FC2ブログ
Home>ヤ(category)  TotalPages1

Sun2018.09.30


レ・ミゼラブル 上・下 ヴィクトル・ユゴー 永山篤一訳

レ・ミゼラブル 上・下 ヴィクトル・ユゴー 永山篤一訳
角川文庫

Les Miserables
Victor Hugo

2018.9.27

はじめに
第1部 ファンテーヌ
 正直者
 転落者
 信頼はあきらめに通じることもある
 転落
 ジャヴェール
 シャンマティユー事件
 反撃
第2部 コゼット
 ワーテルロー
 軍艦<オリオン>
 死者との約束を守るために
 ゴルボーの古屋敷
 咆哮(ほうこう)なき猟犬による、目に見えない追跡
 修道院
第3部 マリウス
 紆余曲折
 立派なブルジョア
 祖父と孫
 ABCの仲間
 不運もまた良し
 二つの星が出会うとき
 パトロン・ミネート
 悪質な貧乏人
第4部 サン・ドニ街と、プリュメ街にまつわる物語詩
 エポニーヌ
 プリュメ街の家
 終わりとはじまりは別
 脱走
 喜びと悲しみ
 どこへ?
 1832年6月5日
 一人の人間と大きなハリケーン
 コラント
 陰に踏み込んだマリウス
 絶望の価値
 ロム・アルメ街
第5部 ジャン・ヴァルジャン
 市街戦
 汚辱と高潔
 追跡をやめたジャヴェール
 孫と祖父
 白夜
 苦き杯の最後のしずく
 消えゆく黄昏
 最後の影、最高の夜明け
訳者あとがき
 

上巻・裏表紙より。

貧しいジャン・ヴァルジャンはパンを盗んだ罪で監獄に送りこまれて十数年もの
あいだ苦しみ、さらに出所後も差別に悩まされる。しかし、ある司教に出会った
ことで生まれ変わった彼は、まったくちがう人生を歩きはじめる。そして、不幸な
美女ファンテーヌと出会い、彼女を救おうとするが、執拗に追いまわすジャヴェール
警部が行く手に立ちふさがる。フランス文学の金字塔にして娯楽小説の真髄が、
コンパクトな新訳で登場!


下巻・裏表紙より。

あわただしい時代のなかで、貧しくても上昇志向でがんばっていた青年マリウス
は、ある美少女に恋をした。謎の男性といつも一緒のコゼットだ。彼女への思い
をつのらせる彼だったが、革命騒ぎのまっただなかに巻き込まれ、絶対絶命と
なる。そのとき、コゼットと一緒にいた男、ジャン・ヴァルジャンと再会した!
ジャヴェール警部、凶悪犯テナルディエなどもまじえながら、壮大な物語は感動
のクライマックスへと向かう――。



いつか読まなくちゃと思っていた『レ・ミゼラブル』
面白い
訳が新しいとこんなに読みやすいんだ…
と、感心しながら「訳者あとがき」を読んでびっくり

…一語一句そのまま原文を英訳したものから、説明したような過剰な部分をそぎ落とし、
なおかつ辻褄が合うように調整し、もとの半分弱のものに編集しなおして1960年代に
英米で発表した。
本書は、その翻訳である。


抄訳!
もとの半分!
しかも半分弱…

倍以上あるのか…

アンジョルラスとか十分語ってると思うんだけどな…

19世紀は偉大だが、20世紀はもっと幸せになれるだろう。その頃には、
もう古い歴史を引きずるようなものは残っていない。現在のような支配。
侵略。略奪。…武力行使による国家間の対立。…
世襲制度による指導者の誕生。…
いつまでも戦い続ける宗教戦争を心配することはなくなっているだろう。


ごめん、アンジョルラス。
21世紀になっても、みんな残ってる…

いつか完全版を読もう


[ヴィクトル・ユゴー]  [レ・ミゼラブル]  [永山篤一