FC2ブログ
Home>か(category)  TotalPages16 next

Sun2019.07.21


精鋭 今野敏

精鋭 今野敏
朝日文庫

2019.7.20

1
2

25
解説  関口苑生


裏表紙より。

新米巡査・柿田亮は、自分が警察官に向いているのか悩みつつも、異動先の
機動隊で激しい訓練を受けていた。そんな柿田に、ハイジャックなど凶悪事件
を解決する特殊急襲部隊『SAT』入隊の声がかかる。若い警察官の成長を書く、
著者の警察小説新境地!     《解説・関口苑生》


精鋭、になるまでの物語か。
青春小説?
警察官になってからの3年間、盛沢山なのにさらさらっと描かれている。
柿田、流され過ぎだし。

面白かったし、さわやかなんだけれど、
ちょっと肩透かし。


[今野敏]  [精鋭]  [こんのびん

Tue2019.07.16


ムーン・リヴァーの向こう側 小林信彦

ムーン・リヴァーの向こう側 小林信彦
新潮社

2019.7.14

プロローグ
1 黒ずくめの女
2 好奇心
3 白い闇
4 誘惑
5 治療 Ⅰ
6 治療 Ⅱ
7 知らない待ち
8 告白
9 亀の記憶
10 異界
11 土地の精霊
12 二つの生活
エピローグ


『宮部みゆき 全一冊』に出てきたので借りてみる。

ちょうどバブルがはじけたあたり。
宮部みゆきの『理由』もその辺だっけ。

昔の東京の土地感覚が面白い。

しかし。

知らない言葉がいくつか。

容喙(ようかい)する
容喙=差し出し口

よくせきのこと
他に方法や手段がない

思い立ったが吉日(きちにち)、出た日が命日
「きちにち」、なんだ…
知らなかった。
しかも「出た日が命日」ってなんだ?
あぁ、行き倒れるかもなんだ。

小林信彦、面白そうだけれど。
さて。


[小林信彦]  [ムーン・リヴァーの向こう側]  [こばやしのぶひこ

Fri2019.07.05


イコン 新装版 今野敏

イコン 新装版 今野敏
講談社文庫

2019.7.4

1
2

35
解説  関口苑生


裏表紙より。

熱狂的人気を集めるも正体は明かされないアイドルのライブでの殺人事件。
被害者を含め現場にいた複数の少年と少女一人は過去に同じ中学の生徒
だった。警視庁少年課・宇津木(うつぎ)と神南(じんなん)署・安積警部補は
捜査の過程で社会と若者たちの変貌に直面しつつ、隠された驚愕の真相に
到達する。『蓬莱(ほうらい)』に続く長編警察小説。



アイコン=イコンなんだ…
知らなかった。

華奢な女子高生に二人も殺せるかな。

でも、安積&速水のコンビはいい感じ


[今野敏]  [イコン]  [新装版]  [こんのびん

Wed2019.07.03


蓬莱 今野敏

蓬莱(ほうらい) 今野敏
講談社文庫

2019.7.2

1
2

31
解説  関口苑生


裏表紙より。

そのゲームには「日本」が封印されている!? 人気沸騰のゲームソフト「蓬莱」を
開発したソフトハウスは、パソコン版に続きスーパーファミコン版を計画した。
しかし、恫喝し、力尽くでその発売を執拗に妨害する巨大な力が……。バーチャル・
ゲームと伝奇世界がリアルに交錯する傑作エンタテインメント巨編。



今まで読んでいた今野敏よりやや厚いのか、2日がかり。

「日本」が封印されている

わかったような、わからないような。
黒幕の大物政治家が、意外と浅い
ヤクザ屋さんも、意外とあっさり白状しちゃった感が…

安積さん、脇役でカッコいいとこばっかりだった。
村雨も出てこないから、村雨の悪口もなし。
いいね

徐福の話も面白そうだけれど、一気に説明されてついていけない


[今野敏]  [蓬莱]  [ほうらい]  [こんのびん

Sat2019.06.29


最前線 東京湾臨海署安積班 今野敏

最前線 東京湾臨海署安積班 今野敏
ハルキ文庫

2019.6.28

暗殺予告
被害者
梅雨晴れ
最前線
射殺
夕映え
解説  末國善己


裏表紙より。

東京・お台場のテレビ局に出演予定の香港映画スターへ、暗殺予告が届いた。
東京湾臨海署の安積警部補らは、スターの警備に駆り出されることになった。
だが、管内では、不審船の密航者が行方不明になるという事件も発生。安積
たち強行犯係は、双方の案件を追うことになる。やがて、付近の海岸から濡れた
ウェットスーツが発見され、密航者が暗殺犯の可能性が――。安積たちは、
暗殺を阻止できるのか。(「暗殺予告」より)
新ベイエリア分署・安積班シリーズ、待望の文庫化!
(解説・末國善己)



「最前線」に大橋くん再登場!
神南署を出て5、6年経っているらしい…

一体いくつ?
バチスタみたいに、年表ないのかな…

年齢と桜井くんのキャラ設定がなんとなくすっきりしないけれど。
今野敏の短編はサラサラ読めて面白いからいいな


[今野敏]  [最前線]  [東京湾臨海署安積班]  [こんのびん