Home>カ(category)  TotalPages7 next

Tue2018.02.20


ブラック・ハート 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

ブラック・ハート 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳
扶桑社ミステリー

THE CONCRETE BLONDE
Michael Connelly

2018.2.19

1
2
3

33
<解説>90年代を代表するハードボイルド  吉野仁


上巻裏表紙より。

11人もの女性をレイプして殺した挙げ句、死に顔に化粧を施すことから
“ドールメイカー(人形造り師)”事件と呼ばれた殺人事件から4年――。
犯人逮捕の際、ボッシュは容疑者を発砲、殺害したが、彼の妻が夫は無実
だったとボッシュを告訴した。ところが裁判開始のその日の朝、警察に
真犯人を名乗る男のメモが投入される。そして新たにコンクリート詰めに
されたブロンド美女の死体が発見された。その手口はドールメイカー事件
と全く同じもの。やはり真犯人は別にいたのか?
人気の本格ハードボイルドシリーズ第3弾!


下巻裏表紙より。

コンクリート・ブロンド事件は、公式には未発表のドールメイカー事件の手口
に似ているため、捜査班は警察内部に近い人間による模倣犯罪であると睨む。
まず捜査線上に上ったのが風紀取締課のモーラ刑事。違法ポルノヴィデオ摘発
などに携わるうちに自らその世界にのめり込んでいるらしい、と噂の男だ。
留守をねらい単身、彼の家に侵入するボッシュ。おびただしい数のヴィデオ
テープの中にモーラ自身が出演しているものを見つけた彼は真犯人を突き止めた
と確信したのだが……。LAが舞台のシリーズ最新作。 <解説・吉野仁>



『ナイトホークス』、『ブラック・アイス』、『ブラック・ハート』と
順番通り読んでくると、改めて面白い。
やっぱり『ブラック・アイス』読んでよかった。
こんなに大切なシルヴィアなのに、次の『ラスト・コヨーテ』では
別れちゃうんだ…
(まったく覚えていない

今回、ボッシュとアーヴィングの関係は、なかなかいい感じ

「…(略)… あの陪審員どもには、ぎりぎりの場面に居合わせることが
どんなものかわかるはずがない。生命を失うか救うかを左右する判断を
迫られることはないのだ。一瞬で下さざるをえなかった判断なのであり、
その当否を1週間かけて吟味し、判定したところで無駄なのだ」

「いずれにせよ」やっとアーヴィングがいった。「この結論にたどりつくまで、
わたしは4年かかった。だが、結論を出せないよりも遅れた方がましなのだ」


アーヴィン・アーヴィング、いいヤツじゃん
このままいい感じでいければいいのにね…


[マイクル・コナリー]  [ブラック・ハート]  [ハリー・ボッシュ]  [古沢嘉通

Mon2018.02.12


ブラック・アイス マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

ブラック・アイス マイクル・コナリー 古沢嘉通訳
扶桑社ミステリー

THE BLACK ICE
Michael Connelly

2018.2.1

1
2

34

解説 ハリー・ボッシュに関する一考察  関口苑生


裏表紙より。

モーテルで発見された麻薬課刑事ムーアの死体。殺人課のボッシュはなぜか捜査
から外され、内務監査課が出動した。状況は汚職警官の自殺。しかし検屍の結果、
自殺は偽装であることが判明。興味を持ったボッシュは密かに事件の裏を探る。
新しい麻薬ブラック・アイスをめぐる麻薬組織の対立の構図を知ったボッシュは、
鍵を握る麻薬王ソリージョと対決すべくメキシコへ……ハリウッド署のはぐれ刑事
ボッシュの執念の捜査があばく事件の意外な真相!『ナイトホークス』に続く傑作
ハードボイルド第2弾。 <解説・関口苑生>



エレノア・ウィッシュがすっかり「過去の女」になっていて
ちょっと悲しい。

そして、あっさり未亡人のシルヴィア・ムーアに運命を感じてしまうボッシュ。
なんなんだ、ハリー・ボッシュ。
モテモテなうえに惚れっぽい

死んだハズの男が生きてる…

またもや『長いお別れ』か。

シルヴィアが『長いお別れ』から引用するシーンもある。

“自分が自分にしかけた罠ほど致命的なものはない”そこを読むたびに、
わたしは夫のことを考えてしまいます。それに自分のことを。


それにしても。

棚には、緑の格子縞のスーツケースと、“スネーク”という文字がプリントされて
いる白い箱が載っていた。


これが手掛かり

アパートのクローゼットにはいっていた“スネークス”のブーツ・ボックスのことを
考える。手掛かりは明白だった。


全然わかりませんでした。


途中、ボッシュが自分の父親の葬儀を回想するシーンで、

おそらくボッシュより数歳年上の義理の兄が、…

義理の兄はいまやトップクラスの被告側弁護士になり、ボッシュは警官になっていた。
おたがいいちども言葉を交わしたことはなく、おそらくけっして交わそうとはしないだろう。


これって、ミッキー・ハラーのこと?
ボッシュの方が年上だと思ってた。
なんでだろ。

ともあれ、やっぱりハリー・ボッシュシリーズは面白い


[マイクル・コナリー]  [ブラック・アイス]  [ハリー・ボッシュ]  [古沢嘉通

Sun2018.02.04


ナイトホークス 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

ナイトホークス 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳
扶桑社ミステリー

THE BLACK ECHO
Michael Connelly

2018.2.1

1 5月20日 日曜日
2 5月21日 月曜日
3 5月22日 火曜日
4 5月23日 水曜日
5 5月24日 木曜日
6 5月25日 金曜日
7 5月26日 土曜日
8 5月27日 日曜日
9 5月28日 月曜日 戦没将兵記念日(メモリアル・デー)
エピローグ
解説 予感の第1作  穂井田直美


上巻裏表紙より。

ブラック・エコー。地下に張り巡るトンネルの暗闇の中、湿った空虚さの中に
こだまする自分の息を兵士たちはこう呼んだ……。パイプの中で死体で発見された、
かつての戦友メドーズ。未だヴェトナム戦争の悪夢に悩まされ、眠れぬ夜を過ごす
刑事ボッシュにとっては、20年前の悪夢が蘇る。事故死の処理に割り切れなさを
感じ捜査を強行したボッシュ。だが、意外にもFBIが介入。メドーズは、未解決の
銀行強盗事の有力容疑者だった。孤独でタフな刑事の孤立無援の捜査と、哀しく
意外な真相をクールに描く長編ハードボイルド。


下巻裏表紙より。

ボッシュは身内であるロス市警の監視に邪摩されながらもFBIの女捜査官エレノア
との捜査を継続。なんとかメドーズの仲間らしき人物を特定するが、片や事件の
目撃者の少年は何者かに殺されてしまう。同時に銀行強盗事件の洗い直しで不審な
ヴェトナム人を発見、男に会いに行こうとした矢先、ボッシュらは謎の車に殺さ
れかける。やはり内通者が…ボッシュの疑念が増す中、事件は新たな局面へ。
ヴェトナムを生き抜いた一匹狼の刑事が迷い込む、迷路のようなLAの悪夢を描き
切る、期待の新鋭の力作。     <解説・穂井田直美>



『ナイトホークス』、読んでるハズなのに。
たぶん2回は読んでいるハズなのに。
全然覚えてない…

エレノア・ウィッシュ。
エレノア・ベーカー…
ともすれば、頭の中がキャンディ・キャンディ

これがマイクル・コナリーの1作目なんだ
すごい


[マイクル・コナリー]  [ナイトホークス]  [ハリー・ボッシュ]  [古沢嘉通

Tue2018.01.30


ブラックボックス 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

ブラックボックス 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳
講談社文庫

THE BLACK BOX
Michael Connelly

2018.1.25

白雪姫 1992年
第1部 銃の散歩 2012年
第2部 言葉と写真
第3部 放蕩息子の刑事
白雪姫 2012年
訳者あとがき
マイクル・コナリー著作リスト

上巻裏表紙より。

ロス暴動大混乱の最中に発生し、まともに捜査ができず心に残っていた
ジャーナリスト殺害事件から20年。すべての事件には解決につながる
「ブラックボックス」があるという信念のもと、ロス市警未解決事件班
ボッシュは再捜査を開始。市警上層部の政治的圧力による監視をくぐり
抜け、単独で事件を追いかける。


下巻裏表紙より。

ジャーナリスト殺人はボッシュにとって最初の未解決事件でもあった。
薬莢を最新鑑識技術で調べると、凶器の銃が他の殺人にも使用されていた
ことが判明。捜査の末に発見した銃から削り取られたシリアルナンバーを
復元すると、湾岸戦争当時の軍との関わりが明らかとなる。事件は急転、
不穏な展開を見せ始めた。



20年前の事件の真相がわかった後、
冒頭に戻ると、きれいに輪がとじる。

すごい!

にしても。
娘のマディ(マデリン)との関係は良好だし。
ハンナともいい関係なボッシュ。

に比べて、かわいそうなハラー…


[マイクル・コナリー]  [ブラックボックス]  [ハリー・ボッシュ]  [古沢嘉通

Mon2018.01.29


転落の街 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

転落の街 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳
講談社文庫

THE DROP
Michael Connelly

2018.1.23

1
2

42
訳者あとがき
マイクル・コナリー著作リスト


上巻裏表紙より。

絞殺体に残った血痕(DROP)。DNA再調査で浮上した容疑者は当時8歳の少年だった。
ロス市警未解決事件班のボッシュは有名ホテルでの要人転落(DROP)事件と並行して
捜査を進めていくが、事態は思った以上にタフな展開を見せる。2つの難事件の深まる
謎と闇! 許されざる者をとことん追い詰めていく緊迫のミステリー!


下巻裏表紙より。

ホテルから転落した市議の息子は殺害されたのか自殺だったのか。背後にはロス市警の
抱える積年の闇が潜んでいた。一方、絞殺事件は未曾有の連続殺人事件へと発展する。
冷厳冷徹に正義を貫き捜査を進めるボッシュ。仲間や愛娘に垣間見せる優しい姿と、
陰惨な事件との対比が胸に迫る不朽のハードボイルド小説!



ジョージ・アーヴィング、『長いお別れ』のテリー・レノックスみたい。
ギャッツビーの世界も混ざりあって、脳内で重厚感が増していく

にしても。
ボッシュとチューが追い詰めた連続殺人鬼がすごい。
これだけで1冊の本になりそうなのに、出てくるのは下巻の数十ページ。
マイクル・コナリー、うまいなぁ


[マイクル・コナリー]  [転落の街]  [ハリー・ボッシュ]  [古沢嘉通