Home>ジョイス・キャロル・オーツ(tag)  TotalPages1

Sat2016.06.25


十の罪業 BLACK エド・マクベイン編

十の罪業 BLACK エド・マクベイン編
ジェフリー・ディーヴァー スティーヴン・キング ジョイス・キャロル・オーツ ウォルター・モルズリイ アン・ペリー
創元推理文庫

2016.6.10

永遠
 ジェフリー・ディーヴァー
彼らが残したもの
 スティーヴン・キング
玉蜀黍の乙女(コーンメイデン)――ある愛の物語
 ジョイス・キャロル・オーツ
アーチボルド――線上を歩く者
 ウォルター・モズリイ
人質
 アン・ペリー
著者紹介


裏表紙より。

巨匠マクベインの呼びかけに応え、名だたる人気作家が
一堂に会した書き下ろしアンソロジー――それが本書である。
広義のミステリを書くこと以外は制約を受けず、各人が腕を
ふるった成果をご覧いただきたい。本巻には、数学者刑事が
活躍するディーヴァー渾身の雄編「永遠」を筆頭に、キングが
語る9・11秘話「彼らが残したもの」、オーツ、モズリイ、ペリー
らの力作中編、全5編を収録。


再読、なのにほとんど覚えていない…

ジョイス・キャロル・オーツは、これではじめて読んだのでした。

『十の罪業』なのに、5編しかない…
と思ったら、BLACKとREDがあるのね。
さて、REDは読んだことがあるのでしょうか…


[十の罪業]  [BLACK]  [エド・マクベイン編]  [ジェフリー・ディーヴァー]  [スティーヴン・キング]  [ジョイス・キャロル・オーツ]  [ウォルター・モルズリイ]  [アン・ペリー

Fri2016.05.13


邪眼 うまくいかない愛をめぐる4つの中篇 ジョイス・キャロル・オーツ 栩木玲子訳

邪眼 うまくいかない愛をめぐる4つの中篇 ジョイス・キャロル・オーツ 栩木玲子訳
河出書房新書

2016.5.12

邪眼
すぐそばにいつでもいつまでも
処刑
平床トレーラー
その後のジョイス・キャロル・オーツ――訳者あとがき


ジョイス・キャロル・オーツ、初… かな

不思議な味わいの短編集。
他の作品も読んでみますか


[ジョイス・キャロル・オーツ]  [邪眼]  [うまくいかない愛をめぐる4つの中篇]  [栩木玲子訳