Home>あ(category)  TotalPages30 next

Thu2017.11.23


MM 市川拓司

MM 市川拓司
小学館

2017.11.22

まえがきみたいなもの
1
2

60
エピローグ


うーん、甘ったるい
この語り口… 石田衣良とか?
あまり読まないタイプだなー…

青春小説って言ってた気がするけど、
なんか… 古い?
いつの?

フランク・ザッパ(1940-93)
聞いたことあるなー…

桃はたぶんミヒャエル・エンデの『モモ』からきたんだな。
と、ちょっと好感を持ったのに。

ウディ・アレン(1935-)
ウディ・アレンをウディと呼ぶか?

グルーチョ・マルクス(1890-1977)
さらに古い…

そして、ラモーンズか。

ジロってほんとにいつのひとよ?

私も知りたい!

ペット・セマタリー(映画1989)
エンドレス・ラブ(映画1981)

飛男ってすごくいい男だよね。ちょっとリバー・フェニックスに似てるんだ。
知ってる?


知ってるけど、いい男の例えがリバー・フェニックスって… いつの人?

リバー・フェニックス(1970-93)
スタンド・バイ・ミー(映画1986)
マイ・プライベート・アイダホ(映画1991)

その隣に立っている少年のなんと美しいことよ。
「ベニスに死す」のタジオみたい…


そりゃ、『ベニスに死す』のビョルン・アンドレセンは美しかったけれど

ベニスに死す(映画1971)

フラニーとゾーイ―(1961)

ここでサリンジャーか。

ベティ・ブルー(映画1986)

マンハッタン(映画1979)

ニュー・シネマ・パラダイス(映画1988)

フォースとともにあらんことを

May the Force be with you!
ま、最近次々新作出てるからね。

スター・ウォーズ(映画1977~)

なんか、シンディ・クロフォードみたい。ほんと、かっこいいなあ

シンディ・クロフォード(1966-)

シャカリキになってペダルを回した

昔々、しゃかりきの最後の使用例は、
『パラダイス銀河』に出てくる♪しゃかりきコロンブス♪
って何かで読んだけど…

ザ・スミス Please, Please, Please Let Me Get What I Want

なんか、すっごくいい感じだったよ。ジョンとヨーコみたいなの

おぉ!
まさに今日、盗まれたレノンの遺品が出てきた、ってニュースになってたけど。
ジョンとヨーコって。
いつの時代さ。

ほら、デビット・ボウイの「ジギー・スターダスト」ってあるでしょ?
あんな感じ。


ボウイ、美しかったよね

デビット・ボウイ(1947-2016)
ジギー・スターダスト(1972)


15歳のジロ(時郎トキオ)とモモ(桃)。
中学3年生の夏からクリスマスにかけて。
ぼくとモモの最高の5か月。

うーん…

アパレルメーカーの支社長って、そんなに偉いのか?
絶大な権力持つほど巨大アパレルなの?
とか。

田舎町の公立中学(たぶん)に、
こんなにセレブな方たちが?
とか。

色々ツッコミどころ満載なんだけど。

で。いつのお話?
という疑問がずーっとぐるぐるしてて。

不正告発のシナリオは面白いんだけど。
これ主題?
なぜ労働争議?

出てくる音楽や映画や有名人たちも必然性がない気がして。
こんな世界観のぼくってイケてるでしょ
って、自慢されてるだけみたいなんだけど。
果たしてこれをカッコいいと思うのはどういう世代なんだか。
今どきの子どもたちはわかるのかしら。

んー…

ところで、市川拓司って誰?
と思ったら、
『いま、会いにゆきます』書いたヒトなんだ。
読んでないけど。

ちゃんちゃん。


[市川拓司]  [MM]  [いちかわたくじ

Wed2017.11.22


結婚 井上荒野

結婚 井上荒野
角川文庫

2017.11.21

1 柊 亜佐子 学習塾事務員 東京
2 円地マユリ シャンソン歌手 佐世保
3 七戸鈴子 リース会社社員 東京
4 穂原鳩子 家事代行会社社員 仙台
5 真宮千種 ウェイトレス 河口湖
6 山田未咲 翻訳者 東京
7 千石るり 詐欺師 東京
8 岩永真木 チェリスト 山形
9 穂原鳩子2 無職 東京
10 古海初音 妻 東京
解説  西加奈子


裏表紙より。

東京の事務員・亜佐子、佐世保の歌手・マユリ、仙台のOL・鳩子。
彼女たちには忘れたくても忘れられない男がいる。結婚を匂わせ
金銭を預けた途端に消えた宝石鑑定士・古海。ある女は待ち続け
別の女は絶望した。だが鳩子は探し続け、ついに古海の相棒・
千石るり子にたどり着くのだが……。「結婚」という魔物に騙された
女たちと騙した男女、そして詐欺師・古海の妻。彼らが持つ闇と
欲望の行き着く先とは!? 解説・西加奈子



登場人物がちょっと変わった名前で、その名前をタイトルに使うなら、
すぐにルビ付きのフルネームを出すか、
すぐに出さないなら、タイトルにルビを振ってくれないと。
出てくるまでモヤモヤする。

えんち、しちのへ、ほばら…
もしかして違う読み方かもしれないし。
古海は「うるみ」って読むんだ…
裏表紙のあらすじにただ「古海」って、ルビないから、
ふるみさんかと思った。

こだわりの名前なら、こだわった通りに読めるよう配慮をお願いします。

名前でもやもやしたせいでもなかろうが、
古海がそんなにすごい詐欺師なのか、
いまひとつ伝わらないというか。
ずいぶん簡単に次々女をだましている風なのに、
千石るりが侘しい暮らしだったりとか。
最後の古海の奥さんの独白とか。
唐突なラストとか。
色々なことがもやもやしていて。
そこが面白いんだけれど。
うーん

また読んでみよう。



[井上荒野]  [結婚]  [いのうえあれの

Wed2017.10.25


ホワイトラビット 伊坂幸太郎

ホワイトラビット 伊坂幸太郎
新潮社

a night

2017.10.24

ホワイトラビット
あとがき


新潮社HPより。

楽しさを追求したら、こういう小説になりました。
最新書き下ろし長編は、予測不能の籠城ミステリーです!

仙台の住宅街で発生した人質立てこもり事件。SITが出動するも、
逃亡不可能な状況下、予想外の要求が炸裂する。息子への、
妻への、娘への、オリオン座への(?)愛が交錯し、事態は思わぬ
方向に転がっていく――。「白兎(しろうさぎ)事件」の全貌を知る
ことができるのはあなただけ! 伊坂作品初心者から上級者まで
没頭度MAX! あの泥棒も登場します。



ほぉ…

途中まで、正直、『レ・ミゼラブル』的?な作者の割り込みが
少々鼻についてきた頃、
え?
え?
えーっ
そういう話

面白かったー

黒澤、出ずっぱり


[伊坂幸太郎]  [ホワイトラビット]  [いさかこうたろう

Thu2017.10.05


キャベツ炒めに捧ぐ 井上荒野

キャベツ炒めに捧ぐ 井上荒野
角川春樹事務所

2017.10.4

新米
ひろうす
桃素麺
芋版のあとに
あさりフライ
豆ごはん
ふきのとう
キャベツ炒め
トウモロコシ
キュウリいろいろ
穴子と鰻


これも図書館の“食欲の秋”のコーナーにあった1冊。

井上荒野で、『キャベツ炒めに捧ぐ』?
エッセイじゃなく小説?

江子(こうこ)61歳、麻津子60歳、郁子62、3?
主人公がみな60オーバーだけれど、
なんだかふわふわした感じに話が進んで、
井上荒野って、こんなだっけ?
と読み進むうちに、
やっぱりちょっぴり不穏な気配が混じって。
それでも、なんとなくふわふわとハッピーエンド

江子さんが一番キツイなぁ…
仲よくなって一緒にお総菜屋まで始めた女性に
ダンナ取られちゃって。
それが52歳のとき?
しかも、よくできた素敵なダンナさんで。
別れる前にきっちり家も家具も食器も庭もしつらえてくれて。
それが結婚した頃と同じ熱心さで。
何か月かに1度、元妻が遊びに来るのも断れなくて。
そんな中途半端に優しくて。
でももうヒトのもので…

人生も折り返しってときにそんな目にあって。
それでもたくましく生きてく…

なんだかんだいい人しか出てこない、
ちょっとファンタジーな感じの物語。

60歳で?
とも思うけれど。
60歳って案外こんなかも
とも思える。

それにしても、食べるって大事なんだなぁ…


[井上荒野]  [キャベツ炒めに捧ぐ]  [いのうえあれの

Sat2017.09.30


首折り男のための協奏曲 伊坂幸太郎

首折り男のための協奏曲 伊坂幸太郎
新潮文庫

2017.9.28

首折り男の周辺
濡れ衣の話
僕の舟
人間らしく
月曜日から逃げろ
相談役の話
合コンの話
解説  福永信


裏表紙より。

被害者は一瞬で首を捻られ、殺された。殺し屋の名は、首折り男。
テレビ番組の報道を見て、隣人の“彼”が犯人ではないか、と疑う
老夫婦。いじめに遭う中学生は“彼”に助けられ、幹事が欠席した
合コンの席では首折り殺人が話題に上る。一方で泥棒・黒澤は恋路
の調査に盗みの依頼と大忙し。二人の男を軸に物語は絡み、繋がり、
やがて驚きへと至る! 伊坂幸太郎の神髄、ここにあり。



単行本を読んだのは、2014年3月…

そーか。
殺し屋シリーズ、ってワケではなかったか

首折り男こと大藪は、何に出てきたんだっけ?
『マリアビートル』で首を折るのは、天道虫こと七尾くんだから
関係ないのか。
体格も違いそうだし。

『グラスホッパー』のくじらは、大男だけど、自殺させちゃう屋だしな。

そんなに出てこないのに、大藪好きだなぁ…
死んじゃってほんとに残念

「濡れ衣の話」の首折り男は、やっぱり大藪か。
キャッチボールのエピソードもあるしね。

「合コンの話」、お店の中で木嶋法子がぶつかった相手は
たぶん大藪だけれど。
ラストのピアノのシーンで出てくる
年齢不詳の黒いジャケットの男は黒澤さんか。

「相談役の話」のやんべさんが実在の人物か、
ググったことすら忘れてる。
山家清兵衛(やんべ)こと山家公頼(きんより)、
実在の人物。

読み返すのもまた楽し

でも、
伊坂幸太郎の神髄、ここにあり
ってのは、どーよ


[伊坂幸太郎]  [首折り男のための協奏曲]  [いさかこうたろう