Home>あ(category)  TotalPages32 next

Sat2018.07.21


グラウンドの詩(うた) あさのあつこ

グラウンドの詩(うた) あさのあつこ
角川文庫

2018.7.20

1章 みんなの夢
2章 今日と明日と。
3章 風の向こうに
4章 この光を受け止めて
5章 グラウンドの詩


裏表紙より。

心に傷を負ったピッチャー・透哉との奇跡の出逢いを経て、全国大会へ
向け練習に励むキャッチャー・瑞希。二人は互いを信じ、バッテリーの絆を
確かなものにしていくが、ある日チームメイトで幼馴染みの良治が暴力事件
を起こしてしまう。駆けつけた瑞希に、良治は野球部を辞めると言い出す。
遠征費用で母親に負担をかけたくないと悩む良治に何も言えなくなる瑞希
だったが――。熱く胸を打つ少年たちの青春野球小説、第2弾!



『晩夏のプレイボール』を読み返したくなりました


[あさのあつこ]  [グラウンドの詩(うた)

Thu2018.07.19


グラウンドの空 あさのあつこ

グラウンドの空 あさのあつこ
角川文庫

2018.7.18

序章
1章 夏のミット
2章 転校生
3章 全力投球
4章 挑む者たち
5章 遠い街で
解説  小出和代


裏表紙より。

甲子園に魅せられ、地元の小さな中学校で野球を始めたキャッチャーの
瑞希。だが先輩バッテリーの卒業とともにチームはピッチャーを失い、
地区大会さえ危ぶまれる状況に。そんなある日、チームメイトの良治が
「ピッチャー、見つけたぞ!」と飛び込んでくる。時期外れの転校生・
透哉。ピッチャーとしてずば抜けた才能をもつ彼は、だがどこか心を閉ざし、
野球からも遠ざかっているらしく――。少年たちの鮮烈な青春野球小説!



そして『グラウンドの詩』に続く。


[あさのあつこ]  [グラウンドの空

Sat2018.07.14


晩夏のプレイボール あさのあつこ

晩夏のプレイボール あさのあつこ
角川文庫

2018.7.12

練習球
驟雨の後に
梅香る街
このグラウンドで
空が見える
街の風景
雨上がり
ランニング
東藤倉商店街
練習球Ⅱ


裏表紙より。

野球を続けがたい現状に抗い、「夏の甲子園」を目指して野球に
打ち込む者たち――。高3の夏、肩を壊した元エース・真郷(まさと)と、
過去にトラウマをもつ現エース・律は、心ひとつにして甲子園を
目指していた……(「練習球」)。戦力不足に悩む彰浩と信吾の前に
現れた転校生の有一は、無口で不器用だが、誰よりも才能豊かな
ピッチャーだった……(「このグラウンドで」)。
他、「夏の甲子園」をめぐるドラマを描いた、10の傑作短編。



連作短編ではなく、バラバラのお話。
あ。
「練習球」と「練習球Ⅱ」は、同じだけれど。

どれも印象的な短編。

『グラウンドの空』も借ります


[あさのあつこ]  [晩夏のプレイボール

Thu2018.07.12


口笛の上手な白雪姫 小川洋子

口笛の上手な白雪姫 小川洋子
幻冬舎

2018.7.10

先回りローバ
亡き王女のための刺繍
かわいそうなこと
一つの歌を分け合う
乳歯
仮名の作家
盲腸線の秘密
口笛の上手な白雪姫


小川洋子らしい短編集。
するする読めるけれど、ちょっとイヤーな感じのもあって。
そういう意味でも小川洋子らしい。

「仮名の作家」、山岸凉子の『天人唐草』だなー。


[小川洋子]  [口笛の上手な白雪姫]  [おがわようこ

Thu2018.06.28


鉄の骨 池井戸潤

鉄の骨 池井戸潤
講談社文庫

2018.6.27

第1章 談合課
第2章 入札
第3章 地下鉄工事
第4章 アクアマリン
第5章 特捜
第6章 調整
第7章 駆け引き
最終章 鉄の骨
解説  村上貴史


裏表紙より。

中堅ゼネコン・一松組の若手、富島平太が異動した先は“談合課”と
揶揄される、大口公共事業の受注部署だった。今度の地下鉄工事を
取らないと、ウチが傾く――技術力を武器に真正面から入札に挑もう
とする平太らの前に「談合」の壁が。組織に殉じるか、正義を信じるか。
吉川英治文学新人賞に輝いた白熱の人間ドラマ!



面白かったー。

最後の決着は、めでたしめでたしなんだろうか?
どうやったらこんな決着?
と、思わないでもないけど…

池井戸潤、やっぱりうまい

村上貴史の解説が長すぎて挫折。
いや、萌ちゃん、全然いいコじゃないし。


[池井戸潤]  [鉄の骨]  [いけいどじゅん