FC2ブログ
Home>ア(category)  TotalPages3 next

Sun2020.01.26


ロボット・イン・ザ・ハウス デボラ・インストール 松原葉子訳 酒井駒子画

ロボット・イン・ザ・ハウス デボラ・インストール 松原葉子訳 酒井駒子画
小学館文庫

A ROBOT IN THE HOUSE
Deborah Install

2020.1.21

1 ジャスミン
2 遮断機
3 ああ言えばこう言う
4 骨折り仕事
5 解雇
6 本
7 庭の厄介者
8 千里の道も一歩から
9 屋内遊戯場
10 ローラースケート
11 チャイルドロック
12 ライセンスとチップ
13 動力
14 尋問
15 フェンスの向こう側
16 注意義務
17 サカナを探せ
18 中へ
19 ホース・オブ・ザ・イヤー
20 焼きハリネズミ
21 ロボット・イン・ザ・ガーデン
22 タオル
23 ロマンス
24 送信中止
25 つないだ手
26 怒鳴り合い
27 酔っ払いタング
28 クリスマスの光
29 苦難を越えて
30 外へ
31 ロジック
32 帰宅
33 天国
エピローグ
訳者あとがき  松原葉子


裏表紙より。

 AIが活躍する近未来のイギリス。妻に去られた三十代ダメ男のベンと、
庭に現れたぽんこつ男の子ロボット・タングの旅と友情、成長を描いた
『ロボット・イン・ザ・ガーデン』。多くの「タング・ロス」の声に
応え、続編が登場。
 ベンと元妻エイミーに女の子ボニーが誕生して9ヵ月。二人は微妙な
関係のまま、タングとボニーの両親として暮らしていた。お兄ちゃんに
なったタングは、妹のお世話をしようと大奮闘。喜んだりやきもちを
焼いたりとてんやわんや。そんなある日、庭にまた一体のロボットが…。
人間とロボットの絆を描く、面倒くさくも愛おしい家族の物語。



タングもボニーもかわいい


[デボラ・インストール]  [ロボット・イン・ザ・ハウス]  [松原葉子]  [酒井駒子

Sun2020.01.19


ロボット・イン・ザ・ガーデン デボラ・インストール 松原葉子訳 酒井駒子画

ロボット・イン・ザ・ガーデン デボラ・インストール 松原葉子訳 酒井駒子画
小学館文庫

A ROBOT IN THE GARDEN
Deborah Install

2020.1.17

1 負け犬
2 沈黙
3 ガムテープ
4 プレミアム
5 杓子定規
6 ルームサービス
7 ガラス
8 ワイルドでいこう!
9 生きとし生けるもの
10 展示品
11 ディーゼル
12 セキュリティ
13 楽あれば苦あり
14 公職機密
15 一歩前へ
16 ラスト・リゾート
17 魚
18 ジェイムズ
19 シャンパン
20 誤作動
21 脱出不能
22 帰宅
23 クリスマス
24 市民(シビック)の務め
25 スクランブル
26 超音波
27 ボール遊び
28 てんやわんや
29 デジャビュ
著者あとがき
謝辞
訳者あとがき


裏表紙より。

 AI(人工知能)の開発が進み、家事や仕事に就くアンドロイドが日々
モデルチェンジする近未来のイギリス南部の村。弁護士として活躍する
妻エイミーとは対照的に、親から譲り受けた家で漫然と過ごす34歳の
ベン。そんな夫に妻は苛立ち夫婦は崩壊寸前。
 ある朝、ベンは自宅の庭で壊れかけた旧型ロボットのタングを発見。
他のアンドロイドにはない「何か」をタングに感じたベンは、作り主を探そうと、
アメリカへ。中年ダメ男とぽんこつ男の子ロボットの珍道中が始まった……。
 タングの愛らしさに世界中が虜になった、抱きしめたいほどかわいくて
切ない物語。



タングかわいい
けど。
世界中が虜になるほどのかわいらしさか…?

ヨシタケシンスケが描くロボットみたい
色々中途半端だけど、
さくさく読めてほんわか気分


[デボラ・インストール]  [ロボット・イン・ザ・ガーデン]  [松原葉子]  [酒井駒子

Wed2019.08.14


タイタンの妖女 カート・ヴォネガット・ジュニア 浅倉久志訳

タイタンの妖女 カート・ヴォネガット・ジュニア 浅倉久志訳
ハヤカワ文庫SF

THE SIRENS OF TITAN
Kurt Vonnegut,Jr.

2019.8.13

1 ティミッドとティンブクツーのあいだ
2 電信室の喝采
3 ユナイテッド・ホットケーキ優先株
4 テント貸します
5 見知らぬ英雄からの手紙
6 戦時脱走兵
7 勝利
8 ハリウッドのナイトクラブで
9 解けたパズル
10 奇跡の時代
11 われわれはマラカイ・コンスタントを憎む、なぜならば……
12 トラルファマドール星からきた紳士
エピローグ ストーニイとの再会
訳者あとがき
新装版の刊行に寄せて
カート・ヴォネガット著作リスト
『タイタンの妖女』について/太田光


裏表紙より。

時空を超えたあらゆる時と場所に波動現象として存在する、ウィンストン・ナイルズ・
ラムファードは、神のような力を使って、さまざまな計画を実行し、人類を導いていた。
その計画で操られる最大の受難者が、全米一の大富豪マラカイ・コンスタントだった。
富も記憶も奪われ、地球から火星、水星へと太陽系を流浪させられるコンスタントの
行く末と、人類の究極の運命とは? 巨匠がシニカルかつユーモラスに描いた感動作。



28、9の青年が『タイタンの妖女』を「ムリっす。全然読めないです」
と言っていたので。
どんな話だっけ、と借りてみる。

あぁ…
こういう文章か。
リズムに慣れれば大丈夫。
だけど…

うーん


[カート・ヴォネガット・ジュニア]  [タイタンの妖女]  [浅倉久志

Mon2019.02.18


モーターマウスにご用心 ジャネット・イヴァノヴィッチ 川副智子訳

モーターマウスにご用心 ジャネット・イヴァノヴィッチ 川副智子訳
ソフトバンク文庫

MOTOR MOUTH
Janet Evanovich

2019.2.16

1
2

16
エピローグ
訳者あとがき


裏表紙より。

エンジニアの不審な死、インチキ・レースの疑惑。NASCARをめぐって大規模な不正
が行なわれている? 真相を探りだすため、あたしとフッカーはライバル・チームの
輸送トラックを盗みだすが、トラックのなかからチーム・オーナーの全裸死体が!
絶体絶命の窮地、ロマンスも絶不調のバーニーが、エンジニアの意地をかけて勝負
を挑む注目のシリーズ第2弾。



『モーターマウスにご用心』…
ご用心…orz
面白いのに…

第3弾は出たんだろーか…


[ジャネット・イヴァノヴィッチ]  [モーターマウスにご用心]  [川副智子

Sun2019.02.17


あたしはメトロガール ジャネット・イヴァノヴィッチ 川副智子訳

あたしはメトロガール ジャネット・イヴァノヴィッチ 川副智子訳
ソフトバンク文庫

METRO GIRL
Janet Evanovich

2019.2.14

1
2

15
エピローグ
訳者あとがき


裏表紙より。

あたしはバーニー。整備工場経営の父親から自動車について学び、レース出場の
経験もある。そんなあたしの人生は、弟からの電話で一変した。しばらく留守にする
が、秘密にしてくれという。背後で女の悲鳴が聞こえて電話は切れた。あたしは弟の
住むマイアミに飛ぶが、そこで待っていたのは殺人事件と花形レーサー、サムとの
出会いだった……メカについてはお手のもの、タフでキュートバーニー初登場!



なんてこったい
カテゴリに「ジャネット・イヴァノヴィッチ」がなかったなんて

そんなに長いことジャネット・イヴァノヴィッチ読んでなかったんだ…

というか。
まったく新作が出ないもんなぁ…
気配もない

タイトルがなー…
なんなんだ「メトロガール」って

最後の最後に

あんたはメトロセクシャルって言葉の新たな発展型、
いうなれば“メトロガール”ね


これか。
この一言か。

原題なんだろーと思ったら、

METRO GIRL

え…

そーですか。
原題でしたか。
でも、『あたしはメトロガール』にしなくたって…
『あたしはメトロガール』じゃ売れない気がする…
こんなに面白いのに…


[ジャネット・イヴァノヴィッチ]  [あたしはメトロガール]  [川副智子