Home>パトリシア・ハイスミス(tag)  TotalPages1

Mon2017.03.27


見知らぬ乗客 パトリシア・ハイスミス 青田勝訳

見知らぬ乗客 パトリシア・ハイスミス 青田勝訳
角川文庫

Strangers on a Train
Patricia Highsmith

2017.3.25

1

47
あとがき
解説  新保博久


裏表紙より。

新進建築家ガイは、妻と離婚するため故郷へ向かう列車の中で一人の青年と
出会う。チャールスと名乗る男は、富豪の息子で、父を偏執的に嫌悪していた。
狂気じみたように父を語る彼に、ガイはふと、妻とのトラブルに悩んでいると打ち
明ける。彼の妻ミリアムは、他人の子供を身ごもりながら、離婚に応じようとしない、
と。ガイに同情したチャールスは、驚くべき計画を持ちかける。彼がガイの妻を
殺すかわりに、ガイに自分の父を殺してくれと言うのだ……。
特殊な状況に置かれた人間たちの心理と行動を綿密に描き出した、ハイスミスの
処女長編、待望の復刊! (解説 新保博久)


『キャロル』を読んでからの、P・ハイスミス。
ヒッチコックの映画の原作、ということで読み始めたけれど。
全然進まない。
というか、読むのが苦痛。
途中、かなりの斜め読みで飛ばしても、全然終わらない。
特に、ガイがブルーノーの父親を殺してからが長くてツライ。
60ページほど残して中断していたのを、やっと読み終わる。

交換殺人の開祖…
なるほど。

とにかく長くてツラかった。

中断中に読んだ小川洋子の『不時着する流星たち』に
P・ハイスミスが出てくる。
シンクロニシティ


[パトリシア・ハイスミス]  [見知らぬ乗客]  [青田勝

Fri2017.03.03


キャロル P・ハイスミス 柿沼瑛子訳

キャロル P・ハイスミス 柿沼瑛子訳
河出文庫

CAROL
Patricia Highsmith

2017.2.28

第1部
第2部
あとがき
2010年版序文
訳者あとがき


裏表紙より。

クリスマス商戦のさ中、デパートのおもちゃ売り場でアルバイトをする
19歳の女性テレーズは、美しい人妻と出会う。彼女の名はキャロル。
テレーズは恋に近い気持ちを胸に、キャロルに誘われ自動車旅行へ。
二人を待つ運命を、彼女たちはまだ知らない……サスペンスの巨匠
ハイスミスが匿名で出した幻の恋愛小説、待望の本邦初訳。


キャロルとテレーズ、ハッピーエンドでよかった

最初の長編『見知らぬ乗客』がヒッチコックによって映画化され
(ちなみに脚本はレイモンド・チャンドラー)、
さらに『太陽がいっぱい』がルネ・クレマン監督で映画化され…

<訳者あとがき>

パトリシア・ハイスミス。
知らなかったー。


[キャロル]  [パトリシア・ハイスミス]  [柿沼瑛子