FC2ブログ
Home>今野敏(category)  TotalPages4 next

Fri2019.07.05


イコン 新装版 今野敏

イコン 新装版 今野敏
講談社文庫

2019.7.4

1
2

35
解説  関口苑生


裏表紙より。

熱狂的人気を集めるも正体は明かされないアイドルのライブでの殺人事件。
被害者を含め現場にいた複数の少年と少女一人は過去に同じ中学の生徒
だった。警視庁少年課・宇津木(うつぎ)と神南(じんなん)署・安積警部補は
捜査の過程で社会と若者たちの変貌に直面しつつ、隠された驚愕の真相に
到達する。『蓬莱(ほうらい)』に続く長編警察小説。



アイコン=イコンなんだ…
知らなかった。

華奢な女子高生に二人も殺せるかな。

でも、安積&速水のコンビはいい感じ


[今野敏]  [イコン]  [新装版]  [こんのびん

Wed2019.07.03


蓬莱 今野敏

蓬莱(ほうらい) 今野敏
講談社文庫

2019.7.2

1
2

31
解説  関口苑生


裏表紙より。

そのゲームには「日本」が封印されている!? 人気沸騰のゲームソフト「蓬莱」を
開発したソフトハウスは、パソコン版に続きスーパーファミコン版を計画した。
しかし、恫喝し、力尽くでその発売を執拗に妨害する巨大な力が……。バーチャル・
ゲームと伝奇世界がリアルに交錯する傑作エンタテインメント巨編。



今まで読んでいた今野敏よりやや厚いのか、2日がかり。

「日本」が封印されている

わかったような、わからないような。
黒幕の大物政治家が、意外と浅い
ヤクザ屋さんも、意外とあっさり白状しちゃった感が…

安積さん、脇役でカッコいいとこばっかりだった。
村雨も出てこないから、村雨の悪口もなし。
いいね

徐福の話も面白そうだけれど、一気に説明されてついていけない


[今野敏]  [蓬莱]  [ほうらい]  [こんのびん

Sat2019.06.29


最前線 東京湾臨海署安積班 今野敏

最前線 東京湾臨海署安積班 今野敏
ハルキ文庫

2019.6.28

暗殺予告
被害者
梅雨晴れ
最前線
射殺
夕映え
解説  末國善己


裏表紙より。

東京・お台場のテレビ局に出演予定の香港映画スターへ、暗殺予告が届いた。
東京湾臨海署の安積警部補らは、スターの警備に駆り出されることになった。
だが、管内では、不審船の密航者が行方不明になるという事件も発生。安積
たち強行犯係は、双方の案件を追うことになる。やがて、付近の海岸から濡れた
ウェットスーツが発見され、密航者が暗殺犯の可能性が――。安積たちは、
暗殺を阻止できるのか。(「暗殺予告」より)
新ベイエリア分署・安積班シリーズ、待望の文庫化!
(解説・末國善己)



「最前線」に大橋くん再登場!
神南署を出て5、6年経っているらしい…

一体いくつ?
バチスタみたいに、年表ないのかな…

年齢と桜井くんのキャラ設定がなんとなくすっきりしないけれど。
今野敏の短編はサラサラ読めて面白いからいいな


[今野敏]  [最前線]  [東京湾臨海署安積班]  [こんのびん

Fri2019.06.28


残照 今野敏

残照 今野敏
ハルキ文庫

2019.6.27

1
2

14
解説  長谷部史親


裏表紙より。

東京・台場で少年たちのグループの抗争があり、一人が刃物で背中を刺され
死亡する事件が起きた。直後に現場で目撃された車から、運転者の風間智也
に容疑がかけられた。東京湾臨海署(ベイエリア分署)の安積警部補は、交通
機動隊の速水警部補とともに風間を追うが、彼の容疑を否定する速水の言葉に、
捜査方針への疑問を感じ始める。やがて、二人の前に、首都高最速の伝説を
持つ風間のスカイラインが姿を現すが……。興奮の高速バトルと刑事たちの
誇りを描く、傑作警察小説。
(解説・長谷部史親)



安積 vs. 相楽。
パターンなのはわかっているけれど。
今回の相楽は狭量すぎないか…

敵対していたグループのリーダー柴本から目撃証言が取れた(p148)
から、風間犯人説、はいいとして。

現場から走り去ったもう一台の車は柴本のフェアレディ―Zだった
なんて話が出てきたら、私でも、柴本の証言が怪しいんじゃないかと思うけどな…

でも、なによりの疑問は
聞き込みをやり直した結果、犯行現場の近くに駐車していた
フェアレディーZの目撃証言が取れたところで(p216)

これで、当夜、柴本が現場にいたことが明らかになった

ん? ん? ん?

そもそも柴本の証言が、
乱闘の最中、吉岡を追っていったら走り去る風間を見かけ、
背中をナイフで刺された吉岡が倒れていた
って話なんだから。
柴本が現場にいたのは当たり前では…

なんだかすごく引っかかる。
解消できない

あと。
私の脳内では、速水がどうしても北村一輝
濃いなぁ…


[今野敏]  [残照]  [こんのびん

Tue2019.06.25


警視庁神南署 今野敏

警視庁神南署 今野敏
ハルキ文庫

2019.6.24

1
2

18
解説  関口苑生


裏表紙より。

東京・渋谷で銀行員が少年数人に襲われ、金を奪われる事件が起きた。新設
されて間もない神南署の安積警部補たちは、男の訴えにより捜査を開始した。
だが、数日後、銀行員は告訴を取り下げてしまう。一体何があったのか?そして
今度は複数の少年が何者かに襲われる事件が……。2つの事件を不審に感じた
刑事たちが、巧妙に仕組まれた犯罪に立ち向う!
ベイエリア分署シリーズの続編、待望の文庫化!
(解説・関口苑生)



“カップル”じゃなく“アベック”な時代。
不良債権問題とか。
かれこれ20年前? 30年前?
でもそんなに古さを感じさせない。

桜井くんがずっと26だか7だかな気がする…
それより、速水って安積より3歳くらい年下じゃなかったっけ?
いつから同い年?

安積がいつまでたっても村雨を悪く言うのは、
実はそんなに時間が経過していないから?

本筋とは関係ないけど…
気になる…


[今野敏]  [警視庁神南署]  [こんのびん