FC2ブログ
Home>  TotalPages177 next

Fri2019.07.19


理由 宮部みゆき

理由 宮部みゆき
新潮文庫

2019.7.18

1 事件
2 入居者
3 片倉ハウス
4 隣人たち
5 病む女
6 逃げる家族
7 買受人
8 執行妨害
9 家を求む
10 父と子
11 売家
12 幼い母
13 写真のない家族
14 生者と死者
15 帰宅
16 不在の人びと
17 家出人
18 綾子
19 信子
20 逃亡者
21 出頭
新潮文庫版のためのあとがき
解説  池上冬樹


裏表紙より。

事件はなぜ起こったか。殺されたのは「誰」で、いったい「誰」が殺人者であったのか――。
東京荒川区の超高層マンションで凄惨な殺人事件が起きた。室内には中年男女と老女の
惨殺体。そして、ベランダから転落した若い男。ところが、4人の死者は、そこに住んでいる
はずの家族ではなかった……。ドキュメンタリー的手法で現代社会ならではの悲劇を浮き
彫りにする、直木賞受賞作。



『宮部みゆき 全一冊』で、『理由』と『模倣犯』は同時期に書いていた
と知り、再読。

朝日新聞連載中に読んでいて。
本も何度か読んでいる。

『理由』って結局なんだったんだっけ…?
と思った覚えはある。

こんな話だったか。
やっと色々わかった気がする。
たぶん忘れちゃうけど。

にしても。
宝井綾子がいやだ。
八代祐司よりヒドイ気がする…

最後に小糸孝弘が

「僕も、おばさんたちを殺すようになってたのかなって思う」

ってのもコワイ。

孝弘くん、さかのぼってインタビューの最中に、

僕がもうあんたたちとは一緒に暮らしたくないって思ってるって
知らせてやりたかったんだ

僕はちゃんとやってましたよ。それを親がメチャクチャにしたんです


孝弘くん、一番子どもな人物だけれど、
全然無垢な存在なんかじゃなくて、
むしろ八代祐司に通じるような…
孝弘くんの将来が心配

最後の終わり方、やっぱりよくわからない

宮部みゆき、これで直木賞か。
なんか意外…


[宮部みゆき]  [理由]  [みやべみゆき

Tue2019.07.16


ムーン・リヴァーの向こう側 小林信彦

ムーン・リヴァーの向こう側 小林信彦
新潮社

2019.7.14

プロローグ
1 黒ずくめの女
2 好奇心
3 白い闇
4 誘惑
5 治療 Ⅰ
6 治療 Ⅱ
7 知らない待ち
8 告白
9 亀の記憶
10 異界
11 土地の精霊
12 二つの生活
エピローグ


『宮部みゆき 全一冊』に出てきたので借りてみる。

ちょうどバブルがはじけたあたり。
宮部みゆきの『理由』もその辺だっけ。

昔の東京の土地感覚が面白い。

しかし。

知らない言葉がいくつか。

容喙(ようかい)する
容喙=差し出し口

よくせきのこと
他に方法や手段がない

思い立ったが吉日(きちにち)、出た日が命日
「きちにち」、なんだ…
知らなかった。
しかも「出た日が命日」ってなんだ?
あぁ、行き倒れるかもなんだ。

小林信彦、面白そうだけれど。
さて。


[小林信彦]  [ムーン・リヴァーの向こう側]  [こばやしのぶひこ

Sat2019.07.13


ダレカガナカニイル… 井上夢人

ダレカガナカニイル… 井上夢人
講談社文庫

2019.7.12

1
2

47
解説  大森望


裏表紙より。

警備員の西岡は、新興宗教団体を過激な反対運動から護る仕事に就いた。
だが着任当夜、監視カメラの目の前で道場が出火、教祖が死を遂げる。それ
以来、彼の頭で他人の声がしはじめた。《ここはどこ? あなたはだれ?》と
訴える声の正体は何なのか?ミステリー、SF、恋愛小説、すべてを融合した
奇跡的傑作!



岡嶋二人も井上夢人もカテゴリにないだろうと思っていたら。
井上夢人、ある!

『the SIX ザ・シックス』?
2015年…
全然記憶にない…orz

『ダレカガナカニイル…』、『宮部みゆき 全一冊』に出てきたので再読。
というか、たぶん再々々くらいは読んでるハズ。
ショーゲキのラスト?
当然覚えてない

これが井上夢人第1作だったのか。

面白かったけれど、昔ほど「おぉ」という感じはない。
そして分厚い…


[井上夢人]  [ダレカガナカニイル…]  [いのうえゆめひと

Thu2019.07.11


償いの報酬 ローレンス・ブロック 田口俊樹訳

償いの報酬 ローレンス・ブロック 田口俊樹訳
二見文庫

A DROP OF THE HARD STUFF
Lawrence Block

2019.7.10

ある夜更け……
1
2

44
ある早朝……
訳者あとがき


裏表紙より。

[マット・スカダー・シリーズ]禁酒を始めてから3か月が経とうとしていた。
いつものようにAAの集会に参加したスカダーは、幼なじみで犯罪常習者の
ジャック・エラリーに声を掛けられる。ジャックは禁酒プログラムとして、過去
に犯した罪を償う“埋め合わせ”を実践しているという。そんな矢先、銃弾を
頭部に撃ち込まれ何者かに殺されてしまう。スカダーはジャックの遺した
埋め合わせリストの5人について調査を始めるが……。
名作『八百万の死にざま』後をノスタルジックに描いたシリーズ最新作。


『宮部みゆき 全一冊』に出てきたローレンス・ブロックの『おかしなことを聞くね』が
図書館になかったので。
テキトーに借りてみたら…
マット・スカダーシリーズでしたか。

ちょっと感傷的な感じがするのは、トシを取ったスカダーが
過去を振り返って語る、という形式だからか。
のんびり読むにはちょうどいい。

シリーズにずっと付き合っていたらもっと楽しめるんだろうな。

マット・スカダーシリーズ、17冊か…

とりあえず、伊坂幸太郎が解説を書いているという
『殺し屋 最後の仕事』を借りてみようか。


[ローレンス・ブロック]  [償いの報酬]  [田口俊樹

Fri2019.07.05


イコン 新装版 今野敏

イコン 新装版 今野敏
講談社文庫

2019.7.4

1
2

35
解説  関口苑生


裏表紙より。

熱狂的人気を集めるも正体は明かされないアイドルのライブでの殺人事件。
被害者を含め現場にいた複数の少年と少女一人は過去に同じ中学の生徒
だった。警視庁少年課・宇津木(うつぎ)と神南(じんなん)署・安積警部補は
捜査の過程で社会と若者たちの変貌に直面しつつ、隠された驚愕の真相に
到達する。『蓬莱(ほうらい)』に続く長編警察小説。



アイコン=イコンなんだ…
知らなかった。

華奢な女子高生に二人も殺せるかな。

でも、安積&速水のコンビはいい感じ


[今野敏]  [イコン]  [新装版]  [こんのびん