Home>桜庭一樹(tag)  TotalPages1

Sun2017.03.05


短編工場 集英社文庫編集部

短編工場 集英社文庫編集部
浅田次郎 伊坂幸太郎 石田衣良 荻原浩 奥田英朗 乙一 熊谷達也 桜木紫乃 桜庭一樹 道尾秀介 宮部みゆき 村山由佳
集英社文庫

2017.3.1

かみさまの娘   桜木紫乃
ゆがんだ子供   道尾秀介
ここが青山   奥田英朗
じごくゆきっ  桜庭一樹
太陽のシール   伊坂幸太郎
チヨ子   宮部みゆき
ふたりの名前   石田衣良
陽だまりの詩   乙一
金鵄のもとに   浅田次郎
しんちゃんの自転車   荻原浩
川崎船   熊谷達也
約束   村山由佳


裏表紙より。

読んだその日から、ずっと忘れられないあの一編。思わずくすりとしてしまう、
心が元気になるこの一編。本を読む喜びがページいっぱいに溢れるような、
とっておきの物語たち。2000年代、「小説すばる」に掲載された短編作品から、
とびきりの12編を集英社文庫編集部が厳選しました。人気作家たちの短編が
この1冊で楽しめる、贅沢なアンソロジーです。今までにない極上の読書体験を
あなたに。


桜木 紫乃は『ホテルローヤル』。
桜庭 一樹は『私の男』。
桜庭 一樹、『私の男』と『荒野』は好きだけど、
『赤朽葉家の伝説』はイマイチだったんだよな…
そして、どちらも女性。

『かみさまの娘』と『じごくゆきっ』、
どっちがどっちかわからなくなる…

『金鵄のもとに』で、ん?
なんか古くない…?
『川崎船(じゃっぺ)』でまたもや、
古くない…?
最後の『約束』も、なんか古い…
巻末の初出を見ると、2002年、2000年、2000年。
古くないのか…

本を読む喜びがページいっぱいに溢れるような、
とっておきの物語たち

ではなかったな…
物語たちって…


[短編工場]  [浅田次郎]  [伊坂幸太郎]  [石田衣良]  [荻原浩]  [奥田英朗]  [乙一]  [熊谷達也]  [桜木紫乃]  [桜庭一樹

Wed2015.07.29


荒野 16歳 恋しらぬ猫のふり 桜庭一樹

荒野 16歳 恋しらぬ猫のふり 桜庭一樹
文春文庫

2015.7.24

一章 恋しらぬ猫のふり
二章 つぎの花、ポン!
終章 終わりなき出発
解説  吉田伸子


裏表紙より。

妹・鐘の誕生、そして父の文学賞受賞と、賑やかになった山野内家。
荒野も、受賞パーティーや友人とクラブに出かけ、新たな世界を知る。
だが、秋のある日、義母・蓉子が、妹を連れて家出してしまう。そして、
荒野は守られていた子供の自分から決別することを心に誓う――。
少女の成長物語『荒野』、いよいよ最終巻。



まさかの蓉子さんの家出! というか、出奔
ま。 めでたしめでたし

「義娘」と書いて、「ぎじょう」と読むそうです。


[桜庭一樹]  [荒野]  [16歳]  [恋しらぬ猫のふり]  [さくらばかずき

Tue2015.07.28


荒野 14歳 勝ち猫、負け猫 桜庭一樹

荒野 14歳 勝ち猫、負け猫 桜庭一樹
文春文庫

2015.7.23

一章 恋は女をこどもに、男を地下組織にする
二章 勝ち猫、負け猫
終章 青年の特権


裏表紙より。

父の再婚相手の子で、荒野の初恋の人・悠也は、複雑な思いを抱えたまま、
アメリカへと旅立った。ちょっとだけおとなになった荒野は、急激に変わってゆく
クラスメートや、父の周りで垣間見た「大人」の世界に驚愕する。だが、荒野にも
思わぬ“恋”の気配が突然訪れる――。 恋に少しだけ臆病な少女の物語
『荒野』全三巻の第二巻。




[桜庭一樹]  [荒野]  [14歳]  [勝ち猫、負け猫]  [さくらばかずき

Mon2015.07.27


荒野 12歳 ぼくの小さな黒猫ちゃん 桜庭一樹

荒野 12歳 ぼくの小さな黒猫ちゃん 桜庭一樹
文春文庫

2015.7.21

一章 ハングリー・アートの子供
二章 ぼくの小さな黒猫ちゃん
終章 青年は荒野をめざす


裏表紙より。

鎌倉で小説家の父と暮らす山野内荒野は、中学入学の日、通学中の電車で
見知らぬ少年に窮地を救われる。だが、それは彼女の身に起こる小さくて大きな
変化の始まりでしかなかった――。“恋”とは、“好き”とは? うつろいゆく季節の
なかで、少しずつ大人になっていく少女の四年間を描くビルドゥングスロマン。
全三巻の第一巻。


こちらは少女漫画の世界。
『青年は荒野をめざす』
→ 『少年は荒野をめざす』
の連想で、頭の中では吉野朔美の絵が…

荒野かわいい
悠也かっこいい

そしてちょっぴり切ない…


[桜庭一樹]  [荒野]  [12歳]  [ぼくの小さな黒猫ちゃん]  [さくらばかずき