Home>あ(category)  TotalPages26 next

Sun2017.03.26


不時着する流星たち 小川 洋子

不時着する流星たち 小川 洋子
角川書店

2017.3.23

第1話 誘拐の女王
第2話 散歩同盟会長への手紙
第3話 カタツムリの結婚式
第4話 臨時実験補助員
第5話 測量
第6話 手違い
第7話 肉詰めピーマンとマットレス
第8話 若草クラブ
第9話 さあ、いい子だ、おいで
第10話 十三人きょうだい


ヘンリー・ダーガー
ローベルト・ヴァルザー
パトリシア・ハイスミス
放置手紙調査法
グレン・グールド
ヴィヴィアン・マイヤー
バルセロナオリンピック・男子バレーボールアメリカ代表
エリザベス・テイラー
世界最長のホットドッグ
牧野富太郎

実在の人物と出来事にインスパイアされて紡ぎだされた物語。
どれも小川洋子らしい世界。

「さあ、いい子だ、おいで」は、文鳥がかわいそうすぎる…


[小川]  [洋子]  [不時着する流星たち]  [おがわようこ

Wed2017.03.08


王妃の館 上・下 浅田次郎

王妃の館 上・下 浅田次郎
集英社文庫

2017.3.6

1

19
20

36
解説  渡辺えり子


上巻・裏表紙より。

パリはヴォージュ広場の片隅にたたずむ、ルイ十四世が寵姫のために
建てたという「王妃の館(シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ」)」。今は、一見の客は
決して泊めない、パリ随一の敷居の高さを誇る超高級ホテルとなっている
このシャトーに、なぜか二組のワケあり日本人ツアーが同宿することに
なった。しかも、倒産寸前の旅行代理店の策略で、客室を昼と夜とで
ダブル・ブッキングされて……。ぶっちぎりの笑いと涙満載の傑作人情巨編。


下巻・裏表紙より。

ひと癖もふた癖もある「光(ポジ)」と「影(ネガ)」のツアーメンバーたちは、
ドタバタ騒ぎとニアミスをくりかえしながらも、それぞれのパリの旅を楽しんで
いた――かに思えたが、ついにツアーの二重売りがバレそうになって、
さあ大変。さらに「王妃の館」に秘められた太陽王・ルイ十四世の愛の行方を
からめて、物語は十七世紀と現代とを縦横無尽に駆けめぐる。思いっきり
笑って泣いて、ついに感動の大団円。



もしかして、読んだことあるかも…
と思いつつ、それなりに楽しく読了。

絶対読んでるな、これ。
浅田次郎、ちゃんと読んだの『プリズンホテル』が
最初だと思ったんだけど…


[浅田次郎]  [王妃の館]  [あさだじろう

Thu2017.03.02


植物図鑑 有川浩

植物図鑑 有川浩
幻冬舎文庫

2017.2.22

1. ヘクソカズラ
2. フキノトウ/フキ そしてツクシ
3. ノビル/セイヨウカラシナ
4. 春の野花――タンポポ、イヌガラシ、スカシタゴボウ
5. ワラビ/イタドリ
6. ユキノシタ/クレソン
7. ノイチゴ
8. イヌビユ/スベリヒユ そしてアップルミント
9. アカザ・シロザ/ヨモギ そしてハナミズキ
10. 巡る季節
カーテンコール ゴゴサンジ
カーテンコール 午後三時
あとがき(単行本収録時. 
巻末特別付録 イツキの“道草料理”レシピ
解説  池上冬樹


裏表紙より。

お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。咬みません。
躾のできたよい子です――。思わず拾ってしまったイケメンは、
家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタクだった。
樹(イツキ)という名前しか知らされぬまま、週末ごとにご近所で
「狩り」する風変わりな同居生活が始まった。とびきり美味しい
(ちょっぴりほろ苦)“道草”恋愛小説。レシピ付き。


裏表紙の紹介文を読んで、
空想ファンタジー系かと避けていたけれど。
ただの恋愛小説だったー。
というか、少女漫画

イツキ… ぜーったい落ちてない
というか、有川浩の小説に出てくるような男は
ぜーったいいねぇ

大人になっててよかった。

10代で読んでたら、ぜったい夢見る夢子ちゃんになってる…

映画になってたんだっけ?
CASTは… 岩田剛典、 高畑充希。
うわぁ… がんちゃんかー

ほんと。
少女漫画だな


[有川浩]  [植物図鑑]  [ありかわひろ

Mon2017.02.13


虐殺器官 伊藤計劃

虐殺器官 伊藤計劃
ハヤカワ文庫

2019.2.10

第1部
第2部
第3部
第4部
第5部
エピローグ
装飾と構造で乗り切る終末/伊藤計劃×円城塔
解説/大森望


裏表紙より。

9・11以降の、“テロとの戦い"は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な
管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が
急激に増加していた。米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰に
常に存在が囁かれる謎の男、ジョン・ポールを追ってチェコへと向かう……
彼の目的とはいったいなにか? 大量殺戮を引き起こす“虐殺の器官"とは?
現代の罪と罰を描破する、ゼロ年代最高のフィクション


新装版で再読。

J・G・バラード 『太陽の帝国』、
読んでみようかな。


 播種 はしゅ


[伊藤計劃]  [虐殺器官]  [いとうけいかく

Thu2017.01.26


ウランバーナの森 奥田英朗

ウランバーナの森 奥田英朗
講談社文庫

2017.1.24

ウランバーナの森
文庫版へのあとがき
解説 '77年、ジョンのいた夏  大鷹俊一


裏表紙より。

その夏、世紀のポップスター・ジョンは軽井沢で過ごした。家族との
素敵な避暑が、ひどい便秘でぶち壊し。あまりの苦しさに病院通いを
はじめたジョンの元へ、過去からの亡霊が次々と訪れ始めた……。
大ベストセラー小説『最悪』の著者が贈る、ウイットとユーモア、そして
温かい思いに溢れた喪失と再生の物語。



えーっ!
奥田英朗のデビュー作(1997年)なんだー
知らなかった…
うまいなー…

ケイコが全然オノヨーコのイメージではないけれど。
ジョン・レノンの生涯も全然詳しく知らないけれど。
面白い小説だった。
読んでいるこちらまで便秘になりそうな…

精神科医の先生とか、キースとかタオさんとか、
後の(だよね…)伊良部シリーズあたりに通じるものがあるような。

ジョン・レノン…
生きてたらどんなだったんだろー…

来日公演で荒稼ぎ、は、しないだろーなぁ…

それにしても、誰の文章で、今ごろ『ウランバーナの森』を
借りる気になったのか、全然思い出せない…


[奥田英朗]  [ウランバーナの森]  [おくだひでお