Home>短編工場(tag)  TotalPages1

Sun2017.03.05


短編工場 集英社文庫編集部

短編工場 集英社文庫編集部
浅田次郎 伊坂幸太郎 石田衣良 荻原浩 奥田英朗 乙一 熊谷達也 桜木紫乃 桜庭一樹 道尾秀介 宮部みゆき 村山由佳
集英社文庫

2017.3.1

かみさまの娘   桜木紫乃
ゆがんだ子供   道尾秀介
ここが青山   奥田英朗
じごくゆきっ  桜庭一樹
太陽のシール   伊坂幸太郎
チヨ子   宮部みゆき
ふたりの名前   石田衣良
陽だまりの詩   乙一
金鵄のもとに   浅田次郎
しんちゃんの自転車   荻原浩
川崎船   熊谷達也
約束   村山由佳


裏表紙より。

読んだその日から、ずっと忘れられないあの一編。思わずくすりとしてしまう、
心が元気になるこの一編。本を読む喜びがページいっぱいに溢れるような、
とっておきの物語たち。2000年代、「小説すばる」に掲載された短編作品から、
とびきりの12編を集英社文庫編集部が厳選しました。人気作家たちの短編が
この1冊で楽しめる、贅沢なアンソロジーです。今までにない極上の読書体験を
あなたに。


桜木 紫乃は『ホテルローヤル』。
桜庭 一樹は『私の男』。
桜庭 一樹、『私の男』と『荒野』は好きだけど、
『赤朽葉家の伝説』はイマイチだったんだよな…
そして、どちらも女性。

『かみさまの娘』と『じごくゆきっ』、
どっちがどっちかわからなくなる…

『金鵄のもとに』で、ん?
なんか古くない…?
『川崎船(じゃっぺ)』でまたもや、
古くない…?
最後の『約束』も、なんか古い…
巻末の初出を見ると、2002年、2000年、2000年。
古くないのか…

本を読む喜びがページいっぱいに溢れるような、
とっておきの物語たち

ではなかったな…
物語たちって…


[短編工場]  [浅田次郎]  [伊坂幸太郎]  [石田衣良]  [荻原浩]  [奥田英朗]  [乙一]  [熊谷達也]  [桜木紫乃]  [桜庭一樹