FC2ブログ
Home>ベルンハルト・シュリンク(category)  TotalPages1

Mon2017.11.13


逃げてゆく愛 ベルンハルト・シュリンク 松永美穂訳

逃げてゆく愛 ベルンハルト・シュリンク 松永美穂訳
新潮社

Liebesfluchten
Bernhard Schlink

2017.11.11

もう一人の男
脱線
少女とトカゲ
甘豌豆(あまえんどう)
割礼
息子
ガソリンスタンドの女
訳者あとがき


カバーそでより。

最愛の妻の死後、見知らぬ男から届いた不審な手紙の謎を夫が探る
「もう一人の男」。遺された一枚の絵を手がかりに、息子が父親の
暗い過去をたどる「少女とトカゲ」。ほかに、妻と二人の愛人を
巧みに操っていた男の悲喜劇「甘豌豆」、「ガソリンスタンドの女」
など、全7篇。



「甘豌豆(あまえんどう)」、コメディも書けるのね^^

静かで美しい短編集でした。


[ベルンハルト・シュリンク]  [逃げてゆく愛]  [松永美穂

Tue2017.10.31


朗読者 ベルンハルト・シュリンク 松永美穂訳

朗読者 ベルンハルト・シュリンク 松永美穂訳
新潮文庫

Der Vorleser
Bernhard Schlink

2017.10.30




訳者あとがき
文庫版訳者あとがき


裏表紙より。

15歳のぼくは、母親といってもおかしくないほど年上の女性と恋に
落ちた。「なにか朗読してよ、坊や!」――ハンナは、なぜかいつも
本を朗読して聞かせて欲しいと求める。人知れず逢瀬を重ねる二人。
だが、ハンナは突然失踪してしまう。彼女の隠していた秘密とは何か。
二人の愛に、終わったはずの戦争が影を落していた。現代ドイツ文学の
旗手による、世界中を感動させた大ベストセラー。



再読。
あらすじを読んでも、思い出せなかったのが、
数ページ読んだとき、突然、

ああ
文盲だって明かせなくて、
強制収容所の看守として裁かれた裁判で弁解もできなくて、
一番重い罪を被せられて…

と、怒涛のように思い出した。

ミラクル

朗読者。

ミヒャエルって、こんな人生だったんだ。

ハンナは最後に絶望したんだろうか。
それとも、ある意味幸福の中で死んでしまったんだろうか。


[ベルンハルト・シュリンク]  [朗読者]  [松永美穂