Home>捨てれば心も暮らしも軽くなる(tag)  TotalPages1

Sun2017.01.29


老前整理 捨てれば心も暮らしも軽くなる 坂岡洋子

老前整理 捨てれば心も暮らしも軽くなる 坂岡洋子
新潮文庫

2017.1.27

はじめに
第1章 老いるほど、捨てられない
 売れない時代でも買ってしまう不思議
 新しいモノを買ってはスキマを埋める
 なぜ、老前整理が必要なのか?
 片付けには気力・体力・判断力がいる
 老前整理? 生前整理? 遺品整理?
 後ろ向きではない未来志向の片付け
 節目のときから暮らしをシンプル化する
 老前整理のビフォー・アフター?
 たかが片付け、されど片付け、侮るなかれ
 モノを捨ててスキマとゆとりを取り戻す
 予期せぬ素敵な出会いが待っている!?
 思いを書いて頭と心の整理を準備する
 片付けノウハウが好きな「減らせない女たち」
 暮らしを軽くするという発想を
第2章 モノの整理は、心の整理――わくわく片付け講座
 まずは、いまの暮らしを見直そう
 片付け後のイメージを膨らませよう
 自分史年表であえて過去と向き合う
 なんでもいいから前向きな展望をもとう
 どこを、いつまでに、期限を決めて片付け準備!
 捨てるにはルールと勇気が必要です
 迷ったら5W1Hで揺れる心に問いかけよう
 気負わずゆっくり整理上手上級者へ
 家族のモノには住み分けルールを設定
 自分の「片づける」を認識する
 老前整理の成功は、モノ八分にあり
 恐ろしいリバウンドを未然に防げ!
第3章 捨てれば、心も暮らしも軽くなる
 捨てるのはモノだけではありません
 明るい老後はお付き合いの棚卸しから
 子どもの巣立ちは整理どき
 片付けは女だけの仕事にあらず
 夫婦のモノは夫婦で片付ける
 老前整理は日本の夫を救う
 男性よ、片付け体験から地域参加を!
 ひとり暮らしの老前整理
 いつでも友達を呼べる家にしておきたい
 きちんと捨てれば身も暮らしも軽く
第4章 よりよく生きるために、いまからできること
 失われた日本人の暮らし
 ゴミ屋敷、ほんとうに笑えますか?
 持ちすぎないで、モノもゴミも減らす
 社会全体で循環してモノを使う
 所有からシェアリング、リサイクルの時代へ
 思い出はアルバムに残せばいい
 介護の現場にバリアをなくす
 これからの人生を豊かにするために
 恩師が示した見事なエンディング
おわりに
文庫版あとがき


裏表紙より。

高齢になればなるほど気力や体力が衰え、片付けはおっくうに
なります。老いる前に身辺を見直して、今後の生活にいらない
ものを整理し、快適な老後を送りませんか。あなたがこれから
どういう自分になりたいのか、どういう生き方をしたいのかを考え、
必要な物を自分で決め、不要な物はそぎ落とす。片付けられず、
あふれるモノに囲まれて暮らしている人のための新しい整理術、
生き方指南書。



“ときめき”よりもすんなり読めちゃうのは
トシのせい?^^;


自分なりの片付けの基準を決めましょう

①今、役に立っているモノは捨てない
  (着ている洋服、使っている日用品など)
②思い入れのあるモノは捨てない
  (役には立たないけれど大切な思い出がある)
③役にも立っておらず、思い入れもないモノは捨てる
④__年以上来ていない洋服は捨てる
⑤__年以上使っていない日用品は捨てる
⑥使えるモノは使う
  (しまいこんで眠らせない)



□What  これは、なに?
       洋服、時計、実際に使っているか?
□Why  なぜ、取っているの?
       便利、素敵に見える、どうしてこれが必要?
□When  いつ、必要なの?
       着る、使う、いつかはいつ?
□Where  どこで使うの?
       家で、パーティで、どこでこれを使うの?
□Who  誰が使うの?
       わたしが、家族が、誰が使うの?
□How much  いくらした?
       高かった、安かった、いまの価値は?



[坂岡洋子]  [老前整理]  [捨てれば心も暮らしも軽くなる]  [さかおかようこ