Home>荻原浩(tag)  TotalPages1

Sun2017.03.05


短編工場 集英社文庫編集部

短編工場 集英社文庫編集部
浅田次郎 伊坂幸太郎 石田衣良 荻原浩 奥田英朗 乙一 熊谷達也 桜木紫乃 桜庭一樹 道尾秀介 宮部みゆき 村山由佳
集英社文庫

2017.3.1

かみさまの娘   桜木紫乃
ゆがんだ子供   道尾秀介
ここが青山   奥田英朗
じごくゆきっ  桜庭一樹
太陽のシール   伊坂幸太郎
チヨ子   宮部みゆき
ふたりの名前   石田衣良
陽だまりの詩   乙一
金鵄のもとに   浅田次郎
しんちゃんの自転車   荻原浩
川崎船   熊谷達也
約束   村山由佳


裏表紙より。

読んだその日から、ずっと忘れられないあの一編。思わずくすりとしてしまう、
心が元気になるこの一編。本を読む喜びがページいっぱいに溢れるような、
とっておきの物語たち。2000年代、「小説すばる」に掲載された短編作品から、
とびきりの12編を集英社文庫編集部が厳選しました。人気作家たちの短編が
この1冊で楽しめる、贅沢なアンソロジーです。今までにない極上の読書体験を
あなたに。


桜木 紫乃は『ホテルローヤル』。
桜庭 一樹は『私の男』。
桜庭 一樹、『私の男』と『荒野』は好きだけど、
『赤朽葉家の伝説』はイマイチだったんだよな…
そして、どちらも女性。

『かみさまの娘』と『じごくゆきっ』、
どっちがどっちかわからなくなる…

『金鵄のもとに』で、ん?
なんか古くない…?
『川崎船(じゃっぺ)』でまたもや、
古くない…?
最後の『約束』も、なんか古い…
巻末の初出を見ると、2002年、2000年、2000年。
古くないのか…

本を読む喜びがページいっぱいに溢れるような、
とっておきの物語たち

ではなかったな…
物語たちって…


[短編工場]  [浅田次郎]  [伊坂幸太郎]  [石田衣良]  [荻原浩]  [奥田英朗]  [乙一]  [熊谷達也]  [桜木紫乃]  [桜庭一樹

Thu2016.08.11


ハードボイルド・エッグ 荻原浩

ハードボイルド・エッグ 荻原浩
双葉文庫

2016.8.8


裏表紙より。

フィリップ・マーロウに憧れ、マーロウのようにいつも他人より
損をする道を選ぶことに決めた「私」と、ダイナマイト・ボディ
(?)の秘書が巻き込まれた殺人事件。タフさと優しさを秘めた
ハードボイルド小説の傑作。
【読むときの注意点】1・笑いじわに気を着けること。2・ぽろぽろ
泣けるから、人のいるところでは読まないこと。



『海の見える理髪店』より面白かった

こういう臭そうな描写が続く話は好きではないのだけれど、
不思議とあまり気にならなかった。

“ハードボイルド”って出てくるから、
点が甘くなっているのかなー…

べつにポロポロ泣けたりはしないけれど、
『海の見える理髪店』の順番が
なかなか回ってこないみなさん、
こちらも読んでみてください。

あと『押入れのちよ』も。


[荻原浩]  [ハードボイルド・エッグ]  [おぎわらひろし

Sat2016.08.06


海の見える理髪店 荻原浩

海の見える理髪店 荻原浩
集英社

2016.8.

海の見える理髪店
いつか来た道
遠くから来た手紙
空は今日もスカイ
時のない時計
成人式


荻原浩の新刊が出たときに予約したのが、
タイミングよくまわってきた
第155回直木賞受賞作

連作短編かと思っていたら、独立した短編集。

どうやら、奥田英朗の『向田理髪店』と混同していたよう

「空は今日もスカイ」にデジャヴを感じていたら、
『あの日、君と Girls』に入っていたのか。

古いのか?

初出は…

海の見える理髪店 … 2012.12
いつか来た道 … 2015.10
遠くから来た手紙 … 2014.1
空は今日もスカイ … 2012.3
時のない時計 … 2014.12
成人式 … 2015.12

「海の見える理髪店」、2012年かー

ちょっと、うーん…


[荻原浩]  [海の見える理髪店]  [おぎわらひろし

Wed2015.07.15


冷蔵庫を抱きしめて 荻原浩

冷蔵庫を抱きしめて 荻原浩
新潮社

2015.7.14

ヒット・アンド・アウェイ
冷蔵庫を抱きしめて
アナザーフェイス
顔も見たくないのに
マスク
カメレオンの地色
それは言わない約束でしょう
エンドロールは最後まで


「ヒット・アンド・アウェイ」、「冷蔵庫を抱きしめて」がいい感じできて、
油断したところに「アナザーフェイス」… こわっ

「エンドロールは最後まで」は、前に読んだなぁ…

あと。 おぎわらひろ、じゃなくて、ひろし。
有川浩は、ひろ、女性。


[荻原浩]  [冷蔵庫を抱きしめて]  [おぎわらひろし

Wed2013.05.15


最後の恋 MEN'S つまり、自分史上最高の恋。

最後の恋 MEN'S つまり、自分史上最高の恋。
新潮文庫

2013.5.14

僕の舟           伊坂幸太郎
3コデ5ドル         越谷オサム
水曜日の南階段はきれい   朝井リョウ
イルカの恋         石田衣良
桜に小禽          橋本紡
エンドロールは最後まで   荻原浩
七月の真っ青な空に     白石一文


◇僕の舟 伊坂幸太郎

水兵リーベ僕の舟… 懐かしい。
40年前のたった4日間の恋の相手、60年前の初恋の相手を
探してくるのは、探偵の黒澤。
あぁ… 黒澤さん、他の作品にも出てくるよね。
「流行語を叫ぶな、と学校で教わらなかったのか」
教わらない、教わらない


◇3コデ5ドル 越谷オサム


◇水曜日の南階段はきれい 朝井リョウ

朝井リョウ、こっぱずかしいくらいキラキラしてます
いいなぁ… 朝井リョウ


◇イルカの恋 石田衣良


◇桜に小禽 橋本紡


◇エンドロールは最後まで 荻原浩

荻原浩、なんとなく有川浩と混同してしまう
あれ… 「図書館戦争」の… じゃないんだ…
(しかも有川浩は、女性
「三匹のおっさん」… も、有川浩…
「押入れのちよ」が、荻原浩ね。


◇七月の真っ青な空に 白石一文

余韻が美しい


[最後の恋]  [MEN'S]  [つまり、自分史上最高の恋。]  [朝井リョウ]  [伊坂幸太郎]  [石田衣良]  [荻原浩]  [越谷オサム]  [白石一文]  [橋本紡