Home>  TotalPages129 next

Sat2017.10.21


階段を下りる女 ベルンハルト シュリンク 松永美穂訳

階段を下りる女 ベルンハルト シュリンク 松永美穂訳
新潮社

Die Frau auf der Treppe
Bernhard Schlink

2017.10.20

第1部
 1
 …
 26
第2部
 1
 …
 25
第3部
 1
 …
 22


カバーそでより。

出張先のシドニーで突然再会した一枚の絵。一糸まとわぬ姿で階段を
下りてくるのは、忽然と姿をくらました謎の女。企業弁護士として順調に
歩んできた初老の男に、40年前の苦い記憶が甦る。あの日、もし一緒に
逃げることができていたら……。孤絶した海辺の家に暮らす女を探し当て
た男は、消したくとも消せなかった彼女の過去を知る。そして死期が迫る
女に静かに寄り添い、果たせなかった二人の物語を紡ぎ始める。
人生の終局の煌めきを描く、世界的ベストセラー作家の新境地。

Leipziger Volkszeitung ライプツィヒ国民新聞
彼らの人生において何が実際に可能だったのかは、この機知に富んだ、
やさしくてときおり悲しい小説では答えが出ないままだ。この本は「殻に
こもった生活」、愛の不思議さ、年老いること、つかむことと手放すこと、
回顧と出発について語っている。



「ぼく」という語り口に、どうしても40代くらいにしか思えない。
40年前というから、60にはなってるよね…

ハルキ?
カズオイシグロ?
ベルンハルト・シュリンクって、こんな感じだっけ?

カバーに
ラストシーンは、まるでミレーの「オフィーリア」のように
美しく、静けさに満ちている

という一文があるけれど。
全然オフィーリアの絵ではなかった
カバーに煽られて、無駄にがっかり。
いい話なのに

そー…
色々なことが曖昧なまま進んでいくのだけれど、
まさに、「やさしくてときおり悲しい小説」。

主人公がイレーネと過ごすうち、自身の家族に思いをはせる様子が
クリスティの『春にして君を離れ』… というか、
ちょうど『この声をきみに』の竹野内豊のよう。

妻はとうになく、イレーネも失って…
それでも主人公が子どもたちと関係を結びなおせることを
切に願う


[ベルンハルト]  [シュリンク]  [階段を下りる女]  [松永美穂

Fri2017.10.20


もう生まれたくない 長嶋有

もう生まれたくない 長嶋有
講談社

2017.10.17

2011年7月
2012年10月
2013年6月
2014年4月
本作に登場する主な死者と死因


読み始めて早々にいきなり視点が春菜から美里に変わっていて
しばしこんがらがる
色々な人の視点で語られるのね。

最初は読みづらかったけれど、
出てくる話題がちょっと懐かしいので、
無事読了。

内海賢二をググってみたら…
サリーちゃんのパパ
004!
ガンバの冒険のヨイショ
トム・ソーヤーの冒険のインジャン・ジョー
スティーヴ・マックィーン

え…
布田利光って、実在の人物なの?
あ、首藤春奈の夫、も入ってるからフィクションか。

で…
なんの話だっけ
もう生まれたくない?
そういう話?


ジョン・レノン 1980.12.8
ダイアナ妃 1997.8.31
坂井泉水 2007.5.27
永田寿康 2009.1.3
トムラウシ山遭難事故 2009.7.16
臼井儀人 2009.9.11
TAIJI 2011.7.17
石川県かほく市落とし穴事件 2011.8.27
スティーブ・ジョブズ 2011.10.5
リッキー・ホイ 2011.11.8
シルビア・クリステル 2012.10.17
内海賢二 2013.6.13
小泉光男 2013.6.24
桜塚やっくん 2013.10.5
笹井芳樹 2014.8.5


[長嶋有]  [もう生まれたくない]  [ながしまゆう

Thu2017.10.19


もっと、やめてみた。 「こうあるべき」に囚われなくなる暮らし方・考え方 わたなべぽん

もっと、やめてみた。 「こうあるべき」に囚われなくなる暮らし方・考え方 わたなべぽん
幻冬舎

2017.10.15

はじめに
第1章 身近なところで、やめてみた
 第1話 ビニール傘の巻
 第2話 プチプラアクセの巻
 第3話 観葉植物の巻
 第4話 髪型の巻
 第5話 ボディーソープの巻
 第6話 居酒屋の巻
第2章 人間関係で、やめてみた
 第7話 友達作りの巻
 第8話 イベントブルーの巻
 第9話 人見知りの巻
第3章 囚われるのを、やめてみた
 第10話 「センスの問題」の巻
 第11話 いつから旅行好きに?の、巻
 第12話 生まれ直しの巻
エピローグ
あとがき


これも、もっと、か。



本にするほどじゃないような…
あまり読後感すっきりじゃなかった…


[わたなべぽん]  [もっと、やめてみた。

Sun2017.10.15


劇団42歳♂ 田中兆子

劇団42歳♂ 田中兆子
双葉社

2017.10.13

第1話 年がそろそろ峠を越えたために
第2話 いま死ねれば、いま以上の幸せはない
第3話 もし私にあなたを動かす力と取り得があるなら
第4話 女が悪いことをするのは、男の悪さを見習ったからなんだって
第5話 最後の審判までどんな困難があっても耐えぬくのだ


42歳の青春小説
しかも、男子
というか、おっさん

大学時代の同期男子5人で作った『劇団21歳♂』。
不惑を過ぎて、再結成
キャパ300人のホールで、1日だけの「オセロー」上演を目指す…

そっか。
おやじバンドと同じか。

42歳でも、おっさんしか出てこなくても、
ちゃんと青春小説
キラキラ


向田邦子脚本の「幸福」、
見る機会はあるかしら…


[田中兆子]  [劇団42歳♂]  [たなかちょうこ

Fri2017.10.13


最高のオバハン 中島ハルコの恋愛相談室 林真理子

最高のオバハン 中島ハルコの恋愛相談室 林真理子
文春文庫

2017.10.12

ハルコ、パリで熱弁をふるう
早くもハルコが語る
ハルコ、夢について語る
ハルコ、縁談を頼まれる
ハルコ、愛人を叱る
ハルコ、母娘を割り切る
ハルコ、セックスについて語る
ハルコ、主婦を叱る
ハルコ、不倫を嘆く
ハルコ、カリフォルニアに行く


裏表紙より。

中島ハルコ、52歳。本音で生きる会社経営者。金持ちなのにドケチで、
口の悪さは天下一品。嫌われても仕方がないほど自分勝手な性格
なのに、なぜか悩みごとを抱えた人間が寄ってくる。高学歴ゆえに
結婚できない、不倫相手がお金を返してくれないといった相談を、
歯に衣着せぬ物言いで鮮やかに解決していく痛快エンタテインメント!



久しぶりの林真理子。

「52歳」ってこんなかな…
と、思っちゃう表紙

でも、サクサク読めて、楽しかった
あたしってこんな美味しいもの知ってるのよ
って感じも、中島ハルコのキャラのせいか、
さらっと読み流せた。

軽く楽しめる1冊


[林真理子]  [最高のオバハン]  [中島ハルコの恋愛相談室]  [はやしまりこ