FC2ブログ
Home>あさのあつこ(tag)  TotalPages3 next

Sat2018.07.21


グラウンドの詩(うた) あさのあつこ

グラウンドの詩(うた) あさのあつこ
角川文庫

2018.7.20

1章 みんなの夢
2章 今日と明日と。
3章 風の向こうに
4章 この光を受け止めて
5章 グラウンドの詩


裏表紙より。

心に傷を負ったピッチャー・透哉との奇跡の出逢いを経て、全国大会へ
向け練習に励むキャッチャー・瑞希。二人は互いを信じ、バッテリーの絆を
確かなものにしていくが、ある日チームメイトで幼馴染みの良治が暴力事件
を起こしてしまう。駆けつけた瑞希に、良治は野球部を辞めると言い出す。
遠征費用で母親に負担をかけたくないと悩む良治に何も言えなくなる瑞希
だったが――。熱く胸を打つ少年たちの青春野球小説、第2弾!



『晩夏のプレイボール』を読み返したくなりました


[あさのあつこ]  [グラウンドの詩(うた)

Thu2018.07.19


グラウンドの空 あさのあつこ

グラウンドの空 あさのあつこ
角川文庫

2018.7.18

序章
1章 夏のミット
2章 転校生
3章 全力投球
4章 挑む者たち
5章 遠い街で
解説  小出和代


裏表紙より。

甲子園に魅せられ、地元の小さな中学校で野球を始めたキャッチャーの
瑞希。だが先輩バッテリーの卒業とともにチームはピッチャーを失い、
地区大会さえ危ぶまれる状況に。そんなある日、チームメイトの良治が
「ピッチャー、見つけたぞ!」と飛び込んでくる。時期外れの転校生・
透哉。ピッチャーとしてずば抜けた才能をもつ彼は、だがどこか心を閉ざし、
野球からも遠ざかっているらしく――。少年たちの鮮烈な青春野球小説!



そして『グラウンドの詩』に続く。


[あさのあつこ]  [グラウンドの空

Sat2018.07.14


晩夏のプレイボール あさのあつこ

晩夏のプレイボール あさのあつこ
角川文庫

2018.7.12

練習球
驟雨の後に
梅香る街
このグラウンドで
空が見える
街の風景
雨上がり
ランニング
東藤倉商店街
練習球Ⅱ


裏表紙より。

野球を続けがたい現状に抗い、「夏の甲子園」を目指して野球に
打ち込む者たち――。高3の夏、肩を壊した元エース・真郷(まさと)と、
過去にトラウマをもつ現エース・律は、心ひとつにして甲子園を
目指していた……(「練習球」)。戦力不足に悩む彰浩と信吾の前に
現れた転校生の有一は、無口で不器用だが、誰よりも才能豊かな
ピッチャーだった……(「このグラウンドで」)。
他、「夏の甲子園」をめぐるドラマを描いた、10の傑作短編。



連作短編ではなく、バラバラのお話。
あ。
「練習球」と「練習球Ⅱ」は、同じだけれど。

どれも印象的な短編。

『グラウンドの空』も借ります


[あさのあつこ]  [晩夏のプレイボール

Sun2018.07.01


X'mas Stories 一年でいちばん奇跡が起きる日

X'mas Stories 一年でいちばん奇跡が起きる日
朝井リョウ あさのあつこ 伊坂幸太郎 恩田陸 白河三兎 三浦しをん
新潮文庫

2018.7.1

朝井リョウ   逆算
あさのあつこ   君に伝えたくて
伊坂幸太郎   一人では無理がある
恩田陸   柊と太陽
白川三兎   子の心、サンタ知らず
三浦しをん   荒野の果てに


裏表紙より。

もう枕元にサンタは来ないけど、この物語がクリスマスをもっと特別な
1日にしてくれる――。6人の人気作家が腕を競って描いた6つの奇跡。
自分がこの世に誕生した日を意識し続けるOL、イブに何の期待も抱いて
いない司法浪人生、そして、華やいだ東京の街にタイムスリップして
しまった武士……! ささやかな贈り物に、自分へのご褒美に。冬の
夜に煌めくクリスマス・アンソロジー。



◇ 逆算
既読。
たぶん、十月十日の正しい計算(?)を知ったショーゲキで
作ったお話ではないかと。

◇ 君に伝えたくて
『吉祥天女』の小夜子が浮かぶ。
もしくは、山田章博の描く手。

◇ 一人では無理がある
既読。
オチは覚えてた

◇ 柊と太陽
うーん…
三浦しをんの方が面白い。

◇ 子の心、サンタ知らず
白川三兎(しらかわみと)、初(たぶん)。
ちょっと長かった。

◇ 荒野の果てに
脳内では、役所広司のサムライが^^;


あまり素敵な奇跡は起きなさそうな読後感。

「Xmas」と書くより、「X'mas」と書いた方が華やかな気がしますが。
「Xmas」が正しい表記だよ、という話がある中、
新潮社は確信犯なのかしら。
それとも、「カクトウするものに〇」的なおバカさんなのかしら。


[X'mas]  [Stories]  [一年でいちばん奇跡が起きる日]  [朝井リョウ]  [あさのあつこ]  [伊坂幸太郎]  [恩田陸]  [白河三兎]  [三浦しをん

Sat2018.06.30


きみが見つける物語 十代のための新名作 運命の出会い編

きみが見つける物語 十代のための新名作 運命の出会い編
あさのあつこ 魚住直子 角田光代 笹生陽子 森絵都 椰月美智子
角川文庫

2018.6.25

世界の果ての先   角田光代
薄桃色の一瞬に   あさのあつこ
電話かかってこないかな   笹生陽子
赤土を爆走   魚住直子
十九の頃   椰月美智子
17レボリューション   森絵都


裏表紙より。

偶然、近くの席に座ったから。共通点があったから。それとも、正反対だったから?
私たちは出会いと別れを繰り返し、成長し続けていく――。 旬の作家が集結、
それぞれが描いた出会いと別れの物語とは? いま読みたい名作を厳選した
ラインアップでおくる、短編小説集『きみが見つける物語 十代のための新名作』。
「 運命の出会い編」には、 あさのあつこ、魚住直子、角田光代、笹生陽子、
森絵都、椰月美智子の傑作短編を収録。



笹生陽子(さそうようこ)、魚住直子(うおずみなおこ)、椰月美智子(やづきみちこ)は、
初、かな。

「電話かかってこないかな」は、いい感じ。
「赤土を爆走」は、ちょっと… いじめの話は苦手。
「十九の頃」、「稲村ジェーン」に「真夏の果実」か。切ない…

笹生陽子、椰月美智子、機会があったら読んでみよう。


[きみが見つける物語]  [十代のための新名作]  [運命の出会い編]  [あさのあつこ]  [魚住直子]  [角田光代]  [笹生陽子]  [森絵都]  [椰月美智子