Home>伊坂幸太郎(tag)  TotalPages5 next

Sun2017.03.05


短編工場 集英社文庫編集部

短編工場 集英社文庫編集部
浅田次郎 伊坂幸太郎 石田衣良 荻原浩 奥田英朗 乙一 熊谷達也 桜木紫乃 桜庭一樹 道尾秀介 宮部みゆき 村山由佳
集英社文庫

2017.3.1

かみさまの娘   桜木紫乃
ゆがんだ子供   道尾秀介
ここが青山   奥田英朗
じごくゆきっ  桜庭一樹
太陽のシール   伊坂幸太郎
チヨ子   宮部みゆき
ふたりの名前   石田衣良
陽だまりの詩   乙一
金鵄のもとに   浅田次郎
しんちゃんの自転車   荻原浩
川崎船   熊谷達也
約束   村山由佳


裏表紙より。

読んだその日から、ずっと忘れられないあの一編。思わずくすりとしてしまう、
心が元気になるこの一編。本を読む喜びがページいっぱいに溢れるような、
とっておきの物語たち。2000年代、「小説すばる」に掲載された短編作品から、
とびきりの12編を集英社文庫編集部が厳選しました。人気作家たちの短編が
この1冊で楽しめる、贅沢なアンソロジーです。今までにない極上の読書体験を
あなたに。


桜木 紫乃は『ホテルローヤル』。
桜庭 一樹は『私の男』。
桜庭 一樹、『私の男』と『荒野』は好きだけど、
『赤朽葉家の伝説』はイマイチだったんだよな…
そして、どちらも女性。

『かみさまの娘』と『じごくゆきっ』、
どっちがどっちかわからなくなる…

『金鵄のもとに』で、ん?
なんか古くない…?
『川崎船(じゃっぺ)』でまたもや、
古くない…?
最後の『約束』も、なんか古い…
巻末の初出を見ると、2002年、2000年、2000年。
古くないのか…

本を読む喜びがページいっぱいに溢れるような、
とっておきの物語たち

ではなかったな…
物語たちって…


[短編工場]  [浅田次郎]  [伊坂幸太郎]  [石田衣良]  [荻原浩]  [奥田英朗]  [乙一]  [熊谷達也]  [桜木紫乃]  [桜庭一樹

Tue2016.07.19


チルドレン 伊坂幸太郎

チルドレン 伊坂幸太郎
講談社文庫

2016.7.17

バンク
チルドレン
レトリーバー
チルドレンⅡ
イン
解説 香山二三郎


裏表紙より。

「俺たちは奇跡を起こすんだ」 独自の正義感を持ち、
いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか
憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不思議な
事件の数々――。何気ない日常に起こった5つの
物語が、1つになったとき、予想もしない奇跡が降り
注ぐ。ちょっとファニーで、心温まる連作短編の傑作。


『サブマリン』を読んだので、『チルドレン』に戻る。

何回も読んでいるハズなのに、相変わらずウロ覚え…
なのはいいとして。
(いいのか…
このブログに既に『チルドレン』を書いていたことにびっくり
2014年4月か…
2014.04.13 チルドレン 伊坂幸太郎

物語も半ばを過ぎたころ、
突然、陣内が父親を殴った経緯を思い出す。
デパートだ! 着ぐるみだ!
覚えてるじゃん、私!
… でも、実際殴るシーンは出てこなかった…orz

ところで、陣内‐永瀬の他に、鴨居君ておともだちがいたのか。
一緒に銀行強盗に巻き込まれた。
鴨居君はどうした?

また『サブマリン』?


[伊坂幸太郎]  [チルドレン]  [いさかこうたろう

Mon2016.06.27


サブマリン 伊坂幸太郎

サブマリン 伊坂幸太郎
講談社

2016.6.15

0
1

27
28


『チルドレン』から12年…
陣内さん、ご健在でなにより

陣内、武藤とチームを組む、木更津安奈が
ほとんど活躍しないので。
次もあるのかなー…
と、期待してしまう^^*


[伊坂幸太郎]  [サブマリン]  [いさかこうたろう

Mon2015.12.28


陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎

陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎
祥伝社文庫

2015.12.25

第一章
 悪党たちは下見のあとで、銀行を襲う
  「犬の吠える相手が泥棒とはかぎらない」
第二章
 悪党たちは反省を行ない、死体を見つける
  「税金と死ほど確かなものはない」
第三章 悪党たちは映画館の話をし、暴力をふるう
  「鞭を惜しむと子供はだめになる」
第四章 悪党たちは作戦を練り、裏をかかれる
  「愚者を旅に出しても愚者のまま帰ってくる」
新書刊行時あとがき
解説


裏表紙より。

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。
この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった……はずが、
思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を、逃走中に、あろうことか同じく
逃走中の現金輸送車襲撃犯に横取りされたのだ! 奪還に動くや、
仲間の息子に不穏な影が迫り、そして死体も出現。映画化で話題の
ハイテンポな都会派サスペンス!



やっぱり面白い
そして改めて『陽気なギャングは三つ数えろ』を
読みたくなってきた…

または
『オーデュボンの祈り』
『ラッシュライフ』
に戻るか…


[伊坂幸太郎]  [陽気なギャングが地球を回す]  [いさかこうたろう

Thu2015.12.24


陽気なギャングの日常と襲撃 伊坂幸太郎

陽気なギャングの日常と襲撃 伊坂幸太郎
祥伝社文庫

2015.12.22

第一章
 悪党たちはそれぞれの日常を過ごし、
 時に、他人の世話を焼く
  『巨人に昇れば、巨人より遠くが見える』
  『ガラスの家に住む者は、石を投げてはいけない』
  『卵を割らなければ、オムレツを作ることは出来ない』
  『毛を刈った羊には、神も風をやわらげる』
第二章
 悪党たちは前回の失敗を踏まえ対策を打つが、
 銀行を襲った後で面倒なことに気付く。
  「一度噛まれると、二度目は用心する」
第三章 悪党たちは仲間を救い出すため、
 相談し、行動する。
  「愚か者は、天使が恐れるところに突進する」
第四章 悪党たちは段取りどおりに敵地に乗り込むが、
 予想外の状況にあたふたとする。
  「最大の富はわずかの富に満足することである」
A Bonus Track
 海には、逃がしたのと同じだけのよい魚がいる。
新書刊行時あとがき
解説


裏表紙より。

嘘を見抜く名人は刃物男騒動に、演説の達人は「幻の女」探し、
精確な体内時計を持つ女は謎の招待券の真意を追う。そして天才
スリは殴打される中年男に遭遇――天才強盗四人組が巻き込まれた
四つの奇妙な事件。しかも、華麗な銀行襲撃の裏に「社長令嬢誘拐」
がなぜか連鎖する。知的で小粋で贅沢な軽快サスペンス!
文庫化記念ボーナス短編付き!



頭の中で、成瀬は吹越満、なんだなー…


[伊坂幸太郎]  [陽気なギャングの日常と襲撃]  [いさかこうたろう