Home>アンソロジー(category)  TotalPages5 next

Sun2017.03.05


短編工場 集英社文庫編集部

短編工場 集英社文庫編集部
浅田次郎 伊坂幸太郎 石田衣良 荻原浩 奥田英朗 乙一 熊谷達也 桜木紫乃 桜庭一樹 道尾秀介 宮部みゆき 村山由佳
集英社文庫

2017.3.1

かみさまの娘   桜木紫乃
ゆがんだ子供   道尾秀介
ここが青山   奥田英朗
じごくゆきっ  桜庭一樹
太陽のシール   伊坂幸太郎
チヨ子   宮部みゆき
ふたりの名前   石田衣良
陽だまりの詩   乙一
金鵄のもとに   浅田次郎
しんちゃんの自転車   荻原浩
川崎船   熊谷達也
約束   村山由佳


裏表紙より。

読んだその日から、ずっと忘れられないあの一編。思わずくすりとしてしまう、
心が元気になるこの一編。本を読む喜びがページいっぱいに溢れるような、
とっておきの物語たち。2000年代、「小説すばる」に掲載された短編作品から、
とびきりの12編を集英社文庫編集部が厳選しました。人気作家たちの短編が
この1冊で楽しめる、贅沢なアンソロジーです。今までにない極上の読書体験を
あなたに。


桜木 紫乃は『ホテルローヤル』。
桜庭 一樹は『私の男』。
桜庭 一樹、『私の男』と『荒野』は好きだけど、
『赤朽葉家の伝説』はイマイチだったんだよな…
そして、どちらも女性。

『かみさまの娘』と『じごくゆきっ』、
どっちがどっちかわからなくなる…

『金鵄のもとに』で、ん?
なんか古くない…?
『川崎船(じゃっぺ)』でまたもや、
古くない…?
最後の『約束』も、なんか古い…
巻末の初出を見ると、2002年、2000年、2000年。
古くないのか…

本を読む喜びがページいっぱいに溢れるような、
とっておきの物語たち

ではなかったな…
物語たちって…


[短編工場]  [浅田次郎]  [伊坂幸太郎]  [石田衣良]  [荻原浩]  [奥田英朗]  [乙一]  [熊谷達也]  [桜木紫乃]  [桜庭一樹

Fri2016.08.05


親不孝長屋 池波正太郎 平岩弓枝 松本清張 山本周五郎 宮部みゆき

親不孝長屋 ―人情時代小説傑作選―
池波正太郎 平岩弓枝 松本清張 山本周五郎 宮部みゆき 縄田一男
新潮文庫

2016.8.2

池波正太郎   おっ母、すまねえ
平岩弓枝    邪魔っけ
松本清張    左の腕
山本周五郎   釣忍
宮部みゆき   神無月


裏表紙より。

岡場所上がりの継母と継子のすれ違い(「おっ母、すまねえ」)。
妹弟から冷たい仕打ちを受ける行き遅れの長女の行く末(「邪魔っけ」)。
料理屋に奉公した十七の娘とワケありの老父とに降りかかる難儀(「左の腕」)。
元芸妓の女房を持つ棒手振り魚屋の定次郎は、実は大店の次男坊(「釣忍」)。
病弱な八つの娘のいる畳職人は高額の薬代を稼ぐために……(「神無月」)。
感涙必至、傑作人情時代小説五編を厳選。



再読^^;

あぁ、いいなぁ…
どれも40ページ前後と短いけれど。
うまいなぁ。
平岩弓枝、うまいじゃん
松本清張に時代物のイメージがなかったのと、
池波っぽい感じが意外だった。


[親不孝長屋]  [池波正太郎]  [平岩弓枝]  [松本清張]  [山本周五郎]  [宮部みゆき

Sat2016.06.25


十の罪業 BLACK エド・マクベイン編

十の罪業 BLACK エド・マクベイン編
ジェフリー・ディーヴァー スティーヴン・キング ジョイス・キャロル・オーツ ウォルター・モルズリイ アン・ペリー
創元推理文庫

2016.6.10

永遠
 ジェフリー・ディーヴァー
彼らが残したもの
 スティーヴン・キング
玉蜀黍の乙女(コーンメイデン)――ある愛の物語
 ジョイス・キャロル・オーツ
アーチボルド――線上を歩く者
 ウォルター・モズリイ
人質
 アン・ペリー
著者紹介


裏表紙より。

巨匠マクベインの呼びかけに応え、名だたる人気作家が
一堂に会した書き下ろしアンソロジー――それが本書である。
広義のミステリを書くこと以外は制約を受けず、各人が腕を
ふるった成果をご覧いただきたい。本巻には、数学者刑事が
活躍するディーヴァー渾身の雄編「永遠」を筆頭に、キングが
語る9・11秘話「彼らが残したもの」、オーツ、モズリイ、ペリー
らの力作中編、全5編を収録。


再読、なのにほとんど覚えていない…

ジョイス・キャロル・オーツは、これではじめて読んだのでした。

『十の罪業』なのに、5編しかない…
と思ったら、BLACKとREDがあるのね。
さて、REDは読んだことがあるのでしょうか…


[十の罪業]  [BLACK]  [エド・マクベイン編]  [ジェフリー・ディーヴァー]  [スティーヴン・キング]  [ジョイス・キャロル・オーツ]  [ウォルター・モルズリイ]  [アン・ペリー

Tue2015.10.20


不思議の扉 午後の教室 大森望編

不思議の扉 午後の教室 大森望編
芥川龍之介 有川浩 小松左京 ジョー・ヒル 平山夢明 古橋秀之 湊かなえ 森見登美彦
角川文庫

2015.10.17

インコ先生
 湊かなえ
三時間目のまどか
 古橋秀之
迷走恋の裏路地
 森見登美彦
S理論
 有川浩
お召し
 小松左京
テロルの創世
 平山夢明
ポップ・アート
 ジョー・ヒル
安吉の手帳から
 芥川龍之介
解説 学園ワンダーランドへようこそ  大森望
カバーイラスト  カスヤナガト


裏表紙より。

学校には不思議な話がつまっています。教室の窓から決まった時間に
だけ見える女子高校生、大人たちの消えた世界を生きる小学生たち、
風船少年との交流――。いつもの日常がぐにゃりと曲がって見える、
そんな不思議な読書体験が待っています。湊かなえ、古橋秀之、森見
登美彦、有川浩、小松左京、平山夢明、ジョー・ヒル、芥川龍之介、
古今東西人気作家たちの書籍初収録作や不朽の名作を集めた、短編
小説アンソロジー第4弾!



これも森見登美彦で借りてみた。

◇インコ先生 湊かなえ(みなと かなえ)
7ページ。
超短編。
しかもほのぼの。

◇三時間目のまどか 古橋秀之(ふるはし ひでゆき)
教室の窓の向こうに見えるのは、パラレルワールド
かと思いきや、6年前の教室!
クラスメイトのおばさんに関するタイムパラドックスは…
ま。 いっか。
ほのぼのだし。

◇迷走恋の裏路地 森見登美彦(もりみ とみひこ)
『夜は短し歩けよ乙女』の先輩のナカメ作戦。
なるべく彼女の目にとまる作戦…

◇S理論 有川浩(ありかわ ひろ)
『S理論』=スズキのすごい理論。
未来を完全に予測できる公式が完成したら、未来は…
『何も変わらない』
誰かにとって都合のいい選択は、反対側の立場の誰かにとっては
都合の悪い選択なんだよ。つまり、立場が違う奴が常に反対の
選択をしつづけるから、永遠に相殺しあって結局何も変わらない

相変わらずさらっと書いてます。

◇お召し 小松左京(こまつ さきょう)
冒頭の養魚池の話、解説を読むまで流してました

◇テロルの創世 平山夢明(ひらやま ゆめあき)
『わたしを離さないで』的なお話。
と、思ったら、こちらの方が5年ほど早いそうで…
『独白するユニバーサル横メルカトル』と『ミサイルマン』ね。
借りてみよう

◇ポップ・アート ジョー・ヒル
最高傑作… なのか…

◇安吉の手帳から 芥川龍之介(あくたがわ りゅうのすけ)
『夢十夜』的な…


[不思議の扉]  [午後の教室]  [大森望]  [芥川龍之介]  [有川浩]  [小松左京]  [ジョー・ヒル]  [平山夢明]  [古橋秀之]  [カスヤナガト

Sat2015.10.17


ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 角川文庫編集部編

ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 角川文庫編集部編
大島真寿美 瀧羽麻子 藤谷治 森見登美彦 椰月美智子
角川文庫

2015.10.15

郵便少年
 森見登美彦
フィルムの外
 大島真寿美
三泊四日のサマーツアー
 椰月美智子
真夏の動物園
 瀧羽麻子
ささくれ紀行
 藤谷治


裏表紙より。

7月のある日、「郵便」を発見したぼくの、胸がきゅんとするやりとり
――(「郵便少年」森見登美彦)。映画の撮影用に借りた家に住む
ことになった映画監督の息子の夏(「フィルムの外」大島真寿美)。
浪人2年目の夏、青春18きっぷを片手に出かけたあてのない逃避行
――(「ささくれ紀行」藤谷治)。夏をテーマに大島真寿美、瀧羽麻子、
藤谷治、森見登美彦、椰月美智子が競作。まぶしい日差しの中、
きらきら光る刹那を切り取った物語。


森見登美彦で借りてみた。

◇郵便少年 森見登美彦(もりみ とみひこ)
『ペンギン・ハイウェイ』的な読後感。
って、もしかして「アオヤマ君」って、『ペンギン・ハイウェイ』のコ?

◇フィルムの外 大島真寿美(おおしま ますみ)
ニュー・シネマ・パラダイス、的な?
甘やかさ。
否応(いやおう)なしを、
否も諾もなく(いなもおもなく)
ともいうんだ…

◇三泊四日のサマーツアー 椰月美智子(やづき みちこ)
沖縄の島を舞台に夏がはじけてます^^

◇真夏の動物園 瀧羽麻子(たきわ あさこ)
他のも読んでみようかな。

◇ささくれ紀行 藤谷治(ふじたに おさむ)
これはどーも… やや消化不良
大人になった僕が思わせぶりな語り口で。
これってエッセイ?


[ひとなつの。]  [真夏に読みたい五つの物語]  [大島真寿美]  [瀧羽麻子]  [藤谷治]  [森見登美彦]  [椰月美智子