Home>啓発本など(category)  TotalPages8 next

Fri2017.11.17


50からの老いない部屋づくり 部屋を考える会

50からの老いない部屋づくり 部屋を考える会
メディアファクトリー

2017.11.16

はじめに 50代だからこそ「ヘヤカツ」が必要
第1章 50代だからこそ「部屋を変えなければいけない」理由があります
第2章 「掃除」が老いない部屋をつくります
第3章 部屋に「掃除の道」を通しましょう
第4章 「使っていないモノ」を処分しましょう
第5章 快適さを保って暮らしましょう
第6章 部屋に「役割」を持たせましょう
第7章 上質なモノを選びましょう
愛8章 人の出入りのある部屋をつくりましょう
第9章 ヘヤカツリフォームのススメ
あとがき 「部屋をだいじにする人は老いない」


カバーそでより。

部屋をだいじにする人は老いません。
これからの人生を活かすために
部屋のことを考えてください。



タイトルは惹かれないけれど、
結構面白かった

実例として使われている写真が、
あまり参考にならないような気がしたけれど。
部屋を考える会代表のご両親の家…
そーですか…
ご両親が楽しんでるのは伝わるけれど、
ちょっと趣旨が違うような…


[部屋を考える会]  [50からの老いない部屋づくり]  [岩崎夏海

Sat2017.11.04


カラダにいい!がカラダを壊す 亀田圭一

カラダにいい!がカラダを壊す 亀田圭一
日経新聞出版社

2017.11.3

はじめに
第1章 「カラダにいいらしい」という押しつけの健康志向
 無意識の中で生きている私たち
 一流と二流を分けるもの
 それぞれのカラダのイメージを大切にする
 「カラダにいい」のカラダって何ですか?
 実は運動したい人たち
 まったくお勧めできないランニング・ジョギング
 早朝ジョギングがカラダにいいと感じる訳
 さらに大きな勘違い! 仕事帰りのジム通い
 もはや変えがたいほど定着したストレッチの大きな間違い
 なぜ筋肉を引っ張るのか?
 運動前のストレッチは危ない!
 自分のカラダに責任をもつ
 風邪をひいたら病院に行くのは日本人だけ
 薬でコントロールする健康もどき
 「整形外科」と「整骨院」と「整体院」の違い
 紛らわしい治療の世界の裏事情
 資格がすべてではない
 何を、いつ、どう食べるか、栄養学ほどコロコロ変わるものはない
 食べることの本当の意味
第2章 自分のことは自分が一番よくわかっている!?
 情報過多の時代を生きる「健康オタク」と「健康ムトンチャク」
 風邪もひかないニセ健康体?
 「気の緩みから風邪をひく」科学的根拠
 戦ってはいけない
 タンスの角で足の小指をぶつけるようになったら要注意!
 スポーツ界に根強い「母趾球神話」
 「いただきます」と「ごちそうさま」
 一人で生きていると思ったら大間違い!
 自然のリズムと自分のリズムを知る
 呼吸で整えるカラダのリズム
第3章 カラダに対するイメージを再構築する
 疲労と疲労感を区別する
 「疲れやすい」は老化ではない
 カラダが硬いのは筋肉のせいだけじゃない!
 陰の主役「結合組織」
 カラダのツッパリ感の正体
 筋肉を鍛えてもカラダの痛みはなくならない
 「使わない筋肉は緩む」ことなどない!
 大切なのは「筋バランス」
 猫背、反り腰、すべての姿勢を崩す犯人とは?
 悪い姿勢を正すという過ち
 人のカラダはシンメトリーに非ず
 エビデンスという名の常識が阻むカラダ
第4章 戦う現代人のヨロイの脱ぎ方
 戦うビジネスマンは筋トレがお好き
 猫も杓子も「固める系」トレーニング
 「軸」という概念がもたらす功罪
 硬い「筋肉のヨロイ」は時代遅れ
 自分を知って、自分を生きよう!
 「カラダは水風船みたいなもの」を実感する
 「カラダは柔かければ柔らかいほどよい」わけではない
 人それぞれに必要な筋トレ
 よい筋トレ、よい準備、よいケア
 絶対に敵に回したくないヤツ、それが酸素
 走るより歩くのがイチバン!
 足りないのは「運動」ではなく「活動」
第5章 働き盛りは伸び盛り
 年齢の自覚で差がつくカラダ
 見えるもの、感じるものが増えてくるお年頃
 遺伝子のスイッチをONにする
 カラダからのメッセージに的確に対応する
 カラダにも人生にも「退化」はない
 思考がすべてを変える
おわりに


裏表紙より。

ランニング、筋トレに体幹トレーニング、ストレッチ……
「健康によさそう」と始めたエクササイズが、実はカラダを
おかしくしている! 第一線のコンディショニングトレーナーが、
身体の仕組みを解剖学のレベルからわかりやすく説きながら、
あるべきカラダとのつきあい方を教えます。



なかなか面白いお話。
なのだけれど、どうも文章がすんなり入ってこない。
肝心なところで接続詞なしで次の文章がポンと置かれているので、
論旨が理解しにくい。
というか、主張を完全に見失う

色々な健康法に警鐘を鳴らすのは面白いのだけれど。
で?
というところがよくわからない。

野口三千三先生の「野口体操」絶賛しているかと思ったら、
図説されているおススメは
佐藤青児先生の「さとう式リンパケア」から「片手バンザイ」

迷子にもなろうというもの。

そして、最後に
運動をするとミトコンドリアを活性化する遺伝子がONになることが
わかってきました。目安的には1日20分程度で十分で、無酸素運動
ではなく有酸素運動を、…(略)…
やはり適度な運動はカラダにいいのです。


やはり」って…


[亀田圭一]  [カラダにいい!がカラダを壊す]  [日経プレミアシリーズ

Wed2017.11.01


あした死んでもいい暮らし方 ごんおばちゃま

あした死んでもいい暮らし方 ごんおばちゃま
興陽館

2017.10.31

はじめに
第1章 身辺整理をして小さく暮らす。
第2章 片づけは頑張らない、ほどほどに。
第3章 暮らしをゆっくり整えると、楽になる。
第4章 食べ物は小さく、食べきれるサイズで。
第5章 お金はなるべく使わない。
第6章 自分の時間を大切にする。
あとがき
付録  あした死んでもいい暮らし方チェックリスト!
      これをすれば暮らしがすっきりになる具体的な89の方法


『あした死んでもいい片づけ』とおんなじような…

片づけの三大疾病
まだ使えるからもったいない。
思い出があるから捨てられない。
高かったからもったいなくて捨てることも売ることもできない。


三大疾病、って言い方はちょっと…
でも、インパクトと納得感大!


すごく気になる誤字が2か所ほど。
興陽館、校閲はどうした?


[ごんおばちゃま]  [あした死んでもいい暮らし方

Thu2017.10.19


もっと、やめてみた。 「こうあるべき」に囚われなくなる暮らし方・考え方 わたなべぽん

もっと、やめてみた。 「こうあるべき」に囚われなくなる暮らし方・考え方 わたなべぽん
幻冬舎

2017.10.15

はじめに
第1章 身近なところで、やめてみた
 第1話 ビニール傘の巻
 第2話 プチプラアクセの巻
 第3話 観葉植物の巻
 第4話 髪型の巻
 第5話 ボディーソープの巻
 第6話 居酒屋の巻
第2章 人間関係で、やめてみた
 第7話 友達作りの巻
 第8話 イベントブルーの巻
 第9話 人見知りの巻
第3章 囚われるのを、やめてみた
 第10話 「センスの問題」の巻
 第11話 いつから旅行好きに?の、巻
 第12話 生まれ直しの巻
エピローグ
あとがき


これも、もっと、か。



本にするほどじゃないような…
あまり読後感すっきりじゃなかった…


[わたなべぽん]  [もっと、やめてみた。

Wed2017.10.04


あした死んでもいい片づけ 家もスッキリ、心も軽くなる47の方法 ごんおばちゃま

あした死んでもいい片づけ 家もスッキリ、心も軽くなる47の方法 ごんおばちゃま
興陽館

2017.10.3

はじめに
1章 もしも明日死んでもいいように、今日から片づけはじめる!
2章 こんな片づけの習慣で幸せになる!
3章 親の家の片づけ、こう考えてみれば
4章 持たない暮らしなら心も軽い!
5章 これでスッキリ! 実践1日30分片づけ
6章 あした死んでもいいエンディングノート
おしまいに
付録  家もスッキリ! 心も軽くなる47の方法リスト


さらさらっと読める。
1日30分「抜く」作業、順番に繰り返して3回。

やれるかな


[ごんおばちゃま]  [あした死んでもいい片づけ]  [家もスッキリ、心も軽くなる47の方法