FC2ブログ
Home>カ(category)  TotalPages10 next

Mon2019.04.15


任務の終わり 上・下 スティーヴン・キング 白石朗訳

任務の終わり 上・下 スティーヴン・キング 白石朗訳
文藝春秋

END OF WATCH
Stephen King

2019.4.11

2009年4月10日マーティン・ストーヴァー
Z 2016年1月
ブレイディ
黒もどき(ブラキッシュ)
<図書館(ライブラリー)>アル
バッドコンサート・ドットコム
自殺のプリンス
<頭と毛皮(ヘッズ&スキンズ)>
後日
著者あとがき
訳者あとがき


上巻・カバーより。

メルセデス事件の生存者たちが次々に自殺を遂げる。
退職刑事ホッジズ、底知れぬ悪意の迷宮へ。

 相棒のホリーとともに探偵社を営む退職刑事ホッジズのもとに、現役時代にコンビを組んでいた
ハントリー刑事から、現場に来てほしいという連絡が入った。事件は無理心中。6年前に起きた暴走
車による大量殺傷事件で重篤な後遺症を負った娘を、母親が殺害後に自殺したものとみられた。
だがホッジズとホリーは現場に違和感を感じ、少し前にも6年前の事件の生存者が心中していたこと
を突き止める。これは単なる偶然なのか?
 一方、6年前の事件の犯人、ブレイディは、いま脳神経科クリニックに入院していた。大規模な
爆破事件を起こそうとして直前で阻止されたブレイディは、その際に脳に重傷を負い、後遺症で、
意思疎通も困難な状態にあった。だが、その周囲で怪事が頻々と発生する。看護師、師長、主治医
……彼らに何が起きているのか?
 エドガー賞受賞の傑作『ミスター・メルセデス』でホッジズと死闘を演じた“メルセデス・キラー”が、
静かに動き出す。恐怖の帝王がミステリーに挑んだ三部作完結編、得体の知れぬ悪意が不気味な
胎動をはじめる前半戦がここに開始される!


下巻・カバーより。

何かが起きようとしている、とても忌まわしい何かが!
退職刑事ホッジズは悪夢の秒読みを止められるか。

 メルセデス・キラーが何かを画策している。だが病室を出ることもできない彼に、いったい何ができると
いうのか?主治医や病院職員らの奇怪な行動の目的は?何の確証も得られぬまま、謎の連続自殺事件
の調査を開始した退職刑事ホッジズとホリーだったが、ついに彼らの愛する者の身にまで、死の触手は
伸びてくる。
 唯一の手がかりは携帯ゲーム機<ザピット>。単純なゲームがいくつもインストールされた、すでに製造
中止となったマシンが、連続する事件の現場で見つかっていた。素朴な音楽とともに色とりどりの魚たちが
泳ぐ他愛ないゲームに、いったいどんな忌まわしい秘密が隠されているのか?
 一歩一歩、惨劇を実行する計画を進めるメルセデス・キラー。一歩一歩、真相へ迫るホッジズと仲間たち。
ついに<恐怖の帝王>が封印を解き、ミステリーとホラーが渾然となったサスペンスが沸騰する!
キングにしか書けない最強のミステリー、完結。



『ミスター・メルセデス』、『ファインダーズ・キーパーズ』、
そして、『任務の終わり』。
3部作の3部目がやっと出た

『ミスター・メルセデス』は、本格的なミステリーという話だったけれど。
結局ホラーというか超常現象の嵐^^
キングにしては、あっさり終わっちゃったなぁ…
ちょっと物足りない。

最後、ホッジズのガンが消えちゃうんじゃないかと思ったんだけれど…
『グリーンマイル』的なファンタジーではないのね。


[スティーヴン・キング]  [任務の終わり]  [白石朗

Tue2019.03.26


邪悪 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳

邪悪 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳
講談社文庫

DEPRAVED HEART
Patricia Cornwell

2019.3.25


上巻・裏表紙より。

ハリウッド大物の娘の死を警察は事故と判断しているが、州検屍局長
スカーペッタは疑念を抱く。それはさながら誰かが彼女だけにわかる
よう、死体に証拠を残しているかのようだった。FBIの家宅捜索など
様々な妨害に遭いながら事件の背後にある秘密を明らかにしていく一方、
愛する姪のルーシーに危険が迫る。


下巻・裏表紙より。

最愛の姪ルーシーをつけ狙う元FBIの女(キャリー)にフロリダ沖で太腿を
撃たれ瀕死の重傷を負った州検屍局長スカーペッタ。2ヵ月後、復帰した
殺害事件現場で不審な動画メールを受け取る。それはFBIインターン中の
若きルーシーの部屋を盗撮した邪悪な映像の数々だった。宿敵キャリーの
執拗な魔の手が再び忍び寄る!



なんだろー…
結局これを飛ばして『烙印』にいっても
何の問題もないような…

というか。
『烙印』でキャリーの実在が証明されるけど。
『邪悪』で広げたデータ・フィクションの話が
『烙印』でちっとも回収されていないような…

まだ続くのか
何年引っ張るんだろー…


[パトリシア・コーンウェル]  [邪悪]  [池田真紀子

Wed2019.03.20


標的 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳

標的 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳
講談社文庫

FLESH AND BLOOD
Patricia Cornwell

2019.3.19


上巻・裏表紙より。

休暇旅行を間近に控えたスカーペッタの周辺で、奇妙な事柄が
続いていた。不審なツイートが届いたうえに、何者かに身辺を
探られている形跡もある。そうした中、自宅近隣で射殺事件が発生。
やがてスカーペッタは、それがじつは綿密に仕掛けられた計画犯罪で、
真犯人からの“挑戦状”でもあることを察知した。


下巻・裏表紙より。

それは、十三年の歳月を経た復讐劇の幕開けだった。
スカーペッタの自宅近隣で発生した射殺事件、関係者の殺害。
そして、関連性があるとは思われなかった別の事件が一つ
ところに収まり、恐るべき全体像が明らかになっていく。
スカーペッタを待ち受ける驚愕の真相。それを知った時、
暗殺者の凶弾が放たれた!



2016年2月に読んでるのを再読。

結局、最後の1行、
パチン
がわからなかった…


[パトリシア・コーンウェル]  [標的]  [池田真紀子

Wed2019.03.13


贖罪の街 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

贖罪の街 上・下 マイクル・コナリー 古沢嘉通訳
講談社文庫

THE CROSSING
Michael Connelly

2019.3.11

上巻・裏表紙より。

ボッシュはロス市警退職を余儀なくされ、異母弟のリンカーン弁護士ミッキー・ハラーを
代理人に立てロス市警への異議申し立ての訴訟をおこなっている。2015年2月に、女性
公務員が自宅で強姦の上、撲殺された。被害者の体に残された精液のDNAが合致し
逮捕されたのは、ハラーの古くからの顧客だった。



下巻・裏表紙より。

容疑者フォスターは更生した元ギャング。刑事弁護士に協力するのは警察官仲間には
裏切り行為と見られることから協力を渋っていたボッシュだが、事件に興味を抱きハラー
の陣営に加わった。謎の悪徳警官二人組がことごとく事件調査に介入し妨害をはかり、
真相に迫ろうとするボッシュに次々と危機が襲いかかる。



上巻と下巻が一緒に来ず。
しかも、上巻を返して1週間空いての下巻だったので、
途中で上巻を読み返すこともできず。
(でも問題ないかな)

ハリー・ボッシュとミッキー・ハラー。
いつのまにか、娘同士まで仲良し。

刑事モノと弁護士モノの楽しさがいっぺんに味わえて
お得な1冊


[マイクル・コナリー]  [贖罪の街]  [ハリー・ボッシュ]  [ミッキー・ハラー]  [古沢嘉通

Tue2019.03.12


烙印 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳

烙印 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳
講談社文庫

CHAOS
Patricia Cornwell

2019.3.7

上巻・裏表紙より。

ボストン郊外の静かな夕暮れ、チャールズ川沿いに自転車を走らせていた、23歳の
エリサ・ヴァンダースティールの死体があたかも雷に打たれたかのような状態で発見
された。検屍局長ケイ・スカーペッタはこれが神の偶然の行為ではないことを事件現場
で直観し、何の痕跡もない謎の感電死の真相に迫ろうとする!


下巻・裏表紙より。

匿名サイバーテロリストから奇妙な詩(メッセージ)が届き、事件は複雑な様相を呈し
始める。その脅迫メッセージは止まらず、調査を進めるケイとその周辺にもいよいよ
危険な気配が漂い出す。天才ハッカー・姪のルーシーに助けを求めるが、元FBIの
サイコパスで、邪悪かつ凶悪な宿敵、キャリーの影がまた再び忍び寄ってくる。



冒頭、冴えない様子のスカーペッタの描写が続く。
どうしたの、ケイ?
スタイリッシュでモテモテだったんじゃないの?
やっぱり10歳若返るのは無茶だったのかしら…

ルーシーが30代半ばになってるのに、
さて。
ケイとドロシーはいくつの設定なんだか。

でも、さすがパトリシア・コーンウェル、
ページをめくる手が止まらない。
面白い。

しかし。
やっぱり敵はキャリーなのか。
それしかいないのか。

今回も結局死んでないしなー…
スティーヴン・キングのなんかのラストみたいに
復活の予感。

あれ?
『標的』は読んだ気がするけど。
『邪悪』って読んだっけ?

ブログ内検索して出てこないってことは、
読んでないんだー

ほんとに?
ついに検屍官シリーズ新刊出たのに読まずにスルー。
しかも。
それに気づいてもいなかった。

検屍官シリーズ愛の悲しい末路


[パトリシア・コーンウェル]  [烙印]  [池田真紀子