FC2ブログ
Home>タ(category)  TotalPages6 next

Thu2019.12.12


カッティング・エッジ ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳

カッティング・エッジ ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳
文藝春秋

THE CUTTING EDGE
Jeffery Deaver

2019.12.11

第1部 プロッティング  3月13日 土曜日
第2部 クリーピング  3月14日 日曜日
第3部 ソーイング  3月15日 月曜日
第4部 ブルーティング  3月16日 火曜日
第5部 ブリリアンティアリング   3月17日 水曜日
謝辞
訳者あとがき


カバーそでより。

 ダイヤモンド店で3人の男女が無惨に殺害された。被害者は婚約指輪を
受けとりにきたカップルとダイヤ加工職人。現場からはダイヤモンドも
持ち去られていた。科学捜査の天才リンカーン・ライムが捜査を担当
することになるも、犯行直前に店を訪れた人物が殺害され、さらには
やはり結婚間近の男女がダイヤモンドへの妄執を口にする男に襲撃され、
辛くも難を逃れる事件が起きる。連続する事件に振り回されるライムら
のもとに、「プロミサー」と名乗る人物から、婚約したカップルへの
異様な殺意を表明するメールが届いた。
 ライムは犯人を目撃した人物が市内を逃走中であることを知る。一方、
犯人も関係者を次々に殺害しながら、逃走する目撃者のあとを追う。
犯人より先に目撃者を確保するべく、ライムと仲間たちは必死の推理と
捜査を展開するが――
 ダイヤモンドをめぐる連続殺人は、やがて、ニューヨークを揺るがす
大犯罪へとつながってゆく。後半にさしかかるや、意外な事実が次々に
明かされ、事件の様相はめまぐるしく更新される。
名探偵VS完全犯罪計画の醍醐味を徹底追求した原点回帰の第14作。



『ブラック・スクリーム』の感想で、
次回に期待
なんて書いている

『ブラック・スクリーム』はイマイチだったのかしら…
(全然思い出せない)

『カッティング・エッジ』は面白かった!

ダイヤモンドの話で興味をそそられたうえでの、
どんでん返し、どんでん返し…

まさかこの話とあの話がつながるなんて!
からの、さらにひとひねり、ふたひねり…

そして最後はウォッチメイカー

びっくりした

ぜーんぶつながって、ほんとお見事!

次も楽しみ

でも、「訳者あとがき」によると、次はライムじゃないのかな。

日本語がおかしいところがあったんだけれど、
誤植かな。
間違いかな。
面白いのに、ときどき引っかかって興をそがれた
今までこんなことあったかな…


[ジェフリー・ディーヴァー]  [カッティング・エッジ]  [池田真紀子

Sun2019.06.09


あなたに似た人Ⅱ 新訳版 ロアルド・ダール 田口俊樹訳

あなたに似た人Ⅱ 新訳版 ロアルド・ダール 田口俊樹訳
ハヤカワ・ミステリ文庫

ROALD DAHL'S SHORT STORIES VOLUMEⅡ
ROALD DAHL

2019.6.5

サウンドマシン
満たされた人生に最後の別れを
偉大なる自動文章製造機
クロードの犬
<特別収録>
 ああ生命の妙なる神秘よ
 廃墟にて
モテる男は、危険で優雅な笑みを浮かべる  森晶麿


裏表紙より。

植物の「声」を聞く機械を発明した男が耳にしたものは? 小説自動作製
機は何を成し遂げるのか? 教養ある男が企んだ甘美な復讐のお味は?
……短篇の名手が、人生という道路に、時にぽっかりと口を開ける非日常
という落とし穴を描いて見せる非情でブラックな短篇の数々。
そして、田舎の魅力的かつ不可解きわまる楽しきカントリーライフを描く
一連の作品を収録。従来日本では単行本未収録だった短篇2作を加えた
新訳決定版



「廃墟にて」、たった2ページなのに、すごいショーゲキ


[ロアルド・ダール]  [あなたに似た人Ⅱ]  [新訳版]  [田口俊樹

Tue2019.06.04


あなたに似た人Ⅰ 新訳版 ロアルド・ダール 田口俊樹訳

あなたに似た人Ⅰ 新訳版 ロアルド・ダール 田口俊樹訳
ハヤカワ・ミステリ文庫

ROALD DAHL'S SHORT STORIES VOLUMEⅠ
ROALD DAHL

2019.5.29


おとなしい凶器
南から来た男
兵士
わが愛しき妻、可愛い人よ
プールでひと泳ぎ
ギャロッピング・フォックスリー
皮膚

願い

訳者あとがき


裏表紙より。

ある日とつぜん夫に別れを告げられた妻は、思わず夫の頭に一撃を
喰わせてしまった。刑事である夫の死体が目の前に転がっている。
まもなく夫の仲間の警官たちがやってくるにちがいない。さて、妻は
凶器をどうする? 短篇ミステリのスタンダードとしてあまりにも有名な
上記「おとなしい凶器」をはじめ、常軌を逸した賭けの行方や常識人に
突然忍び寄る非常識な出来事などを、短篇の名手が残酷かつ繊細に
描く11篇を収録する。



「おとなしい凶器」と「皮膚」がいい
「願い」も、誰もが1回はやったことがあるような、ありふれた光景を
こんなにも鮮やかに切り取って見せて、すごいなぁ


[ロアルド・ダール]  [あなたに似た人]  [新訳版]  [田口俊樹

Sun2018.12.02


ブラック・スクリーム ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳

ブラック・スクリーム ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳
文藝春秋

The Burial Hour
Jeffery Deaver

2018.12.1

第1部 死刑執行人のワルツ  9月20日 月曜日
第2部 トリュフ畑のある丘で  9月22日 水曜日
第3部 地下送水路  9月23日 木曜日
第4部 希望のない国  9月24日 金曜日
第5部 髑髏と骨と   9月25日 土曜日
第6部 ネズミの家  9月26日 日曜日
第7部 意味の音  9月27日 月曜日
第8部 トンボとガーゴイル  9月28日 火曜日
謝辞
訳者あとがき


カバーそでより。

シリーズ屈指の楽しさ&痛快さ。
名探偵ライム、連続誘拐犯<コンポーザー>を追ってイタリアへ――
 ニューヨークの路上で男が拉致されるのを少女が目撃した。やがて被害者の苦痛の
うめきをサンプリングした音楽とともに、監禁されて死に瀕している被害者の姿が動画
サイトにアップされた。アップロードしたのは「作曲家(コンポーザー)」を自称する人物。
捜査を依頼された科学捜査の天才リンカーン・ライムは現場に残された証拠物件から
監禁場所を割り出し、被害者を救出したものの、<コンポーザー>は国外に逃亡して
しまった。
 そして事件の場はイタリアへ――リビアからの移民が誘拐されたのだ。<コンポーザー>
の犯行だった。ナポリに飛んだ名探偵ライムとパートナーのアメリア・サックス、そして
ライムの介護士トム・レストンは、若き森林警備隊巡査エルコレとともに事件に挑む。
ニューヨークの白人とナポリの難民。被害者をつなぐものは何か?<漆黒の絶叫
(ブラック・スクリーム)>に駆りたてられる<コンポーザー>の目的は? アメリカ領事館
から持ち込まれた留学生の暴行事件も調査することになったライムは、想像を絶する
真相を探り当てることに……
 ライムの名推理、アメリアの勇壮、そしてドンデン返し。シリーズの楽しさをいっぱいに
詰め込んだ痛快至極のシリーズ第13作。



うーん…
面白いけど、ちょっと肩透かし。
移民問題なんて、まさに今だし。
たしかに、想像を絶する真相
ではあったけれど。



ま。
アメリアとライムがコモ湖でハネムーンなんて
ロマンチックな終わり方。

次回に期待
ということで。


[ジェフリー・ディーヴァー]  [ブラック・スクリーム]  [池田真紀子

Sat2018.07.28


白墨人形 C・J・チューダー 中谷友紀子訳

白墨人形 C・J・チューダー 中谷友紀子訳
文藝春秋

THE CHALK MAN
C.J.TUDOR

2018.7.24

プロローグ
2016年
1986年
2016年
1986年

2016年
1986年
2016年
1986年-1990年
2016年
2016年
2016年
2週間後
謝辞
訳者あとがき


カバーより。

最終ページに待ち受ける
おそるべき真相。
スティーヴン・キング強力推薦の
徹夜サスペンス。

あの夏。僕たちが見つけた死体。そのはじまりは何だったのか。
僕たちにもわからない。みんなで遊園地に出かけ、あの悲惨な
事故を目撃したときか。白墨のように真っ白なハローラン先生が
町にやってきたときか。それとも僕たちがチョークで描いた人形の
絵で秘密のやりとりをはじめたときか――
あの夏。僕には4人の友達がいた。太り気味のギャヴ、不良を
兄に持つミッキー、シングルマザーの息子ホッポ、そして牧師の
娘ニッキー。でも町では悲劇に至る不和が広がりはじめていた。
僕の母の診療所への反対運動をニッキーの父が煽り、ミッキーの
兄に悲劇が降りかかり、少女の妊娠騒ぎが起こり、そして、あの
事件が起きた。あの子が殺された。森で。バラバラになって。
見つけたのは僕たちだった。頭部はいまも見つかっていない。
そして現在。白墨人形の絵とともに、あの事件が甦る。事件は
解決したはずなのに……
光に満ちた少年の物語と、痛ましい犯罪悲劇とが交錯し、最終
ページに待ち受ける最後の一撃。叙情とたくらみに満ちた新鋭
のサスペンス。



白墨人形…
お人形じゃないですね。

「チョークマン」。
チョークで描いたヒトガタ。

最終章「2週間後」で明かされる真相もショーゲキ的だけれど。
最後の最後がほんとにすごい。

郵便――?

郵便――?

郵便――?

郵便……穴。そう、郵便穴だ。

郵便穴。決まってるじゃないか。


mailbox…

mailhole…

こわ

C・J・チューダー、女性なんだ。
スティーヴン・キングに絶賛された、これがデビュー作。

すごい


[C・J・チューダー]  [白墨人形]  [中谷友紀子