FC2ブログ
Home>三島屋変調百物語事続(tag)  TotalPages1

Wed2018.12.05


あんじゅう 三島屋変調百物語事続 宮部みゆき

あんじゅう 三島屋変調百物語事続 宮部みゆき
角川文庫

2018.12.4


第1話 逃げ水
第2話 藪から千本
第3話 暗獣(あんじゅう)
第4話 吼える仏
変調百物語事続
解説  千街晶之


裏表紙より。
一度にひとりずつ、百物語の聞き集めを始めた三島屋伊兵衛の姪・おちか。ある事件を
境に心を閉ざしていたおちかだったが、訪れる人々の不思議な話を聞くうちに、徐々に
その心は溶け始めていた。ある日おちかは、深考塾の若先生・青野利一郎から「紫陽花
屋敷」の話を聞く。それは、暗獣<くろすけ>にまつわる切ない物語であった。人を恋い
ながら人のそばでは生きられない<くろすけ>とは――。三島屋シリーズ第2弾!


何度読んでも「暗獣」は泣く。

大丈夫、大丈夫、元気になりました。ほら、歌えます。

 ――なあ、くろすけよ。
 寂しいか。私も寂しい。
 おまえはまた独りになってしまう。この広い屋敷に、独りで住まうことになる。
 だが、くろすけ。同じ孤独でも、それは、私と初音がおまえと出会う前とは違う。
 私はおまえを忘れない。初音もお前を忘れない。
 遠く離れ、別々に暮らそうと、いつもおまえのことを思っている。月が昇れば、
ああこの月を。くろすけも眺めているだろうなと思う。くろすけは歌っているかなと
思う。花が咲けば、くろすけは花の中で遊んでいるだろうかと思う。雨が降れば、
くろすけは屋敷のどこかでこの雨脚を眺めているだろうかと思う。
 なあ、くろすけよ。おまえは再び孤独になる。だが、もう独りぼっちではない。
私と初音は、おまえがここにいることを知っているのだから。


お旱さんもかわいいなぁ。


文庫本の表紙、南伸坊じゃないんだ。
小泉英里砂…
『おそろし』もそうなんだ
くろすけかわいいからいっか

にしても…
青野利一郎の方が納得がいくんだけど。
青野利一郎が去って、なにがどうして
瓢箪古堂の勘一に…



[宮部みゆき]  [あんじゅう]  [三島屋変調百物語事続]  [みやべみゆき