FC2ブログ
Home>道尾秀介(category)  TotalPages2 next

Thu2019.01.03


風神の手 道尾秀介

風神の手 道尾秀介
朝日新聞出版

2019.1.2

第1章 心中花
第2章 口笛鳥
第3章 無常風
エピローグ 待宵月


久しぶりに道尾秀介。
第1章の崎村の父を襲った犯人やら、崎村の父がとった行動やらが
鮮やかにどんでん返しで真相が明らかに…
と期待して読み進めるも…
登場人物のみなさんが、色々つながってめでたしめでたし。

え?
めでたしめでたし?

結局、
密漁者=松澤、松澤のせいで半身マヒになった復讐に石を落としたら
松澤と息子が役を入れ替わってて、息子の頭直撃…
かと思ったら、半身マヒは自分で転んだせいで云々ってのが真相
ってことになるの?
いや、どちらにしても、ヒトの頭に石落としちゃダメだよねー。
殺人未遂なんじゃないかなー。
崎村の父親の罪の扱いが妙に軽くないか。

他の人達の罪もなんかみんな軽く扱われてて・
なんだかみんな中途半端にいいヒトになっちゃって。

それがなかったら自分は生まれてこなかった、
なんて理由で何もかも受け入れていいのかなぁ…

遺影専門の写真館、っていう設定は面白い。
けど。
物語はちょっと消化不良…


[道尾秀介]  [風神の手]  [みちおしゅうすけ

Sun2018.04.01


鬼の跫音 道尾秀介

鬼の跫音 道尾秀介
角川文庫

2018.3.31

鈴虫
犭(ケモノ)
よいぎつね
箱詰めの文字
冬の鬼
悪意の顔
解説  京極夏彦


裏表紙より。

刑務所で作られた椅子に奇妙な文章が彫られていた。家族を惨殺した
猟奇殺人犯が残した不可解な単語は哀しい事件の真相を示しており……
(「犭(ケモノ)」)。同級生のひどい攻撃に怯えて毎日を送る僕は、ある女の
人と出会う。彼女が持つ、何でも中に入れられる不思議なキャンバス。
僕はその中に恐怖心を取って欲しいと頼むが……(「悪意の顔」)。
心の「鬼」に捕らわれた男女が迎える予想外の終局とは。驚愕必至の衝撃作!
解説・京極夏彦


最初に読んだ道尾作品が『鬼の跫音』。

久しぶりの再読。

… こんなにエグかったっけ?

京極夏彦の解説に、

 それでもこの作品が良質なミステリとして読めてしまうのは、
偏に練られたプロットの力といっていいだろう。すべては巧緻
に組み上げられたプロットのなせる業なのだ。
 プロットを一度解体して時系列に組み直すなら、作中に
謎はなくなるだろう。いや、そこにはストーリーさえ残らない
のである。


とある。
なんて的確な解説

鬼が出るか蛇が出るかなどと謂うが、それはいずれも
人ではないモノの代表なのだ。
いや、人であったモノと言った方がより正確だろうか。
人でなくなる程に甚だしい情念を持ってしまった人こそ
が、鬼となり蛇となるのである。


なるほど。


[道尾秀介]  [鬼の跫音]  [みちおしゅうすけ

Wed2016.08.31


スタフ staph 道尾秀介

スタフ staph 道尾秀介
文藝春秋

2016.8.30

第1章
第2章
第3章
第4章
第5章
終章


帯より。

ランチワゴンは疾走する。
危険な中学生アイドルと、
数学講師を乗せて。

都会の片隅で料理を売る女性、夏都。
偶然にも芸能界を揺るがすスキャンダルを知ってしまった彼女は、
有名女優を守るため、緑色の髪をした少女と共同作戦を練る。

“スタフ”
を知らないまま、
この先、生きて
いきますか?



帯のことばって、どうしてこうずれてるんだろう…
煽るため?
かえって興ざめ

危険な中学生アイドルと数学講師?
そこ二人?

有名女優を守るため?

うーん… べつに“スタフ”を知らないままでも問題なさそう…

っていうか、“スタフ”って、なに?

不可逆性変化?

staph
不規則なコロニーを形作りがちである球形のグラム陽性の寄生虫細菌?

staphylococcus
ブドウ球菌



智弥(ともや)は確かに切ないけれど、
夏都(なつ)の言動がぶれぶれなので、
なんだか誰にも感情移入できずに終わってしまった。
カグヤもなー…

衝撃のラスト?

というか、宙ぶらりんのラスト
智弥はどうなっちゃうの?

智弥とカグヤにはしあわせになってほしい…

なんか、おとな達はどうでもいいかな


[道尾秀介]  [スタフ]  [staph]  [みちおしゅうすけ

Thu2015.04.30


片眼の猿 One‐eyed monkeys 道尾秀介

片眼の猿 One‐eyed monkeys 道尾秀介
新潮文庫

2015.4.28

1 どうして犬は
2 新しい友達
3 可愛いと思う
4 何でもやるのね
5 拭けない場所がある
6 ローズ・フラット
7 大きさだけが違っている
8 口は災いの元
9 美術部に移れば
10 トウヘイの技
11 ハートのキング
12 ジョーカーとスペードのエース
13 ダイアのクィーン
14 どんな基準で
15 トウヘイのクイズ
16 眼のサイズ
17 穴のあいた招き猫
18 目立つもんで
19 何かに巻き込まれた
20 禁じ手
21 どうして答えない
22 お別れ会
23 深海魚の話
24 僕は見ていました
25 叫びは急速に遠のいて
26 信ずる者は救われる
27 ○○○○って
28 細かいことはあとで
29 殴られっぱなしは嫌
30 ものすごい顔ぶれ
31 ねじくれた感情
32 姿かたちとそぐわない物
33 片眼の猿
34 ジョーカーの正体
35 我慢の限界はいとも容易く
36 大きなお世話
37 愚者
解説  佐々木敦


裏表紙より。

盗聴専門の探偵、それが俺の職業だ。目下の仕事は
産業スパイを洗い出すこと。楽器メーカーからの依頼で
ライバル社の調査を続けるうちに、冬絵の存在を知った。
同業者だった彼女をスカウトし、チームプレイで核心に
迫ろうとしていた矢先に殺人事件が起きる。俺たちは
否応なしに、その渦中に巻き込まれていった。謎、そして……。
ソウルと技巧が絶妙なハーモニーを奏でる長編ミステリ。



これもほとんど覚えていなかった
とくに、オチ(と言っていいんだろうか)の部分。
その伏線のためにひねり出したようなお話…
という感もある…


[道尾秀介]  [片眼の猿]  [One‐eyed]  [monkeys]  [みちおしゅうすけ

Wed2015.04.29


ソロモンの犬 道尾秀介

ソロモンの犬 道尾秀介
文春文庫

2015.4.27

一章
二章
三章
四章
五章
終章
エピローグ
解説  瀧井朝世


裏表紙より。

秋内、京也、ひろ子、智佳たち大学生4人の平凡な夏は、
まだ幼い友・陽介の死で破られた。飼い犬に引きずられての
事故。だが、現場での友人の不可解な言動に疑問を感じた
秋内は動物生態学に詳しい間宮助教授に相談に行く。
そして予想不可能の結末が……。青春の滑稽さ、悲しみを
鮮やかに切り取った、俊英の傑作ミステリー。


ほんとに覚えてないなー…
こんなに覚えていないものなんだろうか…
三途の川って…

ちょっと陽介くん死に損

『透明カメレオン』に“ブロッコリーみたいな頭”が出てくるけれど。
間宮先生もそうみたい。
お気に入りなのね。


[道尾秀介]  [ソロモンの犬]  [みちおしゅうすけ