Home>あ(category)  TotalPages29 next

Sat2017.09.16


麦の海に沈む果実

麦の海に沈む果実 恩田陸
講談社

2019.9.15

序章
第1章
第2章
第3章

第15章
終章


『図書室の海』の「 睡蓮」が、
『麦の海に沈む果実』の水野理瀬の幼年時代、
とあったので、どんな物語か気になって。

はて。
「 睡蓮」って、どんなだっけ?

理瀬の子ども時代か。
校長は出て来たけれど、
稔と亘は、『麦の海に沈む果実』にはまったく関係ないのか…


図書館で理瀬が黎二に

「だって、みんな謎めいたことばかり言ってて
何も教えてくれないんですもの」


と言っているけれど。

恩田陸さん、あなたです^^;

色々謎めいたことばかりだけれど、
結末が… 相変わらず…

そんな理由でそんなに人を殺す必要があった?

校長も理瀬も、全然わからないというか、
感情移入できないというか。
そんなに学園大事?
それで生徒殺しちゃってていいの?

ナゾ…


[恩田陸]  [麦の海に沈む果実]  [おんだりく]  [北見隆

Wed2017.09.13


六番目の小夜子 恩田陸

六番目の小夜子 恩田陸
新潮文庫

2019.9.12

プロローグ
春の章
夏の章
秋の章
冬の章
再び、春
あとがき
解説  岡田幸四郎


裏表紙より。

津村沙世子――とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。
高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に
一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。
そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。学園生活、
友情、恋愛。やがては失われる青春の輝きを美しい水晶に封じ込め、
漆黒の恐怖で包みこんだ、伝説のデビュー作。



『図書室の海』を読んで、
今なら『六番目の小夜子』も面白く読めるかなぁ…
と思って借りてみる。

ストーリーは(もちろん)全然記憶にないけれど、
ホラーなのかなんなのか、謎が色々すっきりしないまま終了
という印象だったけれど。

あ、意外と面白い
というか、
青春小説として楽しめばいいのか
と思ったんだけれど…
やっぱり読み終わって、なんだかなー…


それがいつ始まり、誰が始めたのかは、正確にはわからない

いやいや、今回が6番目で、
1番目から5番目までわかってるんだから
誰が、かはさておき、いつからはわかるし。

『サヨコ』になる者は、『サヨコ』自身と、その『サヨコ』を指名する、
前回の『サヨコ』しか知らない。
次の『サヨコ』は、前回の『サヨコ』がいる代の卒業式当日に
引き継がれる。


この辺の記述がすごくややこしいのだけれど。
3年に1回なんだから、サヨコをやった人は、
次のサヨコが誰になるかなんてわかるワケないし。

彼らはその場所にうずくまり、『彼女』を待っているのだった。
ずっと前から。そして、今も。


なんて書くと、数十年続いているみたいだけれど。
たかだか15年だし。

その無言のサヨコがよりによって自分にあの鍵を渡すとは――

いや、だから、サヨコをやった当人は、3年前のヒトだから。
次のサヨコに直接鍵を渡せないし。
自分が卒業した後に入ってくるコを
3年前に指定しておくとでも?

そー。
色々回収しないのはまぁいいとして。
肝心要のサヨコの説明がグタグタなのは、やっぱりひどい。

これを読むたび、『吉祥天女』の叶小夜子が浮かぶんだけれど。
『吉祥天女』、知ってるのかしら。
沙世子にからんだ男子高生達を犬に襲わせるのなんか、
小夜子っぽい。
まぁでも、津村沙世子は、全然肉感的じゃあないし、
小夜子ほどの凄みはないなぁ…

そもそも、タイトルだけ小夜子?

ともあれ、やっぱり思わせぶりで、色々回収されないお話だったけれど。
結構面白く読めました

ちなみに関根秋、はシュウくんでした。


[恩田陸]  [六番目の小夜子]  [おんだりく

Sun2017.09.03


図書室の海 恩田陸

図書室の海 恩田陸
新潮文庫

2019.8.29

春よ、こい
茶色の小壜
イサオ・オサリヴァンを捜して
睡蓮
ある映画の記憶
ピクニックの準備
国境の南
オデュッセイア
図書室の海
ノスタルジア
あとがき
解説  山形浩生


裏表紙より。

あたしは主人公にはなれない――。関根夏はそう思っていた。だが半年前の
卒業式、夏はテニス部の先輩・志田から、秘密の使命を授かった。高校で代々
語り継がれる“サヨコ”伝説に関わる使命を……。少女の一瞬のときめきを描く
『六番目の小夜子』の番外篇(表題作)、『夜のピクニック』の前日譚「ピクニック
の準備」など全10話。
恩田ワールドの魅力を凝縮したあまりにも贅沢な短篇玉手箱。


恩田陸はズルいなぁ…
思わせぶりなまま放置。
あとがきに出てくる本が気になる

『六番目の小夜子』、今読み返したら面白いかなぁ…


◇ 春よ、こい
『時間怪談 異形コレクション10』  井上雅彦監修

◇ 茶色の小壜
『血の12幻想』  津原泰水監修

◇ イサオ・オサリヴァンを捜して
大長編SF『グリーンスリーブス』の予告編

◇ 睡蓮
『蜜の眠り』  アンソロジー
『麦の海に沈む果実』の水野理瀬の幼年時代

◇ ある映画の記憶
『大密室』  アンソロジー
『青幻記』  一色次郎

◇ ピクニックの準備
『夜のピクニック』の予告編

◇ 国境の南

◇ オデュッセイア

◇ 図書室の海
『六番目の小夜子』の番外編
関根秋の姉、関根夏のエピソード

◇ ノスタルジア
『結ぶ』  皆川博子


[恩田陸]  [図書室の海]  [おんだりく

Wed2017.08.30


グラスホッパー 伊坂幸太郎

グラスホッパー 伊坂幸太郎
角川文庫

2017.8.27

グラスホッパー
解説 杉江松恋


裏表紙より。

「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が
車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる
殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。
一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を
追い始める。それぞれの思惑のもとに――「鈴木」「鯨」「蝉」、
三人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。
疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説!


伊坂幸太郎の中で唯一キライな作品
と言い切っていたのに。
『マリアビートル』の後に読んだら、
まぁ結構大丈夫になって。

今回また『マリアビートル』を読んだ後に読んだら、
なんとなく、『マリアビートル』の方がより非道なんじゃないかと
言う気がしてきた…

と、いうか。
どっちもあっさり人が死にすぎる…


[伊坂幸太郎]  [グラスホッパー]  [いさかこうたろう

Tue2017.08.29


マリアビートル 伊坂幸太郎

マリアビートル 伊坂幸太郎
角川文庫

2017.8.24

マリアビートル
ついていないから笑う
解説 佐々木敦


裏表紙より。

幼い息子の仇討ちを企てる、酒びたりの元殺し屋「木村」。
優等生面の裏に悪魔のような心を隠し持つ中学生「王子」。
闇社会の大物から密命を受けた、腕利き二人組「蜜柑」と
「檸檬」。とにかく運が悪く、気弱な殺し屋「天道虫」。
疾走する東北新幹線の車内で、狙う者と狙われる者が交錯する
――。小説は、ついにここまでやってきた。映画やマンガ、
あらゆるジャンルのエンターテイメントを追い抜く、娯楽
小説の到達点!



『AX アックス』が来る前に、『グラスホッパー』と『マリアビートル』を
読み返しておくかなと。

やっぱり、蜜柑と檸檬があっさり殺されちゃうのが切ない。

しかし…
トーマスの世界に馴染みがなかったら、
ほのぼの感ないだろーなぁ…

『グラスホッパー』とは逆に、
読み返すほどに、酷薄さばかりが目につくようになってきた…


[伊坂幸太郎]  [マリアビートル]  [いさかこうたろう