FC2ブログ
Home>角田光代(tag)  TotalPages4 next

Mon2018.12.10


私はあなたの記憶のなかに 角田光代

私はあなたの記憶のなかに 角田光代
小学館

2018.12.6

父とガムと彼女
猫男
神様のタクシー
水曜日の恋人
空のクロール
おかえりなさい
地上発、宇宙経由
私はあなたの記憶のなかに


角田光代ってこんなお話書く人だっけ?

面白い♪とサクサク読み進めていたら、
「空のクロール」がいじめのお話。
油断してた…

でも、「空のクロール」のいや~な後味が、
「私はあなたの記憶のなかに」を読み終わる頃には
払拭されてる

読み直すなら、最初の一編と最後の3つかな。


[角田光代]  [私はあなたの記憶のなかに]  [かくたみつよ

Fri2018.08.31


月と雷 角田光代

月と雷 角田光代
中公文庫

2018.8.30


月と雷
解説――物語を破壊する女たち  小池昌代


裏表紙より。

幼いころ、泰子の家でいっとき暮らしをともにした見知らぬ女と男の子。
まっとうとは言い難いあの母子との日々を忘れたことはない泰子だが、
ふたたび現れた二人を前に、今の「しあわせ」が否応もなく揺さぶられ
て――水面に広がる波紋にも似た、偶然がもたらす人生の変転を、
著者ならではの筆致で丹念に描く力作長編小説。 <解説>小池昌代



角田光代だなぁ…

智(さとる)と泰子はそれなりに幸せなんだろうけれど。
明日花ちゃんが幸せになれることを切に願う


[角田光代]  [月と雷]  [かくたみつよ

Sat2018.08.25


笹の舟で海をわたる 角田光代

笹の舟で海をわたる 角田光代
新潮文庫

2018.8.24

1
2
3

43
解説  悪も正義も、人生にはかかわりがない  千野帽子


裏表紙より。

朝鮮特需に国内が沸く日々、坂井左織は矢島風美子に出会った。陰湿ないじめに
苦しむ自分を、疎開先で守ってくれたと話す彼女を、しかし左織はまるで思い出せ
ない。その後、左織は大学教師の春日温彦に嫁ぐが、あとを追うように、風美子は
温彦の弟潤司と結婚し、人気料理研究家として、一躍高度成長期の寵児となって
いく……。平凡を望んだある主婦の半生に、壮大な戦後日本を映す感動の長篇。



本の帯より。

悪意は
過去に
置いてきた、
はずだった。

「本の雑誌」 2014年 第1位



んー…
そもそも佐織に「悪意は過去に置いてきた」なんて自覚はなかったのでは。

結局、風美子が誰なのか、風美子の過去もよくわからず、
読後に爽快感・達成感はない。

けれど。
人生ってそういうものかも。

そしてやっぱり『春にして君を離れ(アガサ・クリスティー)』が浮かぶ。

でも。
『春にして君を離れ』よりはハッピーエンドなのかな。

物語にはさまれる昭和から平成のエピソードが、
わざとらしいくらいくっきりしていて。
そこが、
壮大な戦後日本を映す
ってところかとは思うけれど。
感動の長篇
かなー
長かったけれど。

「感動の長篇」、
ではないけれど、
面白かった。


[角田光代]  [笹の舟で海をわたる]  [かくたみつよ

Sat2018.06.30


きみが見つける物語 十代のための新名作 運命の出会い編

きみが見つける物語 十代のための新名作 運命の出会い編
あさのあつこ 魚住直子 角田光代 笹生陽子 森絵都 椰月美智子
角川文庫

2018.6.25

世界の果ての先   角田光代
薄桃色の一瞬に   あさのあつこ
電話かかってこないかな   笹生陽子
赤土を爆走   魚住直子
十九の頃   椰月美智子
17レボリューション   森絵都


裏表紙より。

偶然、近くの席に座ったから。共通点があったから。それとも、正反対だったから?
私たちは出会いと別れを繰り返し、成長し続けていく――。 旬の作家が集結、
それぞれが描いた出会いと別れの物語とは? いま読みたい名作を厳選した
ラインアップでおくる、短編小説集『きみが見つける物語 十代のための新名作』。
「 運命の出会い編」には、 あさのあつこ、魚住直子、角田光代、笹生陽子、
森絵都、椰月美智子の傑作短編を収録。



笹生陽子(さそうようこ)、魚住直子(うおずみなおこ)、椰月美智子(やづきみちこ)は、
初、かな。

「電話かかってこないかな」は、いい感じ。
「赤土を爆走」は、ちょっと… いじめの話は苦手。
「十九の頃」、「稲村ジェーン」に「真夏の果実」か。切ない…

笹生陽子、椰月美智子、機会があったら読んでみよう。


[きみが見つける物語]  [十代のための新名作]  [運命の出会い編]  [あさのあつこ]  [魚住直子]  [角田光代]  [笹生陽子]  [森絵都]  [椰月美智子

Sat2018.06.09


恋のトビラ 好き、やっぱり好き。 石田衣良 角田光代 嶽本野ばら 島本理生 森絵都

恋のトビラ 好き、やっぱり好き。
石田衣良 角田光代 嶽本野ばら 島本理生 森絵都
集英社文庫

2018.6.7

ドラゴン&フラワー 石田衣良
卒業旅行 角田光代
Flying Guts 獄本のばら
初恋 島本理生
本当の恋 森絵都


裏表紙より。

素敵な出会いがない、好きな人はいるのにもう一歩が踏み出せない――
そんなあなたに人気作家5人が贈る、抱きしめたくなるほどいとおしい
ラブストーリー。大学で知り合った危険な匂いのする先輩、旅先の孤独感
から連れ出してくれた男性、オフィスで一目惚れした眼鏡の似合う彼……
女の子の心の鍵を開けてくれる男性との出会いが詰まってます。読むだけ
で恋したくなる、とびきりのアンソロジー。


えーと。
きっと、森絵都の「本当の恋」から引っ張ってきたんだな。

石田衣良って、こんな短編書くんだ。

角田光代は、自身の旅体験が生きてるんだろーなぁ。

「動けなくなったら、目を見開いてただ見るんだ。ずっと見ていると、
そこは知った場所になる。知った場所になれば、どう動き出せばいいかが
だんだんわかってくる。何があってもおれらはなんにもなくさないってことが、
わかってくる」


なるほど。

獄本のばら…
この長さで嶽本野ばらの魅力を感じるのは難しいかも。

島本理生、森絵都がよかったな。


[石田衣良]  [角田光代]  [嶽本野ばら]  [島本理生]  [森絵都