Home>フィリップ・K・ディック(category)  TotalPages1

Tue2017.05.30


小さな黒い箱 フィリップ・K・ディック 大森望編

小さな黒い箱 フィリップ・K・ディック 大森望編
ハヤカワ文庫SF

The Little Black Box and Other Stories
Philip K. Dick

2017.5.29

小さな黒い箱
輪廻の車
ラウタヴァーラ事件
待機員
ラグランド・パークをどうする?
聖なる争い
運のないゲーム
傍観者
ジェイムズ・P・クロウ
水蜘蛛計画
時間飛行士へのささやかな贈物
訳者あとがき


裏表紙より。

謎の組織によって供給されるその金属の黒い箱は、別の場所の別人の思考へと
つながっていた……。『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』原型短篇である表題作、
タイムトラベルをテーマにした後期の傑作「時間飛行士へのささやかな贈物」、
近未来アメリカを描く政治風刺連作「待機員」「ラグランド・パークをどうする?」、
書籍初収録作「ラウタヴァーラ事件」をはじめ、政治/未来社会/宗教をテーマに
した全11篇を収録。



やっぱりディックの方が重いかなー。

でも「水蜘蛛計画」は笑った。
20世紀に出現したおびただしい数のプレコグ(予知能力者)
=SF作家
「マイノリティ・リポート」のプレコグとはえらい違い
(そしてなんだか今週TVで映画が放映されるみたい。
 シンクロニシティ

ポール・アンダースン?
ポール・ウイリアム・アンダースン…
知らない…

A.E.ヴァン・ヴォクト?
ハワード・ブラウン?
ジャック・ヴァンス?
ジャック・ウィリアムスン?
マーガレット・セント・クレア?
ロバート ブロック?
アンソニイ・バウチャー/アントニー・バウチャー?
ジェイムズ・ガン?

宇宙旅行が実現している未来に残っていたらしい
これらプレコグ達の作品が、
果たして今、どれだけ読みつがれているのかな…


The Little Black Box
The Turning Wheel
Rautavaara's Case
Stand-By
What'll We Do with Ragland Park?
Holy Quarrel
A Game of Unchance
The Chromium Fence
James P. Crow
Waterspider
A Little Something for Us Tempunauts


[フィリップ・K・ディック]  [小さな黒い箱]  [大森望