FC2ブログ
Home>もりみとみひこ(tag)  TotalPages2 next

Mon2018.12.31


熱帯 森見登美彦

熱帯 森見登美彦
文藝春秋

2018.12.30

第1章 沈黙読書会
第2章 学団の男
第3章 満月の魔女
第4章 不可視の群島
第5章 『熱帯』の誕生
後記


正直、「やっと終わった~」

第2章「学団の男」の白石さんが語る、

「小説なんて読まなくたって生きていけます」
… (中略) …
「でも本当にそうなんですかね?」


そして、しばらく小説から遠ざかっていた白石さんが、
久しぶりに小説でも読んでみようかなと思い立って
買った文庫本が『プリズンホテル【1】』。
夢中で読み終えると、続きの3冊を走って買いに行き、
読み続け…

わかる
『プリズンホテル』一気読み
森見登美彦、nice

ここから先の、小説を読むことについて語られることに
いちいち納得して、
快調に読み進めていたのだけれど…

第3章「満月の魔女」からやや失速しだし…
第4章「不可視の群島」で…

しかも。
第3章は池内が白石さんに語っていたハズで。
だから第4章で島に流れ着いたのも池内のハズなのに。
第5章の終わりで、

佐山尚一、と僕は呟く。佐山尚一。
… (中略) …どうして思い出せなかったのだろう。
それは僕自身の名前なのだ。


おっとぉ

なんか佐山尚一が帰ってきた世界はパラレルワールドっぽいし。

だから、最後に私=佐山尚一が池内に声をかけられる世界では、
『熱帯』は森見登美彦が書いた本になっている。

完全に見失った…
どうせ迷子になるなら、森見登美彦お得意の
京都の宵闇の中でさまよいたい。

うーん…
読み直した方がいい気がするけれど。
読み直すかなぁ…


古書肆 こしょし 古本屋
  なぜ「書肆」を「しょし」って読めたんだろー…



[森見登美彦]  [熱帯]  [もりみとみひこ

Sun2018.11.04


ペンギン・ハイウェイ 森見登美彦

ペンギン・ハイウェイ 森見登美彦
角川文庫

2018.10.30

episode 1 海辺のカフェ
episode 2 観測ステーション
episode 3 森の奥
episode 4 ペンギン・ハイウェイ
解説  萩尾望都


裏表紙より。

ぼくはまだ小学校の4年生だが、もう大人に負けないほどいろいろなことを知っている。
毎日きちんとノートを取るし、たくさん本を読むからだ。ある日、ぼくが住む郊外の街に、
突然ペンギンたちが現れた。このおかしな事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が
関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした――。少年が目にする
世界は、毎日無限に広がっていく。第31回日本SF大賞受賞作。  解説・萩尾望都



たしか、初読のときは、
「わーい 森見登美彦の新刊
と読み始めて

なんじゃらほい
と思ったような気がする。

そして、映画化と聞いて、もう一度借りてみたけれど、
三分の一くらいで挫折。

でも、解説萩尾望都だし。
きっと素晴らしい作品なんだわ
と、再挑戦して、なんとか読み通す。

うーむ…

裏表紙を引用してさらにびっくり!

第31回日本SF大賞受賞作

SF… なのか?

色々ビミョー…

お姉さんのおっぱいに関するところだけが森見登美彦っぽいかな…

消化不良…

[森見登美彦]  [ペンギン・ハイウェイ]  [もりみとみひこ

Thu2016.12.01


夜行 森見登美彦

夜行 森見登美彦
小学館

2016.11.30

第1夜 尾道
第2夜 奥飛騨
第3夜 津軽
第4夜 天竜峡
最終夜 鞍馬


百鬼夜行の夜行か…

乙女も
パンツ番長も
偽電気ブランも
たぬきも
天狗も
なし。

しんと静かな夢の中のような。
不思議な世界。


[森見登美彦]  [夜行]  [もりみとみひこ

Sun2015.09.27


有頂天家族 二代目の帰朝 森見登美彦

有頂天家族 二代目の帰朝 森見登美彦
幻冬舎

2015.9.26

第一章 二代目の帰朝
第二章 南禅寺玉瀾
第三章 幻術師天満屋
第四章 大文字納涼船合戦
第五章 有馬地獄
第六章 夷川家の跡継ぎ
第七章 天狗の血、阿呆の血


スティーヴン・キングの『ドクター・スリープ』と一緒に順番が回ってきて
嬉しいけれど、ちょっと絶句。
3冊の厚さが半端ない

しかも
『ドクター・スリープ』(上下巻だけど)より分厚くて重いって
たぬきの分際でどーゆー了見
森見登美彦、ふざけんな

…などと呪詛の言葉を吐きながら、結局通勤にも持ち歩く。

2代目って、天狗の2代目なのね。
頭の中では2代目がなぜか燕尾服姿のラフィエル(『綿の国星』)

面白かったー
もっと読みたい
と思ったら、最後に

第三部、乞うご期待

やったー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
期待してます

…って、期待を煽っておきながら
執筆未定”ってなんだ
執筆未定”って
ふざけんな森見登美彦
さっさと書け
いえ、書いてくださいませ

それと、京都の人にはなじみ深いかもしれないけれど
夷川(えびすがわ)に1回くらい仮名ふってほしいな。

第三部が出る前に、第一部から読み返さなくっちゃ

下鴨(しもがも)総一郎
矢一郎
矢二郎
矢三郎
矢四郎

夷川(えびすがわ)早雲  下鴨総二郎が夷川家に婿入り
呉一郎
金閣(呉二郎)
銀閣(呉三郎)
海星


 余談

幻冬舎のお詫びと訂正

p71
誤 「南禅寺は東山の山懐にある曹洞宗の古刹である」
正 「南禅寺は東山の山懐にある臨済宗の古刹である」

これもなじみがないから全く気付かなかったけれど、
間違えちゃダメだよね…


[森見登美彦]  [有頂天家族]  [二代目の帰朝]  [もりみとみひこ

Sun2013.10.06


森見登美彦の京都ぐるぐる案内 森見登美彦

森見登美彦の京都ぐるぐる案内 森見登美彦
新潮社

2013.10.5

はじめに
左京区エリア
 鴨川デルタ
 下鴨神社
 京都大学
 進々堂
 吉田山
 大文字山
 真如堂
 荒神橋
 京都市美術館
 水路閣
 哲学の道
 琵琶湖疏水
四条近辺
 四条大橋
 レストラン菊水
 東華菜館
 木屋町
 先斗町
 祇園
伏見区ほか
 伏見稲荷大社
 貴船口~鞍馬
 竹林
番外編
 太陽の塔
 叡山電車
随筆 その壱
 登美彦氏、京都をやや文学的にさまよう
随筆 その弐
 京都捻転紀行
左京区・京大近辺のお勧めスポット
三条~四条近辺のお勧めスポット
ぐるぐる案内的お土産コーナー
登美彦氏の著作


… ふぅ。
目次を並べるとすごいボリュームですが、
96ページの写真たっぷり総天然色の本。

京都行きたいなー


[森見登美彦]  [森見登美彦の京都ぐるぐる案内]  [もりみとみひこ