FC2ブログ
Home>辰巳渚(tag)  TotalPages1

Wed2018.06.27


辰巳渚 逝去

辰巳渚 逝去
享年52歳

辰巳渚さんが、6月26日、亡くなりました。
享年52歳。

そもそも、断捨離だって、ミニマリストだって、
『「捨てる!」技術』から始まった…

“家事塾”だけじゃなくて、“生活の学校”を立ち上げて
さぁこれからってときに。
株式会社生活の学校の設立会見って、ほんの1か月前くらい?

あっけない…

ご冥福をお祈りします。


[辰巳渚]  [捨てる!」技術]  [家事塾]  [生活の学校

Mon2015.10.19


もっと軽やかな人づきあいのための 「断る!」作法 辰巳渚

もっと軽やかな人づきあいのための 「断る!」作法 辰巳渚
宝島社

2015.10.17

はじめに
第1章 人づきあいは「お断り」がむずかしい
第2章 「断る」ための考え方
 1 「招待」を断る ~行きたくない場合は、たいてい楽しめない~
 2 「贈り物」を断る ~好意をたいせつにするために断る
 3 「お返し」を断る ~「たんすの肥やし」を増やさないために~
 4 「もてなし」の場で断る ~相手の心遣いを「うっとうしい」に変えないために~
 5 「近所づきあい」で断る ~「淡きこと水のごとし」で行くために~
 6 「家族のつきあい」で断る ~ささやかな積み重ねだからごまかさない~
 7 「頼みごと」で断る ~「できること」をしてあげればいい~
 8 「公共の場」で断る ~赤の他人だから断り方が難しい~
 9 「お店」で断る ~「いい買い物をしたな」と思えるように~
 10 「売り込み」を断る ~隙がなければ売りようがない~
 11 「身の始末」で断る ~自分の意思をたいせつにする~
第3章 「断る」ための手段
 1 「手紙」で断る
 2 「電話」で断る
 3 「メール」で断る
 4 「会って」断る
 5 人を介して断る
 6 何もしないことで断る
第4章 断られじょうずになるための考え方
あとがき


そーなのよ。
セットで買うより、欲しいものだけ買うべきだし。
持ち込まなければ増えないのよ。

2005年11月…
もう10年も前の本になるんだ…


[辰巳渚]  [もっと軽やかな人づきあいのための]  [「断る!」作法]  [たつみなぎさ

Sat2014.07.05


片づけられない親のための 幸せの生前整理 辰巳渚

片づけられない親のための 幸せの生前整理 辰巳渚
家の光協会

2014.6.29

はじめに
序章 親の家の片づけに悩む人が増えている
 親の生前整理、あなたは放っておけますか?
 私が「生前整理」に取り組むようになったわけ
 なぜこんな思いをのこすのか
 いつまでも後悔の念がのこっている
 親子関係がぎくしゃくしたり、お金の負担も
 「生前整理」はしないと困ること
 こんな困ったことが起きる
 だからこそ子どもの出番
1章 親といっしょに生前整理を考えるタイミング
 余命宣告を受けて「生前整理」に向きあう
 「余命」ではないタイミングを見つけるのは子どもの役目
 人生の節目には片づけがある
 生前整理は人生の節目に行うものと考えよう
 「生前整理」をすることで、親の安心・安全も考えられる
 切りだすタイミングに迷ったら
 この先の「節目」を確認しよう
 親のモノの整理は、自分自身の人生の整理になる
 生前整理は親子で早くから行うといいことがたくさんある
 <コラム>① 親の「記憶期」を幸せにするためには
2章 親を「その気」にさせる言葉のレッスン
 わかっていてもできないのが生前整理
 親の気持ちを受けとめよう
 どう返事をする? ―― 同じ内容でも言葉遣いで受け取り方が変わる
 なんと切りだせばいいか? ―― 「片づけようか」からはじめてみる
 親がその気にならないときは無理にすすめない
 思いたったときに親の背中を押してあげる
3章 生前整理のモノの捨て方、のこし方
 モノは「私」が生きる価値観を表している
 子ども世代が困っている親のモノ
 モノを整理する手順① 基本編
   Step1 現状を把握する
   Step2 どこから取りかかるか、場所と範囲を決める
   Step3 なにをいつまでにやるか決める
   Step4 作業に取りかかる
 モノを整理する手順② 実践編 クローゼットの片づけ
 「捨てる/のこす」の判断基準①
 「捨てる/のこす」の判断基準② 「使える/使うのフローチャート」
 「捨てる」先の探し方
 家1軒分の不用品をまるごと処分すると30~40万円
 こういうモノはどう処分したらいいか
 <コラム>② リサイクルの方法
      ③ ゴミの捨て方
      ④ 親と共有しておきたい情報
4章 のこしたモノとともに暮らす
 親の片づけ方の癖を見つける
 劇的には変わらないし、変えてはいけない
 収納テクニックよりも癖を修正する
   「上」にモノを置く癖
   →「上」に置くのと同じくらい楽に戻せる場所を作る
   置いたら片づけたつもりになる癖
   →「元に戻す」ための定位置を作る
   きちんと詰めこむ癖
   →取りだしやすく、戻しやすくが基本
   空いている部屋に押しこんでしまう癖
   →納戸部屋と定める
 親世代に伝えたいちょっとした収納のコツ
   ラベルを貼る/しょるいは種類ごとにファイリングする/食器を取りだしやすくする/
   一目でわかるように収納する/ワンアクションで戻せるようにする
おわりに


[辰巳渚]  [片づけられない親のための]  [幸せの生前整理]  [たつみなぎさ