュエリー
  第1話 今日を刻む
  第2話 扉を開ける
  第3話 時を磨く
  第4話 あの日に還る
  第5話 世界に踏み出す
 あの宿へ
  しずかな絢爛
  下り坂上り坂
  あなたはあなたの道を
  彼女の「ほんもの」
 さいごに咲く花
 最後のキス
 幼い恋
 おまえじゃなきゃだめなんだ
―― 好き、の先にあるもの ――
 それぞれのウィーン
 すれ違う人
 不完全なわたしたち
  1 マシェール二番館 中野区丸山二丁目
  2 美蓉館 御殿場市三ノ岡
  3 北原荘201号室 横浜市港北区小机町21××
  4 スカイビル十四階 横浜市西区高島二丁目
  5 平岡荘101号室 横浜市神奈川区神大寺二丁目
  6 紅座 横浜市港北区仲手原21××
  7 共栄ハイツ305 杉並区久我山2-9-××
  8 橙の家 川崎市高津区二子1-××-××
 消えない光
  第1章
  第2章
  第3章
  第4章


裏表紙より。

ジュエリーショップで、婚約指輪を見つめるカップルたち。親に結婚を
反対されて現実を見始めた若い二人と、離婚を決めた大人の二人。
それぞれの思いが形になる光景が胸に響く「消えない光」他23編。人を
好きになって味わう無敵の喜び、迷い、信頼と哀しみ、約束の先にある
もの――すべての大人に贈る宝石のような恋愛短編集。



23編
薄い本なのに?

4ページくらいの短編が続いて納得。

「約束のジュエリー」は、ティファニーのために書いたのかな。

「消えない光」以外は、せいぜい12ページくらいの文章なのに、
過不足なく、それぞれの物語がある。

「消えない光」の二人、できればまた共に人生を歩めるといいなぁ。

「それぞれのウィーン」にフンデルトヴァッサーの美術館が


[角田光代]  [おまえじゃなきゃだめなんだ]  [かくたみつよ

Sat2017.08.05


デンジャラス 桐野夏生

デンジャラス 桐野夏生
中央公論社

2017.8.4

第1章 つまいもうと
第2章 娘花嫁
第3章 狂ひけん人の心


意外とおもんないなぁ…
と思って読んでいた。

桐野夏生なのに、そんなにコワくない。

で。
最後の最後、重子と谷崎のシーンが
ちょっと面白かった。

谷崎に思い入れがないからかなぁ…

谷崎読み返したら、また変わるかな。


[桐野夏生]  [デンジャラス]  [きりのなつお

Thu2017.08.03


天下一の軽口男 木下昌輝

天下一の軽口男 木下昌輝
幻冬舎

2017.8.2

序章 天下一のお伽衆
第1章 難波村に彦八あり
第2章 彦八、江戸へ
第3章 彦八、大阪へ
第4章 彦八、名古屋へ


天下一のお伽衆、安楽庵策伝とその弟子の話
… かと思いきや。
難波の彦八が主人公。

米沢彦八、「上方落語の祖」って、こちらも実在の人物。

面白かったー

米沢彦八の名前をお前にやるのは、やんぴや

儂、とんでもない男の弟子になってもうた。こんなことやったら、
豆腐に頭突っ込んだ時、死んどったらよかった


ここまで笑わせておいて、
まさか最後に泣かされるとは。
涙腺ゆるすぎ

石川流宣(とものぶ)も、実在の絵師なんだ。

木下昌輝、面白い


[木下昌輝]  [天下一の軽口男]  [きのしたまさき

Fri2017.07.14


戦国24時 さいごの刻 木下昌輝

戦国24時 さいごの刻 木下昌輝
光文社

2017.7.13

お拾い様
子よ、剽悍(ひょうかん)なれ
桶狭間の幽霊
山本勘助の正体
公方様の一ノ太刀
さいごの一日


面白い!

「お拾い様」の淀殿の恐ろしさ!
秀頼が哀しすぎる…
そして、「そうだったのか!」と思わせるウマさ!

伊達輝宗の政宗への愛の深さ。

今川義元だって魅力的。
(ちょっとお話がバタバタだけど)

武田信玄の弟の武田転厩信繁のカッコよさ

足利義輝の最期も美しい。

そして、最後に家康の一生をコンパクトにまとめて。

面白かったー。

なんでこれがそんなに話題にならないのだろー。
(なったけれど私が知らないだけ?)

木下昌輝、もっと売れてていいのに。
(私が知らないだけ?)

あまりそそられなかったのは、タイトル?
なんだか『戦国自衛隊』っぽいかと。
『戦国24時』で、戦国武将?の死に至るまでの24時間、
だとは思わないよなー…

戦国時代は主に『真田太平記』で覚えた知識しかない身としては、
もうちょっと時代背景を書いておいてくれると、
日本史の知識が強化されて嬉しいな…


人魚ノ肉
天下一の軽口男
敵の名は、宮本武蔵


[木下昌輝]  [戦国24時]  [さいごの刻]  [さいごのとき]  [きのしたまさき

Fri2017.06.23


宇喜多の捨て嫁 木下昌輝

宇喜多の捨て嫁 木下昌輝
文藝春秋

2017.6.22

宇喜多の捨て嫁
無想の抜刀術
貝あわせ
ぐひんの鼻
松之丞の一太刀
五逆の鼓


2012年、オール讀物新人賞受賞

新人賞
かなりの手練れ
あ、新人賞は短編としての「宇喜多の捨て嫁」?

タイトルと表紙の絵の不気味さ(でも美しい)で
読まなかったのがもったいない。

面白かったー

時系列がちょっとわかりにくかったのだけれど。
「宇喜多の捨て嫁」から一旦過去に遡って
「五逆の鼓」と「宇喜多の捨て嫁」のラストが
重なるのか。

そんなに厚い本ではないのに、結構ずっしり。

で。
真田太平記に出てくるのは… 宇喜多秀家?
でも、病で頭巾被ってたような…
『真田太平記』、読み返すかな


[木下昌輝]  [宇喜多の捨て嫁]  [きのしたまさき