FC2ブログ
Home>熱帯(tag)  TotalPages1

Mon2018.12.31


熱帯 森見登美彦

熱帯 森見登美彦
文藝春秋

2018.12.30

第1章 沈黙読書会
第2章 学団の男
第3章 満月の魔女
第4章 不可視の群島
第5章 『熱帯』の誕生
後記


正直、「やっと終わった~」

第2章「学団の男」の白石さんが語る、

「小説なんて読まなくたって生きていけます」
… (中略) …
「でも本当にそうなんですかね?」


そして、しばらく小説から遠ざかっていた白石さんが、
久しぶりに小説でも読んでみようかなと思い立って
買った文庫本が『プリズンホテル【1】』。
夢中で読み終えると、続きの3冊を走って買いに行き、
読み続け…

わかる
『プリズンホテル』一気読み
森見登美彦、nice

ここから先の、小説を読むことについて語られることに
いちいち納得して、
快調に読み進めていたのだけれど…

第3章「満月の魔女」からやや失速しだし…
第4章「不可視の群島」で…

しかも。
第3章は池内が白石さんに語っていたハズで。
だから第4章で島に流れ着いたのも池内のハズなのに。
第5章の終わりで、

佐山尚一、と僕は呟く。佐山尚一。
… (中略) …どうして思い出せなかったのだろう。
それは僕自身の名前なのだ。


おっとぉ

なんか佐山尚一が帰ってきた世界はパラレルワールドっぽいし。

だから、最後に私=佐山尚一が池内に声をかけられる世界では、
『熱帯』は森見登美彦が書いた本になっている。

完全に見失った…
どうせ迷子になるなら、森見登美彦お得意の
京都の宵闇の中でさまよいたい。

うーん…
読み直した方がいい気がするけれど。
読み直すかなぁ…


古書肆 こしょし 古本屋
  なぜ「書肆」を「しょし」って読めたんだろー…



[森見登美彦]  [熱帯]  [もりみとみひこ