Home>宮木あや子(tag)  TotalPages2 prev

Thu2017.03.09


校閲ガール 宮木あや子

校閲ガール 宮木あや子
メディアファクトリー

2017.3.7

第1話 校閲ガール!?
第2話 校閲ガールと編集ウーマン
第3話 校閲ガールとファッショニスタとアフロ
第4話 校閲ガールとワイシャツとうなぎ
第5話 校閲ガール~ロシアと湯葉とその他のうなぎ
エピローグ 愛して校閲ガール


石原さとみのドラマが「ありえねー」と評判になっていたので。
(でも、お仕事ドラマの設定なんて、その職業の人からみたら
 どれも「ありえん!」のでは)
図書館で『校閲ガール』を見たときは、
ノベライズ? 原作?
と思いましたが。
原作あったんですね。

で。
面白かった

宮木あや子、何読んでたんだっけ?
『雨の塔』…?
あぁ… あの不思議な寄宿学校みたいなお話か。
すごい!
これだけ思い出せるなんて!

河野悦子の記憶力が欲しい


[宮木あや子]  [校閲ガール]  [みやぎあやこ

Wed2013.08.28


雨の塔 宮木あや子

雨の塔 宮木あや子
集英社

2013.8.25

この世の果て
桜の海
深夜の月
浅葱の鳥
歌のつばさ
夕日の丘
いつかのこと
サルヴェイジの森
終息の断崖
雨の塔


「文芸あねもね」に入っていた「水流と砂金」の雰囲気が、
ちょっとカズオ・イシグロの「わたしを離さないで」を
思い起こさせるので、気になって借りてみた。

矢咲と都岡、小津と三島がすぐごっちゃになる

矢咲実(みのる) 長身 ベリーショート 西洋の王子様
小津ひまわり ショートボブ 小柄 
オリエンタルな顔立ち リルファン 母中国人デザイナー

都岡百合子 ユリコ・ロバートソン 長髪 舶来のお人形 父イタリア系アメリカ人
三島敦子 髪の長い小さいお人形 父三島翁

小津が死んじゃうとはなぁ…


[宮木あや子]  [雨の塔]  [みやぎあやこ

Thu2013.08.01


好き、だった。 はじめての失恋、七つの話。 有川浩 朝倉かすみ 梨屋アリエ 石原まこちん 吉野万理子 紺野キリフキ 宮木あや子

好き、だった。 はじめての失恋、七つの話。 有川浩 朝倉かすみ 梨屋アリエ 石原まこちん 吉野万理子 紺野キリフキ 宮木あや子
MF文庫ダ・ヴィンチ

2013.7.31

失恋の演算     有川浩
ノベライズ     朝倉かすみ
Fleecy Love    梨屋アリエ
タマママーンを探して   石原まこちん
マリン・ロマンティスト   吉野万理子
とげ抜き師     紺野キリフキ
はじめてのお葬式  宮木あや子


◇失恋の演算 有川浩

双子の兄貴司が連れてきた婚約者のユカさんは
決して兄と僕を間違えない。

意識して外見を違える努力をしなくても、僕らを決して間違えない
誰かがどこかにいるんじゃないかと――僕は密かに夢見ていたし、
兄も多分同じだったと思う。


――このひとと最初に会ったのが僕だったらよかったのに。


◇ノベライズ 朝倉かすみ

安西さんには妻があるが、卯月は、「そんなの構わない」と思っている。
…(略)…
わたしは、「そんなの構わない」と思って始めたのだ。嘘じゃない。
そんなのちっとも構わないと思っていた。



◇Fleecy Love 梨屋アリエ

わたしは彼女が好きだった。なのに、彼女ははるか遠い
ところで生きていた。そう思うと、わたしは恋などした
ことがない、と思いこんでいた自分の愚かさに、涙が
とまらまくなってしまった。



◇タマママーンを探して 石原まこちん

妻に食わしてもらっている売れない漫画家の僕。
幼稚園の娘のために、同期の売れっ子漫画家に
サインをもらいに行くが…
憧れのタマママーンに会えるのかと思ったら、
「ぶたにんげん」がサインしてくれて、
帰り道に泣きじゃくる娘。
これも失恋


◇マリン・ロマンティスト 吉野万理子


◇とげ抜き師 紺野キリフキ

「とげ抜き師」のお話が、他にもあるようです。


◇はじめてのお葬式 宮木あや子

「私、村崎のことが好きだった。今でも好き。
同じ高校、いきたかった」



[好き、だった。]  [はじめての失恋、七つの話。]  [有川浩]  [朝倉かすみ]  [梨屋アリエ]  [石原まこちん]  [吉野万理子]  [紺野キリフキ]  [宮木あや子

Sun2013.07.21


文芸あねもね 彩瀬まる 豊島ミホ 蛭田亜紗子 三日月拓 南綾子 宮木あや子 山内マリコ 山本文緒 柚木麻子 吉川トリコ

文芸あねもね 彩瀬まる 豊島ミホ 蛭田亜紗子 三日月拓 南綾子 宮木あや子 山内マリコ 山本文緒 柚木麻子 吉川トリコ 
新潮文庫

2013.7.19

アメリカ人とリセエンヌ  山内マリコ
二十三センチの祝福    彩瀬まる
水流と砂金        宮木あや子
川田伸子の少し特異なやりくち  蛭田亜紗子
真智の火のゆくえ     豊島ミホ
私にふさわしいホテル   柚木麻子
ばばあのば        南綾子
ボート          三日月拓
子供おばさん       山本文緒
少女病 近親者・ユキ   吉川トリコ
あとがき
参加者プロフィール
文芸あねもね★できるまで物語


彩瀬まるが読みたくて借りてきたけれど、
1つ目の「アメリカ人とリセエンヌ」…
あれ?これ、読んだことある…
ということは、この本、既読?
なんで借りたんだろー…
豊島ミホが読みたくて借りたのかな…

でも、次の「二十三センチの祝福」も「水流と砂金」も
デジャヴなし。
ちょっと腑に落ちないまま、全部楽しく読み終わる。
やっぱりこの本初めてだ

四十代の独身女性が結婚できる確率は、テロリストに狙撃されるそれより低い
「ばばあのば」南綾子

ひゃぁ


「アメリカ人とリセエンヌ」、山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」に
収録されていました。
「ここは退屈迎えに来て」、借りました借りました
謎が解けてよかった


[文芸あねもね]  [彩瀬まる]  [豊島ミホ]  [蛭田亜紗子]  [三日月拓]  [南綾子]  [宮木あや子]  [山内マリコ]  [山本文緒]  [柚木麻子