Home>4(tag)  TotalPages1

Thu2015.05.07


プリズンホテル 4 春 浅田次郎

プリズンホテル 4 春 浅田次郎
集英社文庫

2015.5.6

1 「うんと長生きして、
  文化勲章を貰うまでは、
  決して死にはしない」
   ――偏屈な小説家は言った。

2 「折も桜の花の下、
  お役人さんお仲間さんにゃお名残り惜しうござんすが、
  これにてご免こうむりやす」」
   ――死にぞこねの懲役は別れを告げた。

3 「ええ、神様。どうかご利益(りやく)を。
  本日の勝負はメインレースのカチホマレ。
  一気の逃げ切り……」
   ――クスボリ社長は神前に手を合わせた。

4 「ツカレタカラチョット旅ニ出マス」
   ――富江はそう書き置いた。

5 「いいかシゲ。極道てえのは、
  まずやさしくなけりゃいけねえ。強くなくちゃならねえ。
  つまり、辛抱のきく男ってえことだ」
   ――仲蔵親分は若者に杯を与えた。

6 「早まるんじゃねえぞ。
  向こうが仕掛けるまで撃ち返しちゃならねえ」
   ――番頭は従業員たちに命じた。

7 「おう、若(わけ)えの。
  おまえさん、八代目の子分かえ」
   ――老侠客は跡目を睨みつけた。

8 「ゆんべあの桜の名前ェを考えついたんだ。
  『放免桜』っての。どうだ、いい名前ェだろう」
   ――仲蔵親分はぽつりと呟いた。

9 「私だって現役の役者だもの。
  ママとかおかあさんって呼ばれるのはいやだわ」
   ――狐目の女優はぶっきらぼうに言った。

10 「がんばれ。待っているから」
   ――千両役者はベンツの窓ごしに言った。

11 「そういったお訊ねにはお答えいたしかねます。
  ご容赦下さいませ」
   ――支配人は記者の質問をきっぱりと拒否した。

12 「せつねえっ! それァあんまり
  せつねえじゃござんせんかい、おじき」
   ――仲蔵親分はボケ老人に懇願した。

13 「おめえは邪魔だ。俺以外はみんな邪魔だよ。
  そっくり同じことのできるやつなんて
  いるはずねえからな」
   ――板長は厨房を見渡しながら言った。

14 「ぜったいにフォーカスされないところで暮らします。
  ピンサロがまずければソープで働きます」
   ――小説家の妻は離縁を願い出た。

15 「こんな外道に、頭下げることァないぜよ。
  わしァ、弱い者をいたぶるような男は好かんですけえ」
   ――バーテンは客を睨みつけた。

16 「まあ何にせえ木戸の親分のお膝元で
  荒事に及ぶわけにも行くめえ。
  若い者がとんがらねえうちに、
  消えちめえ」
   ――兄貴分は岡林を睨みつけた。

17 「おまえ、こったら痩せちまって……
  苦労したんではないかい。
  悪い男にだまされたりしてはなかったろうな」
   ――教師は教え子を抱きしめた。

18 「すまねえが、今晩バクチを打(ぶ)たせちゃもらえねえか。
  なに、大それた盆なんざいらねえ」
   ――俣オジは言いづらそうに呟いた。

19 「ちょっとばかり仕事ができるからって、
  つけ上がるのもたいげえにしろ」
   ――板長はシェフを怒鳴りつけた。

20 「半方丁方、駒そろいました。
  ようござんすね。
  どちらさんも、ようござんすね」
   ――親分は右手にツボ、左手に二つの賽を挟んだ。

21 「何でせにゃならねえんだ。
  男が重々考えて、
  よしと決めてやったこっちゃねえか」
   ――老侠客は明快に答えた。

22 「いろんなことがあったけど、俺、
  あのころまじめだったから」
   ――偏屈な小説家はふとやさしい顔になった。

23 「銭ァいくらだって回しやす。
  極楽に行くも地獄を見るも、きょうてえきょうは
  気の済むまで打(ぶ)とうじゃござんせんか」
   ――仲蔵親分は紋付の双肌を脱いだ。

24 「ママ、おとうさんが、ジョーシしちゃいます。
  とめなきゃ」
   ――少女は慄えながら母の袖を引いた。

25 「きっと何かいまわしい事件が起こったんだ。
  ああ、イヤな予感がする」
   ――支配人は廊下の先を見つめた。

26 「なあ、旦那。あんた今日一晩で、
  人生を変えてみる気はねえか」
   ――老人は瞳を炯炯(けいけい)と輝かせながら言った。

27 「何べん言ったらわかる!
  いつまでもこんなところにウロウロするんじゃねえ。
  帰(けえ)れ、帰れったら、帰れっ!」
   ――板長は身を慄わせて怒鳴った。

28 「正義は決して屈してはならない。
  すべての悪を、俺はたださねばならない」
   ――老刑事はよろよろと立ち上がった。

29 「男はやさしいだけじゃいけねえ。
  強くって、やさしくって、辛抱のきくてえのが、
  本物の男なんだぜ」
   ――老侠客は疲れた目を細めて言った。

30 「かっちけねえ。これで地獄の閻魔様も、
  ちったァお仕置きに手心を加えて下さることだろうぜ。」
   ――老侠客は満開の花を見上げた。

31 「お控えなさんし!
  どうか、どうかあっしに免じて、
  ここはマイクをお控え下さいまし」
   ――仲オジは報道陣を怒鳴りつけた。

32 「私は春の申し子。咲き匂う花と大地の子――
  そして、誇り高き、オフェーリアの子!」
   ――少女は花の中で叫んだ。

旅の終わりに
プリズンホテルの思い出  浅田次郎
解説  中井美穂


裏表紙より。

義母の富江は心の底から喜んだ。孝之介が文壇最高の権威
「日本文芸大賞」の候補になったというのだ。これでもう思い残す
ことはない……。忽然と姿を消した富江。その行方を気に病み
ながらも、孝之介たちは選考結果を待つべく「プリズンホテル」へ。
果たして結果はいかに? 懲役五十二年の老博徒や演劇母娘
など、珍客揃いの温泉宿で、またしても巻き起こる大騒動。
笑って泣ける感動の大団円。


ちょっとだけ読んで寝るつもりが、
結局、読み終わるまでやめられなかった

あーあ。
プリズンホテル、全4巻、終わっちゃった…

面白かったー

良く考えると、なんだかおかしなところとか、
回収されずに終わったようなところもあるけれど。
勢いにのって読んで、あー面白かったーで終わる。
That's Entertainment

いやでも、やっぱり富江が気になる…


[浅田次郎]  [プリズンホテル]  [4]  []  [あさだじろう

Sat2015.01.03


ここはボツコニアン 4 ほらホラHorrorの村 宮部みゆき

ここはボツコニアン 4 ほらホラHorrorの村 宮部みゆき
集英社

2014.12.25

登場人物紹介
第7章
 ほらホラHorrorの村・5
 ほらホラHorrorの村・6
 ほらホラHorrorの村・7
サブイベントその2
 カイロウ図書館
 カイロウ図書館・2
 カイロウ図書館・3
 カイロウ図書館・4
第8章
 サンタ・マイラ代理戦争
 サンタ・マイラ代理戦争・2
 サンタ・マイラ代理戦争・3
巻末付録
 宮部みゆきの 突撃! トリセツに逆インタビュー


久しぶりの「ボツコニアン」の新刊。
せっかく『三国志』になじんだ… ような気がしたのに、
いつの間にか別世界。
これ… 面白いんかなー…
『ここはボツコニアン 3』の後半の展開覚えてないから、
話が見えない…
やっぱり苦行だ…
(じゃ、読まなきゃいいのに… でもシリーズも4だしねー…)

途中から『宇宙戦争』だの『攻殻機動隊』だの
ちょいちょい出てくるなーと思っていたら、
がっつりSFネタがでてきて、ちょっと真剣に。

フォボスは火星の衛星!
っていうのは、萩尾望都の『スターレッド』でしょ

『未知との遭遇』のあの五音
アシモフ
ハインライン
グレッグ・イーガン?
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
バリントン・J・ベイリー?
ジャック・フィニイ
バラード?
クライトン
オースン・スコット・カード?
コニー・ウィリス?
伊藤計劃
ディックって…P・K・ディック?
最後に小松左京…

それにしても、ほんと、トライポッドっていつ埋めたんだろー…


[宮部みゆき]  [ここはボツコニアン]  [4]  [ほらホラHorrorの村]  [みやべみゆき