FC2ブログ
Home>森見登美彦(tag)  TotalPages2 next

Mon2018.12.31


熱帯 森見登美彦

熱帯 森見登美彦
文藝春秋

2018.12.30

第1章 沈黙読書会
第2章 学団の男
第3章 満月の魔女
第4章 不可視の群島
第5章 『熱帯』の誕生
後記


正直、「やっと終わった~」

第2章「学団の男」の白石さんが語る、

「小説なんて読まなくたって生きていけます」
… (中略) …
「でも本当にそうなんですかね?」


そして、しばらく小説から遠ざかっていた白石さんが、
久しぶりに小説でも読んでみようかなと思い立って
買った文庫本が『プリズンホテル【1】』。
夢中で読み終えると、続きの3冊を走って買いに行き、
読み続け…

わかる
『プリズンホテル』一気読み
森見登美彦、nice

ここから先の、小説を読むことについて語られることに
いちいち納得して、
快調に読み進めていたのだけれど…

第3章「満月の魔女」からやや失速しだし…
第4章「不可視の群島」で…

しかも。
第3章は池内が白石さんに語っていたハズで。
だから第4章で島に流れ着いたのも池内のハズなのに。
第5章の終わりで、

佐山尚一、と僕は呟く。佐山尚一。
… (中略) …どうして思い出せなかったのだろう。
それは僕自身の名前なのだ。


おっとぉ

なんか佐山尚一が帰ってきた世界はパラレルワールドっぽいし。

だから、最後に私=佐山尚一が池内に声をかけられる世界では、
『熱帯』は森見登美彦が書いた本になっている。

完全に見失った…
どうせ迷子になるなら、森見登美彦お得意の
京都の宵闇の中でさまよいたい。

うーん…
読み直した方がいい気がするけれど。
読み直すかなぁ…


古書肆 こしょし 古本屋
  なぜ「書肆」を「しょし」って読めたんだろー…



[森見登美彦]  [熱帯]  [もりみとみひこ

Sun2018.11.04


ペンギン・ハイウェイ 森見登美彦

ペンギン・ハイウェイ 森見登美彦
角川文庫

2018.10.30

episode 1 海辺のカフェ
episode 2 観測ステーション
episode 3 森の奥
episode 4 ペンギン・ハイウェイ
解説  萩尾望都


裏表紙より。

ぼくはまだ小学校の4年生だが、もう大人に負けないほどいろいろなことを知っている。
毎日きちんとノートを取るし、たくさん本を読むからだ。ある日、ぼくが住む郊外の街に、
突然ペンギンたちが現れた。このおかしな事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が
関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした――。少年が目にする
世界は、毎日無限に広がっていく。第31回日本SF大賞受賞作。  解説・萩尾望都



たしか、初読のときは、
「わーい 森見登美彦の新刊
と読み始めて

なんじゃらほい
と思ったような気がする。

そして、映画化と聞いて、もう一度借りてみたけれど、
三分の一くらいで挫折。

でも、解説萩尾望都だし。
きっと素晴らしい作品なんだわ
と、再挑戦して、なんとか読み通す。

うーむ…

裏表紙を引用してさらにびっくり!

第31回日本SF大賞受賞作

SF… なのか?

色々ビミョー…

お姉さんのおっぱいに関するところだけが森見登美彦っぽいかな…

消化不良…

[森見登美彦]  [ペンギン・ハイウェイ]  [もりみとみひこ

Sun2017.07.30


Sweet Blue Age

Sweet Blue Age
有川浩 角田光代 坂木司 桜庭一樹 日向蓬 三羽省吾 森見登美彦
角川書店

2019.7.29

角田光代   あの八月の、
有川浩    クジラの彼
日向蓬    涙の匂い
三羽省吾   ニート・ニート・ニート
坂木司    ホテルジューシー
桜庭一樹   辻斬りのように
森見登美彦  夜は短し歩けよ乙女


有川浩が入ったアンソロジー
と、借りてみたら、「クジラの彼」やった…

森見登美彦は… 「夜は短し歩けよ乙女」か。

角田光代の「あの八月の、」を読んだところで、
他のも気にならないでもないけど
返してもいいかなぁ、と思う。

思ったが、やっぱり読んでみた。

読んでよかった、ね。

「夜は短し歩けよ乙女」は、今回はパス


かくたみつよ ありかわひろ ひなたよもぎ みつばしょうご
さかきつかさ さくらばかずき もりみとみひこ


[有川浩]  [角田光代]  [坂木司]  [桜庭一樹]  [日向蓬]  [三羽省吾]  [森見登美彦

Thu2016.12.01


夜行 森見登美彦

夜行 森見登美彦
小学館

2016.11.30

第1夜 尾道
第2夜 奥飛騨
第3夜 津軽
第4夜 天竜峡
最終夜 鞍馬


百鬼夜行の夜行か…

乙女も
パンツ番長も
偽電気ブランも
たぬきも
天狗も
なし。

しんと静かな夢の中のような。
不思議な世界。


[森見登美彦]  [夜行]  [もりみとみひこ

Sat2015.10.17


ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 角川文庫編集部編

ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 角川文庫編集部編
大島真寿美 瀧羽麻子 藤谷治 森見登美彦 椰月美智子
角川文庫

2015.10.15

郵便少年
 森見登美彦
フィルムの外
 大島真寿美
三泊四日のサマーツアー
 椰月美智子
真夏の動物園
 瀧羽麻子
ささくれ紀行
 藤谷治


裏表紙より。

7月のある日、「郵便」を発見したぼくの、胸がきゅんとするやりとり
――(「郵便少年」森見登美彦)。映画の撮影用に借りた家に住む
ことになった映画監督の息子の夏(「フィルムの外」大島真寿美)。
浪人2年目の夏、青春18きっぷを片手に出かけたあてのない逃避行
――(「ささくれ紀行」藤谷治)。夏をテーマに大島真寿美、瀧羽麻子、
藤谷治、森見登美彦、椰月美智子が競作。まぶしい日差しの中、
きらきら光る刹那を切り取った物語。


森見登美彦で借りてみた。

◇郵便少年 森見登美彦(もりみ とみひこ)
『ペンギン・ハイウェイ』的な読後感。
って、もしかして「アオヤマ君」って、『ペンギン・ハイウェイ』のコ?

◇フィルムの外 大島真寿美(おおしま ますみ)
ニュー・シネマ・パラダイス、的な?
甘やかさ。
否応(いやおう)なしを、
否も諾もなく(いなもおもなく)
ともいうんだ…

◇三泊四日のサマーツアー 椰月美智子(やづき みちこ)
沖縄の島を舞台に夏がはじけてます^^

◇真夏の動物園 瀧羽麻子(たきわ あさこ)
他のも読んでみようかな。

◇ささくれ紀行 藤谷治(ふじたに おさむ)
これはどーも… やや消化不良
大人になった僕が思わせぶりな語り口で。
これってエッセイ?


[ひとなつの。]  [真夏に読みたい五つの物語]  [大島真寿美]  [瀧羽麻子]  [藤谷治]  [森見登美彦]  [椰月美智子