FC2ブログ
Home>パトリシア・コーンウェル(tag)  TotalPages2 next

Tue2019.03.26


邪悪 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳

邪悪 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳
講談社文庫

DEPRAVED HEART
Patricia Cornwell

2019.3.25


上巻・裏表紙より。

ハリウッド大物の娘の死を警察は事故と判断しているが、州検屍局長
スカーペッタは疑念を抱く。それはさながら誰かが彼女だけにわかる
よう、死体に証拠を残しているかのようだった。FBIの家宅捜索など
様々な妨害に遭いながら事件の背後にある秘密を明らかにしていく一方、
愛する姪のルーシーに危険が迫る。


下巻・裏表紙より。

最愛の姪ルーシーをつけ狙う元FBIの女(キャリー)にフロリダ沖で太腿を
撃たれ瀕死の重傷を負った州検屍局長スカーペッタ。2ヵ月後、復帰した
殺害事件現場で不審な動画メールを受け取る。それはFBIインターン中の
若きルーシーの部屋を盗撮した邪悪な映像の数々だった。宿敵キャリーの
執拗な魔の手が再び忍び寄る!



なんだろー…
結局これを飛ばして『烙印』にいっても
何の問題もないような…

というか。
『烙印』でキャリーの実在が証明されるけど。
『邪悪』で広げたデータ・フィクションの話が
『烙印』でちっとも回収されていないような…

まだ続くのか
何年引っ張るんだろー…


[パトリシア・コーンウェル]  [邪悪]  [池田真紀子

Wed2019.03.20


標的 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳

標的 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳
講談社文庫

FLESH AND BLOOD
Patricia Cornwell

2019.3.19


上巻・裏表紙より。

休暇旅行を間近に控えたスカーペッタの周辺で、奇妙な事柄が
続いていた。不審なツイートが届いたうえに、何者かに身辺を
探られている形跡もある。そうした中、自宅近隣で射殺事件が発生。
やがてスカーペッタは、それがじつは綿密に仕掛けられた計画犯罪で、
真犯人からの“挑戦状”でもあることを察知した。


下巻・裏表紙より。

それは、十三年の歳月を経た復讐劇の幕開けだった。
スカーペッタの自宅近隣で発生した射殺事件、関係者の殺害。
そして、関連性があるとは思われなかった別の事件が一つ
ところに収まり、恐るべき全体像が明らかになっていく。
スカーペッタを待ち受ける驚愕の真相。それを知った時、
暗殺者の凶弾が放たれた!



2016年2月に読んでるのを再読。

結局、最後の1行、
パチン
がわからなかった…


[パトリシア・コーンウェル]  [標的]  [池田真紀子

Tue2019.03.12


烙印 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳

烙印 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳
講談社文庫

CHAOS
Patricia Cornwell

2019.3.7

上巻・裏表紙より。

ボストン郊外の静かな夕暮れ、チャールズ川沿いに自転車を走らせていた、23歳の
エリサ・ヴァンダースティールの死体があたかも雷に打たれたかのような状態で発見
された。検屍局長ケイ・スカーペッタはこれが神の偶然の行為ではないことを事件現場
で直観し、何の痕跡もない謎の感電死の真相に迫ろうとする!


下巻・裏表紙より。

匿名サイバーテロリストから奇妙な詩(メッセージ)が届き、事件は複雑な様相を呈し
始める。その脅迫メッセージは止まらず、調査を進めるケイとその周辺にもいよいよ
危険な気配が漂い出す。天才ハッカー・姪のルーシーに助けを求めるが、元FBIの
サイコパスで、邪悪かつ凶悪な宿敵、キャリーの影がまた再び忍び寄ってくる。



冒頭、冴えない様子のスカーペッタの描写が続く。
どうしたの、ケイ?
スタイリッシュでモテモテだったんじゃないの?
やっぱり10歳若返るのは無茶だったのかしら…

ルーシーが30代半ばになってるのに、
さて。
ケイとドロシーはいくつの設定なんだか。

でも、さすがパトリシア・コーンウェル、
ページをめくる手が止まらない。
面白い。

しかし。
やっぱり敵はキャリーなのか。
それしかいないのか。

今回も結局死んでないしなー…
スティーヴン・キングのなんかのラストみたいに
復活の予感。

あれ?
『標的』は読んだ気がするけど。
『邪悪』って読んだっけ?

ブログ内検索して出てこないってことは、
読んでないんだー

ほんとに?
ついに検屍官シリーズ新刊出たのに読まずにスルー。
しかも。
それに気づいてもいなかった。

検屍官シリーズ愛の悲しい末路


[パトリシア・コーンウェル]  [烙印]  [池田真紀子

Tue2016.03.01


標的 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳

標的 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳
講談社文庫

FLESH AND BLOOD
Patricia Cornwell

2016.2.24


上巻・裏表紙より。

休暇旅行を間近に控えたスカーペッタの周辺で、奇妙な事柄が
続いていた。不審なツイートが届いたうえに、何者かに身辺を
探られている形跡もある。そうした中、自宅近隣で射殺事件が発生。
やがてスカーペッタは、それがじつは綿密に仕掛けられた計画犯罪で、
真犯人からの“挑戦状”でもあることを察知した。


下巻・裏表紙より。

それは、十三年の歳月を経た復讐劇の幕開けだった。
スカーペッタの自宅近隣で発生した射殺事件、関係者の殺害。
そして、関連性があるとは思われなかった別の事件が一つ
ところに収まり、恐るべき全体像が明らかになっていく。
スカーペッタを待ち受ける驚愕の真相。それを知った時、
暗殺者の凶弾が放たれた!



検屍官シリーズ22?
なぜいつも上巻はイラっとさせられるんだろー…
思わせぶりなのは、ジェフリー・ディーヴァーの
リンカーン・ライムシリーズも一緒な気がするけど。
面白くないから?
いっそ、“超訳”にしてくれたらいいのかも

マチャドが何をやらかしたのか、結局よくわからず。
でも、考えて読み直す気力もなし

そして、まさかのキャリー・グレセン復活
狼男亡き後は、キャリーですか。
そーですか。

最後の1行、
パチン
って、なに?

その前の方に(下巻P259)、
ベッドサイドランプのスイッチを押した。ぱちんと音がして、
遠くで響いた銃声を連想した。

とあるけれど。
『凍る炎』のテツみたいに、ラストで撃たれておしまい

そして、23弾も読むのか…


[パトリシア・コーンウェル]  [標的]  [池田真紀子

Sat2015.02.28


儀式 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳

儀式 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳
講談社文庫

DUST
Patricia Cornwell

2015.2.27


上巻・裏表紙より。

マサチューセッツ工科大で女子大学院生の変死体が発見された。
遺体を検めたスカーペッタは奇妙な事実に気づく。全身に粉末状の
蛍光物質が撤かれていたのだ。夫のベントンはワシントンDC連続
殺人事件と同一犯とにらみ、問題の粉末は犯人が施した「儀式」の
痕と推理する。真相は何か!? 検屍官シリーズ第21弾。


下巻・裏表紙より。

殺された大学院生ゲイルは、投資運用会社ダブルSと係争中だった。
さらに彼女とケイの姪ルーシーはITのエキスパート同士の知人で、
ルーシーは図らずも事件に関わってしまう。一方、夫のベントンは
捜査方針をめぐりFBI内で孤立。ケイの周辺に暗雲が漂う。
その最中(さなか)、ダブルS社が何者かに襲撃された!



2014年12月の新刊『儀式』。

上巻はケイの思わせぶりな話し方に結構イラっとさせられる。
またもやマリーノとの仲はこじれていそうだし。
『死層』でたどりついた平和はどうした?

容姿端麗で金髪碧眼のルーク・ゼナーは、ほとんど出番なし。
でも、マリーノはベントンに嫉妬し、チョイ役のハンサム警察官も
ケイの気を引こうとして…

はいはい、あなたが魅力的なのはわかったから。

でも、下に入ってスピードup。
結構面白かった

最後は、まさかの大団円
ケイの母親の家に、ケイ、ベントン、マリーノ、ルーシー、ジャネット、
そして、ケイの妹でありルーシーの母親であるドロシーまで

22弾も読みますか


[パトリシア・コーンウェル]  [儀式]  [池田真紀子