Home>今邑彩(category)  TotalPages1

Wed2016.12.28


「死霊」殺人事件 警視庁捜査一課・貴島柊志 今邑彩

「死霊」殺人事件 警視庁捜査一課・貴島柊志 今邑彩
中公文庫

2016.12.27

プロローグ
第1章 死体は夜歩く
第2章 死者を追って
第3章 死体が殺した
第4章 もう一人の死者
第5章 再び密室
第6章 やっぱり死体が殺した
第7章 まだ終わっていない
第8章 死者は囁く
中公文庫版あとがき


裏表紙より。

家に送り届けた後、「金を取ってくる」と言ったまま戻らない男性客。
しびれを切らしたタクシー運転手が家の中で目撃したのは、二人の男の
死体だった。さらに二階からは泥まみれの女の死体も発見され……。
密室状態で起きた不可解な殺人に貴島刑事が挑む、本格推理+怪奇の
傑作、貴島シリーズ第三作。



なんだろう…
最初の殺人事件、いらないんじゃないかな…
千里が(まったくの善人じゃなかったとわかるけれど)
かわいそうすぎる…

なんか色々雑な事件だったなぁ…

階段から落ちた、って、
それ、普通気づくでしょ、
とか、
ツッコミどころ満載^^;

そーか!
桐子も千里も、自分たちで語る場面がないから、
物足りない気がするのか…

でも、やっぱり詰め込みすぎな感じだし…

これ、第4作、第5作、あるのかなー

1を読んでないからいけないのかなー…


[今邑彩]  [「死霊」殺人事件]  [警視庁捜査一課・貴島柊志]  [いまむらあや

Sun2016.12.25


「裏窓」殺人事件 警視庁捜査一課・貴島柊志 今邑彩

「裏窓」殺人事件 警視庁捜査一課・貴島柊志 今邑彩
中公文庫

2016.12.24

プロローグ
第1章 墜ちた女
第2章 幻の男
第3章 死時計
第4章 消失
第5章 再び殺人
第6章 黒いアリバイ
第7章 疑惑
第8章 写真
第9章 tの密室
第10章 死者の花嫁
第11章 消えた靴
エピローグ
中公文庫版あとがき


裏表紙より。

自殺と見えた密室からの女性の墜落死。向かいのマンションに
住む少女は、犯行時刻の部屋に男を目撃していた。少女に迫る、
犯人の魔の手……また、同時刻に別の場所で起こった殴殺事件も
同一人物の犯行とみられ――。 衝撃の密室トリックに貴島刑事が
挑む! 本格推理+怪奇の傑作、貴島シリーズ第二作。



第2弾だったのか…
1があるの、見落としてた。

息子のための殺人と、復讐のための殺人と
詰め込みすぎという気もするところを
うまく捌いたのに…
窓のエピソードは余計な気がする。

でも、“+怪奇”の部分がなくなっちゃうのか。

1作目読んでないから、なんとも言えない…


[今邑彩]  [「裏窓」殺人事件]  [警視庁捜査一課・貴島柊志]  [いまむらあや

Mon2013.04.08


つきまとわれて 今邑彩

つきまとわれて 今邑彩
中央公論社

2013.4.7

おまえが犯人だ
帰り花
つきまとわれて
六月の花嫁
吾子の肖像
お告げ
逢ふを待つ間に
生霊


漫画家の元にファンから届いたチョコレートを食べた
妹が死んだ。
チョコレートには毒が仕込まれていた。
犯人は、妹の婚約者でもある通いのアシスタントか、
もう一人の住み込みのアシスタントか…

2つ目の短編に出てくるのは、1つ目の短編に出てきた
通いのアシスタント。

短編の登場人物は、ちょっとずつかぶっている模様。
面白そう

さっくり読み進んで、「吾子の肖像」までいったところで
小休止。

小休止したせいか、だんだん事件らしい事件では
なくなってきたせいか、「お告げ」と「逢ふを待つ間に」、
読むのが、ちょっと苦痛
(この2編は、書下ろしで後から追加されたものでした)

最後の「生霊」で、意外などんでん返し
そー思ってページを戻すと…
「帰り花」、男と駆け落ちした芳江さん。
「逢ふを待つ間に」、スナックよしゑ。
おぉ…
やっぱり本は最後まで読まなくちゃ


[今邑彩]  [つきまとわれて]  [いまむらあや

Wed2013.03.20


鋏の記憶 今邑彩

鋏の記憶 今邑彩
角川ホラー文庫

2013.3.19

三時十分の死
鋏の記憶
弁当箱は知っている
猫の恩返し
あとがき


とりあえず、図書館にあった今邑彩を借りてくる。
警視庁捜査一課の刑事、桐生進介と
サイコメトリーの能力を持つ女子高生、桐生紫(ゆかり)を
主人公とした連作短編。
サイコメトラーで「ホラー文庫」?


◇三時十分の死
ロンドンに出かけたはずの資産家が、
就寝中にゴルフクラブで撲殺された。
壊れた時計が指しているのは3時10分。

…ちょうど、「満潮に乗って」で、
犯行現場に落ちていた壊れた時計が、
犯行時刻を語っているように思える
と答えたグレイブス部長刑事を、スペンス警視が
「おれぐらいながく警察家業をやれば、きみも、
叩きつぶされた時計なんて便利しごくな代物に
たぶらかされるほどのんき坊主でもいられまい。
…みなさまとっくにご承知のかびの出そうに
古いトリックさ」

と諭していたけれど。
この時計の指す3時10分の意味は、予想外
ロンドンとの時差の調整、なんて思いつかない
犯人が二転三転するのも、なかなか。


◇鋏の記憶
錆びついた鋏に触れた瞬間、刺されて苦しむ幼児の姿が浮かんだ。
実際、30年ほど前、3歳2か月の男の子が失踪していて…

ショーゲキ的な事件が、さらっと書かれているのは
短編だから仕方ないのか…
でも、この話、どー考えてもハッピーエンドにはならないと思われる


◇弁当箱は知っている
リストラで失職中の男性が、自宅で惨殺された。
7年前に結婚した15歳下の美人妻につきまとっていた
男の仕業か?!

万年係長(?!)米倉さんが
哀れ…


◇猫の恩返し
男手ひとつで育てた息子をバイクの事故で失って、
すべてに気力もなくしていた元獣医の小寺。
半年前に、ボウガンが刺さった美しいネコを助けたが、
そのネコも、ある日いなくなってしまって3か月。
玄関先に美しい女性が倒れていて、介抱すると、
息子の小学校時代の同級生だと言い…

一体どういう話なのか、全然先が読めなかった。
一種のファンタジー?
息子が初恋の人だった、という「雪子」と
小寺のこれからは、きっと静かで美しいのだろうな…
途中から勝手に松苗あけみの絵で読んでました。
小寺と雪子のバックには、バラてんこ盛り


「角川ホラー文庫」?
ホラーじゃないよーな。超能力モノって、ホラーなのか?
どれも面白く、もうちょっと桐生と紫を
シリーズで読んでみたかったな…


[今邑彩]  [鋏の記憶]  [いまむらあや