Home>新井素子(category)  TotalPages1

Mon2013.05.06


もいちどあなたに会いたいな 新井素子

もいちどあなたに会いたいな 新井素子
新潮社

2013.5.3

OPENING
澪湖 1
大介 1
陽湖 1
澪湖 2
大介 2
澪湖 3
陽湖 2
澪湖 4
ENDING
あとがき


大学3年生の澪湖(みおこ)。
父大介、母陽湖(ようこ)。
父の妹和(やまと)=やまとばちゃん(やまとおばちゃん)と
その夫恭一、娘の真帆。
共働きの両親に代わって、当時高校生だったやまとばちゃんに
育てられた澪湖。
そのやまとばちゃんの娘が、たった5か月で亡くなってしまう。
翌日、澪湖はやまとばちゃんに違和感を抱く。

…"このひと"は、あたしのやまとばちゃんじゃ、ないっ!

あぁ…新井素子だー。
しかし、この話はどこにいくんだ?

澪湖はオタクの塚本君に相談する。

「盗まれた街」ジャック・フィニイ
「ぼくの地下室へおいで」レイ・ブラッドベリ

萩尾望都のまんが? そんなのあったっけ?
検索したら、「ウは宇宙船のウ」に収録されているらしい。
「ウは宇宙船のウ」… 探せば出てくるかな…

閑話休題。

澪湖、大介、陽湖の語りで話が進んで行くのだが、
母陽湖の「離婚を考えている」云々で、
話の行方がますますわからなくなる。
のかと思いきや、あっさりやまとばちゃんが
トリッパーだと明かされる。
パラレルワールドのトリッパー。

ENDING――和

これは和の物語。
和が語るENDINGを読んで、OPENINGに戻ると
和の悲哀が胸に沁みる。

それでも、あれは、幸せな情景だったのだ。

だから……いつの日か、また……
もいちど、あなたに、あいたいな。



[新井素子]  [もいちどあなたに会いたいな]  [あらいもとこ