Home>ジェフリー・ディーヴァー(tag)  TotalPages2 next

Tue2017.06.06


煽動者 ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳

煽動者 ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳
文藝春秋

Solitude creek
Jeffery Deaver

2017.6.4

4月4日 火曜日 パニック
4月5日 水曜日 ベースライン
4月6日 木曜日 ゲット
4月7日 金曜日 予防線
4月8日 土曜日 フラッシュモブ
4月9日 日曜日 シークレット・クラブ
4月10日 月曜日 すべての者の血
4月11日 火曜日 最後の挑戦



カバーそでより。

捜査の第一線から外されたキャサリン・ダンス、
パニックを凶器に無差別殺人をくりかえす卑劣な犯人を追う。

 “人間嘘発見器”キャサリン・ダンス捜査官が「無実だ」と太鼓判を押した男が、
実は麻薬組織の殺し屋だとする情報が入った。殺し屋を取り逃がしたとして、
ダンスは麻薬組織合同捜査班から外され、民間のトラブルを担当する民事部に
異動させられた。そこは拳銃の携帯も許されない窓際――彼女に割り当てられ
たのは満員のコンサート会場で観客がパニックを起こして将棋倒しとなり、
多数の死傷者が出た一件だった。
 だが現場には不可解なことが多すぎた。観客は会場の外で焚かれた炎の煙で
火事だと誤解し、殺到した非常口はトラックに塞がれていたのだ。この惨事は
仕組まれたものではないか? 人々を煽動し、死へと走らせる何者かがいる。
独自の捜査を開始したダンスだったが、犯人はまたもや死の煽動工作を実行した!
 卑劣きわまりない愉快犯。そして麻薬組織の殺し屋をめぐる捜査。
尋問の天才キャサリン・ダンスを二つの難題が追いつめる。二度読み必至、
読者に背負い投げを食わせる好評シリーズ第四弾!



やっぱりジェフリー・ディーヴァーは面白い!
やめられない止まらない
眠い…

ジェフリー・ディーヴァーといえば、どんでん返しだけれど。
今回のどんでん返しは、あんまり…
いや、設定はびっくりだったけれど。
最後の方、ちょっとしりすぼみ感。
クリス・ジェンキンズがあっさり死んでしまって、
アンティオック・マーチの怖さも中途半端な感じ…

かといって、もう一つの捜査の方が主題って感じでもないしな…

メインテーマは…キャサリンの恋愛
ジョン・ボーリングもマイケル・オニールもいいヒトすぎ
ダンスがモテモテのハッピーエンド。
キャサリン・ダンスって、そんなにいい女でしたっけ?
なんとなく、おばちゃんなイメージだったんだけどな…
というか、この終わり方、ダンスってヤな女では

それにしても。
将棋倒しはコワイ。
こんな殺し方、考えつくのがコワイ…

そーいえば、その第2の犯行現場となった作家の講演会の場面に、

書いて楽しく、話しても楽しい作家だったらよかったのに。
たとえばジャネット・イヴァノヴィッチとか、ジョン・ギルストラップとか。


とある。
ジャネット・イヴァノヴィッチ
ジェフリー・ディーヴァーに面白いって言われてる

なのに、ステファニー・プラムシリーズ、ちっとも翻訳でない
扶桑社でも講談社でも、
どっちでもいいから、はやく続きを出して
できればもう少しましな邦題で…


[ジェフリー・ディーヴァー]  [煽動者]  [池田真紀子

Sat2016.06.25


十の罪業 BLACK エド・マクベイン編

十の罪業 BLACK エド・マクベイン編
ジェフリー・ディーヴァー スティーヴン・キング ジョイス・キャロル・オーツ ウォルター・モルズリイ アン・ペリー
創元推理文庫

2016.6.10

永遠
 ジェフリー・ディーヴァー
彼らが残したもの
 スティーヴン・キング
玉蜀黍の乙女(コーンメイデン)――ある愛の物語
 ジョイス・キャロル・オーツ
アーチボルド――線上を歩く者
 ウォルター・モズリイ
人質
 アン・ペリー
著者紹介


裏表紙より。

巨匠マクベインの呼びかけに応え、名だたる人気作家が
一堂に会した書き下ろしアンソロジー――それが本書である。
広義のミステリを書くこと以外は制約を受けず、各人が腕を
ふるった成果をご覧いただきたい。本巻には、数学者刑事が
活躍するディーヴァー渾身の雄編「永遠」を筆頭に、キングが
語る9・11秘話「彼らが残したもの」、オーツ、モズリイ、ペリー
らの力作中編、全5編を収録。


再読、なのにほとんど覚えていない…

ジョイス・キャロル・オーツは、これではじめて読んだのでした。

『十の罪業』なのに、5編しかない…
と思ったら、BLACKとREDがあるのね。
さて、REDは読んだことがあるのでしょうか…


[十の罪業]  [BLACK]  [エド・マクベイン編]  [ジェフリー・ディーヴァー]  [スティーヴン・キング]  [ジョイス・キャロル・オーツ]  [ウォルター・モルズリイ]  [アン・ペリー

Wed2015.12.23


ボーン・コレクター ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳

ボーン・コレクター ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳
文藝春秋

The Bone Collector
Jeffery Deaver

2015.12.21

第一部 絶版本  11月5日火曜 正午
第二部 アンダーグラウンド・マン  11月6日水曜 正午
第三部 赤いムカデ  11月7日木曜 午前9時
第四部 アンダーグラウンド・ウーマン  11月8日金曜 午前8時
第五部 再会  11月9日土曜 午後5時
第六部 皮膚(ボーン)と骨(ボーン)  11月12日火曜 午後1時
謝辞
訳者あとがき


カバーより。

ニューヨークの地下に広がる迷宮――
犠牲者の肌を毒針で刻む殺人者の狙いは何か?
 科学捜査官リンカーン・ライムは、犯罪の天才ウォッチメイカーが獄中で
死亡したとの報を受けた。その直後、新たな難事件がもちこまれる――
腹部に謎めいた文字を彫られた女性の死体が発見された。犯人はインクの
代わりに毒物で刺青を刻み、被害者を毒殺したのだ。
 現場で発見できた証拠物件はごくわずかだったが、犯人が残した紙片は
ニューヨークで起きたある連続殺人に関する書籍の切れ端だった――
ライムが解決した≪ボーン・コレクター≫事件である。犯人はボーン・コレクターの
手口とライムの捜査術に学び、殺人をくりかえしているのか? 次の犯行は
どこで起きるのか? 被害者に彫られた文字は何を意味する?
 ボーン・コレクターの真の狙いはいったい何か? すべてを解くカギは
証拠の中に!
≪ドンデン返しの魔術師≫ディーヴァーが放つ会心作。緻密な伏線と手がかり
から、二重三重に擬装された衝撃の完全犯罪が浮かび上がる!!


『スキン・コレクター』を読んでの再読。

ほとんど忘れている自分にびっくり
大活躍のライム、ハンニバル・レクターを思い出す。
(というか、アンソニーホプキンスのレクター博士)


[ジェフリー・ディーヴァー]  [ボーン・コレクター]  [池田真紀子

Sat2015.11.28


スキン・コレクター ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳

スキン・コレクター ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳
文藝春秋

The Skin Collector
Jeffery Deaver

2015.11.26

第一部 絶版本  11月5日火曜 正午
第二部 アンダーグラウンド・マン  11月6日水曜 正午
第三部 赤いムカデ  11月7日木曜 午前9時
第四部 アンダーグラウンド・ウーマン  11月8日金曜 午前8時
第五部 再会  11月9日土曜 午後5時
第六部 皮膚(スキン)と骨(ボーン)  11月12日火曜 午後1時
謝辞
訳者あとがき


カバーより。

ニューヨークの地下に広がる迷宮――
犠牲者の肌を毒針で刻む殺人者の狙いは何か?
 科学捜査官リンカーン・ライムは、犯罪の天才ウォッチメイカーが獄中で
死亡したとの報を受けた。その直後、新たな難事件がもちこまれる――
腹部に謎めいた文字を彫られた女性の死体が発見された。犯人はインクの
代わりに毒物で刺青を刻み、被害者を毒殺したのだ。
 現場で発見できた証拠物件はごくわずかだったが、犯人が残した紙片は
ニューヨークで起きたある連続殺人に関する書籍の切れ端だった――
ライムが解決した≪ボーン・コレクター≫事件である。犯人はボーン・コレクターの
手口とライムの捜査術に学び、殺人をくりかえしているのか? 次の犯行は
どこで起きるのか? 被害者に彫られた文字は何を意味する?
 スキン・コレクターの真の狙いはいったい何か? すべてを解くカギは
証拠の中に!
≪ドンデン返しの魔術師≫ディーヴァーが放つ会心作。緻密な伏線と手がかり
から、二重三重に擬装された衝撃の完全犯罪が浮かび上がる!!



[ジェフリー・ディーヴァー]  [スキン・コレクター]  [池田真紀子

Thu2014.12.18


ゴースト・スナイパー ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳

ゴースト・スナイパー ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳
文藝春秋

The Kill Room
Jeffery Deaver

2014.12.16

第一部 ポイズンウッドの木   五月九日 火曜日
第二部 ウェイティングリスト   五月十五日 月曜日
第三部 カメレオンたち   五月十六日 火曜日
第四部 スライス   五月十七日 水曜日
第五部 百万ドルの一弾   五月十八日 木曜日
第六部 スモーク   五月十九日 金曜日
第七部 メッセージ   五月二十日 土曜日
第八部 動いてさえいれば……   五月二十六日 金曜日
ジェイコブ・スワンのレシピ
訳者あとがき


カバーより。

入江の彼方からの超長距離狙撃――
無実の男を暗殺したのは政府の秘密機関。
凄腕のスナイパーの正体をリンカーン・ライムが追う。
 アメリカ政府を批判していた活動家モレノがバハマで
殺害された。2000メートルの距離からの狙撃。まさに神業、
“百万ドルの一弾”による暗殺と言えた。
 直後、科学捜査の天才リンカーン・ライムのもとを地方検事補
ローレルが訪れた。モレノ暗殺はアメリカの諜報機関の仕業だと
いう。しかも「テロリスト」とされて消されたモレノは無実だったのだ。
ローレルは、この事件を法廷で裁くべく、ライムとアメリア・サックスを
特別捜査チームに引き入れる。スナイパーを割り出し、諜報機関の
罪を暴け――ライムと仲間たちは動き出す。
 だが現場は遠く、証拠が収集できない。ライムはバハマへの
遠征を決意する。一方、謀略の隠蔽のため暗殺者が次々に
証人を抹殺してゆき、ニューヨークで動くアメリアに、そしてバハマの
ライムにも魔の手が……



リンカーン・ライムシリーズも10作目なんだ…

今回のリンカーンは、結構うっかり屋さん。
レギュラー以外の登場人物が、弱いのかなー。
ローレルの設定がよくわからない。
レギュラー陣の活躍も物足りない…
ストーリーも、ちょっと尻すぼみ?
読み終わってなんだかちょっと物足りない。

だいたい、ジェイコブ・スワン
あっさり面は割れるわ、司法取引に乗っかるわ、
挙句、さらってきた女の人をどうする気だったか
「わからない」「まるでわからなかったんだ」
… それでも殺し屋か

途中のどんでん返しには、相変わらずびっくりするけれど。
なんだかちょっとちんまり。
最後の手術の件はよめるしなー…

と。全然ほめてないようですが、
ページをめくる手をなかなか止められない。
面白い
さすが、ジェフリー・ディーヴァー

そー。
シリーズものには。こんな回もあるさ。


バハマから帰り着いた翌朝のシーン。

それでも、午前六時半に目覚めると同時にベッド脇のコールボタンを押して
トムを呼びつけた(トムはコールボタンを指して“とても『ダウントン・アビー』的”
と言うが、ライムにはどうもぴんと来ない)。


かわいそうなトム
『ダウントン・アビー』には大勢の召使いが出てくるけれど、
トムは一人だ…


[ジェフリー・ディーヴァー]  [ゴースト・スナイパー]  [池田真紀子