FC2ブログ
Home>辻村深月(tag)  TotalPages2 next

Sun2018.07.29


宮辻薬東宮 宮部みゆき 辻村深月 薬丸岳 東山彰良 宮内悠介

宮辻薬東宮
宮部みゆき 辻村深月 薬丸岳 東山彰良 宮内悠介
講談社

2018.7.25

人・で・なし   宮部みゆき
ママ・はは   辻村深月
わたし・わたし   薬丸岳
スマホが・ほ・し・い   東山彰良
夢・を・殺す   宮内悠介


みや・つじ・やく・とう・ぐう、と読むのか。
大極宮(たいきょくぐう)的ななにかかと思ってしまった。

ただの短編集ではなく、前のヒトからバトンを受け継いで書いたそうで。
宮部みゆきの書き下ろし短編を読んで、辻村深月が短編を書き下ろし。
それを薬丸岳が読んで、短編を書き下ろし。
それを東山彰良が読んで、短編を書き下ろし。
それを宮内悠介が読んで、短編を書き下ろし。

順番に読まなくちゃいけないのね。
そして最後に居酒屋だるまのエピソードにつなげているけれど。
残念。
宮部みゆきの方は、学生風の男女6人組。

東山彰良って、『女の子のことばかり考えていたら、1年が経っていた。』のヒトだよね。
ここから何となくつながってない感が。

こんな本を作ろうと考え付くのもすごいし、実現しちゃうところがすごい


[宮辻薬東宮]  [宮部みゆき]  [辻村深月]  [薬丸岳]  [東山彰良]  [宮内悠介

Thu2018.06.14


凍りのくじら 辻村深月

凍りのくじら 辻村深月
講談社文庫

2018.6.12

プロローグ
第1章 どこでもドア
第2章 カワイソメダル
第3章 もしもボックス
第4章 いやなことヒューズ
第5章 先取り約束機
第6章 ムードもりあげ楽団
第7章 ツーカー錠
第8章 タイムカプセル
第9章 どくさいスイッチ
第10章 四次元ポケット
エピローグ
主な参考資料
解説  瀬名秀明


裏表紙より。

藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、その作品を愛する父が失踪して5年。
高校生の理帆子は、夏の図書館で「写真を撮らせてほしい」と言う一人の
青年に出会う。戸惑いつつも、他とは違う内面を見せていく理帆子。そして
同じ頃に始まった不思議な警告。皆が愛する素敵な“道具”が私たちを
照らすとき――。



写真のサインが“A.ASHIZAWA”
芦沢A?
光… ヒカリ… コウじゃなくて?
そういえば、最初から振り仮名なかったよな。
戻って確認するも、やっぱりない。

で。
あきら?

なんか気が付いちゃって残念。

『冷たい校舎の時は止まる』の次の次の作品?
そっち系か…

理帆子が自分はたくさん本を読む頭がいいコだって
(心の中で)言い続けるのがうっとーしいけれど
それなりに面白く読んでて…

あぁ… またこれか。

ちょっと興ざめ。

やっぱり『島はぼくらと』がらしくなかったんだな


どこでもドア

行き先を告げると(作品『ドラえもん』の中では言わないことも多いが)、
ドアの向こうが行き先に繋がり、
ドアをくぐれば目的地に行くことができる。

カワイソメダル
これをつけた動物を見ると、誰でもかわいそうでたまらなくなる。

もしもボックス
電話ボックスの中の受話器を取り、「もしもこんな世界があったら」と話す。
外に出ると、その通りの世界になっている。

いやなことヒューズ
これを襟首につけておけば、ひどく嫌な時ヒューズが切れたようになって何も感じなくなる。
しばらくすれば復活するが、息も脈も止まって気絶した状態になる。

先取り約束機
これに約束すれば、その結果を先取りすることができる。
約束したことは後で必ず実行しなければならない。

ムードもりあげ楽団
一人の人間について行き、その人物の遭遇する状況やそこでの感情の動きに合わせて
音楽を演奏して気持ちを盛り上げてくれる。

ツーカー錠
二色に分かれたカプセル錠。
この薬を分け合った二人の間では、どんな会話もツーカーで通じる。
ただし、心に思ったことがすっかり通じてしまうため、嘘がつけなくなる。

タイムカプセル
なんでも新しいままで保存できるカプセル。
たとえばアイスクリームだって一万年しまっておける。

どくさいスイッチ
独裁者はこれを使って、自分に反対する者、邪魔になるものを次々と消していく。

四次元ポケット
ドラえもんのおなかについているポケットと同じもの。
中が四次元になっていて、何でも入る。
ドラえもんは、数々の秘密道具をここにしまって、出し入れする。


[辻村深月]  [凍りのくじら]  [つじむらみづき

Fri2018.05.04


時の罠 辻村深月 万城目学 湊かなえ 米澤穂信

時の罠 辻村深月 万城目学 湊かなえ 米澤穂信
文春文庫

2018.5.1

タイムカプセルの8年 辻村深月
トシ&シュン 万城目学
下津山縁起 米澤穂信
長井優介へ 湊かなえ


裏表紙より。

辻村深月、万城目学、湊かなえ、米澤穂信――。
綺羅、星のごとく輝く人気作家たちによる、<時>をテーマにしたアンソロジー。
小学校時代に埋めたタイムカプセルがほどくこじれた関係、配置換えになった
「縁結び」の神様の新たな仕事、人類には想像もつかない悠久なる物語……。
<時間>が築いたきらびやかな迷宮へ、ようこそ――。



読んで… ないよね?

「タイムカプセルの8年」の後、「長井優介へ」を読んでしまったので、
どちらも同じような読後感。
どちらも希望ある終わり方なのだけれど、いまひとつすっきりしない。

「トシ&シュン」は読んだよね。
『パーマネント神喜劇』か。
これだけ切り出されて、初読のヒトも面白いのかしら。

米澤穂信は、意表を突いた“時の物語”でした。

もう1つ2つ、物語があってもいいのでは…
というボリューム


[時の罠]  [辻村深月]  [万城目学]  [湊かなえ]  [米澤穂信

Sun2018.04.29


島はぼくらと 辻村深月

島はぼくらと 辻村深月
講談社文庫

2018.4.27





解説  瀧井朝世


裏表紙より。

瀬戸内海に浮かぶ島、冴島(さえじま)。朱里(あかり)、衣花(きぬか)、源樹
(げんき)、新(あらた)の四人は島の唯一の同級生。フェリーで本土の高校に
通う彼らは卒業と同時に島を出る。ある日、四人は冴島に「幻の脚本」を探しに
きたという見知らぬ青年に声をかけられる。淡い恋と友情、大人たちの覚悟。
旅立ちの日はもうすぐ。別れるときは笑顔でいよう。



最後の1章残して、『モモコとうさぎ(大島真寿美)』に行き。
『モモコとうさぎ』を1/5くらい残して『ゴーフォワード!(花形みつる)』に。
そして、『ゴーフォワード!』をちょっと残して、
『島はぼくらと』に戻って、めでたく読了。

決してつまらなかったとか、読むのが苦痛とかではなく。
単に通勤時間と荷物と読める分量の問題。

面白かったー
ごくまっとうに青春小説。
辻村深月なのに

最後きれいにまとめすぎな気もするけど。
こんなにさわやかに終わるとは…
辻村深月なのに

ほっこり


[辻村深月]  [島はぼくらと]  [つじむらみづき]  [五十嵐大介

Wed2014.09.10


盲目的な恋と友情 辻村深月

盲目的な恋と友情 辻村深月
新潮社

2014.9.8


友情


まず恋の話。
茂実星近(しげみほしちか)と一瀬蘭花(いちのせらんか)。

『恋』を読み終わったところで、『友情』読まなくていいかな、
と思ってしまった

傘沼留利絵(るりえ)側から見たお話が語られるワケでしょ?
留利絵の話には付き合いたくないなぁ…

なので、最後だけ拾い読み。
え? 今さら警察?
よくわからなくて、『友情』を最初から拾い読み…

ふーん…

そんな状況で、スマホに血つくかな?
(ご丁寧に、引きちぎったネックレスにも)
蘭花の指紋ついてるのかな?

そもそも警察って、こんなタイミングで踏み込むものか?
それはないんじゃないか…

やっぱり『恋』だけでやめればよかった。

ヒグチユウコの装画が素敵
そしてなぜか、私の頭の中では、茂実がエレカシの宮本浩次
端正な顔立ちで、白いシャツの襟がピシっとしている宮本さんが
消えない…


[辻村深月]  [盲目的な恋と友情]  [つじむらみづき