Home>キャロル(tag)  TotalPages1

Fri2017.03.03


キャロル P・ハイスミス 柿沼瑛子訳

キャロル P・ハイスミス 柿沼瑛子訳
河出文庫

CAROL
Patricia Highsmith

2017.2.28

第1部
第2部
あとがき
2010年版序文
訳者あとがき


裏表紙より。

クリスマス商戦のさ中、デパートのおもちゃ売り場でアルバイトをする
19歳の女性テレーズは、美しい人妻と出会う。彼女の名はキャロル。
テレーズは恋に近い気持ちを胸に、キャロルに誘われ自動車旅行へ。
二人を待つ運命を、彼女たちはまだ知らない……サスペンスの巨匠
ハイスミスが匿名で出した幻の恋愛小説、待望の本邦初訳。


キャロルとテレーズ、ハッピーエンドでよかった

最初の長編『見知らぬ乗客』がヒッチコックによって映画化され
(ちなみに脚本はレイモンド・チャンドラー)、
さらに『太陽がいっぱい』がルネ・クレマン監督で映画化され…

<訳者あとがき>

パトリシア・ハイスミス。
知らなかったー。


[キャロル]  [パトリシア・ハイスミス]  [柿沼瑛子